ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オリエント時計」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オリエント時計」に関する情報が集まったページです。

エプソン、オリエント時計を統合へ
セイコーエプソンが100%子会社のオリエント時計を統合する検討に入った。(2016/9/6)

新宿ミライナタワーに新設:
エプソン新ショールームを見学してきた
JR新宿ミライナタワーに移転したエプソングループが新ショールームを報道関係者向けに公開。インタラクティブプロジェクターなどの大型展示も実際に体験できる。(2016/4/15)

zenmono通信:
削る! プロダクトデザイナーの「ワクワクモノづくり」
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は、ファクタスデザインの鉢呂文秀さんにお話を伺った。(2015/4/20)

オリエント時計、STIへのスポンサードを継続 「ニュル24時間」「SUPER GT」参戦
ORIENT×SUBARUのタッグが今年も継続。STIの「ニュル24時間」「SUPER GT」参戦をサポートする。(2014/5/2)

オリエント、SUBARU BRZ GT300をイメージした腕時計
STIとのコラボ腕時計「ワールドステージコレクション SUBARU BRZ GT300×ORIENTコラボモデル」を11月17日に発売する。価格は3万9900円。(2012/10/19)

オリエント時計、レトログラードモデルに落ち着いた印象の新色を追加
オリエント時計は3月10日、機械式腕時計「オリエントスター クラシック レトログラード」の新色2モデルを発売した。価格は8万4000円。(2012/3/13)

1970年代の文字盤デザインを取り入れた腕時計「ORIENT Neo70's FOCUS」
オリエント時計は、フォーカス(ぼかし)ダイヤルを取り入れたクロノグラフ「ORIENT Neo70's FOCUS」を3月7日に発売する。価格は2万2050円と2万5200円。(2012/3/1)

オリエント時計、ニュル24耐優勝記念のダイバーズウオッチ「M-FORCE 200m」
オリエント時計は、「オリエント×STI M-FORCE 200m 2011ニュルブルクリンク24時間レース優勝記念限定モデル」を3月17日に発売する。価格は6万3000円。(2012/2/22)

オリエント時計、スタイリッシュ&スマート DUOに青文字盤の限定モデル
オリエント時計は、機械式腕時計「オリエント スタイリッシュ&スマート DUO限定モデル」を発売した。限定300本で、価格は2万6250円。(2011/11/9)

シンプル・イズ・ベスト!――オリエント、自動巻腕時計「オリエントスター クラシック」11月上旬発売
オリエントの機械式時計ブランド「オリエントスター」に、曲線を描くボンベ文字盤、バーインデックス、ボックスクリスタルといった、アンティーク感たっぷりの「オリエントスター クラシック」が発売となる。(2011/9/29)

シンプルデザインの機械式ペアウオッチ――オリエント時計
オリエント時計は6月25日、機械式ムーブメントを搭載するペアウオッチ「オリエント スタイリッシュ&スマート DUO」を発売した。価格は2万4150円〜2万6250円。(2011/6/25)

菅野たけしのウォッチWatch:
世界最古のデジタルウオッチ!?を探しに諏訪へ
時計ファンにとっては、まさに聖地巡礼の旅。日本のスイスとも称される長野県は諏訪にある「諏訪湖 時の科学館 儀象堂」を訪ねました。大人の社会科見学、時計編です。(2011/5/27)

9年ぶりに本格ダイバーズウオッチ復活「オリエント M-FORCE 200m」
オリエント時計は3月19日、機械式ダイバーズウオッチ「オリエント M-FORCE 200m」を発売する。文字盤はブラック、ブルー、オレンジの3色を展開。価格は5万6700円。(2011/3/18)

てんぷの動きを見て楽しめる「オリエントスター セミスケルトン ニューモデル」
オリエント時計は、機械式腕時計「オリエントスター セミスケルトン ニューモデル」を11月13日に発売した。価格は5万9850円〜6万900円。(2010/11/18)

1970年代の雰囲気を持つクオーツ腕時計「オリエント Neo 70's」
オリエント時計は、「オリエント Neo 70's」シリーズを11月13日に発売した。3針タイプ4種とクロノグラフタイプ4種をラインアップ。価格は1万6800円〜2万2050円。(2010/11/17)

