ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SAI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SAI」に関する情報が集まったページです。

いわくつき物件に幽霊が…… 憑かれるどころか“お憑き合い”してしまう漫画に「うらめしや ちがう うらやましい」
ホラー風ラブコメ百合漫画。(2019/8/22)

待望のクラッシックペン:
プロ待望の細ペン登場 refeia先生が「Pro Pen slim」を試したよ
人気プロイラストレーターのrefeia氏がワコムの「Pro Pen slim」をレビュー。え、もう終わっちゃうんですかと冒頭から全開のお話です。(2019/5/27)

「FGO」ミステリーイベント「惑う鳴鳳荘の考察」、“イベント開催中”にノベライズ刊行決定 「虚月館殺人事件」と2冊同時に
2冊とも欲しい……。(2019/5/15)

うらやましい? マイクロソフト、金曜日を休みにして「週休3日」にチャレンジ
家族旅行などの費用補助もあるそうです。(2019/4/22)

【マンガ】「シロサイ」が白くなくて、「クロサイ」も黒くない“ちょっと残念な理由”
どっちもグレー。(2019/3/18)

「手のひらプレステ」今日発売 CMと収録タイトル開発者インタビュー公開
12月3日、本日発売のプレイステーション クラシック。CMとインタビューも公開された。(2018/12/3)

「プレイステーション クラシック」予約は11月3日から 残り15タイトルも判明 闘神伝、METAL GEAR SOLID、アークザラッド(IIも)
全20タイトルのうち5タイトルしか公開されていなかった「プレイステーション クラシック」、発売まであと1カ月というところでようやく残り15タイトルが判明した。(2018/10/30)

「プレイステーション クラシック」内蔵ソフト全20本が判明! 「アークザラッド」「アーマード・コア」「女神異聞録ペルソナ」など
「アーマード・コア」だと……!(2018/10/29)

高速イーサネットに注力:
なぜこのネットワークベンダーは、カテゴリーキラーになれるのか
コモディティ化が進む、データセンターネットワーク製品市場で、「カテゴリーキラー」とも呼べる存在になっているベンダーがある。このベンダーは、どのようにしてシェアを拡大しているのか。(2018/10/9)

聞こえるのは「Yanny」と「Laurel」どっち? 人によって違って聞こえる音声で世界の意見が分かれる結果に
ねとらぼ編集部ではLaurel派が多い結果に……。(2018/5/17)

恋した人に触れられない……ショーウィンドウ越しのマネキンの恋を描いた漫画が切ない
好きな人が幸せであれば、それでいい。(2018/4/22)

pixiv、ライブ配信機能をスタート クリエイターのお絵かきライブをリアルタイムで視聴可能に
最大4人まで同時視聴することもできます。(2018/1/4)

「腱鞘炎からの解放を」 クリエイター向け“PC作業効率化”デバイス「O2」
キーボードのショートカット操作をレバー操作で代替できる入力デバイス「O2」がテスト販売される。イラストレーターなどのPC作業を効率化する。(2017/10/24)

「魔法のよう」――pixivがお絵描きサービスにAI自動着色を取り入れた理由
今や会員2300万人を抱える巨大サービスになったpixiv。彼らの新たな取り組み「pixiv Sketch」とは何か。AIを活用し、何を目指すのか。(2017/6/30)

音楽界の高橋名人現る 「ピアノ高速連打」の世界ギネス記録、ポルトガルで大幅更新 1分間に824回
なお、鍵盤の改造は行っていません。(2017/6/10)

今夏に発売予定:
トヨタ、新型「カムリ」日本仕様を初公開
トヨタが新型「カムリ」の日本仕様を初公開した。(2017/5/19)

日本流イラストのノウハウを海外へ! ハウツー動画サイト「Palmie」、英語字幕化を目指し出資募集中
日本独自の漫画的イラストの秘訣が海外に広まる機会。(2017/3/12)

STマイクロ STM32F413など:
最大1.5Mバイトのフラッシュを内蔵したマイコン
STマイクロエレクトロニクスは、最大1.5Mバイトのフラッシュメモリと320Kバイトのメモリを内蔵した、32ビットマイコン「STM32F413」「STM32F423」を発表した。(2017/1/5)

なんだか“ボタンがたくさんある”ヤツを試してみよう:
左利き絵師にピッタリな18ボタン搭載マウス
ゲーミングマウスを「右手用デバイス」として使ってみました。(2016/10/31)

「行きたいイベント重なってコンプできないオタク葬送曲を作ろう」とツイート → 7カ月後、本当にリリース
なぜ作った。(2016/6/22)

