ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

「RAR」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「RAR」に関する情報が集まったページです。

ユーザー5億人への影響は
WinRARで見つかった「19年間放置されていた脆弱性」の正体は?
WinRARの全バージョンに、2000年よりも前から存在していたとみられる脆弱性が発見され、修正された。数億人ともいわれるWinRARユーザーが、修正パッチを受け取れるかどうかは不透明だ。(2019/3/14)

圧縮・解凍ソフト「WinRAR」にコード実行の脆弱性 19年前から存在
Check Point Softwareによると、この脆弱性を悪用すれば、被害者のコンピュータを完全に制御することも可能だったといい、5億人以上のユーザーが危険にさらされた状態だった。(2019/2/21)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第8話:全滅(後編)
本来防げるはずのウイルスが役員の端末に入り込み、機密情報を流出させていた――。メイたちCSIRTのセキュリティ防衛装置を「全滅」させた仕掛けとは。一方、CISOの小堀は、説明責任を果たそうとある行動に出る。(2018/9/21)

「SWF」「PNG」「WAV」 読みにくい拡張子、なんて読んでる?
人によって割れそう。(2018/7/28)

アーカイブファイル関連の脆弱性「Zip Slip」、大手プロジェクト多数に影響
セキュリティ企業Snykによると、Zip Slipの脆弱性は、HPやAmazon、Apache、Pivotalなどを含め、数千ものプロジェクトに影響を及ぼすという。(2018/6/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「他のセキュリティ対策ソフトはもういらない」とアピールするWindows Defenderの現状
Windows標準のセキュリティ対策機能は“オマケ程度”という認識はもう過去のもの。Windows 10の世代では、Microsoftがセキュリティ対策を大幅に強化しており、最新のセキュリティ動向を考慮したアップデートも続けているのだ。(2018/4/10)

Windows 10への移行:
Windows 10のUIをWindows 7風にする(October 2018 Update対応)
Windows 10に移行したもののなかなかUIに慣れない。Windows 10への移行に際してUIの違いがネックになっている。そのような場合は、むしろWindows 10のUIを慣れたWindows 7に合わせてみよう。設定やユーティリティーを駆使してWindows 10のUIをなるべくWindows 7に近づけてみる。(2019/3/12)

なぜ今「ネットワーク分離」なのか【第3回】
図解で分かる、「ネットワーク分離」を実現する製品/技術はこれだ
ネットワーク分離を実現するためには、どのような製品/技術が必要になるのか。具体的な製品/技術を挙げながら解説する。(2016/12/9)

IPA確認の標的型メールは1年半ぶり100件超、「攻撃者X」の活動再び?
確認された攻撃メールは、四半期ベースでは2015年4月以降に20〜30件程度で推移していたが、2016年7月〜9月期は123件と急増している。(2016/10/28)

これからも続く脅威:
ランサムウェアが日本でブレークした理由と感染対策をふりかえる
最近のマルウェア動向で注目を集めた「ランサムウェア」ですが、感染攻撃の手口などからは日本で流行した理由の背景が見え隠れします。今後も続くと予想される脅威への対策について改めて確認してみましょう。(2016/8/12)

1818件の攻撃メールの中に35件の標的型――2016年4〜6月期の動向
企業が受信した攻撃メールの大半は無差別に狙うばらまき型だったものの、35件の標的型が確認された。セキュリティシステムの検知を逃れる細工も確認されている。(2016/7/29)

「@ITセキュリティセミナー 〜迷宮からの脱出〜」レポート(4):
「標的型攻撃に気付けない組織」にならないための確認ポイントとは
3回にわたりお届けしてきた「@ITセキュリティセミナー 〜迷宮からの脱出〜」レポート。最終回となる今回は、2016年6月28日に大阪で開催した同セミナーの中から、東京では行われなかったセッションの模様を紹介する。(2016/7/22)

R25スマホ情報局:
スマホをジャック!リリスクの新曲MVがすごすぎる!
アイドルラップグループ「lyrical school」の新作MVをスマホで再生すると、まるでスマホを乗っ取られたかのよう。その多彩なギミックに、アイドルに興味のない人たちからも絶賛の声。(2016/4/11)

ランサムウェア被害続出で米政府が注意喚起、「身代金を払ってはダメ」
「支払いに応じたとしても、暗号化されたファイルが戻る保証はない。例えファイルの暗号が解除されても、マルウェアそのものが削除されたわけではない」とUS-CERTは指摘している。(2016/4/5)

あの漫画が名前の由来に?:
「よろしい、ならばAPT戦争だ」――Kaspersky Labが観測
Kaspersky Labは、緊張の高まる南シナ海周辺諸国で、「Naikon」と「Hellsing」というAdvanced Persistant Threat(APT)同士の抗争を観測したという。(2015/4/17)

オンラインストレージ活用:
一歩先を行くGoogleドライブの使い方
無償で利用できる容量が増えたり、パソコン用やスマートフォン用の便利な拡張機能やアプリが提供されたりしたことで、Googleドライブを活用および検討するユーザーが増えている。本稿では、オンラインストレージをさらに使いこなすためのGoogleドライブの活用法を解説していく。(2015/3/18)

