ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「内閣総理大臣」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「内閣総理大臣」に関する情報が集まったページです。

佐藤優が明かす ロシアスパイの教育とプロの掟
機密情報を入試していたのは、旧KGBの流れをくむロシア対外情報庁(SVR)の一員とみられる。(2020/2/11)

江端さんのDIY奮闘記 介護地獄に安らぎを与える“自力救済的IT”の作り方(4):
見せろ! ラズパイ 〜実家の親を数値で「見える化」せよ
介護にまつわる話題において、よく聞かれるのが「誰にも迷惑をかけたくない」という言葉です。この“迷惑”という観念に対する対処法を考える時に、外せないのが「尊厳死」と「安楽死」です。被介護人が、全く意思疎通ができない“ブラックボックス”のような状態になった時、あなたならどうするでしょうか。そして、自分がその立場ならばどうされたいでしょうか。後半では「ラズパイ」を使い、実家の親の日常を数値とグラフで「見える化する」方法をご紹介します。(2020/1/31)

サラリーマン、プリキュアを語る:
2020年「ヒーリングっど プリキュア」が目指す新しいプリキュア ジェンダーギャップ指数121位の日本に必要なこと
「ヒーリングっど プリキュア」楽しみ! スタプリもラスト盛り上がってきた! 2つとも楽しみ!(2019/12/26)

平均年齢は35歳:
国家公務員の冬ボーナス 平均額は約2万円減少
国家公務員に12月10日、冬のボーナスが支給された。一般職の平均支給額は約68万7700円。(2019/12/10)

建機自動化:
熊谷組が開発した建機をVRで遠隔操作する新技術、傾き・振動・音も体感
熊谷組は、遠隔操縦室内にいるオペレーターに、VRを介してコクピット内からの視界の他、建機の傾きや振動、音を提供し、搭乗操作に近い感覚で、オペレート可能な安全かつ効率の高い無人化施工が実現するシステムを開発した。(2019/11/20)

世界を「数字」で回してみよう(61) 働き方改革(20) 最終回:
長時間労働=美徳の時代は終わる 〜「働き方改革」はパラダイムシフトとなり得るのか
20回にわたり続けてきた「働き方改革」シリーズも、今回で最終回を迎えました。連載中、私はずっと、「働き方改革」の方向性の妥当性は認めつつ、「この問題の解決はそれほど簡単なことではない」という反骨精神にも似た気持ちの下、それを証明すべく数字を回してきました。これは“政策に対する、たった1人の嫌がらせ”とも言えます。そして最終回でも、この精神を貫き、“たった1人の最後の嫌がらせ”をさせていただこうと思っています。(2019/8/29)

小泉進次郎議員、滝川クリステルが結婚&妊娠を発表 「一緒に移動したこともなかった」と“秘密の恋愛”を告白
おめでとうございます!(2019/8/7)

消費者庁がLINEモバイルに措置命令 Webサイトの表記に「優良誤認」
消費者庁が、LINEモバイルに対して景品表示法に基づく措置命令を発出。LINEモバイルの「エントリーパッケージ」に関する同社Webサイトの表記が同法第5条第1号に定める「優良誤認」に抵触したことに伴うもので、すでに表記は改善されている。(2019/7/2)

落ちこぼれ青年の逆転劇:
田中角栄からカネは受け取らなかった――田原総一朗が語る「ジャーナリスト人生の原点」
田原総一朗の「ジャーナリスト人生の原点」に迫った。(2019/6/26)

参院選を前に「タブー」に迫る:
田原総一朗が憲法9条で安倍首相を斬る――「“改憲した総理”になりたいだけ」
参院選を前に憲法改正にこだわる田原総一朗氏。そこには自民党議員も触れない「タブー」があった。単独インタビューで迫った――。(2019/6/25)

製造マネジメントニュース:
科学技術的に優れた発明を顕彰する「全国発明表彰」受賞者発表
発明協会は優れた発明、意匠を顕彰する「令和元年度全国発明表彰」受賞者を発表した。恩賜発明賞は日立製作所が発明した「英国の社会インフラとなった高速鉄道車両システムの意匠」が受賞した。(2019/6/18)

何言ってるか全然わからん! 実はちくわはかまぼこで、かまぼこはちくわだった
おれがあいつであいつがおれで。(2019/4/19)

上野千鶴子さんの祝辞を読み解く 「女性」の魂を折らない社会と、「通俗道徳」へのカウンター
どのようなメッセージだったのか。(2019/4/15)

いらすとやに「令和」のイラスト 「仕事早すぎ」と話題
フリー素材サイト「いらすとや」に新元号「令和」に関するイラストが追加された。(2019/4/1)

新元号は「令和(れいわ)」 皇太子さまの新天皇即位に合わせ5月1日から施行
1989年1月8日から30年4カ月続いた「平成」が間もなく幕を下ろします。次の時代も良い時代に。(2019/4/1)

