ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Ovi Store」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Ovi Store」に関する情報が集まったページです。

42万5000本、150億ダウンロード:
ゲーム、スポーツ、健康機器、そして“節電”支援まで――2億台規模の市場を持つiOSアプリの現在
新しいジャンルの家電製品としては、非常に速いペースで広がり続けている「iPad」。同製品を担当する米Appleワールドワイドマーケティングのスコット・ブロドリック氏が来日し、iOSアプリケーションの現状について紹介した。(2011/7/13)

Nokia、「Ovi」ブランドを「Nokia」に統一――ロードマップに変更なし
Nokiaが端末向けサービスのブランド「Ovi」を廃止する。同社はMicrosoftのWindows Phoneに地図サービス技術を提供する計画を発表している。(2011/5/17)

MicrosoftはWindows 8搭載タブレットをいつ出すのか(前編)
先を行くiPadやAndroidにどう対抗? MicrosoftがWindows 8投入を焦らない理由
2012年の登場が予想されている次期Windows。焦点となっているのはタブレット用Windowsのリリースと、そのユーザーインタフェースだ。2部構成記事の前編をお届けする。(2011/3/11)

乱立するアプリストア “ブラウザ常駐”の新手段も――Openwave
モバイルアプリのマーケットはスマートフォンやタブレット端末の登場で日に日に拡大し、さまざまなプレーヤーの参入が相次いでいる。その中でOpenwaveは、Webブラウザ上に“常駐”するWebアプリソリューション「Openwave Amplicity」を開発し、キャリアやISPへの提供を目指している。(2011/3/4)

安藤幸央のランダウン(55):
開発者は覚えておきたいアプリストア/マーケット大全
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2011/2/7)

Nokia、「Nokiaのスマートフォンは1日当たり26万台売れている」とAppleに反撃
Nokiaは14日に開催の「Nokia World 2010」でSymbian^3搭載の新スマートフォン3機種を発表し、「Nokia is Back」とスマートフォン市場でのシェア拡大への意気込みを示した。(2010/9/15)

Nokia、Symbian^3スマートフォン発表 巻き返し狙う
NokiaがSymbian^3を搭載した新型スマートフォン3機種を発表。リーダーシップ奪還を目指す。(2010/9/15)

ビジネスニュース アナリストレポート:
アナリストレポート:ノキアの新CEOに立ちはだかる5つの課題
(2010/9/13)

Nokia、モバイル分析企業Motally買収 アプリ開発促進が狙い
iPhoneやBlackBerry向けのアプリユーザー分析サービスを提供しているMotallyを買収し、「Ovi Store」の活性化を目指す。(2010/8/23)

デジタルコンテンツ展開の鍵を握るソフトウェア――SAP
SAPジャパンは課金ビジネス向けソフトウェア「SAP Consume-to-Cash」の提供を10月以降に開始する。アプリケーションストアの課金の仕組みなどを最適化でき、世界では既に200社が同ソフトウェアを採用しているという。(2010/7/28)

ハーレクイン旋風:
ソフトバンク クリエイティブが「Ovi Store」でハーレクインコミックスの電子配信を開始
ハーレクインシリーズの電子配信を積極的に行っているソフトバンク クリエイティブが、Nokiaの「Ovi Store」で同コミックスの提供を開始した。(2010/6/8)

Nokia、Symbian^3搭載の“iPhoneキラー”「N8」を発表
「Nokia N8」は3.5インチのマルチタッチスクリーンと1200万画素のデジタルカメラを搭載し、7〜9月に370ユーロで発売の予定だ。(2010/4/28)

Nokiaの低価格なQWERTYキー搭載端末「Nokia C3」「Nokia C6」「Nokia E5」
スマートフォンの普及を推進するNokiaが、低価格なQWERTYキー搭載モデル3機種を発表した。C3はGSM向けの低価格モデルで、C6とE5は3Gに対応したモデルとなっている。(2010/4/14)

Symbian版Skypeの正式版がリリース
Nokiaユーザー2億人がSkypeを利用できるようになった。(2010/3/4)

Mobile World Congress 2010:
真の中立性を保っている点が強み――「Android」「MeeGo」との競争に自信を見せるLiMo
NokiaとIntelのMeeGo、Samsungのbadaなど新たなモバイルプラットフォームが登場し、覇権争いが激しさを増しているモバイル市場。Linuxベースのプラットフォームを展開するLiMoは、どこに優位性があり、どのような戦略でシェア拡大を目指すのか。(2010/2/24)