Googleドライブ活用:
Googleドライブをファイルサーバーとして活用するノウハウ教えます
企業ユーザーでもファイルサーバーとしてGoogleドライブなどを活用する例が増えている。オンラインストレージを利用することで、社外からでもスマートフォンを利用してデータにアクセスできるなど、利便性も向上する。本稿では、Googleドライブを例にオンラインストレージをファイルサーバーとして活用する際の手順や留意点などを紹介する。(2014/9/17)

“Baiduショック”で見直す「アプリ管理」【最終回】
“Baiduショック”の再来を防ぐ「アプリ識別」の仕組みとは
正規なアプリケーションが突如脅威に変わる事件が相次ぐ今、重要性が高まりつつあるのが次世代ファイアウォールの「アプリケーション識別機能」だ。その仕組みを解説する。(2014/7/22)

「偵察メール」の返信で“ウイルス発進” 2013年度の標的型攻撃事例
サイバー攻撃の情報共有化に取り組む官民連携の「J-CSIP」によれば、2013年度もメールのやりとりから国内の企業や組織に標的型攻撃を仕掛けるケースが多発した。(2014/5/30)

広田稔のiPhoneで行こうぜ(22):
初心者必見! iPhone 5s/5cに入れたい定番無料アプリ25(後編)
後編はライフスタイル&ビジネス系の定番アプリをチョイス。(2013/10/22)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」:
改めて探す「定番Windows ストアアプリ」──クラウドサービス系アプリ編
まぁまぁ、もう一度使ってみましょうよスタート画面。Windowsストアアプリを改めて探すと“定番”系は意外とそこそこそろってきているみたいだ。今回はクラウドサービス系アプリ編をピックアップしてみた。(2013/4/16)

文書編集機能も備えるオンラインストレージ:
Googleドライブ入門(2017年4月更新版)
PC/Macやスマートフォン、タブレット間でファイルを同期することで、いつでも同じファイルを扱うことができるGoogleのオンラインストレージ「Googleドライブ」。その特長やメリット、注意点を解説する。(2017/4/10)

2012年の標的型メール攻撃は1009件、手口の巧妙化も進む――警察庁
警察庁が発表した2012年のサイバー攻撃概況によれば、組織の機密情報を狙って巧妙な手口でターゲットに近づく傾向が増している。(2013/2/28)

2台のiPad miniで見開き電子書籍 「富豪ブック」アプリ登場
iOSデバイスを2台をBluetoothで接続して見開きで電子書籍が見られる。(2012/12/11)

3分LifeHacking:
自炊ファイルの管理に──ZIP圧縮ファイルにサムネイルを表示する
ZIP圧縮ファイルはWindowsの標準機能ではサムネイルを表示しないので、全て同じアイコンになってしまう。サムネイルを表示することで、自炊などのZIP圧縮ファイルを見やすくできるフリーソフトを紹介しよう。(2012/8/6)

電子書籍「自炊」完全マニュアル:
番外編:NASから自炊データを直接読み出せる「新世代」ビューワを使う
「自炊」データを読むためのビューワとして、ネットワークドライブ上に置いた自炊データを直接読み出せる新しいタイプのビューワが台頭しつつある。自炊データを端末に転送せずに読めてしまう、まさに革命的なビューワだ。今回はiPhoneとAndroid、それぞれで使えるこれら新世代のビューワアプリを紹介しよう。(2012/4/16)

セキュリティ・ダークナイト(8):
攻撃はまるでレーザービーム
2011年に話題となった標的型攻撃は「人」という弱点ををねらい打ちにしました。では、この手の攻撃は、人に教育さえしておけば防げるものなのでしょうか?(編集部)(2011/12/26)

正式オープン:
Jコミ、違法に流通している漫画を“浄化”する禁断の計画を発動
絶版漫画に広告を付加して無料配信しているJコミは正式オープンに合わせ、ユーザーから違法に流通している漫画ファイルのアップロードを受け付け、それらを合法化して再配布する仕掛けを発表した。(2011/4/12)

ファイルスキャンとパケットスキャンを理解し、正しい選択を
読めば分かる! ゲートウェイアンチウイルス
パケットを監視し、各種ウイルス攻撃から企業ネットワークを保護するゲートウェイアンチウイルス。代表的な2つの形式はどう使い分ければよいのか、メリット/デメリットを紹介しながら解説する。(2010/9/8)

ウイルス対策製品に圧縮ファイルの検査を回避される問題が存在
IPAとJPCERT/CCは、圧縮ファイルの検査を回避される問題が複数のウイルス対策製品に発見されたと発表した。(2010/4/13)

IEのお気に入り情報を複数ブラウザで共有できる「どこでもUtility」
ノベラックが運営する「どこでもUtility」を使うと、いつでもどこでも同じIE環境が利用できるほか、ファイルの圧縮や暗号化もIEだけでできる。(2010/4/5)