まもなく発表:
新元号を「フレームワーク思考」で予想してみた
今年4月1日に新元号が発表され、5月1日より実際に用いられる予定です。今回は、その新元号の候補について、フレームワーク思考で検討してみましょう。(2019/3/8)

平成のうちに知りたい元号のこと:
改元対応よりも大変? IT業界でうわさの「昭和100年問題」とは
平成のうちに知っておきたい元号と改元の話を幅広く紹介する本連載。今回はネット上でうわさされている「昭和100年問題」についてです。(2019/3/6)

世界を「数字」で回してみよう(56) 働き方改革(15):
外国人就労拡大で際立つ日本の「ブラック国家ぶり」
ここ最近、連日のように報じられている「外国人労働者の受け入れ拡大」。メディアで報じられている課題はともかく、この外国人就労拡大で際立っているのが、日本の「ブラック国家ぶり」です。このブラックぶりは、驚きを通り越して、むしろすがすがしいほどなのです。(2019/2/26)

架空世界で「認証」を知る:
認証と認可の違い、説明できる? 「勇者王ガオガイガー」で解説してみる
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第10回のテーマは架空世界の「認証と認可」について。(2019/2/21)

平成のうちに知りたい元号のこと:
改元は凶事の「リセット装置」だった? 意外に知らない元号の話(後編)
意外に知らない「元号」について豆知識を交えて紹介。後編となる今回は「改元」がなぜ行われるのか、改元にはどんな意味があるかを解説します。(2019/1/30)

【マンガ】日本には“2人で総理大臣になった兄弟がいる”って知ってた?
兄弟合わせて、在任期間11年。(2019/1/25)

ヒプマイコミカライズ「解釈違い」騒動、クラスタが動揺した“5つのびっくりポイント”
クラスタが突如ぶつけられた5つのびっくりポイント。(2018/12/26)

自然エネルギー:
太陽光の“発電事業者”による新団体「ASPEn」誕生、その設立の狙いとは?
再生可能エネルギーの主力電源化がうたわれる一方で、太陽光発電には社会との共生など新たな課題も顕在化してきている。こうしたなか、中小規模の発電事業者を中心とする全国組織「一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn/アスペン)」が誕生。発電事業者による組織を立ち上げた狙いとは? 設立シンポジウムの様子をレポートする。(2018/12/10)

美名のもとに遂行される「政府シナリオ」:
公務員65歳定年制の導入は「若者の賃金搾取」と「解雇規制緩和」の序章だ
政府は公務員の定年引き上げを検討している。この動きが民間にまで波及すれば法定定年年齢の65歳への引き上げにつながり、70歳までの雇用確保を義務付けるという「政府のシナリオ」が現実味を帯びつつあるのだ。その先にあるのは……。(2018/11/29)

規制改革会議が「分離プラン推進」答申を発表 その中身について考えた
内閣府の「規制改革会議」が、「規制改革推進に関する第4次答申」を取りまとめた。その中にモバイル(携帯電話通信)市場に関する提言があるので、解説しつつ私見を述べてみようと思う。(2018/11/23)

ソーラーシェアリング入門(4):
数年で大きな変化、ソーラーシェアリングを巡る政策動向
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングを巡る日本の政策動向について解説する。(2018/10/29)

2019年GWは「10連休」へ 新天皇即位に関し“1年限りの祝日”を5月1日と10月22日に検討
ぜひ実現を……。(2018/10/12)

スピン経済の歩き方:
新しく就任した大臣が「失言」を繰り返す、3つの理由
内閣改造の風物詩ともいうべき、「大臣の首を取りましょうキャンペーン」が本格化している。それにしても、なぜ新たに就任した大臣は「失言」を繰り返すのか。筆者の窪田氏の分析によると……。(2018/10/9)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「敵とは何か」 SNSの未来を描く「ガッチャマン クラウズ」のメッセージを解く
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さん(上席サイバーセキュリティ分析官)がセキュリティ対策を解説します。第4回のテーマは「ガッチャマン クラウズ」です。 (2018/10/12)

2019年度に着工する“品川新駅”周辺の開発プロジェクト、4街区に5棟を計画
JR東日本が計画している品川新駅周辺の再開発プロジェクトの概要が明らかになった。計画地9.5haを4つの街区に分けて、オフィスビル、文化施設、国際水準のマンション・ホテルなど、計5棟を新設する。(2018/9/28)

「大統領」と「首相」は結局どっちが偉いのか
どっちもいる国があるって知ってた?(2018/9/12)

消されるどころか大型アップデート 「政剣マニフェスティア」が第2章実装、新たな敵は「トランプ」
なんだかんだで2周年。お叱りの言葉が届くことなく続いているようです。(2018/8/19)

よくしゃべる子が生まれそう! 第1子妊娠の紅蘭、明石家さんまに安産祈願でお笑いパワーを注入される
紅蘭さん「動きが元気いっぱい激しくなってきたのは気のせいかしら」。(2018/8/13)

車のナンバープレート、ひらがなや数字の意味は? レアな「アルファベット」プレートも存在
ひらがなの部分、英語もあるって知ってた?(2018/7/1)

