ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「レジ袋」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レジ袋」に関する情報が集まったページです。

マクドナルド、レジ袋有料化 長崎県内23店舗で先行導入
日本マクドナルドは、4月からプラスチック製手さげ袋の有料化を行うと発表した。長崎県の店舗から先行導入する。価格はサイズを問わず1枚5円で展開する。(2024/2/22)

マクドナルド、長崎県でレジ袋有料化へ 全国への拡大も検討
埼玉県23店舗ではマックフルーリーの新パッケージを導入。(2024/2/19)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
結局、店員が常駐……日本の「もったいないセルフレジ」 米小売業との決定的な違いは?
セルフレジに複数人の店員が常駐する日本のスーパーマーケット。米国では日本より少ない人員でスムーズに運用できている店舗が大半だ。両者の違いは一体、どこにあるのか――。(2024/2/8)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
「残念なセルフレジ」はなぜ生まれるのか 顧客体験を損なわない方法
レジ業務にかかる人手を減らすセルフレジ。一方で、使い勝手が悪く、現場の人手を返って増やすセルフレジも多い。顧客体験を向上し、現場の負荷を減らすセルフレジの在り方とは――。(2024/2/1)

研究開発の最前線:
生分解性プラが深海でも分解されることを実証、プラ海洋汚染問題の解決に光明
東京大学、海洋研究開発機構、群馬大学、製品評価技術基盤機構、産業技術総合研究所、日本バイオプラスチック協会は、生分解性プラスチックが深海でも分解されることを実証した。(2024/1/31)

今日のリサーチ:
2023年スーパーマーケットの売れ筋ランキング
160万人のレシートデータから見る購買動向調査の結果です。(2024/1/24)

セブン、3万個限定の福袋が完売 目玉は“レジ袋風”レジャーバッグ 背景を聞いた
セブンのレジ袋と外見がそっくりなレジャーバッグが登場した。セブンの創業50周年を記念した福袋に入っているグッズだ。2023年12月末に予約受付を開始したところ、3万個が完売した。(2024/1/13)

「ウマ娘 プリティーダービー」映画化決定! ジャングルポケットが主人公
2024年5月24日公開です。(2023/12/28)

「しまむら」グループで初売り開催 特別価格の福袋やノベルティプレゼントなど
アベイルやバースデイでも初売り開催。(2023/12/28)

ドミノ・ピザから「ドミノからの福クーポン」 合計で3万3333円相当の割引
クワトロ・ピザSサイズが持ち帰り1枚700円〜、ピザ全品デリバリー50%OFFなど。(2023/12/28)

「愛は勝つ」だけじゃない! KANの名曲8選 切ない曲、笑える曲……25年来のファンが厳選紹介
「『愛は勝つ』の一発屋でしょ?」――KANファンの多くは、こんな言葉に傷ついた経験があるかもしれません。1987年のデビューから26年。発表した楽曲は150以上。彼が遺した名曲が、「愛は勝つ」だけのはずがないのに。(2023/12/28)

コスプレ姿を3Dモデルにできる「コスプレ3Dスキャンスタジオ」 KDDIなどが冬コミに出展
実証実験として出展。(2023/12/27)

「カービィのグルメフェス」のカービィがでっかいぬいぐるみに! ふわふわなクリームを再現した台座も
幅60センチ超えのビッグサイズ。(2023/12/27)

「一番笑った」 あまりに「強風オールバック」な日清「どん兵衛」M-1特別CMが最高な件
空気階段の鈴木もぐらさんが、胡散臭すぎる小学生の姿で出演!(2023/12/27)

セブン-イレブンから「50周年記念福袋」登場 レジ袋風レジャーバッグなどグッズとクーポンがセット
セブン-イレブン店頭で使える3020円分のクーポンとグッズ6種のセットです。(2023/12/26)

なぜ、セブンの「レジ袋風」エコバッグが7万個も売れたのか ヒットの裏にあるストーリー【2023年ベスト記事】
セブン‐イレブンのレジ袋風エコバッグに関する記事が2023年アクセスランキングの上位入りを果たしました。年末に記事の概要を振り返ってみます。(2023/12/17)

引き伸ばすほど強度が増す新たなバイオプラ(1):
プラスチックの問題とバイオプラの基礎
本連載ではバイオマス由来の2種のプラスチックを組み合わせ開発した、引き伸ばすほど強度が増す透明なフィルム素材を紹介します。今回は、プラスチックの問題や解決策として期待されるバイオプラスチックの基礎について説明します。(2023/11/22)

この行動で“神客”に! 研修中のレジ店員がうれしい「優しい一言」が参考になる
ますます頑張れそう。(2023/10/30)

マテリアルズインフォマティクス最前線(3):
半年勉強するだけでもマテリアルズインフォマティクスは可能、TBMの挑戦
本連載ではメーカーが注力するマテリアルズインフォマティクスや最新の取り組みを取り上げる。第3回は環境配慮素材「LIMEX」と再生素材「CirculeX」を展開するTBMの取り組みを紹介する。(2023/10/27)

