ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「Pinterest」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Pinterest」に関する情報が集まったページです。

イノベーションは日本を救うのか(36)番外編:
コロナ禍を考察する 〜ベンチャー投資から日本に必要なDXまで
今回は、最終回の前の番外編として、AZCAが以前から行ってきた働き方をご紹介するとともに、コロナがもたらすベンチャー投資への影響や、コロナが加速するであろうDX(デジタルトランスフォーメーション)について触れてみたい。(2020/8/25)

C CHANNELアプリが9月末に終了 今後はSNS動画配信に注力
女性向け動画メディア「C CHANNEL」のスマートフォンアプリ(iOS/Android)が9月30日に終了する。運営元によると、今後はSNSを中心に情報発信を強化していくという。(2020/8/19)

A-Styleフォーラム 2020:
withコロナに“地方工務店”はどう向き合ったか?旧態とITのハイブリッド式で乗り切れ
コロナ禍は、漠然と考えられていたIT化を一気に進める契機となり得る。茨城県下妻市に本社を置き、木材店から出発し、良質な木の家づくりにこだわる柴木材店は、対面での活動が制限されるなか、ITを使って業務をどうこなし、業績を確保したのかを講演で説いた。(2020/8/14)

GoogleやFacebookなどのIT企業、大統領選を守るため団結して政府とも協力
Facebook、Google、Twitter、Reddit、Microsoft、Verizon Media、Pinterest、LinkedIn、Wikimediaが11月の米大統領選を守るために米政府機関と定期的に会合を持つ。FacebookやGoogleが声明文をツイートした。(2020/8/13)

Google、お題を出すと自動で関連コンテンツを集めてくるAI版Pinterest「Keen」
Googleが、テーマを入力するとAIが関連コンテンツをネットから集めてくるサービス「Keen」をWebアプリとAndroidアプリとして公開した。1度作ったKeenは勝手に育っていく。同好の士と共有することもできる。(2020/6/19)

Apple、国内のApp Storeデベロッパーを紹介
Apple、App Storeの経済圏の売上高が2019年で5190億ドルの貢献をしたと発表(国内デベロッパーも紹介)。(2020/6/16)

成功するサブスクリプションビジネス【前編】:
サブスクの難題「カジュアルな解約」を防ぐためにできること
サブスクリプションビジネスが浸透し利用者の行動にも変化が見られます。新たな課題として浮上したのが「何となく」の解約行為。これにどう対処すればいいのか。エキスパートが解説します。(2020/5/18)

新型コロナ対策ハッカソン、WHOとMicrosoftやFacebookなどの企業が共催
WHOとFacebookやMicrosoftなどの企業が、新型コロナウイルスによるパンデミックに関連する課題の解決手段を開発するためのハッカソン「COVID-19 Global Hackathon」を共催する。間もなく申し込み受付が始まる。誰でも参加でき、参加者はパートナー企業のリソースを使える。(2020/3/26)

感染スマホを“踏み台”に、マルウェアばらまく──巧妙化する「Roaming Mantis」の手口
Android端末を狙い、不審なSMSを送り付け、フィッシングサイトに誘導したり、マルウェアを配布したりする「Roaming Mantis」。セキュリティ研究者の追跡を逃れるために手口が巧妙化しているという。(2020/3/17)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIとドローンで在庫管理、シフト表を自動作成 知られざる小売業界のAI活用術
接客業務や在庫管理など、小売・サービス業に関する国内外のAI活用事例を紹介する。(2020/2/5)

ITはみ出しコラム:
令和元年で印象に残ったITニュース“7選” AIからネットいじめ問題まで【2019年振り返り】
2019年の振り返り企画。今回のテーマは、海外ITニュース全般で印象に残った7つの出来事をまとめてみました。(2019/12/29)

経験2年以下でも2500万円:
ソフトウェアエンジニアの報酬が高い米企業は?――Levels.fyiが年次レポートを公開
Levels.fyiは、米国のソフトウェアエンジニアの報酬についてまとめた年次レポートの最新版を公開した。エンジニアを経験年数などから5段階に分けてそれぞれ上位企業5社の報酬を示している。経験年数が2年以下でも、2500万円の報酬を提示する米企業があることが分かった。(2019/12/20)

