ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「再利用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「再利用」に関する情報が集まったページです。

リファイニング建築:
築50年でも新築同等の耐震性能と内外装、三井不の“リファイニング建築”竣工見学会
「リファイニング」とは、建築家・青木茂氏により提唱された老朽化した建築物を新築同様に再生する建築手法。リファイニング建築では、既存構造躯体の約80%を再利用しながら、現行レベルの耐震性、柔軟な間取り、快適性などを実現する。構造躯体をそのまま利用するので、建て替えよりも工期が短く、コストを抑えて物件に新築と同じ価値を付与できる利点がある。また、日影規制に代表される新しい建築基準法の適用を受けず、従来の規模を維持したまま物件の機能を更新できるのも特徴となっている。(2022/8/5)

Innovative Tech:
死んだクモを再利用、UFOキャッチャー化 足を強制的に開閉する改造でスパイダーグリッパーに
米ライス大学の研究チームは、死んだクモの体を再利用し、クモの動きのメカニズムを利用したロボットグリッパーを開発した。クモの死骸に注射針を刺し、そこから空気を注入することで脚の開閉を機械的に行い、物をつかみ取る。(2022/8/1)

メルカリで転売も:
ポカリの「瓶」は本当にエコなのか 大塚製薬に聞いてきた
大塚製薬は、再利用を想定した「ポカリスエット リターナブル瓶 250ml」を発売した。循環型社会を実現するために、ビンでの販売しているわけだが、さまざまな課題も浮き彫りに。本当にエコな取り組みなのか……。(2022/7/29)

ドコモ、中古iPhone 11/11 Proを取扱開始 7月28日から
NTTドコモは、7月28日からdocomo Certified(ドコモ認定リユース品)で「iPhone 11(64GB/128GB/256GB)」「iPhone 11 Pro(64GB/256GB/512GB)」を取扱開始する。(2022/7/26)

販売元や状態問わず:
ニトリ、不要なカーテンを回収 自動車の吸音材などにリサイクル
家具日用品大手ニトリは、不要になったカーテンを無料で回収し、リユース・リサイクルする取り組みを行うと発表した。事業拡大が環境負荷の増大につながらないよう、省資源・省エネを意識し環境配慮に努める。(2022/7/14)

AUTOSARを使いこなす(25):
AUTOSAR CP入門(その2)インタフェースの切り方次第で再利用性も変わる?
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載第25回は、「AUTOSAR CP入門」のその2として「処理の中身(ふるまい)の実現」をについて取り上げる(2022/7/12)

太陽光:
簡易検査で太陽光パネルの効率的なリユースを推進、信州タケエイが事業スタート
信州タケエイ太陽光パネルのリユース販売事業を開始。廃棄物として中間処理施設に搬入された太陽光パネルのうち、簡易検査に合格したものをリユース品として販売を行う。(2022/7/11)

ドコモ、7月11日以降に中古iPhone XRを値上げ iPhone Xは端末購入割引も終了
NTTドコモは、7月11日以降に「docomo Certified(ドコモ認定リユース品)」のiPhoneを価格改定。iPhone XRを値上げし、iPhone Xは端末購入割引も終了する。(2022/7/11)

昭和の雰囲気:
ガラス瓶の「ポカリスエット」が登場 “使い捨て”てはいけない
大塚製薬は循環型社会の実現に向け、再利用可能な容器を使用した「ポカリスエット リターナブル瓶 250ml」を発売する。(2022/7/6)

ポカリスエットに容器を再利用する「リターナブル瓶」登場 爽やかなビジュアルに「かわいい」「オシャレ」の声
循環型社会の実現に向けた取り組みの一環。(2022/7/4)

横浜高島屋で販売:
航空機のシーベルトがキーホルダーに JAL整備士が商品化
横浜高島屋は、航空機に使用されていた部品を再利用して販売するポップアップショップ「空を飛んだ そのあと」を、6月15〜28日に開催する。シートベルトやエンジン部品などの廃材を活用。キーホルダーやコインパースなど7種類を販売する。(2022/6/24)

駅を環境エコ拠点に:
JR東、不要な衣服を駅で回収 「一風堂」などのユニフォームに再生
JR東日本グループのJR中央線コミュニティデザインなどは、アパレルブランドを運営するオールユアーズと協業し、不要になった衣服を回収し再利用化する実証実験を始める。(2022/6/24)

