ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「レジ袋」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レジ袋」に関する情報が集まったページです。

時差出勤やマイバッグ利用でポイント付与 「東京ユアコイン」、MRIが実験
通勤時間をずらしたり、マイバックを持参したりした人に、独自のポイント「東京ユアコイン」を付与する実証実験が2020年1月に始まる。東京・大手町、丸の内、有楽町地区のオフィスワーカーや来街者が対象。(2019/12/6)

自販機からペットボトル排除相次ぐ 使い捨てプラ削減 
 世界規模でプラスチックごみが問題になる中、国内の自治体や企業で、庁舎や事業所内の飲料自動販売機からペットボトル商品を排除する動きが相次いでいる。プラスチックごみをめぐっては、レジ袋やプラスチック製ストローを使わない運動も広がっており、ペットボトルを使わない取り組みが拡大するか、注目される。(張英壽)(2019/12/3)

続々進む「無人」と「省人」 気になるお店の狙いを探る:
「無人レジだけ」「カメラがたくさん」 ミニストップの省人化実験店舗に行ってみた
ミニストップが省人化実験店舗を運営している。店内には無人レジしかない。実際に行ってみたら無人レジ以外でも実験的な試みをしていた。(2019/11/28)

ノロウイルス対策、何ができる? 事前に準備するグッズや予防法を紹介
毎年11月くらいから増加します。(2019/11/10)

セブンの開発力を結集:
明らかになったセブンの沖縄進出作戦 「250店計画」と「省人化店舗」の衝撃
セブン‐イレブンが7月11日に沖縄県内に14店舗をオープンする。2024年7月末までに約250店舗の出店を目指す。ライバルを蹴散らすためにどのような戦略をたてているのか。(2019/7/10)

海洋プラごみ対策が世界で加速 日本の技術で課題解決の可能性
プラスチックごみによる海洋汚染が、世界的な問題になっている。今回は、各国の対策動向や日本の取り組みを紹介する。(2019/7/3)

循環型経済の構築:
Appleのどこまでも本気な環境への取り組み
循環型経済の構築に向けた取り組みが評価され、Appleが環境省から表彰された。Appleで環境・政策・社会イニシアチブ担当副社長を務めるリサ・ジャクソン氏に話を聞いた。(2019/6/21)

立体感、ボリュームがたまらない フェリシモが“まんまるな猫の姿”をきんちゃく袋で再現!
柄は「白黒ハチワレ」「茶トラ」「ミケ」「サバトラ」の4種類。(2019/6/18)

その手があった? レジ袋削減が進まず業を煮やしたスーパー、袋に恥ずかしい言葉をプリントしてしまう
むしろ欲しいという声も……。(2019/6/17)

なぜレジ袋を全国一律で有料化? レジ袋規制の新方針に“納得できない人”が相次ぐ理由
原田環境大臣が2月末の会見で発表した方針。(2019/3/5)

2018年の新語に「ばえる(映える)」「モヤる」「わかりみ」「尊い」 三省堂、辞書のプロが選ぶベスト10
「寄せる」や「VTuber」「マイクロプラスチック」などもランクイン。(2018/12/6)

世界旗艦店のオープンにあわせて検討中:
無印良品が銀座の新店で「脱プラ」を本格化 買い物袋以外にアレも紙製に
無印良品を展開する良品計画が脱プラの動きを加速させる方向で検討している。具体的には、2019年4月にオープンする世界旗艦店「無印良品 銀座」で紙製の買い物袋を原則的に提供する。また、同店では雑貨を吊り下げるフック資材も紙製のものに変える予定だという。(2018/11/14)

JR大宮駅などで「駅ナカ傘シェアリング」開始へ 「再生可能素材の傘」で試験運用、2019年1月から
「脱プラスチック」の素材で作られた傘を使用、ビニール傘問題の解消に期待。(2018/11/7)

AI&電子マネーなJR赤羽駅の近未来キヨスクを体験(動画あり)
AIと電子マネーで買い物ができる期間限定店舗を体験するため、筆者は赤羽駅に向かった。(2018/10/22)

おじさん「わかっているよね?」 万引きを疑われた体験マンガに「自分もある」「トラウマになった」と共感続々
証拠が疑いを晴らしてくれる。(2018/10/19)

めっちゃうらやましい! 現実世界で彼女が“ログインボーナス”を届けに来てくれるゲーム脳カップル漫画
2人の関係性に憧れる人続出。(2018/10/16)