教えて! 絵師さん:
一瞬より少し長く、目を奪いたい 稚野まちこさん
女の子が可愛いのは“当たり前”、もう一瞬長く、見ている人の目を奪うために――稚野まちこさんの世界はイラストだけでなく漫画にも広がっています。(2016/5/2)

“無印”ネットワークスイッチのイノベーションを加速するか
Microsoftの意表を突くオープンネットワークソフトウェア「SONiC」とは?
Microsoftの「SONiC」は、オープン技術のネットワーク機能ソフトウェア群だ。ハードウェアベンダーから見ると、SONiCの登場は、MicrosoftがOSを搭載しないスイッチを求めていることを浮き彫りにしている。(2016/3/23)

Open Compute Summit 2016:
米マイクロソフト、オープンソースのネットワークソフトウェア「SONiC」を発表
米マイクロソフトは2016年3月9日(米国時間)、Open Compute Project(OCP)のOpen Compute Summit 2016で、米アリスタネットワークス、米ブロードコム、米デル、米メラノックスとともに開発したオープンソースのネットワークソフトウェア、「SONiC(Software for Open Networking in the Cloud)」を、OCPに提案したと発表した。(2016/3/10)

教えて! 絵師さん:
気持ちが華やぐカラフルな色使い keepoutさん
心がけているのは「気持ちが華やぐようなカラフルな色使い」。keepoutさんのイラスト、世界がキラキラして見えます。(2016/2/22)

教えて! 絵師さん:
色、温度、シルエット、世界一かわいい女の子 稗田やゑさん
シンプルなのに印象的な色の使い方、不思議な立体感――女の子たち、世界一、かわいいです。(2016/2/8)

教えて! 絵師さん:
愛される「かわいい」を生み出す秘密 ぺこさん
ニコニコ生放送でのお絵描き配信が人気のぺこさん。視聴者の意見を取り入れて「かわいい」を作り上げています。(2015/11/16)

教えて! 絵師さん:
一瞬で電流が走るような「かわいい!」を 荻poteさん
見た瞬間に「かわいい!!」と電流が走るようなイラストを目指して――荻poteさんのやわらかくキラキラした女の子たちをご堪能ください。(2015/11/2)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年9月版:
サイバー攻撃から日本を守るのは、プロフェッショナルなトップガン
2015年9月には、テレビ番組にあのプロフェッショナルが登場し、セキュリティクラスター内外の反響を呼びました。(2015/10/14)

ニコ生初! 現役囲碁棋士による棋譜解説付き「ヒカルの碁 名局鑑賞会」
ゆかり先生も登場。(2015/8/12)

教えて! 絵師さん:
クールに強く、セクシーに品よく 涼やかな目元に恋に落ちそう 竹中さん
涼やかで強い目元、露出はあっても品のある色気、洗練されたファッションやメイク。竹中さんの人物画、どれを見てもドキドキします。恋です。(2015/6/15)

材料技術:
フロントドアガラスが400nmまでの紫外線を99%遮断、「SAI」が世界初採用
トヨタ自動車がハイブリッドセダン「SAI」を一部改良。フロントドアに、99%以上遮断できる紫外線の波長を400nmまで広げた「スーパーUV400カットガラス」を採用した。(2015/5/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型プリウスはどうなる? 新戦略で転機を迎えるトヨタのハイブリッドシステム
世界一の自動車メーカーになるために、工場改革と自動車のモジュール化を進めるトヨタ。TNGA戦略のもう一つの鍵が、2015年中に14機種発表されるという新エンジンだ。(2015/4/20)

教えて! 絵師さん:
“偶像としての女の子”を遠くから りばたさん
「名前もわからない、何を考えているかもわからない、偶像としての女の子を描きたい」――制服を来た彼女たち、見てるこちらがいろいろ想像してしまいます。(2015/3/30)

教えて! 絵師さん:
女の子の輝きを絵に閉じ込めて るごさん
キュートからシリアスまでさまざまなテイストの女の子を幅広く描く、るごさん。ファッションや色使いがかわいさを引き立てています。(2015/3/16)

教えて! 絵師さん:
ネットやテレビ横目に「集中しない」 描き込みと余白のバランスがこだわり へびつかいさん
細かいモチーフを使いながらもすっきりと整然と見えるへびつかいさんのイラスト。秘密は「描き込んでいない箇所」へのこだわりでした。(2015/2/2)