材料技術:
バイオマス度63%の生分解性バイオポリエステルと無溶剤型ホットメルト粘接着剤
三菱ケミカルは、材料/加工機械の総合展「第14回 高機能素材 WeeK」で、新規開発品として、生分解性バイオポリエステル「SA916N」と無溶剤型ポリエステル系粘接着剤「ニチゴーポリエスター」のホットメルト粘接着剤を紹介した。(2023/10/18)

チキンラーメン・ひよこちゃんの“渡り鳥”姿が怠惰で爆笑 「めちゃくちゃVIP」「チキンラーメンで稼いだ金か」
真面目に飛んでる鳥を鼻で笑ってそう。(2023/10/14)

くまのプーさんかな……ち、違うッ!! 声優・諏訪部順一さんの見間違いに「プーさんにしか見えない」共感集まる
「ネコと思いきやレジ袋」的な。(2023/9/22)

素材/化学メルマガ 編集後記:
バイオプラスチックに未来があると思うワケ
今回はバイオプラスチックの課題や動向について語っています。(2023/9/19)

イオン全店舗、プラ製レジ袋→紙袋に 価格もアップ、10月から
(2023/9/7)

あると助かる使い捨てプラスチック製品 3位「食品トレイ」、2位「無料ポリ袋」、1位は?
マイボイスコム(東京都千代田区)は、使い捨てプラスチック製品に関する調査を実施した。(2023/8/15)

消費者も変化:
セブン「レジ袋風」エコバッグのヒットは必然だった!? 有料化から3年、新たなビジネスチャンスを探る
2020年7月にレジ袋有料化がスタートしてから、エコバッグを使う消費者が増えた。そんな中、セブン「レジ袋風」エコバッグがヒットした背景を探る。(2023/7/28)

「推しのATMになりたい」をかなえる:
組み立て式「セブン銀行ATM風」の貯金箱が話題 背景にセブンの“推し活推し”
セブンネットショッピングで購入予約を受け付けている「セブン銀行風ATM貯金箱」が話題だ。「推しのATMになりたい」というニーズを背景に開発し、デザインはセブン銀行が監修するなど本格的なものになっている。(2023/6/20)

レジ袋代わりに頭を…… チキンラーメン・ひよこちゃんのホラーな姿に「攻め過ぎ」と衝撃広がる
頭を使ったようです(物理)。(2023/6/7)

風で舞うレジ袋にコワモテ犬が「ひゃんっ……」 かわいい反応に飼い主さんも思わず吹き出す【海外】
いつまでも見ていられる。(2023/6/7)

6月16日:
ドン・キホーテ薩摩川内、6月オープン 鹿児島5店舗目 「フルセルフレジ」でタイパ向上図る
ディスカウント店のドン・キホーテは6月16日、鹿児島県内5店舗目となる「ドン・キホーテ薩摩川内店」をオープンする。県内店舗では最大となる売場面積(約2639平方メートル)を有し、県内店舗としては初のフルセルフレジを設置。顧客満足度を高める店舗づくりで来客増を狙う。(2023/5/29)

独自のPB商品:
どうしてそんな名前に? 「誰も傷つけたくないスポンジ」ウエルシアが考えた理由
ウエルシア薬局が自社のPB商品にユニークな名前をつけている。「誰も傷つけたくないスポンジ」はSNSで話題になった。その背景は?(2023/5/28)

2個で1980円:
なぜ、セブンの「レジ袋風」エコバッグが7万個も売れたのか 担当者が驚いた利用者からの声
セブンの「レジ袋風」エコバッグが想定以上に売れている。もともとは「セブンマイルプログラム」の特典だったが、大きな反響があったので商品化した。企画した背景を聞いた。(2023/5/27)

片手でコップの飲み物を2つ持ち運ぶライフハックが覚えておきたい便利技 レジ袋を一捻りするだけでOK
災害時にも使えそう。(2023/5/20)

小売・飲食はイオングループがトップ:
SDGsに積極的と感じる企業・業種別ランキング メーカー1位は「アップル」 アパレル・雑貨の1位は?
5月30日の「ごみゼロの日」を前に、モニタスが環境保全やサステナビリティに関する調査結果を発表した。業種別にSDGsへ積極的だと感じる企業のランキングが明らかになっている。(2023/5/17)

警視庁が教えるレジ袋のしまい方が便利そう ティッシュの空箱を使う、畳まず1枚ずつ取り出せるテクニック
袋をきれいに畳むのが面倒くさいと感じる人向け。(2023/5/4)

セブン‐イレブンの「レジ袋風エコバッグ」新デザインが登場 「欲しい」「店舗で売ってほしい」
他にも「歴代ユニフォームアクリルキーホルダー」などの50周年グッズが発売されます。(2023/4/29)

