ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PlayStation Meeting」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PlayStation Meeting」に関する情報が集まったページです。

3万円きった薄型「PS4」発表 9月15日に発売
価格は2万9980円。(2016/9/8)

PS4の新型ハイエンド機「PS4 Pro」発表 4K、HDTV、HDR、PS VRなどに特化して11月10日発売
1TBのハードドライブが内蔵。11月10日4万4980円。(2016/9/8)

9月のPS4イベントで発表されるのは「Neo」だけではなく“薄い新モデル”も?
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が9月7日にニューヨークで開催するイベントで発表されるのは、うわさの4K端末「Neo」(コードネーム)だけではなく、Microsoftの「Xbox One S」と競合する低価格モデルの合わせて2種類になるとWall Street Journalが報じた。(2016/8/23)

ソニーが9月7日のPlayStationイベントで発表する新モデル(?)がオークションサイトに登場
PlayStaion 4の新モデルとみられるゲーム機が、英オークションサイトに出品された。現行モデルより薄く丸みを帯びており、外箱には「PS VR対応」と書かれている。(2016/8/22)

ソニー、9月7日にニューヨークでイベント開催──「PlayStation NEO」発表か?
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が9月7日にニューヨークで「PlayStation Meeting」を開催する。PS4の上位モデル「PlayStation NEO」の発表だろうか?(2016/8/10)

超会議2情報 「超Lチキ創作レシピ」「Lチキイラスト」のコンテスト結果発表
「ニコニコ超会議2」のローソンとのコラボ企画「Lチキイラストコンテスト」「超Lチキ創作レシピコンテスト」の最優秀作品が決定した。(2013/2/22)

ゲームは4Kに対応せず:
本体の見えない「PS4」発表、でも中身はすごい
ソニー・コンピュータエンタテインメントが「プレイステーション 4」を発表した。特長は「高い処理能力とソーシャルとの融合、思い立ったらすぐに遊べるアクセス」。しかし価格などは未公表だ。(2013/2/21)

PS4用「DUALSHOCK 4」はタッチ操作対応、SHAREボタンでプレイ動画共有も
併せて、専用のカメラユニット「PlayStation 4 Eye」も発表に(2013/2/21)

PS4は2013年末発売予定 ソーシャル連携・クラウドで新たなゲーム体験提供
いつでもゲームを休止・再開できるサスペンド機能のほか、自分のゲームプレイ映像を手軽に投稿・配信する機能なども搭載。(2013/2/21)

SCE、「プレイステーション 4」発表 年末発売へ
SCEが据え置き型ゲーム機の次世代機「プレイステーション 4」(PS4)を発表した。2013年の年末商戦向けに発売される。(2013/2/21)

【速報】SCE、「プレイステーション 4」を発表
米ニューヨークにて開催中のイベント「PlayStation Meeting 2013」の中で発表された。(2013/2/21)

PS4は4万円程度? 発表会直前うわさまとめ
SCEは日本時間の2月21日午前8時から「PlayStation Meeting」を開き、「PS4」を披露するとみられる。直前に出てきた情報も含め、PS4のうわさをまとめた。(2013/2/20)

「PlayStation Meeting 2013」ライブ配信
ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカがニューヨークで開催する発表会「PlayStation Meeting 2013」をライブ配信する。配信は2月21日8時0分〜。(2013/2/20)

PS4は年内発売? コントローラにタッチパッド搭載説
「PS4」は年内に発売される可能性がありそうだ。CPUとGPUはAMD製、コントローラにはVitaのようなタッチパッドを搭載するといううわさもある。(2013/2/7)

“PS4”の姿は動画内に登場している?
「PlayStation Meeting」前に公開された動画内に“PS4”の姿が写っているのではという指摘がある。(2013/2/4)

2月20日:
PS4発表か? NYで「PlayStation Meeting 2013」開催決定
サイトもオープン。(2013/2/1)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その42):
E3 2011に行ってきた(後編)――復習してみるソニー&任天堂
くねくねハニィの「最近どうよ?」第42回目、先日の「E3 2011に行ってきた(後編)」を前置きもなく書いてしまおうかなと。長いけど、よろしこ。(2011/6/29)

