ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「REAL IT PLATFORM」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「REAL IT PLATFORM」に関する情報が集まったページです。

“クラウド時代の企業システム”構築を支援するソフトウェア製品群、NEC
NECが2011年に投入するクラウド基盤ソフトウェア群は、多種多様なクラウド環境を一元的に管理できる製品や、プライベートクラウド環境における急激な負荷変動等に対応する製品で構成される。(2011/2/28)

Weekly Memo:
グローバルな合従連衡の予兆
NEC、富士通とOracle、日本HPが先週、相次いでITのプラットフォーム事業に関する発表や説明会を行った。一連の発表から見えてきたのは――。(2011/2/14)

プライベートクラウドソリューション最前線【第2回】
SAP ERPを使った基幹システムをサービス提供するNECのクラウド
NECのクラウドサービスには「SaaS型」「共同センター型」「個別対応型」の3タイプがある。共同センター型では、自社基幹システムで構築したグローバル標準プロセスベースのSAPシステムを顧客にサービス提供する。(2010/10/27)

特集:仮想環境はここまで管理できる(6):
“自律的なインフラ最適化”で仮想化はもっと生かせる──NEC
NECは管理対象をインフラ層とサービス層に分け、それぞれを制御・最適化する2つの製品をラインナップ。これらが密接に連携することで、業務の状況に応じて、必要なとき、必要なだけ、無駄なくリソースを提供するクラウドコンピューティング実現の基盤機能を提供している(2010/5/13)

NEC、クラウド基盤のパッケージ「Cloud Platform Suite」を発表
NECは企業がクラウド基盤を構築するのに必要なハードウェア/ソフトウェアをパッケージ化したITプラットフォーム「Cloud Platform Suite」を発表した。(2010/1/21)

NEC、「Express5800/ftサーバ」にNehalemモデルを追加
NECは無停止型(フォールトトレラント)サーバ「Express5800/ftサーバ」にNehalemモデルを追加する。メモリも最大で従来比4倍、HDDは2.6倍を搭載する。(2009/10/28)

「NECクラウドプラザ」がオープン 企業向けクラウド開拓に動く
クラウド型サービスに力を入れるNECは、同サービスをユーザー企業が実際に体験できる施設「NECクラウドプラザ」を開設した。「目に見える形」でユーザー企業にサービス内容をアピールし、利益拡大につなげたい考えだ。(2009/10/14)

NEC、クラウド事業を支える新構想を発表
NECは、省電力や柔軟性の要素を取り入れたクラウド型サービスの強化を掲げ、新たな構想「REAL IT PLATFORM Generation2」を発表した。(2009/10/8)

グリーンITは「絵に描いた餅」ではない:
PR:「REAL」に体感!――サーバルームの省エネ化
グリーンITへの取り組みが必要なことは議論の余地がない。実現のためにはIT機器そのものの対応だけでなく、省エネ効果を高めるためにファシリティも含めた最適化が必要だ。NECでは、ユーザーがグリーンITへ現実的に取り組むための指標となる施設を自社内に設置したという。(2009/2/2)

洞爺湖サミット迫る:
グリーンITを取り巻くさまざまな動き
最終回となる今回は原点に立ち返ってグリーンITの定義を再確認する。その後、大手ベンダーや各種団体の活動内容などについて整理していく。(2008/7/5)

NEC、55%省電力化した新サーバ「ECO CENTER」
NECが省電力サーバ「ECO CENTER」を発売した。クアッドコアXeon最大512コアを収容しながら、従来機より55%省電力化。設置スペースも50%削減できる。(2008/5/27)

「IT、で、エコ」のNEC、5年で91万トンのCO2削減計画
2012年までにIT機器のCO2排出量を累計91万トン削減する計画をNECが策定した。各ベンダーがCO2削減に本腰を入れる中、これまで取り組んできた同社の環境経営をより具体化させた。(2007/11/26)

ニュースコラム:
富士通、日立にどう追いつく?――NECサーバ事業の新ビジョンに思う
NECが発表した新しいITプラットフォームビジョン。そのキーワードのひとつである“現実解”について考える。(2006/7/20)

「NGN」にかけるNEC、戦略製品第1弾を発表
NECはNGN戦略に基づく基盤製品の第1弾として、メインフレーム並みに堅牢性を高めた「Montecito」搭載サーバなどを発表した。(2006/7/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。