日本列島BIM改革論〜建設業界の「危機構造」脱却へのシナリオ〜(4):
【日本列島BIM改革論:第4回】DXの情報基盤となる“構造化データ”がなぜ必須なのか?
これまで「日本列島BIM改革論」の連載では、日本のBIMの危機構造とは何かについて述べてきた。危機構造から脱却し、建設DXへ向かうには、情報基盤としてのBIMが必要となる。しかし、日本で作られるBIMモデルは、情報基盤としての構造化データとはいえないばかりか、竣工後には使い捨てられ、再利用されることは少ない。そこで、BIMモデルを構造化データとするためには、何をすべきかを考えてみよう。(2022/6/22)

メルカリ 繰り返し使える梱包材「メルカリエコパック」第2弾リリース 5回の再利用でポイント付与
 メルカリは6月2日、繰り返し利用可能、返却可能な梱包材「メルカリエコパック」の提供を開始すると発表した。2019年6月に実施した第1弾での課題に対する解決策を追加し、第2弾のリリースとなる。(2022/6/6)

現役整備士の作業着:
ANA、整備士の“古着バッグ”が即日完売 再販は?
ANAホールディングスとルートートは、ANA整備士の作業着を再利用したバッグを開発。5月30日の発売初日に完売していたが、6月6日午後3時に再販する。(2022/6/2)

工場ニュース:
若者中心に高まるリユース家電人気、ヤマダHDは新工場建設で取り込み狙う
ヤマダホールディングスは2022年5月20日、「ヤマダ東日本リユースセンター群馬工場」に新工場を増設し、使用済み家電製品のリユース体制を強化したことを発表した。リユース製品市場の拡大に合わせて、冷蔵庫や洗濯機などのリユース製品の生産数を増強する。(2022/5/30)

蓄電・発電機器:
廃車のリチウムイオン電池をソーラー街路灯に、スズキがリユース技術を開発
スズキは2022年5月23日、自動車リサイクル料金の収支余剰金を活用した自社公益事業として、市場の廃車から回収した小型リチウムイオン電池をソーラー街灯用電源にリユースする技術を開発したと発表した。(2022/5/25)

クルマの廃バッテリーを「ソーラー街灯」に再利用 スズキが技術開発
スズキは23日、廃車から取り出した小型リチウムイオン電池をソーラー街灯にリユースする技術を開発したと発表した。(2022/5/23)

寄贈された千羽鶴をスニーカーに再生 広島の靴メーカーが商品化
広島・長崎などに寄贈された千羽鶴を再利用した生地を採用したスニーカー発売。(2022/5/18)

リユース品は定価の最大半額:
土屋鞄、リユース事業へ本格参入 フリマアプリやリサイクルショップに対抗
革製品を製造販売する土屋鞄製造所(東京都足立区)は5月12日、自社の革製バッグを無料で引き取り、職人が修理して再販売するリユース事業に本格参入すると発表した。(2022/5/12)

山市良のうぃんどうず日記(230):
Windows 11へのアップグレードの機会に、PCをリフレッシュしてみない?[後編]要件に満たないPCはどうなる?
前回は人から譲り受けたWindows 10 PCを再利用するためにきれいな状態にリフレッシュしました。直接Windows 11を新規インストールしなかったのは、無料アップグレードのためでもありますし、メーカー提供のユーティリティーやドライバのためでもあります。(2022/4/27)

ドコモ、4月27日以降に中古iPhoneを価格改定 端末購入割引も変更
NTTドコモは、4月27日以降に「docomo Certified(ドコモ認定リユース品)」のiPhoneを価格改定する。対象はオンラインショップの価格、端末購入割引のMNP/新規契約。(2022/4/25)

蓄電・発電機器:
使用済みのEV蓄電池と太陽光パネルで自家消費システム、日東工業が実証導入
日東工業は2022年4月、電気自動車(EV)の使用済みリユースバッテリーと、リユースした太陽光パネルを活用した産業用自家消費システムを開発し、実証導入すると発表した。(2022/4/20)

社員に“マイボトル”配布、専用コーヒーマシンや自動洗浄機を設置 東京建物などリユース促進の実証実験
東京建物は18日、東京・八重洲にある本社ビルに勤務する社員に真空断熱ボトルを配布し、社内に置いたコーヒーベンダーと自動洗浄機で繰り返し利用できるマイボトル推進の実証実験を始めると発表した。(2022/4/18)

導入事例:
大成建設が新型の放射式植物栽培ユニットを開発、栽培空間温度の均一化を実現
大成建設は、閉鎖型植物工場関連の栽培システムとして、放射式植物栽培ユニット「T-GreenVegeunit」を開発した。T-GreenVegeunitは、場所を選ばず取り付けられ、栽培設備の省エネルギー化と栽培空間温度の均一化により、植物の品質向上と高い生産効率を実現する。今後は、新設の植物工場だけでなく、空間の有効活用として既存倉庫や営業中のレストラン、ホテルロビー、廃校の再利用などに対して、T-GreenVegeunitの導入を提案していく。(2022/4/15)