ヤフーが美容師検索で新サービス InstagramなどSNS参考に開発
ヤフーが美容師検索サービス「Yahoo! BEAUTY」の提供を始めた。SNSのハッシュタグ検索のように、キーワードで好みの髪形を探し、施術した美容師を探せるようにする。(2019/12/12)

「Google Lens」にファッションコーデ機能 Pinterest危うし
Googleの画像情報検索機能「Google Lens」の新機能「style ideas」は、衣服の画像でLensを起動すると、その服のコーディネート例を検索結果として提示する。SNSで気になったファッションやショーウィンドウの服で使える(ただしまだ米国でのみ提供)。(2019/10/4)

Pinterest、ワクチン関連の検索結果に公的機関の情報を表示
検索結果に世界保健機関(WHO)、米国疾病管理予防センター(CDC)、米国小児科学会(AAP)などの情報を表示。(2019/8/30)

「クラウドは大都市だけのものではない」――関西初のAWS Summit、社長が「西日本への注力」強調
アマゾン ウェブ サービス ジャパンが「AWS Summit Osaka 2019」を大阪・梅田で開催。2018年は大阪北部地震の影響で中止となったため、関西でAWS Summitを開くのは初めて。基調講演に長崎忠雄社長が登壇し、西日本での事業展開に注力する方針をあらためて強調した。(2019/7/1)

Uber上場、初日終値は7.6%安と低調
米配車大手Uberが5月10日、ニューヨーク証券取引所に上場した。公開価格を当初より低い45ドルに設定したが、初日終値はそれを下回る41.57ドルと低調だ。(2019/5/13)

Pinterest、NYSEで株式公開へ ティッカーは「PINS」
画像共有サービスのPinterestがSECにIPO登録書を提出した。上場先はニューヨーク証券取引所でティッカーは「PINS」。文書によるとMAUは2億5000万人でその3分の2は女性だ。(2019/3/25)

Facebook、アンチワクチン対策を強化 広告アカウント削除も
米国でのはしかの流行はFacebook上のアンチワクチンコンテンツのせいだと非難されていたFacebookが、対策を発表した。ニュースフィードや検索結果でのランク下げや関連広告の排除などだ。(2019/3/8)

KubeCon + CloudNativeCon 2018詳報(4):
サービスメッシュについては、何が議論されているか
KubeCon + CloudNativeCon 2018に関する連載の第3回は、IstioやEnvoyなど、サービスメッシュに関する話題をお届けする。(2018/12/25)

Google画像検索で「Google Lens」利用可能に
Googleが画像内情報検索AIツール「Google Lens」をGoogle画像検索で利用できるようにした。まずは米国のモバイルブラウザで製品検索に使えるようになった。PinterestやInstagramのショッピング機能の競合になりそうだ。(2018/10/26)

「Snapchat」、“カメラで撮影したアイテムをAmazonでショッピング”のテスト開始
写真共有SNSの「Snapchat」で、気になるアイテムを撮影して検索すると、そのアイテムを紹介するAmazonのカードが表示され、それをタップすると購入できる新機能のテストが始まった。(2018/9/25)

今日のリサーチ:
Pinterestユーザーが探している「生活を豊かにするアイデア」とは?
画像共有サービスの「Pinterest」でユーザーが探している「ライフスタイルをより豊かにするアイデア」にはどういうものがあるでしょう。(2018/9/25)

PinterestのMAUが2億5000万人超 ピン数は前年比75%増
Pinterestが、同社サービスのMAUが2億5000万人を超えたと発表した。約半数が米国外のユーザーで、総ピン数は1750億件以上。(2018/9/11)