ササッと掃いたら後はよろしく ゴミを自ら吸い取ってくれる掃除機みたいなゴミ箱「クリーナーボックス」が登場
掃除機を出すほどではないお掃除を楽に。(2018/9/24)

“日本が知らない”海外のIT:
世話すると良く光る? 光合成で発電 オランダのエコな27歳が「照明になる観葉植物」開発
環境意識の高まる欧州で、27歳のプロダクトデザイナー率いるチームが植物の光合成による発電を利用した「照明になる観葉植物」を開発。空気の浄化による発電にも取り組んでいるという。(2018/4/20)

タオルとレジ袋だけですぐできる 警視庁の公式Twitterが公開した「非常時のオムツ」の作り方を覚えて備えたい
一つの方法として覚えておきたい。(2017/10/13)

コンビニのレジ袋に「市指定」の文字 沼津市“ごみ袋指定制度”が注目集める
指定の袋がある自治体では非常に助かる取り組み。(2017/9/7)

車載半導体:
自動運転の「判断」のデファクトを狙う、デンソーが半導体のIP設計で新会社
デンソーは、自動運転システムの「判断」を担う半導体IPを設計する新会社を設立する。会社名は「エヌエスアイテクス(NSITEXE)」で、デンソーの完全子会社となる。資本金は1億円。売り上げ目標などは非公表。(2017/8/9)

メンダコやオオグソクムシがヒーローに!? 海を守るために頑張る深海生物たちのグッズ フェリシモから誕生
ミニがま口&キッチンソープ。(2017/1/30)

3匹一緒に並べたい! フェリシモからかしこい&かわいい柴犬収納ボックスが登場
夢の多頭飼いしちゃおうぜ。(2016/11/2)

コンビニ探偵! 調査報告書:
どのくらいもらえるの? コンビニの収入事情
コンビニオーナーの収入はどうやって決まるのだろうか。フランチャイズ契約における計算方法は複雑で、きちんと理解している人は少ない。今回は、収入の計算方法をフランチャイズ契約の現実も交えて説明する。(2016/5/30)

自動運転技術:
自動運転で「所有から利用へ」が本格化?
2015年11月8日に閉幕した東京モーターショーでは、次世代小型モビリティやパーソナルモビリティの試乗もあり、出展各社の取り組みは非常に興味深かった。大手自動車メーカー各社とも、自動車の電動化もまた避けて通れない道として認識されているが、象徴的なところでは、走りを追求したホンダの「CIVIC TYPE R」、ロータリーエンジン搭載のコンセプトモデル「Mazda RX-Vision」など内燃式エンジンによる自動車の魅力も再訴求されている。(2015/11/24)

ごみ袋の開封調査も 京都市でごみの分別「義務」に
ごみの分別は「協力義務」から「義務」に引き上げられ、違反者は指導の対象に。(2015/10/1)

スケスケで丸見えじゃないですか! スーパーのレジ袋を水着にする過激なブームが台湾女子の間で流行中
安心してください、はいてませんよ。(2015/9/1)

スライムレジ袋も復活するよ! ローソンが「ドラクエ」とコラボ 「外神田三丁目」店舗がスライム一色に
ここは夢の国か。(2015/8/18)

ローソンで「うたの☆プリンスさまっ♪」キャンペーン プリンスさまのLチキ袋再び!
オリジナルレジ袋や店内放送もあるよ。(2015/3/31)

Geeks便り:
Vocademy主催の「Inland Empire Maker Faire」に行ってきた
モノづくりアイデア投稿交流サイト「Geeks」からワクワク感あふれるトピックスを紹介する「Geeks便り」。 今回はMaker SpaceであるVocademyが主催したイベント「Inland Empire Maker Faire」(IEMMF)を紹介する。(2015/2/23)

店内放送CM、イベントスペースなど:
ブックオフ、全国800以上/年間1億人利用者の「BOOKOFF」チェーンを広告媒体に
ブックオフコーポレーションは12月22日、同社が全国800以上に展開するBOOKOFFチェーン網を活用して店内フリースペースに広告枠を設置して企業の広告媒体に利用できる「BOOKOFFインフォメーションメディア」の販売を開始した。この第1弾として、通信教育大手のユーキャンのリーフレットを200店舗の店内に設置する。(2014/12/24)

早朝の羽田空港にタイバニファン200人行列 ローソン“シュテルンビルト店”大盛況
限定グッズが1時間で売り切れる盛況っぷりでした。(2014/1/21)

杉山淳一の時事日想:
“葬式鉄”に学ぶ、不要なモノと別れる方法
鉄道路線や寝台特急の廃止が決まると、全国から鉄道ファンが集まってくる。そうしたファンのことを“葬式鉄”と呼ぶ人がいるが、彼らが行う儀式にモノとの別れ方の手本があるかもしれない。(2013/12/20)