電気自動車:
トヨタのEV「bZ4X」はKINTOやリースで、リユース前提にバッテリーを確実に回収
トヨタ自動車は2022年4月12日、EV(電気自動車)の「bZ4X」を5月12日に日本で発売すると発表した。個人にはサブスクリプションサービス「KINTO」で、法人にはリースで提供する。5月12日からは第1期として3000台の申し込みを受け付ける。第2期の申し込みは2022年秋を予定している。2022年度としては5000台の生産と販売を計画する。(2022/4/13)

山市良のうぃんどうず日記(229):
Windows 11へのアップグレードの機会に、PCをリフレッシュしてみない?[前編]
わが家の子どもがこの春社会人になり、大学入学時に購入して、貸与していたノートPCが返却されました(当人が自費で購入し、購入を代行したWindows 11 PCとの入れ替えで)。このノートPCをリフレッシュして、再利用するまでの手順をレポートします。Windows 11非対応のPCですが、対応PCであることを想定した手順です。(2022/4/13)

大型ジェット旅客機がオフィスに転身!? 廃棄された航空機を解体、シアトルで再利用
カリフォルニアからまもなくシアトルへ到着予定。(2022/4/9)

房野麻子の「モバイルチェック」:
ドコモも参入の中古スマホ販売、各社あの手この手の保証やサポート
MM総研の調査によると、中古スマホ市場は右肩上がり。2020年度の中古スマホ販売台数は185万台、前年度比13.5%増で過去最高を記録したが、25年には販売台数が268万台に上る見込みだという。そんな中、NTTドコモは3月23日から、同社認定リユース品「docomo Certified」の取り扱いを開始した。(2022/4/8)

ドコモ、4月8日以降に中古iPhoneを値上げ 端末購入割引は増額
NTTドコモは、4月8日以降に「docomo Certified(ドコモ認定リユース品)」を価格改定。端末購入割引は1万1000円〜1万6500円割引に増額する。(2022/4/7)

10年目の「楽天ラクマ」、アイコンをストライプ柄に変更 リブランディングでEC強化
楽天のフリマアプリ「楽天ラクマ」がリニューアルした。アプリアイコンとロゴを刷新した他、「海外輸入」「リユース」「産地直送・こだわり食品」など、フリマだけでなくEC機能を強化する。(2022/4/5)

4月28日から販売:
JAL機の部品配した特別ルーム 宿泊プランを販売へ 東京ベイ東急ホテルと協力
航空大手の日本航空は、東京ベイ東急ホテルと協力し、退役する航空機の部品をホテルの一室にあしらったコンセプトルーム「ウイングルーム」を新たにつくり、4月28日から宿泊プランを販売すると発表した。部品の再利用を通じて、廃棄物を削減するのが狙い。(2022/4/4)

卒業後のランドセルを“防災バッグ”に再利用 非常食や水を入れておくアイデアが参考になる
思い出の品をいつまでも大切にするステキなアイデア。(2022/3/27)

ドコモが中古スマホを販売 iPhone XS/XRなどを30日間保証付きで
NTTドコモは、3月23日に「docomo Certified(ドコモ認定リユース品)」を取扱開始。商品受取から30日間の故障は郵送で交換し、ケータイ補償サービスも加入できる。ラインアップはiPhone XRやiPhone XSなど。(2022/3/25)

リサイクル天然レザーシューズ:
“廃棄される革”を使ったビジネスシューズ AOKIが展開
AOKIが展開する「ORIHICA」が、革の端切れを再利用した「天然レザーシューズ」の販売を開始した。(2022/3/22)

廃プラ削減へ:
スターバックス、店内利用時のフタ・使い捨てカップ廃止 一部店舗の全アイスドリンク対象、4月から
カフェチェーン「スターバックス」は4月18日以降、店内で提供する全アイスメニューをフタ(リッド)なしで提供する取り組みを一部店舗で始める。使い捨てプラスチック(廃プラ)の削減や、リユース(再利用)・リサイクルの促進が主な狙い。(2022/3/17)

太陽光:
太陽光パネルのリユース判断を簡単に、アイテスが小型の計測システムを開発
アイテス(滋賀県野洲市)は、太陽光パネルの再利用(リユース)の可否を簡易的に選別できる計測器を開発。大掛かりな設備や、専門知識がなくても簡易的に太陽光パネルのリユースの可否を判断できるという。(2022/3/15)

矢野経済研究所が調査結果を発表:
車載用LiBの廃棄量は9万トン、回収量は想定を下回る
矢野経済研究所は2022年2月15日、リチウムイオン電池(LiB)のリユースおよびリサイクル動向についての調査結果を発表した。(2022/2/22)

