ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RosettaNet」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ebXML MS 3.0」準拠のEDIクライアントを搭載、DALが最新版ソフト
データ・アプリケーションは、「JEITA共通クライアントVer 2.0」に相当した機能を持つEDIパッケージソフトの最新版を発売する。(2011/7/28)

サプライヤ/メーカーを多対多でつないで効率化:
電機・電子部品納品&調達の“帳票地獄”を解消する「RISE」
豊通エレクトロニクスは電機・電子部品技術情報の流通や再利用、業務プロセスの効率化に向けた情報流通基盤サービスを発表した。(2011/4/27)

NEWS:
電機・電子部品納品&調達の“帳票地獄”を解消する「RISE」
豊通エレクトロニクスは電機・電子部品技術情報の流通や再利用、業務プロセスの効率化に向けた情報流通基盤サービスを発表した。(2011/4/27)

グローバル化の要:
ビジネスインテグレーションの独SEEBURGER社、 日本法人を設立
ビジネスインテグレーションソリューションを提供する独SEEBURGER社は、日本法人Seeburger Japanを設立し、アジア・パシフィックにおける販売・サポート体制を強化したことを発表した。(2009/9/14)

東京エレクトロン、B2Bアウトソーシングサービスを導入
グローバル規模での商取引における受発注業務の効率化やシステム運用体制の強化を目的に、東京エレクトロンが新たにアウトソーシングサービスを導入した。(2009/7/22)

TCO削減を実現する経営革新を:
PR:世界中の取引先とのデータ連携を迅速かつ容易に実現、GXSが提案するB2Bアウトソーシングの強みとは?
世界的な経済不況により企業システムの運用コスト削減は待ったなしの状況にある。ビジネスインフラの効率化に加え、さらなるビジネス拡大に向けてグローバル規模で新たな企業間取引を効率的にかつ円滑に構築するニーズが高まっている。全世界で3万5000社を超えるユーザーを持つGXSが提供するグローバルB2Bアウトソーシングサービスを通じて、企業はTCOを削減しながら、世界中の企業とのデータ連携を迅速かつ柔軟に展開することが可能だ。(2009/6/22)

ソニーや富士通などの日本メーカー、世界で戦うため部品情報の共有体制を構築
ロゼッタネットジャパンは記者向けのブリーフィングを開催し、ハイテクメーカーとサプライヤーが部品情報の交換をより効率的にできるデータベースを構築することを明らかにした。(2008/1/25)

「Microsoft BizTalk Server 2006 R2」リリース
新しいバージョン「Branch Edition」も提供される。(2007/9/11)

止まらない、という絶対価値:
PR:もはや「待ったなし」の次世代EDIを実現するシステムとは
今後のEDIに求められる要件は、24時間365日の稼働と、リアルタイム処理だ。特に流通業界などでは、次世代EDI標準への対応が大きな流れとなっている。HP Integrity NonStopサーバは、このEDIの分野でも重要な役割を果たす存在だ。(2007/7/5)

B2B ECの“厚い壁”を取り除く、GXS
GXSは、受発注データ処理の管理を一括受託するアウトソーシングサービス「GXS Managed Services」を発表した。(2006/11/16)

Oracle、SOA製品をアップデート
「Oracle OpenWorld」カンファレンスの開幕初日、一連のSOA(サービス指向アーキテクチャ)関連製品を発表した。数々のオープンテクノロジーへのサポートが明らかとなっている。(2006/10/24)

ホワイトペーパー:
蓄積データをノンコーディングで連携、システム開発コストを削減
日々発生する多量の取引データをシステムに取り込むには、多大なシステム開発コストがかかる。また、社内に蓄積されたさまざまなデータを有効活用するのも容易とは言えない。ノンコーディングでそれらを連携させ、活用する手段はないのだろうか。(2006/10/10)

MSとIntel、次世代RosettaNet標準を共同提案
グローバルなサプライチェーン構築のための技術仕様RosettaNetの次世代版を、MicrosoftとIntelが共同で推進していく。(2006/9/30)

IBMメインフレーム接続までカバーするBizTalk 2006の最新形態
BizTalk Server 2006の新機能はソリューションの導入と管理を簡素化し、別製品のHost Integration Serverがバンドルされることで、社内の重要なアプリケーションの多くを依然メインフレームで動作させている企業をサポートすることになる。(2006/5/9)

ミドルウェアがシステムの品質を決める
SEが心得るべきB2Bミドルウェアのこれから
今回はB2Bミドルウェアの国内での流れと、そこで求められる具体的な機能について話してみたい。(特集:顧客満足度ナンバーワンSEの条件)(2005/5/23)

SAPとDAL、連携アプリケーション提供で協業
SAPジャパンとデータアプリケーションは、「SAP eXchange Infrastrucure 3.0」(XI 3.0)と、DALの企業間電子商取引用パッケージである「ACMS B2B」を組み合わせたソリューションを日本市場で展開すると発表した。(2005/3/28)

Oracle OpenWorld 2004
「インテグレーションがビジネスを変革する」とOracle幹部
2日を迎えたOracle OpenWorldで、Oracleは10g Release 2ファミリーを発表した。Application Serverを担当するクリアン上級副社長は「過去最大級の機能強化」と胸を張った。(2004/12/8)

最高のパートナーシップで極限への挑戦を続けるSAPと日本HP
SOAに関しては、分散システムの諸問題を解決するアーキテクチャとして期待を集めるが、その全体像を掌握するのは困難である。NetWeaverを携え、SOAの世界に足を踏み入れたSAPは、HPというよきパートナーを得て、その普及を進めようとしている。(2004/11/1)

SAPジャパン、「ノンSAP間連携」でEAI市場に本格参入へ
SAPジャパンはシステム間を連携するSAP Exchane Infrastracure(SAP XI)の最新版「SAP XI3.0」の出荷を同日から開始したと発表した。(2004/10/26)

ITが変革する小売の姿
CPFRが追求する小売プロセス
前回、Wal-MartとWarnerLambert間のCFARについて紹介した。Wal-MartはかつてのQRにおける取り組みと同様に、CFARというビジネスモデルを自社に止めることなく、実験結果を米国の流通業界の標準化機構であるVICSに提供した。(2004/10/25)

新入社員のためのXML入門講座(1):
XMLの基礎を理解しよう 〜これだけ知っていれば大丈夫!〜
シリーズ「新入社員のためのXML入門講座」では、XMLの基礎をさまざまな記事を通じて理解してもらう予定だ。その第1回である本記事では、できるだけ技術的な解説を行わずに、XMLの特徴や全体像を理解してもらう。(2002/4/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。