ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電子貸本Renta!」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

2015年上半期ベスト漫画はこれだ! 電子書店のデータから独自集計してみた
各電子書店が公開している2015年上半期のデータから、独自にポイントを振り分け、総合ランキングを作成した。果たして1位の作品は……?(2015/8/3)

ソネット、会員向けコンテンツサービスに「いつでも書店」を追加
So-netのユーザーIDで利用できるコンテンツサービスにZITTOの電子書籍配信サービス「いつでも書店」が追加された。(2015/5/18)

電子書店完全ガイド:
「電子書店パピレス」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第1回目は「電子書店パピレス」を紹介する。(2015/4/1)

絵から生まれる物語――upppiの「恋愛小説&イラストコンテスト」
選ばれたのは、どこか思いを秘めた表情の制服少女。(2015/1/29)

2014年のベスト漫画を決定! 電子書店9ストアの年間ランキングを独自集計してみた
各電子書店の年間ランキング1位〜10位を対象にポイントを付け、総合ランキングを作成してみました。果たして今年1番人気を集めた作品とは・・・・・・?(2014/12/26)

電子貸本Renta! フルボイス版「コミックシアター」を配信開始
第1弾は累計300万ダウンロードを突破した『嘘!アイツが私の旦那様!?〜目覚めたら10年後の未来〜』。(2014/12/25)

記事で振り返る「2014年の電子書籍市場」(定額読み放題編)
2014年も残すところあと1週間ほど。少し気が早いですが、今週は、2014年の電子書籍市場で起こったトピックの中から、eBook USERが今年その動向を注視していたものを幾つか振り返ってみたいと思います。今回は「定額読み放題」。(2014/12/24)

電子貸本Renta! の2014年売り上げランキング、ジャンル別TOP3はこれだ
少女漫画では『百鬼夜行抄』(今市子/朝日新聞出版)が、少年漫画部門では『弱虫ペダル』(渡辺航/秋田書店)が1位に輝いた。(2014/12/24)

upppiのホラー小説コンテスト、応募総数353作品から大賞に選ばれたのは?
受賞作は電子アンソロジー集として配信予定。(2014/12/18)

こんな表紙のラノベはどう? upppiのイラストコンペ受賞者が発表
「第1回 upppiライトノベルコンテスト」受賞4作品の表紙として今後配信される。(2014/12/10)

ローソン&ミニストップ限定、ビットキャッシュ購入で「Renta!チケット」をプレゼント
「電子貸本Renta!」で使えるチケット3枚分のギフトコードがもらえる「秋のWキャンペーン」。抽選でビットキャッシュも当たる。(2014/11/7)

人気男性声優が小説を朗読する「キャストノベル」リリース――第1弾はハーレクイン
『秘密の妻』を緑川光さん、『愛の使者のために』を浪川大輔さんが担当する。(2014/9/9)

人気男性声優が小説を朗読する「キャストノベル」登場 第1弾はハーレクイン
緑川光さんと浪川大輔さんがハーレクイン作品を朗読する。(2014/9/9)

パピレスの「第1回 upppiライトノベルコンテスト」受賞作品を発表
パピレスが「第1回 upppiライトノベルコンテスト」の審査結果を発表。大賞には相坂桃花『トリップ先にお酒と果実がいっぱいあったもんで』が選ばれた。(2014/8/28)

リブレ出版、シルクラボの「エロメン」とコラボした電子コミックを配信
女性向けAVメーカー「シルクラボ」所属の男優(通称:エロメン)とコラボした、女性のためのマンガを配信。第1弾は、8月12日配信予定の、倉橋大賀さんをモデルにした『王子スマイルに抱かれて』。(2014/8/6)

パピレス、『薄桜鬼』など オトメイトの人気タイトルを「絵ノベル」で配信
パピレスは、アイディアファクトリーの乙女ゲームブランド「オトメイト」作品を「絵ノベル」形式で配信。『薄桜鬼』ほか『猛獣使いと王子様』など人気タイトルを毎月連続リリースする。(2014/7/29)

成功報酬率が20%に――「Renta!アフィリエイト 夏のキャンペーン」が29日スタート
「電子貸本Renta!」で、成果報酬が20%となる「Renta!アフィリエイト 夏のキャンペーン」がスタートする。(2014/7/28)

白泉社のBLレーベル「花丸」発のWebマガジンが電子書籍に――電子貸本Renta!で先行配信
電子貸本Renta!のほか、白泉社e-net!、電子書店パピレスでも配信する。(2014/6/25)