PlayStation’s E3 Press Conference:
3D推しのソニー 「PS Vita」価格発表で驚きの声
ソニーは現地時間の6月6日、ロサンゼルスで開催したプレスカンファレンスで次世代ポータブルゲーム機の正式名を「PlayStation Vita」であると発表。期待のタイトルや3Dディスプレイなどを公開した。(2011/6/7)

「NGP」の正式名は「PS Vita」――3G/Wi-Fi対応モデルが2万9980円
ロサンゼルスで開催しているプレスカンファレンス次世代ポータブルゲーム機の正式名が「PlayStation Vita」であると発表された。Wi-Fiモデルが2万4980円、3G/Wi-Fi対応モデルが2万9980円。2011年末に順次発売。(2011/6/7)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その40):
ガンバレ日本! GDC2011@サンフランシスコに行ってきた!
ITmedia ガジェットに引っ越して参りましたくねくねハニィがお送りする「最近どうよ?」の40回目は、GDC2011サンフランシスコをまとめてみました。ハニィも「日本の力を、信じてる」!(2011/4/8)

Mobile Weekly Top10:
Androidに関心が集中する中、「NGP」にも注目
1月最終週のアクセスランキングは、引き続きAndroid関連の話題が多くの注目を集めた。そんな中で発表された3G通信対応の“次期PSP”とAndroid向けに提供される「PlayStation Suite」は、非常にタイムリーな話題だった。(2011/2/1)

日々是遊戯:
徹底比較! 「Next Generation Portable」対「ニンテンドー3DS」
昨日の「Next Generation Portable(NGP)」発表で、いよいよSCEと任天堂の次世代携帯ゲーム機が出そろいました。果たして両者はどのようなスペックで、どのあたりが違うのか?(2011/1/28)

動画で見る「Next Generation Portable」
1月27日に開催されたSCEのPlayStation Meeting 2011において公開された次期携帯型エンタテインメントシステム「Next Generation Portable」を動画で紹介する。(2011/1/28)

PlayStation Meeting 2011「Next Generation Portable」NGPゲスト編:
小島監督、名越監督も登場! サードパーティのキーマンが「NGP」への思いを語る
PlayStation Meetingの後半では、カプコンやセガ、KONAMIといったサードパーティのクリエイターが登壇し、開発中タイトルのデモンストレーションを行った。中にはあの有名タイトルも……?(2011/1/28)

PlayStation Meeting 2011「Next Generation Portable」サービス編:
「LiveArea」「Near」そして「Suite」――ネットワークに溶け込むNGPのサービス戦略
1月27日に開催されたPlayStation Meeting 2011では、NGP本体スペック公開に合わせて、NGPならではのユニークなサービスも発表された。(2011/1/28)

PlayStation Meeting 2011「Next Generation Portable」ハード編:
タッチスクリーン、カメラ、ジャイロセンサー……。ついに姿を現した、次世代携帯機「NGP」のスペックは?
ソニー・コンピュータエンタテインメントが1月27日に発表した、次世代携帯機「Next Generation Portable(NGP)」。ここではハードウェア面に注目しつつ、その全貌に迫ってみる。(2011/1/27)

日常の遊びを手の中に――次世代PSP「Next Generation Portable(仮称)」発表
SCEは1月27日、PlayStation Meeting 2011において次世代PSPを発表した。(2011/1/27)

「Playstation Meeting」取材ビデオも配信 ゲームのじかん
最新タイトルから往年の名作までビデオゲームを視聴者と一緒に楽しむ番組。新型PSPの発表が噂される「Playstation Meeting 2011」(1月27日15時〜)の取材ビデオも流す。配信は1月27日21時0分〜1月27日21時30分。(2011/1/27)

南の島まで徒歩0分――「ポータブル・アイランド」で自由気ままな生活始めませんか
バンダイナムコゲームスは、“遊べる”だけでなく“使える”コンピュータエンタテインメントの新しい形を模索した、日常の生活空間を癒し空間に変える、大人のためのPSP用リラクゼーションツール「ポータブル・アイランド 手のひらのリゾート」を2006年夏に発売する。(2006/4/14)