マルチクラウド環境のセキュリティをどう担保するか:
PR:ユーザーID、パスワード、アクセスキーなどの機密情報を簡単・確実に管理する方法
クラウドが浸透し、SaaS、PaaS、IaaSを問わず、複数のクラウドサービスを使い分けるマルチクラウド環境が当たり前になりつつある。これに伴い、ユーザーID、パスワードなどの機密情報を確実に管理できるか否かがセキュリティ担保の大きな課題になっているが、機密情報は多岐にわたる上、保管場所がサービスごとに異なるなど、その管理は煩雑を極める。ではサービスの利便性を享受しながら、セキュリティを効率的かつ確実に担保するにはどうすればよいのだろうか。多数の企業のシステム設計/構築/運用を手掛けるgrasysに話を聞いた。(2018/8/31)

“後で読む”のInstapaper、Pinterestから独立へ
2年前にPinterestに買収された“後で読む”サービスのInstapaperが独立する。サービスに変更はないとしている。(2018/7/17)

欧州の一部のWikipedia、EUの著作権新指令抗議で検索結果の代わりに声明文表示
欧州連合(EU)がスニペット表示に著作権料を課す条項を含む新指令案の投票を7月5日に実施する。イタリア、スペイン、ポーランドなど欧州の一部のWikipediaはこれに抗議するため、3日と4日の2日間、検索結果の代わりに抗議文を表示している。(2018/7/5)

ITはみ出しコラム:
「インターネットトレンド2018」注目ポイント メアリー・ミーカーの発表から
著名アナリストのメアリー・ミーカー氏が恒例の「インターネットトレンド」レポートを発表しました。2018年版の注目ポイントをまとめます。(2018/6/3)

実験段階だが話題のSpark on Kubernetes
ビッグデータ活用で勢いを増すコンテナと「Kubernetes」導入
ビッグデータのベンダーやユーザーは、「Kubernetes」のコンテナ管理に目を向けている。コンテナによってシステムやアプリケーションの導入が高速になり、コンピューティングリソースの利用が柔軟になるためだ。(2018/5/29)

GDPR施行で一部米メディアがEUで閲覧不能に Instapaperも停止中
EUでGDPR(一般データ保護規則)が施行された5月25日から、The Chicago TribuneやThe Los Angeles Timesなどの一部の米メディアがEU地域で閲覧できなくなっている。「後で読む」サービスのInstapaperもサービス停止中だ。(2018/5/28)

Amazonのリアルタイム顔認識システムを米警察が利用──ACLUがプライバシーの懸念を表明
Amazonのリアルタイム顔認識システム「Rekognition」を米国の警察当局が市民監視に利用しているとして、米人権団体がAmazonに提供停止を求めた。(2018/5/23)

Google I/O 2018基調講演まとめ AIのある快適な暮らし
Googleの年次開発者会議「Google I/O 2018」の基調講演で発表されたことをまとめた。GoogleアシスタントやAndroid Pなど、AI中心のデモが多かった。(2018/5/9)

Pinterest、不要なボードのアーカイブやピンの配置編集などの新機能
Pinterestが、イベントが終わって不要になったボードをアーカイブする機能や、ボード内のピンの配置をドラッグ&ドロップで変更する機能などを追加した。(2018/2/15)

Google、GmailにAMP導入でメールをよりインタラクティブに
Googleが、モバイルWeb高速化イニシアチブ「AMP」をGmailに導入する「AMP for Email」を発表した。Pinterestからのメール内のコンテンツをその場で自分のアカウントでピンしたり、Doodleのイベント招待に参加を申し込んだりできる。(2018/2/14)

Pinterest、画像検索機能「Lens」とテキスト検索併用可能に
PinterestのAI採用画像検索機能「Lens」を、テキスト検索と併用できるようになる。例えば食材の写真と「レシピ」でその食材を使ったレシピを検索できる。(2018/2/9)

iPhoneアプリ開発にはSwift? Objective-C?
モバイルアプリ開発言語をどう選ぶ? ビジネスユーザーも知るべきその違い
モバイルアプリを開発する際には、ビジネス要件と機能要件に基づき、最も適した開発言語を選ぶ。本稿では、ビジネスユーザーも参考になる主要な開発言語の特徴を紹介する。(2018/1/29)

Yahoo! JAPANやスタートトゥデイなどとの協業も:
「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アーリーアダプターの間ではTwitterやFacebookの「次」を担うSNSかと注目されたこともあったが、その後のビジネス展開はどうなっているのか。(2018/1/19)