一挙12ジャンル――電子貸本Renta!が2014年上半期売り上げランキングを発表
電子書籍サイト「電子貸本Renta!」で2014年上半期電子書籍売り上げランキングが発表。ロングセラーをはじめ、テレビアニメ化した『弱虫ペダル』など映像化作品もランクインしている。(2014/6/24)

書籍を章・記事レベルで配信 パピレスの「パピレスプラス」オープン
前日にBookLive!が電子書籍のレンタルを始めているが、パピレスは書籍を分冊化して章・記事レベルで配信するサービスを新たに立ち上げた。(2014/6/19)

Booklive!アプリアップデートで現れた「2days」は電子書籍レンタルの示唆?
2日間の電子書籍レンタルか、それとも……?(2014/6/17)

パピレス、電子書籍販売冊数が累計1億冊を突破
パピレスが1995年に創業して以来、その電子書籍販売冊数が累計1億冊を突破。「電子書店パピレス」と「電子貸本Renta!」で、ポイントかチケットがもらえる入会キャンペーンがスタートした。(2014/5/16)

成果報酬率が15%にアップする「電子貸本Renta!」アフィリエイトキャンペーン
電子書籍レンタルサイト「電子貸本Renta!」で成功報酬率を15%とする「Renta!アフィリエイト 春のキャンペーン」を実施する。(2014/4/16)

日本の漫画を海外でも――「電子貸本Renta!」(英語版)がクレジットカードによるドル決済に対応
パピレスが運営する海外ユーザー向け電子配信サイト「電子貸本Renta!」(英語版)が、クレジットカードを使ったドル決済に対応。同時にWebサイトのリニューアルを行った。(2014/3/27)

Yahoo! JAPAN IDで「電子貸本Renta!」が利用可能に
パピレスの運営する電子書店「電子貸本Renta!」と「Yahoo!ブックストア」が相互提携し、Yahoo! JAPAN IDで「電子貸本Renta!」のサービスを利用可能になった。(2014/2/24)

小説やゲームをリノベーション――電子貸本Renta!の「絵ノベル」とは?
次世代コンテンツ開発の一環としてコンテンツ仕様/ビューワを独自開発したビジュアル電子書籍「絵ノベル」を配信開始。(2014/2/18)

11月中、手塚治虫作品が最も売れた電子書店は?
Tezuka Osamu.netが11月中の手塚治虫作品電子書店売上ランキングを掲載した。(2013/12/27)

2013年「電子貸本Renta!」売上ランキング発表
パピレスが「電子貸本Renta!」の2013年ジャンル別電子書籍売上ランキングを発表した。中には3万本を売り上げたコンテンツも。(2013/12/24)

漫画家たちが考えた新感覚電子コミック「Domix」配信開始
漫画家団体「漫画元気発動計画」が企画・制作する電子コミック「Domix」シリーズの配信がスタートした。(2013/10/31)

漫画本来の面白さを探求:
漫画家主導の進化型世界戦略電子書籍漫画『Domix』配信開始
スタジオ・フォルテシモとハイブリンクスが、漫画元気発動計画の主催・制作で、漫画の新しい表現方法である「Domix」配信を電子 Renta!内で開始した。(2013/10/30)

「電子貸本Renta!」のAndroid向け書庫アプリがバージョンアップ
「電子貸本Renta!」のAndroid版公式無料書庫アプリがバージョンアップ。コンテンツを端末に一時的に保存できるようになったほか、本棚整理機能も追加した。(2013/10/18)

「Renta!」アフィリンク、タブレットからも作成可能に
電子書籍サイト「電子貸本Renta!」のアフィリエイトサービスが、iPadなど各種タブレット端末で利用可能になった。(2013/10/9)

「upppiBL小説コンテスト」ストーリー賞受賞作品イラスト決定
パピレスが公募していた「upppiBL小説コンテスト」ストーリー賞受賞作品の表紙イラストが決定した。(2013/9/26)

JEPAセミナーリポート:
世界の“ヤンキー文化圏”をターゲットに! 電子出版イノベーション7つの突破口
読者はどんなコンテンツならば読みたいか、買いたいか――そんな視点からデータ分析のスペシャリストが電子出版のイノベーションにつながるかもしれないトピックを語った。(2013/9/12)

電子貸本Renta!で手塚治虫人気作品がセットでお得
パピレスが運営する電子貸本Renta!が『ブラック・ジャック』などを含む手塚治虫人気作品全巻セット販売を開始し、期間限定で「全巻セット特別割引キャンペーン」を実施する。(2013/8/14)