東京ゲームショウ2005――コーエーブース:
コーエー、PS3同時発売新作タイトルを発表
「真・三國無双」シリーズなどを手がけるオメガフォースと、コーエーカナダとのコラボレーションで世界を狙う。(2005/9/16)

ナムコ「ポータブル・リゾート」(仮称)は、大人の心を癒す“手のひら極楽時間”
エンターテインメント・ツールってなんだ? 現在開催されている「東京ゲームショウ2005」では、「ポータブル・リゾート」(仮称)でウクレレが弾ける。(2005/9/16)

Games Weekly Access Top10:
東京キャラクターショーと地震、そして人生で最も長い帰路へ
先週のトップは「PlayStation Meeting 2005」にて発表された新色PSPの記事がトップ。そして2位にはお隣の中国のゲーム事情がランクインしました。しかし、ここで一番語りたいのは、8位の東京キャラクターショー。皆さん、千葉から茨城まで帰宅するのにどれくらいかかると思いますか?(2005/7/27)

PlayStation Meeting 2005:
充実したサポートツールでプレイステーション 3タイトルの開発は万全
「PlayStation Meeting 2005」では、久夛良木社長によるPS3関連のプレゼンテーションも。今後は開発者向けのツールが多数用意されることを紹介し、PS3のアドバンテージについて語った。(2005/7/22)

PlayStation Awards 2005:
「PlayStation Awards 2005」受賞タイトル発表&表彰――新しい10年に向けて
ソニー・コンピュータエンタテインメントは本日7月21日、先に行われた「PlayStation Meeting 2005」に引き続き、累計出荷本数に対して賞を贈る「PlayStation Awards 2005」を開催した。(2005/7/21)

PlayStation Meeting 2005:
収穫期を迎えたプレイステーション 2、150タイトルを用意するPSP
「PlayStation Meeting 2005」が都内の会場で開催された。レベルファイブのPS2新作タイトルが明らかになったほか、PS2、PSP関連の現状や、今後の展開についてプレゼンテーションが行われた。(2005/7/21)

PlayStation Meeting 2005:
PSPにインターネットブラウザを搭載――セラミック・ホワイトも発売
PSPへついにインターネットブラウザ搭載。バージョンは2に。カラーバリエーションとして「セラミック・ホワイト」も用意される。(2005/7/21)

東京ゲームショウ2004
PSPが大量展示、早速さわってきました
開催されている東京ゲームショウ 2004には、ソニー・コンピュータエンタテインメントの携帯ゲーム機「PSP」がプレイアブルな状態で大量に展示されている。早速さわってきた。(2004/9/24)

次世代プレイステーションはOpenGL系になる?
次世代プレイステーション、いわゆる「PS3」の開発プラットフォームに、携帯機器や組み込み向けGPUのAPI「OpenGL/ES」が採用される可能性が高くなってきた。その根拠、そしてそれを採用することのメリットを探ってみた。(2004/7/26)

写真で見る「PSP」
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が開催した「PlayStation Meeting 2004」では、今年年末に国内発売が予定されている携帯型ゲーム機「PSP」が国内で初披露された。最新の次世代ポータブルゲーム機を写真でチェック。(2004/7/13)

“通訳アホウドリ”に「トロもいっしょ」――PSPのイケてるソフト
PS3ネタで盛り上がった「PlayStation Meeting 2004」だが、本来は次世代携帯型ゲーム機「PSP」の国内お披露目がメイン。ハードの紹介で目新しいトピックスはなかったが、PSP対応ソフトで異色の“実用ソフト”が登場した。癒し系トロのPSP版最新情報も。(2004/7/13)

「PS3お披露目は来年春、可動実機は来年E3に登場」――ソニー久夛良木氏
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)がプレイステーション次世代機「PS3(仮称)」のタイムスケジュールを発表。来年春に国内お披露目で、来年5月のE3で実動可能(プレイアブル)な実機を展示するという。発売は来年末か?(2004/7/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。