リサイクルニュース:
esaとサガシキが業務提携、廃プラの回収力と再生プラ製品の開発力を強化
esaはサガシキと業務提携を締結した。今後は、サガシキの製品企画力と強固な販売網を活用し、廃棄プラスチックの回収や再生プラスチック「Repla」を活用した製品開発を推進する。(2023/4/19)

工場ニュース:
BASFがバイオポリマーの生産設備を中国の上海に設置
BASFは、アジアの顧客へのサポートをより充実させるために、バイオポリマー「ecovio」の生産設備を中国の上海に設置する。(2023/4/17)

仕事と家事の両立術:
店内の「ロボット」に大興奮! サイゼ派家族があえて「ガスト」を選ぶワケ
子育てファミリーを助ける「仕事と家事の両立術」シリーズ。いつもサイゼを利用する家族が、たまにガストを利用する理由とは?(2023/3/18)

FOODEX JAPAN 2023:
中国素材メーカーがバイオプラの増産を目的に杭州で延べ3.3万m2の工場を新設
中国の素材メーカーである杭州聚豊新材料は、「FOODEX JAPAN 2023」に出展し、生分解性バイオプラスチック素材「POLEC」の増産を目的に、中国の杭州で新工場を2023年以降に建設することを発表した。(2023/3/8)

レジ袋を撤廃:
実験店「グリーンローソン」は広がるのか アバターが「いらっしゃいませ!」
ローソンは実証実験店舗「グリーンローソン」で、食品ロスやプラスチックごみの削減、省人化、働き方の多様化などに向けた施策を実施。その中には、従来の“便利さ”を見直すことに踏み込んでいる施策もある。同社はグリーンローソンにどのような思いを込めているのか。(2023/3/3)

お客の反応も調査:
ローソンが新店舗のショーケースに「扉」を設置したワケ 売り上げへの影響は?
ローソンが2022年11月28日に開業した「グリーンローソン 北大塚一丁目店」のショーケースには扉が付いている。なぜ設置に至ったのか? 売り上げへの影響は? 取材した。(2023/2/3)

松屋、ウエルシアなどでPontaポイント増額 KDDIが環境省「グリーンライフ・ポイント」に参画
KDDIは1月10日から、環境配慮に取り組むau PAY加盟店やau PAYマーケットでの決済に対して付与するPontaポイントを増額する。環境省が推進する事業「グリーンライフ・ポイント」に参画する取り組みだ。(2023/1/10)

スピン経済の歩き方:
やはり「酔えるグミ」は無責任なのか UHA味覚糖が間違えたこと
UHA味覚糖のソフトキャンディー「パリピ気分」が、SNSで叩かれている。「お酒」をコンセプトにしていて、アルコール分が2.0%入っていることから、批判が噴出しているのだ。アルコールが含まれているお菓子は他にもあるのに、なぜパリピ気分は炎上したのか。(2023/1/10)

2022年、経営者が読むべき記事4選! ESG投資、SDGs、人的資本経営──マストな経営トピックを押さえる
ESG投資、SDGs、人的資本経営──2022年の掲載記事の中から、経営者が押さえておくべきトピックを紹介する。(2022/12/30)

日本企業の危うい視点:
レジ袋有料化の“二の舞”か プラ削減のために導入した「紙ストロー」が別の環境問題を引き起こすジレンマ
2022年は「プラスチック削減元年」と言っても過言ではないほどに紙ストローが普及した。環境に配慮した取り組みのようだが、レジ袋有料化同様に紙のほうが本当に環境負荷が小さいのか? という疑問が消費者の中で渦巻いているように感じる。紙ストロー移行は本当に意味があるのかというと……(2022/12/21)

今こそ「Simpack」を活用しよう:
PR:「その生産ラインで流せるの?」を早期検証する持続可能なモノづくり手法とは
持続可能性の観点から、プラスチック製の容器包装が多用される消費財メーカーでは、再生素材などの採用やプラスチック使用量を減らす設計に取り組むと同時に、新たな素材や形状に適した生産ラインの検証も進めなければならない。これらの検証を従来の経験や勘に頼っていては非効率だ。本稿ではダッソー・システムズの「Simpack」を活用した生産ラインの検証アプローチを紹介する。(2022/12/13)

限りある資源を大切に:
すかいらーく、持ち帰り用レジ袋・カトラリーを有料化 23年1月から
すかいらーくグループは11月28日、持ち帰り用のレジ袋やカトラリー(ナイフ・フォーク・スプーン)について、2023年1月12日から有料化すると発表した。地球の資源保護の取り組みを強化する。(2022/11/28)

3割が異物:
タピオカ容器やたばこを捨てないで! 自販機横の新型「リサイクルボックス」が開発された背景
自販機の横にある「リサイクルボックス」。ごみ箱だと勘違いする人が多い。異物混入を防ぐため、業界団体が新型のリサイクルボックスを開発した。(2022/11/19)

おなじみの紀伊國屋書店のロゴを用いたオリジナルグッズがかわいい 100周年に向けて国内外で一斉発売
本好きに刺さるデザインのグッズがずらり。(2022/11/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。