人生をクリエイティブに:
トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めることを決定した。「Pinterest」のAPIをトライバルメディアハウスのモバイルアプリに実装する取り組みなどを予定している。(2017/12/15)

ITはみ出しコラム:
AmazonとGoogleのバトルが激化 ユーザー不在の締め出し合戦へ
互いの製品やサービスを締め出し合うAmazonとGoogle。ユーザーに不便を強いるようなことがない形で、バトルを終わらせていただきたいものです。(2017/12/10)

画像認識サービス「Amazon Rekognition」、リアルタイムの顔認識が可能に
AWSのAIサービス「Amazon AI」のディープラーニング採用の画像認識サービス「Amazon Rekognition」がアップデートし、リアルタイムの顔認識やテキスト抽出機能が追加された。(2017/11/23)

「Firefox 56」公開、スクリーンショット機能やAndroidでのFlashサポート終了など
「Firefox 56」は、表示しているWebページのスクリーンショットを手軽に保存・共有できる機能やタブを他の端末に送る機能などが追加された。「最高」2件を含む複数の脆弱性にも対処した。Android版ではFlashのサポートを終了した。(2017/10/2)

Amazon.com、Instagramのような画像SNS「Spark」を米国でスタート
Amazon.comが米国で、InstagramやPinterestのような画像中心SNS「Spark」をPrime会員向けに立ち上げた。投稿に付いている購入ボタンから同じ製品を購入したり、投稿者とコメント欄でやり取りできる。(2017/7/19)

Tech Basics/Keyword:
AMP(Accelerated Mobile Pages)
スマートフォンにおけるページ表示のイライラは過去のもの? 「AMP」と呼ばれるプロジェクトがスマートフォンのページ表示を高速化するという。AMPとはどのようなものなのかコンパクトに解説しよう。(2017/7/7)

音声アシスタント「Bixby」の能力は未知数
徹底レビュー:「Galaxy S8」、“ほぼベゼルレス”な縦長ディスプレイのインパクト
Samsung Electronicsの「Galaxy S8」は最高クラスのパフォーマンスを備えている。安価ではないが、金額に見合う価値のある製品であることは間違いないだろう。(2017/5/20)

ビズ・ストーン氏、Twitterに完全復帰「ジャックに頼まれて」
Twitterの共同創業者の1人で最近JellyをPinterestに売却したビズ・ストーン氏がTwitterに完全復帰する。肩書は不明だが、同氏は創業当時、Twitterの文化的側面を担っていた。(2017/5/17)

称賛せざるを得ない仕上がりだが不確定要素も
徹底レビュー:「Galaxy S8」、Samsung史上最高の主力機種を詳しく見る
「Galaxy Note 7」で信頼を大きく損なったSamsung Electronicsが、2017年に主力製品「Samsung Galaxy S8」と「Samsung Galaxy S8 Plus」をリリースする。両機種をレビューした。(2017/4/8)

Pinterestが買収したJelly、4月3日にシャットダウン
Pinterestが買収したソーシャルサービス「Jelly」が4月3日に閉鎖される。創業者のビズ・ストーン氏はユーザー宛のメールで「Jellyの精神はPinterestの中で生き続ける」と語った。(2017/3/21)

Pinterest、Twitter共同創業者ビズ・ストーン氏のJellyを買収
Twitterの共同創業者、ビズ・ストーン氏が立ち上げた人力検索サービスJellyをPinterestが買収した。ストーン氏はPinterestのアドバイザーになる。(2017/3/9)

フェリシモ「500色の色えんぴつ」の新シリーズ 東京下町の職人さんが手掛けた「TOKYO SEEDS」誕生!
オリンピックを迎える街をスケッチしたい。(2017/2/17)

Pinterest、リアル世界で画像検索+αできる「Lens」(β)他、2つの新機能を発表
画像共有SNSのPinterestが、スマートフォンで撮影した写真上のアイテムの関連情報や(食品の場合は)レシピなどを表示する「Lens」機能を発表した。(2017/2/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。