「進撃の巨人」の世界観を再現したローソン店舗 東京・大阪・大分に期間限定で登場
限定オリジナル商品の販売やオリジナルのレジ袋の配布などの企画を実施する。(2013/12/17)

ジョジョ第4部のS市杜王町“OWSON”が仙台に期間限定で出現ッ!
「ジョジョの奇妙な冒険」第4部に登場するコンビニ「OWSON」が、仙台市に期間限定で登場するッ!(2012/7/23)

あれ、増えた?:
今年も兵庫県の美化は“ミカ”たちにおまかせ「クリーンアップひょうご」
女性教師、入りました。(2012/6/13)

兵庫の萌えキャラ「ミカ」がマイバッグをPR 「レジ袋もっともっと減らし隊」
兵庫県美化活動の萌女子高生キャラ・桜川ミカが「レジ袋もっともっと減らし隊」の隊長に。隊員の男の子の名前も募集中です。(2011/10/5)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第136回 雪景色と寒さの関係
当たり前だが冬は寒い。寒いといえば雪である。年末年始は全国的に雪模様だったが東京はスルーされてしまったので、雪景色を撮影しに日帰り旅行である。(2011/1/21)

エコ活動に積極的な都道府県は?――ダスキン「エコ活47」の結果を発表
(2010/11/18)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
コンビニのパスタが、“モチモチ”している理由を探る
「コンビニのパスタはあまりおいしくないのでは」と思っている人も少なくないだろう。しかし実際に食べてみると、モチモチしていておいしいのだ。そこでローソンの開発担当者に、パスタ開発の裏話を聞いた。(2010/11/11)

環境への配慮より、デザインの好みや価格の方が重要――凸版印刷調査
文具から家電まで環境配慮型の商品が増えている昨今。しかし、デザインの好みや価格との優先度を尋ねると、環境はそれほど重視されていないようだ。凸版印刷調べ。(2010/8/16)

宅配便との不毛な戦い、なぜ宅配BOXは使われないのか?
宅配会社各社と、不在伝票をめぐるやり取りで、いつも不毛な戦いを繰り広げているという筆者。しかしそこには、ささいなやり取りではあるが、環境経営が抱える根本的な課題が隠されていると主張する。(2010/7/16)

世界の90%の人たちを相手にするデザインとは?
各国の問題を解決するためにデザイナーができること。その可能性を提示した「世界を変えるデザイン展」が東京ミッドタウン・デザインハブとアクシスギャラリー開催中だ。(2010/6/10)

8割の男が餌食に! 下着メーカー「トリンプ」のスゲー罠!
トリンプが展開している通販サイト「desir」が恐ろしい。女性が好きな商品を選んで、買ってほしい男性にメールでおねだりできるという機能があり、メールを受け取った男性の実に8割が買ってしまうのだという。(2010/3/16)

「リテールテックJAPAN 2010」イベントリポート
セルフレジ、デジタルサイネージが注目を集める「リテールテックJAPAN 2010」
年に一度の流通業向けIT製品展示会「リテールテックJAPAN 2010」が開催中だ。初日は「曇りのち雨」というあいにくの天候にもかかわらず、多くの来場者が訪れていた印象だ。(2010/3/10)

オルタナブログ通信:
iPadがFlashをサポートしない理由
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、約240人のブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信している。今週はその中から「iPad」「Twitter」「プレゼン」をテーマに紹介しよう。(2010/2/12)

“生分解性”がキーワードのエコプロダクツ――「エコプロダクツ2009」リポート
微生物によって自然に分解される生分解性プラスチックは、使用後の環境負荷を低減するものとして注目されている。ここでは“生分解性”をキーワードに、エコプロダクツ2009の展示物をリポートする。(2009/12/17)

エコプロダクツ2009:
ゴミ袋からスーツまで――“生分解性”がキーワードのエコ商品
(2009/12/16)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
私たちがトイレに行く理由
トイレは用を足しに行くためだけの場所ではない。身だしなみを整えたり、気分を落ち着けたり、合コンの戦略を練ったり……。トイレに行く理由にどのようなものがあるか考えてみた。(2009/9/17)

オルタナブログ通信:
これでOracleは全部入り? OracleのSun買収、ブロガーの視点
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、日々200組を越えるブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを発信している。今週は、「Sun買収」「Twitter」「コスト削減術」をテーマに紹介する。(2009/5/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。