石川温のスマホ業界新聞:
今年も盛況だった「孫正義ファンミーティング」――「孫さん、えらい老けたわね」と暴言を吐く株主も
ソフトバンクグループの株主総会が行われた。「孫正義ファンミーティング」とも呼ばれることもあるほどに孫正義社長のファンである株主が多く来場する同社の総会だが、ここ数年は通信事業の戦略があまり見えてこない。(2018/6/29)

世界を「数字」で回してみよう(50) 働き方改革(9):
合理的な行動が待機児童問題を招く? 現代社会を映す負のループ
今回のテーマは「子育て」、とりわけ、働き方と深く関わってくる、保育園の待機児童問題です。少し前に取り上げた「女性の活躍」と切っても切り離せず、かつ深刻を極めている問題なのですが、政府の対応がうまくいっておらず、また、実は“当事者意識”を持ちにくい問題となっていることが、数字から見えてきました。(2018/6/26)

新宿ミラノ座跡地に40階建て複合施設、2019年7月着工
東京急行電鉄と東急レクリエーションは、新宿 TOKYU MILANOの跡地に、劇場を含む40階建ての高層複合施設を建設する。2019年7月に着工し、2022年度の竣工を予定している。(2018/6/22)

「ブラック企業」「ワンチャン」「安倍晋三」 広辞苑に載っている言葉はどれ?
ワンチャン広辞苑買おうかな〜。(2018/6/7)

【マンガ】物騒な名前のスポーツ「デッドボール」の知られざる歴史
かつて日本に実在した。(2018/6/3)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
金属3Dプリンタで金銅鰐を精巧に再現――やまぐち3Dものづくり研究会(山口県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第25回。山口県で行われている、ものづくり力の高度化・ブランド化に向けた技術向上の取り組み「やまぐち3Dものづくり研究会」を紹介する。(2018/6/1)

不祥事対策は、ディズニー映画に学べ:
日大アメフト問題に学ぶ、不祥事を炎上させない対応策
日大のアメフト問題が大炎上している。財務省も加計学園も不祥事隠ぺいで注目されているが、問題が発覚したときどのように対応すればいいのか。ディズニー映画『モンスターズ・ユニバーシティ』から学べることがあって……。(2018/6/1)

中小製造業のIoT活用:
PR:初期費用0円の製造業向けIoTサービスを生んだ「広く浅い」アプローチとは
日本のモノづくりを支える中小製造業へのIoTの導入はまだほとんど進んでいない。「広く浅い」アプローチでIoT導入を進めている久野金属工業は、マイクロリンクと共同で、初期費用0円という製造業向けIoTクラウドサービス「IoT GO」を開発。2018年5月から外販を開始した。(2018/5/31)

【マンガ】ワニはなぜ「石を食べる」のか? その意外な理由
消化のためだけじゃない?(2018/5/24)

宇宙ビジネスの新潮流:
日本政府1000億円を宇宙ビジネスに投入、勝機は?
内閣府が主催する宇宙ビジネスシンポジウムが開かれ、宇宙開発利用大賞の発表などさまざまな催しが行われた。そこで安倍首相が宇宙ビジネス支援策を発表、官民合わせて1000億円規模のリスクマネーを宇宙ビジネスに投入していくという。(2018/3/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
欧米メディアも報道できない、伊調馨「パワハラ問題」の真実
レスリング選手の伊調馨氏が日本レスリング協会の栄和人強化本部長からパワハラを受けているという告発があった問題。海外メディアはほとんど報じていない。後追い報道が続々と出てきて、騒動の本質がつかみづらくなっている。(2018/3/22)

デンソーのアームロボット、棋戦「叡王戦」の振り駒務める
ドワンゴと日本将棋連盟が主催する棋戦「第3期叡王戦」の振り駒をデンソーのロボットアームが務めた。(2018/2/21)

製造マネジメントニュース:
ものづくり日本大賞、JFEスチールの製鉄原料製造プロセスなどが受賞
政府が主催する「ものづくり日本大賞」が発表され、内閣総理大臣賞24件、経済産業大臣賞18件などを含む、58件が受賞した。(2018/2/1)

RobiZy設立記念セミナー:
「生産現場でのロボット活用」を進めるために必要なプレイヤーとは
人と一緒に働く協働ロボットは生産現場でも徐々にその存在感を増しているが、普及のへの障壁があることも事実だ。人とロボットがともに働くために、いま何が必要なのか。ロボットビジネス支援機構(RobiZy)設立セミナーの基調講演から解き明かす。(2018/1/11)

「手が微妙に違うけどいいか!」 DAIGO、母の70歳の誕生日に2人でウィッシュ!
仲良し家族だ。(2018/1/7)

ヒトが入れない「立ち入り禁止区域」にロボットが潜入するバラエティ番組、TBSが放送
TBSテレビは、立入禁止区域や危険地帯などに潜入するバラエティ番組「立入禁止の向こう側!ココから先は人間NG」を放送する。(2017/12/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。