NokiaとIntelが「MeeGo」に込めたそれぞれの思惑
MaemoとMoblinをマージさせたLinuxベースのモバイル向けOS「MeeGo」。その登場の背景には、NokiaとIntelがそれぞれの立場から新たな市場を勝ち取ろうとする意図が見て取れる。MeeGoはAndroidやiPhoneに並ぶ存在になるのか、それとも別の道を行くのだろうか。(2010/2/18)

iPhoneの米独占販売キャリア:
AT&T、Android搭載機を発売へ――Dellの「Mini 3」など5機種
AT&TDellの初Android携帯「Mini 3」のほか、Motorola、HTCのスマートフォンを2010年上半期から独占的に販売する。(2010/1/7)

ITmediaスタッフが選ぶ、2009年の“注目ケータイ&トピック”(ライター山根編):
「Samsung Star」「DROID」「Nokia N97」が巻き起こした“フルタッチ旋風”
海外では、Samsung電子やMotorola、Nokiaなどの主要メーカーが続々とタッチパネル搭載モデルを発売している。「Samsung Star」は1000万台を売り、「DROID」は北米市場に大きなインパクトをもたらした。そしてNokiaも、QWERTYキーボード付きのフルタッチ端末「Nokia N97」を投入した。(2009/12/22)

Symbian Foundation、アプリの公開支援プログラム「Symbian Horizon」を開始
Symbian Foundationが開発者向けのサポートプログラムを開始。ストアへのアプリ提供やマーケティング、翻訳、ローカライズを支援する。(2009/10/28)

キャリアはAT&T:
Nokia初のミニノート「Nokia Booklet 3G」、300ドルで11月中旬に発売
NokiaのAtom搭載Windows 7ミニノートは、米国では299ドル99セントでBest Buyが独占販売する。(2009/10/14)

PalmやAndroidに勝ち目はあるのか:
iPhoneを打ち負かすには――競合企業が抱える10の課題
Palm PreやAndroid携帯は、iPhoneの前では競合関係を維持するのさえ難しいのが現状だ。だが10の課題を実行できれば、iPhoneを打ち負かすのは不可能ではない。(2009/9/25)

Nokia版アプリストア「Ovi Store」用SDKとAPI、公開
Nokia製スマートフォン向けソフトウェア開発キットとAPIがリリースされた。(2009/9/4)

アナリストの視点:
躍進するスマートフォン市場――メインプレイヤーの覇権争いが鍵に
iPhoneやAndroidを搭載した端末、App Storeなどの新サービスの登場は、スマートフォン市場の拡大に寄与してきた。本稿では同市場の躍進をもたらした背景を振り返るとともに、今後市場がどう変化するかを考察する。(2009/8/7)

5分で分かる、先週のモバイル事情――7月25日〜7月31日
7月31日、NTTドコモとソフトバンクモバイルが第1四半期の決算を発表。ドコモは前年同期比で減収減益、ソフトバンクは増収増益となった。ウィルコムは公式サイトのリニューアルで、安い料金でさまざまなコンテンツやサービスが使えることをアピール。米Microsoftは「Windows Marketplace for Mobile」へのアプリケーション登録の受け付けを、日本を含む29カ国で開始した。(2009/8/3)

5分で分かる、先週のモバイル事情――6月20日〜6月26日
6月26日、日本でiPhone 3GSの販売が始まった。同日には日本Androidの会が開発者向けイベントを開催。ドコモは6月26日に上り最大5.7MbpsのHSUPAサービスを開始した。(2009/7/2)

CommunicAsia 2009:
「アプリケーションストア」で加速する海外ケータイのエコシステム
CommunicAsia 2009ではSamsungやLGが自社端末向けのアプリケーションストアのデモを行っていた。AppleのiPhoneから始まりRIMのBlackBerry、Nokiaも追従したメーカー主体型のアプリケーションエコシステムが今後本格化しそうである。(2009/6/30)

Nokia、タッチスクリーンの音楽携帯を発表
QWERTYキーボード搭載のスマートフォン「E72」も発表した。(2009/6/16)

WWDC 2009:
高速化した「iPhone 3G S」、6月26日発売──OS 3.0は6月17日配信
米Appleは6月8日(現地時間)、iPhone OS 3.0の概要と、新OSを搭載した「iPhone 3G S」を発表した。iPhone 3G Sは6月19日から出荷を開始、日本では26日から販売を開始する。OS 3.0のアップデートは6月17日から提供する予定だ。(2009/6/9)