今こそ知りたい電池のあれこれ(11):
車載用から他の用途へ、リチウムイオン電池のリユースの「論点」
今回は「持続可能な開発」のために今後同様に重要となるであろう、電池の「再利用」(リユース)について解説していきたいと思います。(2022/2/21)

電気自動車:
リチウムイオン電池のリユース/リサイクル市場、廃棄量が想定下回るが対応急務
矢野経済研究所は2022年2月15日、リチウムイオン電池のリユースとリサイクルの市場に関する調査結果を発表した。(2022/2/16)

FAニュース:
MLCC製造工程で使用するPETフィルムのリサイクルシステムを構築
TDKは、積層セラミックコンデンサーの製造工程で使用される、PETフィルムを再利用するシステムを構築した。これまで焼却処分されることが多かったPETフィルムを再利用することで、廃棄物や二酸化炭素排出量の削減に貢献する。(2022/2/8)

約8割の組織が2022年に利用を予定:
セキュリティを高める「SBOM」、なぜ利用が進んでいるのか
The Linux Foundationはソフトウェアの再利用に関する課題について調査したレポート「The State of Software Bill of Materials(SBOM) and Cybersecurity Readiness」(ソフトウェア部品表《SBOM》とサイバーセキュリティへの対応状況)を発表した。SBOMは最近のアプリケーションのおよそ90%がオープンソースソフトウェアを利用しているという状況に沿った解決策だ。(2022/2/3)

太陽光:
太陽光で「発電する道路」とEV蓄電池を融合、自立型の電力供給システムを事業化へ
MIRAI-LABO(東京都八王子市)と農作機械メーカーのやまびこが資本業務提携契約を締結。独自開発の太陽光路面発電パネルとEVのリユース蓄電池を活用し、自立型のエネルギー供給システムの製品化を目指すという。(2022/2/2)

今こそ知りたい電池のあれこれ(10):
使用済みリチウムイオン電池のリサイクルは今、どうなっているのか
今回から数回にわたり、原料の再資源化(リサイクル)や電池の再利用(リユース)といった「持続可能な開発」のために希少な資源をいかに有効活用していくかといった技術や取り組みについて解説していきたいと思います。(2022/1/26)

ソフトバンクが「認定中古iPhone」を販売 iPhone 8が2万1840円
ソフトバンクは、ソフトバンクオンラインショップ限定で「SoftBank Certified」を提供開始。下取りプログラムなどで回収したリユース端末を購入できるサービスで、価格はiPhone 8(64GB)が2万1840円(税込み)から。(2022/1/19)

リサイクル品の使用比率を20%に:
TDK、MLCC製造用のPETフィルムをリサイクル化
TDKは、積層セラミックコンデンサー(MLCC)の製造工程で用いられるPET(ポリエチレンテレフタラート)フィルムを再利用するためのリサイクルシステムを構築した。今後、リサイクルPETフィルムの使用率を高め、廃棄物やCO2排出量のさらなる削減に取り組む。(2022/1/19)

粗大ごみを削減する仕組みの確立:
粗大ごみから使えるモノをリユース ジモティーが八王子市と実証実験
ジモティーが東京都八王子市とリユースに関する協定を締結し、粗大ごみ削減の実証実験を開始する。(2022/1/17)

狙いはグローバルロジスティクス:
Nestwaveが低電力GPSトラッカーを発表、薄く再利用も可能
Nestwaveは、バッテリー寿命が数年持続する、薄くて再利用可能なロジスティクストラッカー「ThinTrack」をSAMEA Innovationと共同開発している。同社が「CES 2022」(2022年1月5〜8日、米国ネバダ州ラスベガス)で発表したThinTrackは、Nestwaveのジオロケーション技術を使用して消費電力を削減し、バッテリー寿命を延ばしている。Nestwaveは、欧州連合(EU)の「Horizon 2020」プログラムの開発支援を受けている。(2022/1/7)

FAニュース:
バッチプラント向けの基本処方を統合管理できるエンジニアリング環境を提供
横河電機は、バッチプロセス向けに基本処方の管理と構築を支援する「統合処方マネージャ」の国内販売を開始した。作図用ツールや再利用できるテンプレートモジュールにより、多品種生産のバッチプラントの効率化と品質の均一化に貢献する。(2022/1/7)

ソフマップ、じゃんぱらを完全子会社化 リユース・サポート事業拡大へ
ソフマップがじゃんぱらを完全子会社化した。ビックカメラグループのSDGs戦略にのっとり、リユース・サポート事業の拡大を目指す。(2021/12/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。