機械式GMTムーブメント搭載「オリエントスターGMT」、オリエント時計
オリエント時計は、新開発の機械式GMTムーブメントを搭載する「オリエントスター GMTモデル」を11月13日に発売する。価格は8万9250円〜9万2400円。(2010/11/8)

STIニュルブルクリンク24耐完走記念モデル――オリエント時計
オリエント時計は、「オリエント ワールドステージコレクション STIコラボレーション セカンドモデル」を9月25日に発売する。国内限定200本で、価格は4万2000円。(2010/9/3)

60個の星をデザインした「オリエント スリースター 60周年記念モデル ロックスター」
オリエント時計は、60周年記念モデルの第3弾として「オリエント スリースター 60周年記念モデル ロックスター」を発売した。ブラックで統一された時計全体に60個の星が散りばめられている。(2010/6/23)

オリエント時計60周年記念モデル第2弾「ワールドステージコレクション」
オリエント ワールドステージコレクション 60周年記念世界限定モデルが発売。1950年代に使用していた筆記体の「ORIENT」ロゴが入る。世界限定1500本で、価格は4万2000円と4万7250円。(2010/6/16)

「時の記念日」漏刻から最新の電波時計まで:
日本の時計の歴史をたどる旅――滋賀県・近江神宮
「6月10日は、何の日でしょう?」と質問されたら、あなたは何と答えるだろうか。毎日、とても身近に感じているものを記念した日なのだが……。(2010/6/10)

1950年代のイタリアンバイクに思いを馳せる機械式腕時計――オリエント時計
オリエント時計は「オリエントスター レトロフューチャー」シリーズで「バイク セカンドモデル」を6月19日に発売する。価格は6万8250円。(2010/5/26)

インプレッサよ、ニュルブルクリンク24耐を走り抜けろ――オリエント時計のコラボ腕時計
オリエント時計は、スポンサードするSTIが第38回 ADAC Zurich 24時間レースに出場することを記念したコラボ腕時計を5月15日に発売する。(2010/5/14)

菅野たけしのウォッチWatch:
あと何時間動いてくれるの? パワー残量を教えてくれる時計
終電の時間を気にしながら飲んでいたのに、「時計の針が止まっていた」といった経験をしたことがある人もいるかもしれない。今回は、時計のゼンマイが、あと何時間くらい残っているのかを知らせてくれる時計を紹介しよう。(2009/11/20)

+D Style 時計探訪:
欲しかったのは、普段使いできるアンティークウォッチ
アンティークウォッチのエレガントなスタイルは魅力だけど、半世紀も昔の機械だけに精度と耐久性が心配。そこで今回は、古きよき時代を彷彿とさせる外見に最新ムーブメントを搭載した温故知新な時計たちを紹介しよう!(2009/1/16)

+D Style News:
最高峰ブランド「ロイヤルオリエント」の新定番モデル登場
“末永く愛用できる”ウォッチブランド「ロイヤルオリエント」から、新しくスタンダードモデルが登場。(2008/10/29)

+D Style News:
WRC王者マーカスのラリーカーをイメージした限定腕時計
WRC王者のマーカス・グロンホルムが最後に搭乗したラリーカーをモチーフにした腕時計が登場した。全世界で2007本の限定販売。(2008/9/9)

+D Style News:
機械式腕時計「オリエントスター クラシック」からレディースモデル
オリエント時計は機械式腕時計「オリエントスター クラシック」シリーズから、レディースモデルを発売する。文字盤にシロチョウガイなどをあしらった上品なデザインが特徴。(2008/5/29)

+D Style News:
オリエント、最高峰腕時計「ロイヤルオリエント」を一新
オリエント時計は、機械式腕時計のフラッグシップ「ロイヤルオリエント」シリーズをリニューアルすると発表した。パワーリザーブ表示機構を備えた新ムーブメントに加え、新たなロゴを採用する。(2008/4/15)

+D Style News:
カメラがモチーフのレトロウォッチに男女兼用サイズが登場
オリエント時計が、一眼レフカメラのデザインをモチーフにした機械式腕時計に、ボーイズサイズを追加。(2007/11/22)

+D Style News:
ヴィンテージスポーツカーをイメージしたクロノグラフ腕時計
オリエント時計は、「オリエントスター」シリーズ初のクロノグラフ「オリエントスター クラブマン フラッグシップモデル」を発表。ヴィンテージスポーツカーをイメージした3モデル。(2007/6/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。