ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パテントトロール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パテントトロール」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

AIが裁判の判例学んだら…… 福井弁護士が“合法パクり”に危機感
AI時代は“適法なパクり”が問題化するかもしれない――AI時代の著作権について福井建策弁護士が解説した。(2018/3/1)

電子ブックレット:
特許係争の危機にさらされる半導体企業
アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、激しい合併買収によって特許係争の危機にさらされている半導体業界について解説します。(2017/10/15)

AppleとNokia、特許訴訟で和解──複数年のライセンス契約締結
NokiaがAppleを特許侵害で提訴し、AppleはNokiaのヘルスケア製品をオンラインストアから排除していた争いに決着がついた。NokiaはAppleからライセンス料を受けてネットワーク製品を提供し、Appleは排除していたNokia製品の販売を再開する。(2017/5/23)

日本メーカーも狙われている:
特許係争の危機にさらされる半導体企業
激しい合併買収の波が押し寄せている半導体業界では、これまで以上に多くの半導体メーカーが“パテント・トロール(特許トロール)”のターゲットとして狙われるという、予期せぬ事態が生じている。(2017/3/31)

Apple、係争中のNokia傘下のWithings製品をApple Storeから削除
新たな特許裁判でNokiaと係争中のAppleが、Nokia傘下のWithingsのヘルスケア製品のApple Storeでの販売を停止した。(2016/12/26)

Nokia、またAppleを特許侵害で提訴
AppleとNokiaがNokiaの特許をめぐる新たな訴訟合戦を開始した。AppleはNokiaの特許を保有する10社の特許企業を米国で提訴し、NokiaはAppleを特許侵害でドイツと米国で提訴した。【UPDATE】Appleの公式声明文を追加(2016/12/22)

シリアルインタフェース「Snowbush」:
Rambus、SemtechのIP事業を3250万ドルで買収へ
Rambusが、SemtechのシリアルインタフェースIP(Intellectual Property)事業を買収する。Semtechは、アナログ/ミックスドシグナル製品に注力するとしていて、その戦略から外れる事業は手放す方針だった。(2016/6/10)

タダで特許あげます
真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始
Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目的とは? 特許を譲渡された企業のメリットとは?(2015/10/20)

知財ニュース:
個人でもグーグルに知財を売れる!? グーグルが特許購入プログラムを試験的に開始
米グーグルは、個人でも法人でも簡単にグーグルに特許を売却できるプラットフォームを開設することを発表した。同プログラムは実験的なもので、募集期間は2015年5月8〜22日(米国時間)に限られている。(2015/4/30)

Google、「あなたの特許買います」 期間限定の試験的プロモーション開始
パテントトロールに悩まされることが多いGoogleが、米国特許保有者を対象に、Googleに特許を販売するための期間限定マーケットプレイス「Patent Purchase Promotion」を開設する。(2015/4/28)

Appleに特許侵害で5億3000万ドルの支払い命令 Appleは上訴へ
特許管理会社SmartflashがAppleを特許侵害で提訴した裁判で、テキサス州地裁がAppleに5億3290万ドルの損害賠償を命じた。Appleは上訴を表明した。(2015/2/26)

知財コンサルタントが教える業界事情(18):
アップルを訴えた島野製作所、争点となった特許とは
巨人アップルにかみついた――。米国アップルに対し、そのサプライヤーだった島野製作所が、独禁法違反と特許侵害で訴訟を提起したことが注目を集めている。係争のポイントとなった特許は何だったのか。知財の専門家である筆者が「特許関連情報」と「公開情報」を中心に訴訟の争点を解説する。(2014/12/25)

知財専門家が見る「アップルVSサムスン特許訴訟」(3):
アップルVSサムスン訴訟を終わらせた日本の工作機械の力
知財専門家がアップルとサムスン電子のスマートフォンに関する知財訴訟の内容を振り返り「争う根幹に何があったのか」を探る本連載。最終回となる今回は、最終的な訴訟取り下げの遠因となった「新興国への技術移転」の問題と「なぜ米国で訴訟取り下げを行わなかったのか」という点について解説します。(2014/12/11)

