ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「君を成長させる言葉」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「君を成長させる言葉」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

君を成長させる言葉:
今、やり直せよ。未来を――2ちゃんねる
“今”が、人生でいちばん若い瞬間。(2014/6/19)

君を成長させる言葉:
夢をあきらめるのは、なかなかしんどい。でも、それも格好いい――鈴木おさむ・放送作家
挫折のない人生なんてない。(2014/6/18)

君を成長させる言葉:
したことの後悔は小さく、しなかったことの後悔は日に日に大きくなる――林真理子・作家
やるだけやって、後悔はそれから。(2014/6/17)

君を成長させる言葉:
ゴールの“酔い”は捨てて次に向かう、これが大事なんです――三浦知良・サッカー選手
キング・カズが、ゴールを決めるたびに思うこと。(2014/6/16)

君を成長させる言葉:
酒を飲むと死ぬ。しかし、飲まなくとも死ぬ。――パブの看板
今日は、金曜日ですね……。(2014/6/13)

君を成長させる言葉:
明日は、まだ何1つ失敗していない“新しい日”――アン・シャーリー
今日失敗しても、明日も失敗するとは限らない。(2014/6/12)

君を成長させる言葉:
無駄なことは1つもない――やなせたかし・漫画家
「こんなことしてていいのか」と思ってることでも、みんな役に立つ。(2014/6/11)

君を成長させる言葉:
負けても終わりじゃない。でも、やめたら終わりだ。――リチャード・ニクソン・政治家
負けてない人は、戦ったことがない人。(2014/6/10)

君を成長させる言葉:
辞めてもいいけど、職場の人に惜しまれて辞めるんだよ――斎藤一人・経営者
「私、会社を辞めたいんです」と相談するサラリーマンに……。(2014/6/9)

君を成長させる言葉:
どうしても嫌だったら「絶対に抜け出す」って、心に決めるの――西原理恵子・漫画家
本当に嫌なら、辞めればいい。君の人生は、君が決めるんだ。(2014/6/6)

君を成長させる言葉:
のび太くんを選んだ、きみの判断は正しかったと思うよ――しずかちゃんのパパ
人間にとって、いちばんだいじなこと。(2014/6/5)

君を成長させる言葉:
僕は大人の小説を読む人間じゃない――宮崎駿
ビジネス以外にも大事なことはたくさんある。(2014/6/4)

君を成長させる言葉:
ゴミを売ることだけはできない――スティーブ・ジョブズ
自分の仕事の必要性を疑え。そして誇りを持つこと。(2014/6/3)

君を成長させる言葉:
明るい性格は、財産よりも尊い――アンドリュー・カーネギー
明るい気持ちがあれば、失敗することも怖くない。(2014/6/2)

君を成長させる言葉:
知識への投資は、常に最高の利息がついてくる――ベンジャミン・フランクリン
何も投資しなければ、常に空っぽのままです。(2014/5/30)

君を成長させる言葉:
僕は天才ではありません――イチロー
成功するのは、天才だからではないのです。(2014/5/29)

君を成長させる言葉:
失敗より何もしないことを恐れろ――本田宗一郎・ホンダ
一度きりの人生、「しない」ことより「する」ことを選択してみませんか。(2014/5/28)

君を成長させる言葉:
月に行こうという目標があったから――三木谷浩史・楽天
大きな目標のために、いつもと違うことをしてみるのはどうですか。(2014/5/27)

君を成長させる言葉:
仕事の報酬は仕事だよ――井深大・ソニー
つまらなくても、目の前にある仕事を大切にすることが大切なのです。(2014/5/26)

君を成長させる言葉:
能力以上を求められる環境でなければ成長は難しい――柳井正・ユニクロ
背伸びは成長につながります。そして、成長につなげるための秘けつもあるのです。(2014/5/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。