ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「フェニックステクノロジーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フェニックステクノロジーズ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

新人インフラ技術者のためのサーバー構築/運用自動化入門(4):
作業手順書はもういらない! Puppetにおける自動化の定義書「マニフェスト」の書き方と基礎文法まとめ
サーバー構築の自動化で利用される技術、自動化ツールとして「Kickstart」「Puppet」を紹介し、構築から運用まで、システムライフサイクル全体にわたる運用管理の自動化についても解説する連載。今回は、自動化ツールを使う上で大切な3つのことを基に、Puppetの変数とテンプレート、条件分岐、クラス、モジュールの使い方などを解説します。(2015/1/23)

組み込み開発ニュース:
「Wind River Simics」のサポート拡張、最新IAプラットフォームとUEFI BIOSに対応
ウインドリバーは、ターゲットハードウェアのシステム全体を仮想化するソフトウェア開発向けフルシステムシミュレーション環境「Wind River Simics」のサポートを拡張し、インテルの最新プロセッサに対応させたことを発表した。(2013/9/11)

せかにゅ:
「7秒起動は遅すぎる」 Chrome OSにライバルがコメント
MicrosoftやBIOSメーカーのPhoenixが自らの優位を語る一方で、Linux陣営のCanonicalはUbuntuとChrome OSの食い合いは恐れていないとコメントしている。(2009/12/1)

ノートPC対策が本格化:
Lenovo、ThinkPadにIntelの盗難対策技術を採用
Lenovoの「ThinkPad T400」シリーズは、Intelの新しい盗難対策技術「Anti-Theft PC Protection」を採用した最初の製品。。この技術はチップセットに組み込まれ、ThinkPadに搭載したCentrino 2プラットフォームとvPro技術と連携する。(2008/12/3)

Lenovo、ノートPCを携帯電話から「ロック」できる機能を発表
ノートPCを紛失したり盗難に遭った場合、携帯電話からテキストメッセージを送って使用不能にできる新機能が追加される。(2008/11/26)

Dell、ノートPC向けのセキュリティサービスを提供
Dellの新しいセキュリティ/リカバリーサービスは、ノートPCを持ち歩くユーザーやデータを保護する責任があるITマネジャーに狙いを定めている。(2008/7/3)

Intel、ノートPCの盗難対策技術導入へ
Intelの盗難対策技術は、データとハードウェアの両方を守ることを目指す。(2008/4/7)

「品質」で失敗しないためのアプローチを知る:
半導体IPの正しい選び方
今日のLSI/SoC設計では、いかに高品質の半導体IPを選択するかが大きなカギとなる。選択を行うための参考情報やコツはいくつもあるが、それらを体系的に役立てて最適なものを選ぶにはどうすればよいのか。本稿では、IP業界で行われている品質保証のための取り組みの状況と、IPの選択で失敗しないためのアプローチを紹介する。(2007/5/1)

Column
コストに敏感なCIOを引き付けるオープンソース
低予算で導入でき、小回りが利きそうなオープンソースが注目を集めている。導入のコツと潜在的リスクを見ていこう。(2006/9/15)

フェニックス、情報流出防ぐエンドポイント制御ソフト
フェニックステクノロジーズは、PCの物理ポートや外部ストレージデバイスの利用を制御し、情報流出のリスクを抑える「Phoenix Trusted Security Suite」を発表した。(2006/6/6)

プリペイドカード式PC、MSがテストへ
プリペイドカードや月額料金制など、低い初期費用で購入できるPCを、Microsoftがブラジルや中国などでテストする。(2006/5/22)

Intel MacでWindows Vistaが動く日は遠い
MicrosoftはWindows Vistaに、最初はEFIサポートを搭載しないことを決めた。EFI対応のIntel MacでVistaを動かせるのは、SP1がリリースされてからになるかもしれない。(2006/3/15)

フェニックス、BIOS用いたデバイス認証ソフトの新バージョン
フェニックステクノロジーズは、BIOSを用いたデバイス認証ソフトウェアの新バージョン「Phoenix TrustConnector 2」の提供を開始した。(2006/2/9)

BIOSからUEFIへ――ファームウェアの大革新を目指すPC業界
Intel Macがいち早く採用したことで注目を浴びているEFI。その標準仕様であるUEFIへの移行が徐々に始まっている。2007年にWindows Vistaと64ビットハードウェアが普及すれば、BIOSからの移行は本格化するだろう。(2006/2/1)

Intel MacでWindowsが動く可能性
WindowsとLinuxは年内にEFIに対応しようとしており、それまで待てば、Intel MacでWindowsやLinuxとのデュアルブートを実現できるかもしれない。(2006/1/18)

エム・ファクトリー、BIOS認証システム「Phoenix TrustConnector」を販売
エム・ファクトリーは、フェニックステクノロジーズが提供する、BIOSレベルでの端末認証システム「Phoenix TrustConnector」の販売を開始した。(2005/12/21)

ネットジャパン、BIOSと連動したPhoenixのバックアップソフトを販売
ネットジャパンは、BIOSメーカーのフェニックステクノロジーズが開発したバックアップ/リカバリソフト「Phoenix Recover Pro 2004」を販売する。(2005/8/9)

プラネックス、BIOSレベルの端末認証で不正なPCを排除するパッケージ
プラネックスコミュニケーションズは、「Phoenix TrustConnector」と同社のネットワーク機器、RADIUSサーバをパッケージ化して不正な端末のネットワーク接続を防ぐ「PLANEX Trusted Seucre Network」を発表した。(2005/8/3)

本当に安心できる認証方式を求めて――フェニックスブース
フェニックス テクノロジーズのブースでは、CSS(BIOS)レベルで認証することのメリットを感じ取れる。他の認証と比べても強力なソリューションといえる。(2005/6/10)

BIOSレベルで未承認PCを検出、ネットワールドとフェニックスが提携
ネットワールドとフェニックステクノロジーズは、管理者の許可を得ずに持ち込まれる未承認PCを検出するセキュリティシステムの提供、販売に向けて提携を結んだ。(2005/5/11)

タイトー、ゲーム開発ソフトウェアの保護にフェニックス製品を採用
(2005/4/13)

Tech TIPS:
Windowsのsysteminfoコマンドでシステムの情報を収集する
コンピューターを管理するためには、リモートからシステムの情報を収集できると便利である。systeminfoコマンドを使うと、システムの基本的な情報をリモートから収集できる。forコマンドなどと組み合わせてネットワーク上のコンピューターを自動的にスキャンすることもできる。(2015/11/1)

誰でも使える「簡単」「確実」なバックアップツール「Recover Pro 2004」発表
サーバマシンは専門部署が手厚く管理しているが、現場で酷使されるクライアントPCは重要なデータ満載なのに、バックアップもなおざりに。その問題を解決するのが、BIOSベンダーのフェニックスが開発したバックアップツールだ。(2004/11/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。