ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「POWEREX」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

知財で学ぶエレクトロニクス(3):
「SiC」と「GaN」のデバイス開発競争の行方は?(地域編)
次世代パワー半導体材料であるSiCとGaN。省エネルギーや小型化の切り札とされており、実用化に期待がかかる。現在、開発競争において、どの地域が進んでおり、どの企業に優位性があるのだろうか。それを解き明かすには特許の出願状況を確認、分析することが役立つ。(2012/12/13)

ナニコレ:
ソーラーバッグ「HALOS」を使って「背中で充電する男」になってみた
ソーラーパネルを搭載し、日光さえあればどこでもスマホや携帯ゲーム機が充電できる「HALOS」。少々お高いのがネックだが、値段分の価値はあるのか?(2012/4/19)

シンプルだから使いやすい:
省スペースで安価なPOWEREXのスリムケースを試す
ノートPCの人気は高いが、拡張性ではデスクトップPCが上。でも、スリムPCケースはどうだろうか? POWEREXのスリムタワーケース2製品で確認しよう。(2012/4/12)

これはいいコストパフォーマンス:
POWEREXのエントリータワーPCケースを試しまくる
余ったパーツで1台組んじゃおうかな! というベテランでも、意外と不足するのがPCケースだ。そこで、コストパフォーマンスの高いタワーケース! なの! だああ!(2012/2/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
クレバリー1号店、15年の歴史に幕 「まあ、今後も続きますから……」
クレバリー1号店が閉店した週末。ショップと街の再編が進むなか、GPU非搭載のCore i5や高速SSDといった新製品がいつものように街を賑わせていた。(2012/2/27)

POWEREX、425ワット電源つきのエントリーミドルタワーケース「VTC425-55」に白モデル
POWEREX-JAPANは、425ワット電源搭載ミドルタワー型PCケース「VTC425-55W/US3」の取り扱いを開始する。(2012/2/14)

POWEREX、短寸設計の425ワットATX電源「小錻力4」
POWEREX-JAPANは、奥行き118ミリの小型筐体を採用した425ワットATX電源「小錻力4」を発売する。(2012/2/10)

POWEREX、実売8000円の冷却力重視ゲーミングPCケース
POWEREX-JAPANは、標準で4基のケースファンを搭載したミドルタワー型PCケース「PRC-53BUS3」を発売する。(2012/1/6)

8種類のアダプターを同梱したモバイルチャージャー「POWER WALKER C5500/C2800」
最大500回の利用が可能なモバイルバッテリー「POWER WALKER C5500シリーズ」と「POWER WALKER C2800シリーズ」が登場。マルチコネクタ方式により、さまざまなスマートフォン・モバイル機器に対応している。(2011/11/17)

POWEREX、実売約5000円のBRONZE認証ATX電源「SD-660EPS」
POWEREX-JAPANは、80PLUS BRONZE認証取得モデルとなる500ワットATX電源「EX-SILENT SD-660EPS」を発売する。(2011/11/15)

2台同時充電が便利:
これさえあれば、とりあえず安心?――“ほぼ全機種対応”のモバイルバッテリー「PowerWalker」を試す
PCケースや電源ユニットなどの自作PCパーツを販売するPOWEREX-JAPANが、モバイルバッテリーを発売した。全8種のアダプタで、ほとんどのスマートフォンやタブレット、ケータイに対応するが、モバイルバッテリーとしての基本的な性能はどうなのか。(2011/11/9)

PC/スマホユーザーにちょっとグッと来る、「POWEREX」のモバイルアクセサリ
スマートフォンの普及が進む中「電池が持たない」という声が多く上がっている。そんな人には、POWEREXの“ほぼ全部対応”なモバイルバッテリーが便利そうだ。(2011/10/29)

POWEREX-JAPAN、iPhone/Android端末にも対応する汎用モバイルバッテリー「PowerWalker」
POWEREX-JAPANは、汎用モバイルバッテリー「PowerWalker」シリーズの国内販売を開始する。(2011/10/26)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。