ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「秘密保護法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「秘密保護法」に関する情報が集まったページです。

Uber、買収したOttoの自動運転トラック事業を終了へ
Uberが2016年に買収したOttoの自動運転トラック事業を終了する。自動運転車のプロジェクトを継続し、トラック関連のリソースはこちらに集中する。同社は8月にも公道テストを再開する計画だ。(2018/7/31)

Uber、Google系列Waymoとの特許訴訟で和解 2億4500万ドル支払い
Uberが買収した自動運転トラック企業OttoのCEOがGoogle(後のWaymo)退社時に自動運転技術情報を持ち出したとしてWaymoがUberを提訴していた訴訟が和解に達した。(2018/2/11)

スピン経済の歩き方:
なぜマスゴミの「ブーメラン報道」が目立ってきているのか
マスコミの「ブーメラン報道」が目立ってきている。最低賃金の問題について、中日新聞は政府が掲げる「時給1000円」を目指すべきと主張したものの、自社のデスク補助業務の学生アルバイトを「時給910円」で募集していることが判明。なぜこのような報道が起きるかというと……。(2017/8/22)

Alphabetの自動運転企業Waymo、競合するUberとその傘下のOttoを特許侵害で提訴
Google自動運転プロジェクトのスピンオフ企業Waymoが、元従業員らが立ち上げ、Uberに買収された自動運転トラック企業OttoとUberを、営業秘密保護法違反および特許侵害で提訴した。OttoのCEOはWaymo退社直前に大量の機密情報を会社からダウンロードしていた。(2017/2/24)

スピン経済の歩き方:
報道自由度ランキングが「72位」だった、これだけの理由
「国境なき記者団」が発表した「報道の自由度ランキング」によると、日本は180カ国中の72位。前年の61位よりもさらにランクダウンした。日本のメディアは自由度がありそうだけれども、なぜ72位なのか。その理由について、筆者の窪田氏が分析したところ……。(2016/5/10)

出版業界ニュースフラッシュ 2015年5月第3週
大阪屋が帳合書店に楽天のポイントサービスを導入したことなどが話題に。(2015/5/18)

戦後70年の今こそ考えたい なぜ、真珠湾攻撃という“史上最悪の愚策”に進んだのか?
(2015/5/14)

写真展:
オカダ・キサラ写真展「©TOKYO 出会い頭の点動刹(てんどうせつ)」
(2015/2/16)

Tor使った匿名告発サイト日本版、来年稼働へ 「技術でジャーナリズムの刷新を」
「Tor」を使って匿名で内部告発できるサイト「Whistleblowing.jp」(内部告発.jp)が来年2月にも本格稼働へ。「技術を使ってジャーナリズムの刷新に関与できればうれしい」と開発者は狙いを語る。(2014/12/19)

特定秘密保護法に雑誌協会・書籍出版協会が反対声明 「廃止を訴える」
10日に施行された特定秘密保護法について、日本雑誌協会と日本書籍出版協会が反対声明を発表。同法の廃止を訴えていくという。(2014/12/10)

窪田順生の時事日想:
「厳罰化」で解決できるのか 企業の秘密漏えい問題
「経済産業省が不正競争防止法を見直す」などと、日経新聞が報じた。企業の営業秘密を外国企業に漏らした者に対して罰則を強化するというものだが、厳罰化によって問題は解決するのだろうか。(2014/11/25)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年10月第3週
書協や雑協の取り組みが多く見られました。(2014/10/20)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年6月第3週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。6月第3週は特定秘密保護法に反対する諸団体の記者会見、『姉ageha』の復活などが発表されています。(2014/6/23)

NTT DATA Innovation Conference 2014リポート:
日本の弱点は変化に対するスピード――先を読む努力がいままで以上に必要になる
日本人には目標が設定されればそれに向かって目覚ましい仕事をするという資質がある。そのときに必要なのが多様性とスピード。みんなが同じことをしていたのでは、世界のスピードにはついて行けない。(2014/2/26)

伊吹太歩の時事日想:
中国メディアで働くために必須の「政治思想テスト」をやってみた
情報統制が行われている中国では基本的に報道の自由はない。さらに国内メディア関係者の思想を統制するために、2014年からテストが義務付けられるようになった。その問題を見てみよう。(2014/1/9)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/24)

誠 Weekly Access Top10(2013年12月9日〜12月15日):
紙の名刺がいらなくなる時代が来る?
今週のランキングは2014年度末に開業予定の「上野東京ライン」に関する記事がトップに。これに関連して「青春18きっぷ」や「鉄オタ」といった過去の“鉄道ネタ”記事もランキングに上がってきました。(2013/12/19)

出版業界ニュースフラッシュ 2013年12月第2週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。12月第2週は、第48回書店新風賞の発表などがありました。(2013/12/16)

窪田順生の時事日想:
『朝日新聞』の世論調査に?? 「特定秘密保護法」をぶっ潰す方法
特定秘密保護法を巡って、某新聞の編集委員が「メディアの対応も遅過ぎましたね」と語った。「対応」とは何なのか。筆者の窪田氏は首を傾げながら朝日新聞を開いたら、なんとなくその答えが見えてきたという。それは……。(2013/12/10)

2013年の流行語年間大賞は「今でしょ!」「じぇじぇじぇ」など4語 トップ10に「ブラック企業」も
13年の新語・流行語大賞は「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」の4つが年間大賞に。(2013/12/2)

2013年の新語・流行語大賞は4つ! 「じぇじぇじぇ」も「倍返し」も
豊作でした。(2013/12/2)

石破自民幹事長、「絶叫デモはテロ行為」ブログを修正 「行き届かなかった点あった」
自民党の石破幹事長は、特定秘密保護法案に反対するデモについて「テロ行為と変わらない」と指摘したブログ記事を修正し、「行き届かなかった点がありましたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。(2013/12/2)

出版業界ニュースフラッシュ 2013年11月第5週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。11月第5週は、紀伊國屋書店、MPD、日販、トーハンなどの中間決算が発表されています。(2013/12/2)

窪田順生の時事日想:
特定秘密保護法は“平成の治安維持法”で軍事国家へまっしぐら……本当に?
安倍政権が「特定秘密保護法」を成立させようとしている。政府の動きを受け、いろんな人たちが反対のシュプレヒコールをあげているが、「それって逆効果でしょ」と思うのもある。単に恐怖をあおるだけでなく、やるべきことは……。(2013/11/12)

「秘密保全法制」と情報公開について考えよう! 日弁連のイベントをライブ配信
国家機密の漏えいに対する罰則強化を図るため、政府が国会提出を検討している法案「秘密保全法制」をテーマに話しあう、日本弁護士連合会主催のイベントをライブ配信する。ジャーナリストの西山太吉さんの基調講演の後、西山さんと東京新聞の半田滋論説委員、上智大学の田島泰彦教授がパネルディスカッションに登場する。同法案は、国民の知る権利が侵害される恐れがあることなどから問題となっており、イベントはその危険性について周知し、問題意識を広めるのを目的としている。配信は4月13日18時0分〜。(2012/4/11)

出版業界ニュースフラッシュ 2011年12月第3週
出版業界で起こったニュースにならない出来事をまとめてお届けする週刊連載。市場の今後を考えるヒントが隠されているかも?(2011/12/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。