セキュリティ・ダークナイト(3):
「鍵は“J”の中にあるよ」CTF by ダークナイト解答編
第3回は「ダークナイトからの挑戦状」解答編です。さらなるトリッキーな問題も用意したので、もの足りないチャレンジャーも必読の記事です(編集部)(2010/2/22)

現役東大生・森田徹の今週も“かしこいフリ”:
電子書籍はキャズムを超えられるか?――iPodに学ぶ普及への道
音楽配信事業とよく似た構造を持つ市場でありながら、なかなか普及が進まない電子書籍事業。普及するためには何が大事なのか。電子書籍の妥当な価格や望ましい端末の姿、ファイル形式を検討し、電子書籍の未来を考える。(2009/3/24)

Leverage OSS:
Squidの更新パターンでインターネットアクセスを高速化する
プロキシキャッシュサーバであるSquidの設定パラメータを用いてバイトヒット率を上げれば、利用可能な帯域幅を3〜6割近くも拡大できる。Webサイトの最適化を考えるあなたにはまずこれを試してみていただきたい。(2008/12/1)

3分LifeHacking:
メール添付のZIPファイルを自動解凍する
圧縮ファイルをダウンロードし、そして展開──この作業をひたすら繰り返しているようであれば、「AutoUnpack」で一連の作業を自動化してみよう。(2008/7/22)

Linux Hacks:
BackTrackを使ってセキュリティをテストする
侵入テストの分野で、現在最高峰のLinuxディストリビューションであるBackTrack。セキュリティのプロであれば、おそらく心底ほれ込むだろう。(2008/6/19)

20種類の圧縮形式に対応する圧縮ツール「BitZipper」発売
20種類の圧縮/エンコード形式の展開が可能なWindows用データ圧縮ツール「BitZipper」日本語版が登場。(2008/5/8)

Symantec、企業向け製品のセキュリティアップデート公開
Symantec AntiVirus Scan Engineなどの製品にDoSの脆弱性が存在する。(2008/2/28)

「お前の電話を盗聴している」、新手の脅迫マルウェアが出現
「わたしは私立探偵だ。お前の電話を盗聴している」と脅して不正MP3ファイルを開かせようとする手口が出現。(2007/11/21)

8月のスパム動向、PDFスパムが急展開
Symantecの調査によると、PDFスパムが8月中に過去最高と最低レベルを記録した。(2007/9/6)

身代金要求のマルウェア再び、要求額が半額に
ユーザーのデータを勝手に暗号化して解除ソフトの購入を迫るマルウェアがまたも出現。脅迫文にFAQまで付いている。(2007/8/23)

株価操作スパム、今度はFDF形式を利用
スパム対策フィルタをかわす狙いでスパムが添付ファイルの形式を次々に変えている。(2007/8/13)

Storm Wormのボットネットが急拡大、「超大型」DDoSの可能性も
McAfeeによると、Storm Wormの活動が再び活発化。検出を免れる仕組みも次々に導入しているという。(2007/8/8)

今度はRARスパムが氾濫、旧バージョン製品狙った「300日攻撃」も
画像やPDFに続き、RARファイルを添付したスパムが出現。未パッチのまま放置されているプログラムが意図的に狙われている節もある。(2007/8/1)

Symantec製品の脆弱性、企業/コンシューマー向けソフト多数に影響
Symantecの幅広い製品に使われているコンポーネントに脆弱性が発覚した。(2007/7/13)

Geek to Live:
「DownThemAll!」でFirefoxでのダウンロードをパワーアップ
Firefoxのデフォルトのダウンロードマネージャーは、大量のファイルを頻繁にダウンロードする人にとっては不満が残るだろう。拡張機能「DownThemAll!」でこれが便利になる。Greasemonkeyスクリプトと組み合わせることで、Flickrのオリジナルサイズ画像をまとめてダウンロードすることも可能だ。(Lifehacker)(2007/6/21)

進化続けるStorm Worm、RAR圧縮に愛のメッセージも利用
Trend Labsによると、ZIP形式に加え、RAR形式の圧縮ファイルで出回るStorm Worm亜種が発見されたという。(2007/4/29)

3分LifeHacking:
オンラインでファイルの圧縮もしくは形式変換できるサイト
ファイルの圧縮/展開は頻繁に行う操作の1つだ。お気に入りのソフトを使っている人が多いとは思うが、外出先やいつもと異なるPCで仕事をする場合、オンラインで圧縮/展開ができることを知っておくと何かと役立つだろう。あわせてファイル形式の変換ができるサイトもご紹介する。(2006/12/14)

Nyxemワームの「2月3日の文書破壊」、早くも被害
F-Secureによれば、2月3日に文書破壊を実行するワームによって、実際に文書を上書きされてしまったという報告が寄せられた。(2006/2/2)

F-Secureのセキュリティ製品に深刻な脆弱性
脆弱性を突かれると、細工を施したZIPアーカイブを使ってシステム上でコードを実行される可能性があるほか、スキャンによる検出を免れることができてしまう。(2006/1/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。