教えて! 絵師さん:
「このまま死ねたらいい」――現実では言えない言葉を伝えるために TCBさん
どこか憂いを帯びた人物画が印象的なTCBさん。「このまま死ねたらいい」「性懲りもなく引っ掻き回して、後戻りできなくなった」など、シリアスなタイトルにもドキッとします。(2015/1/19)

森の音楽家? 笛を吹いてるように見えるリスさんがかわいい
リスさん「ぴーひゃらら♪」(2014/12/7)

本日でプレイステーションが生誕20周年 歴代人気ソフトランキングなど特設サイトで企画を多数展開
特設サイトで「△○×□」ボタンを押すと、人気シリーズ作のメモリアルビジュアルが。(2014/12/3)

教えて! 絵師さん:
繊細なタッチで美しい男子を生き生きと Reiさん
日本画のような繊細なタッチで生き生きとした人物画を描くReiさん。男の子の美しさが引き立ちます。(2014/12/1)

教えて! 絵師さん:
こだわりは「目」――“ラスボス”イラストも手がけるおはぎさん
ネットを中心に活躍する絵師さんにフォーカスする連載企画「教えて! 絵師さん」がスタート。第1回は小林幸子さんの動画イラストなどを手がけるおはぎさんです。(2014/9/8)

まるで漫画家専用のコワーキングスペース――“描ける”漫喫「漫画空間」
東京・高円寺にある漫画を描くことができる漫画喫茶「漫画空間」に突撃取材。店長・深谷陽先生の作業風景も撮影させていただきました。必見です!(2014/8/8)

電気自動車:
燃料電池車、勝利の方程式は解けるのか
トヨタ自動車は2014年度中に燃料電池車を発売する。価格は700万円程度。電気自動車が既に実用化されているなか、なぜ燃料電池車なのか。燃料電池車が普及するカギは何なのか。水素社会は果たして訪れるのか。(2014/6/27)

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論 ―総括編―:
「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論とは、“愛”である
今回は、最終回とは別に「総括編」をお届けします。「英語に愛されないエンジニア」と「英語に愛されるエンジニア」。どちらがよかったかと問われれば、私は間違いなく後者を選ぶでしょう。「英語に愛されないことで、別の幸せがあった」などと締めくくるつもりは毛頭ありません。ただし、本連載で展開してきた新行動論のバックボーンにあったのは、常に“愛”でした。(2014/3/25)

スマホの画面に好きなキャラを閉じ込める画像が流行
“俺の嫁”をスマホに閉じ込め!(2014/1/10)

ロア・インターナショナル、天然木を使用したiPhone 5c用ウッドケース8種を発売
MAN&WOODブランドからiPhone 5c向け天然木ケースが登場。それぞれの木が持つ個性的な木目とTPU素材、くびれ形状を組み合わせ、デザイン性と持ちやすさを両立する。(2013/12/16)

「人生、どうなるか分からない」 出発点はお絵かき掲示板 41歳で単行本デビューした主婦「るなツー」さん
30歳で初めてPCに触れてデジタル環境でイラストを描き始め、41歳で小学館から初めてのコミックス単行本が出た大阪の主婦・るなツーさん。描き続けられたのは、デジタルのおかげという。(2013/12/13)

第43回東京モーターショーで音速の貴公子アイルトン・セナの24年前のスーパーラップを再現する特別コンテンツ展示
東京モーターショーのHondaブースでは、1989年に鈴鹿サーキットでアイルトン・セナが記録した世界最速ラップのエンジン音と走行軌跡を体験できる。(2013/11/19)

スマアシ搭載も決定:
新型「タント」は両側パワースライドドアを採用、フロントフェイスも大幅変更
ダイハツ工業は2013年10月3日、スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車「タント」をフルモデルチェンジする。予告サイトでは、両側パワースライドドアの採用や、大幅に変更したフロントフェイスなどの情報を公開している。(2013/9/18)

口説きなSAIってこと:
トヨタ「SAI」、大人なオトコのモテクルマに変身
トヨタのSAIが高級ハイブリッドセダンとして大きく路線変更した。目指したのは、世代を超えて「カッコイイ」と共感されるスタイリングだ。開発責任者は「かっ飛んだ」を何度も口にする。(2013/8/30)

材料技術:
“カッコイイ”トヨタの「SAI」、樹脂部品の20%がエコプラとリサイクル材に
世代を超えて“カッコイイ”と共感されるように、エクステリアやインテリアを一新したトヨタ自動車のハイブリッド車「SAI」。樹脂部品の20%に植物由来プラスチックや樹脂リサイクル部品を使用するなど、材料面における環境への配慮にも力を入れている。(2013/8/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。