神尾寿のMobile+Views:
「後追いauから、先行くauへ」――高橋誠氏に聞く、KDDIの“次の一手”(後編)
携帯電話市場は変革期にさしかかり、インフラの高速化やユーザーニーズの多様化、端末の高機能化を考慮した新たなビジネスモデルの構築が急務となっている。夏モデルで“先行くau”を目指すというKDDIは、2009年をどんな戦略的位置づけとし、今後10年をどんなビジョンで戦うのか。取締役執行役員の高橋誠氏に聞いた。(2009/6/1)

Nokiaのモバイルアプリストア、開始直後にアクセスに問題
トラフィック急増により、一時的にOvi Storeにつながりにくい状態になった。(2009/5/28)

iPhoneアプリ開発者は「愛」故に負けるのか?
あまりに多くの携帯アプリ開発者がiPhoneに夢中で、ほかのモバイルストアには目もくれていない。だが熱愛のあまり、「iPhoneの市場シェアは0.9%」という現実が見えていないのではないだろうか。(2009/4/15)

リリースダイジェスト(4月8日)
Web2.0マーケティング フェアの講演に夏野氏登場、アップフロンティアがウィジェット活用セミナー開催、ネットエイジアがモバイルマーケティングセミナー開催、など。(2009/4/8)

モバイルアプリストア対応携帯、5年後に1億台に
スマートフォン利用者の中では、iPhoneユーザーが最も活発にアプリストアを利用しているともIn-Statは報告している。(2009/3/31)

海外も“ケータイFlash”の時代がやってきた――変化するFlash世界市場に挑む「CELL」
いち早くFlash対応ケータイが普及した日本でFlashコンテンツ最大手に成長したCELL。対応端末の増加やAdobeのオープン戦略など、Flashを取り巻く世界市場が変化する中、同社は今後、どのような海外戦略を採るのか。担当者に聞いた。(2009/3/25)

Microsoft版App Store、開発者の取り分はAppleと同じ7割に
「Windows Marketplace for Mobile」での有料コンテンツの売り上げのうち、AppleのApp Storeと同率の70%が開発者に分配される。(2009/3/12)

RIM版“App Store”は「BlackBerry App World」に
RIMがBlackBerry向けのアプリケーションストアをこの春に北米と英国で運営開始する。(2009/3/6)

Mobile World Congress 2009:
自社サービスの拡充でより競合するNokiaとRIMの戦略
シェアトップの端末メーカーNokiaと、ビジネス向けソリューション大手のBlackBerry。Mobile World Congressで、携帯端末向けサービスをいっそう拡充する両社の今後の戦略をかいま見た。(2009/2/27)

Mobile World Congress 2009:
Nokia版App Store、「Ovi Store」発表――5月にオープン
携帯専用ストアとしては後発となったNokiaの「Ovi Store」だが、その市場規模は2012年には3億人になる見込み。ロケーションベース、ソーシャルベースのレコメンド機能が特徴だ。(2009/2/17)

Nokia、“超新星”携帯電話を発表
Nokiaの新しいSupernovaシリーズは、カバーで外観をカスタマイズできるなどスタイル重視のラインアップになっている。(2008/6/30)

NokiaのRSSウィジェットサービス「WidSets」、正式版に
携帯端末でRSSフィードなどを閲覧できる「WidSets」が、β公開から1年を経て正式版に。ウィジェットの作成や検索が簡単になった。(2007/11/15)

Nokia、モバイルコンテンツ共有サービス「MOSH」に新機能
新機能「SEEK」は、コミュニティー機能を活用して欲しいコンテンツやアプリを探し出す機能。(2007/10/24)

Nokia、中国でウィジェット機能と「どこでも英語学習」サービス開始
Nokiaが中国市場で携帯向けウィジェットサービスと、モバイル学習サービスを立ち上げた。(2007/5/30)

Nokia、携帯向けのRSSサービス「WidSets」を発表
Nokiaが発表した新サービスでは、携帯でのRSSの自動受信や携帯向けRSSフィードの作成などが簡単にできる。Java対応の携帯であれば、メーカーにかかわらず無料で利用可能。(2006/10/4)

Nokia、N80の「インターネットエディション」を発表
N80 Internet Editionは無線LAN機能、フルブラウザ、インターネット電話機能、3メガピクセルカメラを備える。(2006/8/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。