知財ニュース:
キヤノン、グーグル、SAPらが、特許紛争抑制組織を設立――パテントトロールに対抗
キヤノン、グーグル、SAP、Dropboxなど6社は、パテントトロール訴訟に対抗する組織として「License on Transfer Network(以下、LOTネットワーク)」を設立した。(2014/7/10)

SamsungがGoogleに続き、Ciscoと広範なクロスライセンス契約
これで、特許訴訟回避目的のクロスライセンス契約のGoogle、Samsung、Cisco間の輪がつながった。(2014/2/6)

Google、Ciscoとも広範なクロスライセンス契約
先月Samsungとの大規模なクロスライセンス契約を締結したGoogleが、今度はCiscoともクロスライセンス契約を結んだ。パテントトロール対策としている。(2014/2/5)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(24):
3次元データを直接保護してくれる法律ってないのね?
話題の3Dプリンタも、3次元データがないと始まらない! そもそも、デザインやアイデアなどを守る法律はよく聞くけれど、3次元データそのものって一体、どんな法律で守ればいいの?(2013/6/27)

米連邦政府、“パテントトロール”駆逐に向けた取り組みを発表
米オバマ政権が、ばかげた特許訴訟から米国のイノベーターを守るため、法改正立案を含む“パテントトロール”対策を打ち出した。(2013/6/5)

米国・中国・インドに見る、知的財産問題の最新動向
米国、中国、インドでは「知的財産」でどのような問題が起きているのだろうか。K.I.T.虎ノ門大学院で行われたセミナーの様子を紹介し、知的財産問題の最新動向をお伝えする。(2013/1/10)

メカ設計者のためのTRIZ的知財戦略(1):
サムスンとアップルの訴訟合戦から学べること
「角が丸い長方形の形状はiPhoneの知的財産」――メカ設計者にとっては恐怖すら覚える判決!? そんな知財問題には、TRIZを使った対策が有効だ。(2012/10/10)

バラして見ずにはいられない:
「iPhone 5」 ソフトバンクモバイル版の“中身”を分解して知る
日本でも9月21日に発売され、ずっと品薄状態が続いている「iPhone 5」。その中身は、技術的にもかなり興味深い。機能を大きく強化しながら、より薄く、軽くなったiPhone 5の中身はどうなっているのか。(2012/10/4)

中国の知財動向を読む(2):
中国は「訴訟大国」? 日本企業がパテントトロールの被害にあう可能性は
侵害訴訟で高額な賠償金が請求される可能性は? 中国進出日系企業が考慮すべきリスクはどれくらいだろうか。直近で予定されている法改正後の懸念点も紹介。(2012/9/7)

Microsoft、GoogleとMotorolaを独禁法違反で欧州委員会に提訴
Microsoftは、Googleによる買収完了間近なMotorolaが、FRAND特許を悪用してMicrosoftのPCやXboxの販売を阻止しようとしていると主張する。(2012/2/23)

Microsoftとsalesforce.com、特許訴訟で和解
クラウドをめぐる両社の訴訟合戦は、予想に反して3カ月足らずで収まった。(2010/8/5)

Salesforce.com、Microsoftを特許侵害で反訴
5月にMicrosoftから特許侵害で訴えられたSalesforce.comが反訴した。長い法廷闘争の始まりになるかもしれない。(2010/6/28)

Weekly Memo:
日本市場に注力するSalesforce.comの思惑
Salesforce.comが日本市場への攻勢を一段と強めている。先週までおよそ2週間、日本に滞在したマーク・ベニオフCEOが語ったその思惑とは――。(2010/5/31)

オープンソース支援企業、MicrosoftのLinux特許を買い取り
IBMなどが参加するLinux特許管理会社Open Invention Networkが、Microsoftの持っていたLinux関連特許を取得した。(2009/9/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。