「upppiBL小説コンテスト」大賞受賞作品表紙イラスト決定
パピレスが開催していた電子書籍投稿・編集サイト「upppi」のカバーイラスト公募プロジェクト第1弾で、選考結果が発表された。(2013/8/5)

upppiの「俺の嫁」ショートショートコンテスト、最優秀俺嫁賞に輝いたのは?
upppiがeBook USERとのコラボで実施した『俺の嫁』創作ショートショート・コンテスト。「次元・性別・種族不問の俺嫁」をテーマにした同コンテストの選考結果が発表された。(2013/7/30)

電子書店を横断して売れ筋を確認できるサイト「ヒットマンガ・ネット」オープン
メジャーな電子書店を横断して人気マンガやライトノベルを一望できるスマートフォン向けサイト「ヒットマンガ・ネット」がオープン。(2013/7/8)

「電子貸本Renta!」の中国繁体字版サイトがβオープン
パピレスが、台湾で電子書籍の配信サービスを展開している摩客網路訊息科技股?有限公司と提携し、電子書籍サイト「電子貸本Renta!」の中国繁体字版サイト「亂搭租E書網(ランター)」をβオープンした。(2013/7/1)

「電子貸本Renta!」(英語版)で東南アジア向け決済「MOL Points」利用可能に
パピレスが運営している「電子貸本Renta!」の海外版で新たに東南アジアユーザー向け電子マネー「MOL Points」が導入され、クレジットカードを持たないユーザーも気軽に利用できるようになった。(2013/6/7)

パピレス、「upppiボーイズラブ小説コンテスト」大賞受賞作品のカバーイラストを公募
パピレスが電子書籍投稿・編集サイト「upppi」でカバーイラスト公募プロジェクトを開始。プロジェクトの第1弾は、「upppiボーイズラブ小説コンテスト」大賞受賞作品『その言葉を何度でも』のカバーイラストだ。(2013/5/30)

手塚治虫作品が最も売れた電子書店は?
Tezuka Osamu.netが4月中の手塚治虫作品電子書店売上ランキングを掲載した。(2013/5/27)

タブレット版「gooウェブ検索」に電子書籍の検索機能が追加
NTTレゾナントが運営するタブレット版「gooウェブ検索」に、5つの電子書店から電子書籍を検索できる専門機能が追加。同時に、5ジャンルからランキング形式で書籍を確認できるベストセラーランキングの配信もスタートした。(2013/5/10)

PR:見せてくれ、大人の妄想を――upppiの「俺の嫁創作コンテスト」
電子書籍投稿・編集プラットフォーム「upppi」で「俺の嫁創作コンテスト」がスタート。あなたの熱い妄想をショートショート作品として炸裂させよう。(2013/5/1)

upppiのBL小説コンテスト審査結果が発表
パピレスの「upppi」で開催されたBL小説コンテストの審査結果が発表。116作品から選出した4作品を「電子書店パピレス」「電子貸本Renta!」で配信する。(2013/4/30)

4月19日21時放送:
【番組告知】電子“雑誌”と出会おう――eBook TV第10回
eBook USERの情報番組「eBook TV」第10回は4月19日21時から生放送。書籍と比べ電子化が緩やかに進む「雑誌」。なぜ雑誌の電子化は緩やかなのか、これまでの電子雑誌の進化の過程を振り返りながら、電子雑誌の最新動向を一挙紹介します。(2013/4/15)

パピレス、Android向けEPUB 3対応版「マンガをお得にレンタルRenta!」
「電子貸本Renta!」でレンタル中の書籍を一時保存できる「マンガをお得にレンタルRenta!」がEPUB3に対応。文字コンテンツのダウンロードや縦書き表示も可能になった。(2013/4/10)

電子貸本Renta!で月額読み放題サービス――女性向け人気雑誌11誌が月額315円
パピレスが運営する「電子貸本Renta!」で定額読み放題サービスがスタート。第1段として『mina』『OZmagazine』『AERA』など11誌を月額315円で読み放題にする。(2013/4/2)

パピレス、コミック読み放題サービス「ビューン・コミック」へコンテンツを提供開始
パピレスは、電子雑誌や新聞の読み放題サービス「ビューン」の「ビューン・コミック」へ「電子貸本Renta!」の作品を提供開始した。第一弾は40・50代の男性ユーザー向け「男の浪漫パック」。(2013/3/27)

「ビューン3大アプリ祭り」第2弾、コミック読み放題の「ビューン・コミック」スタート
iPhone/iPod touch/iPad向けアプリ「ビューン」で開催中の「ビューン3大アプリ祭り」第2弾は、「ビューン・コミック」の提供開始。月額450円でコミックが読み放題のサービスだ。(2013/3/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。