ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「島耕作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「島耕作」に関する情報が集まったページです。

『転生したら島耕作だった件』、『イブニング』に特別掲載 「転スラ」主人公がスライムでなく島耕作に
冷静に考えたら、スライムに転生するのも漫画上の人物に転生するのも、ファンタジーには変わりないな。(2019/2/26)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「データサイエンティスト・ラプソディ」 なぜ優秀なAI人材は転職するのか
「優秀なデータサイエンティストを採用できない」「人材が定着しない」――そう嘆く前に、まずは自分たちの組織の体制や環境を見直してみましょう。とがったAI人材を許容できる環境作りはできていますか?(2018/12/21)

マシーナリーともコラム:
メガトロンは本当に“理想の上司”? 会社経営モノとして見る「トランスフォーマー」論、あるいはスタースクリームが重い問題
メガトロンとスタースクリームの話をついに。(2018/12/26)

「島耕作にはかわいげがある」 空気を読みすぎたOLマンガ『凪のお暇』作者が語る“男たちのロマン”
コナリミサトさんインタビューの後編。「テラスハウス」「バチェラー」「島耕作」へのアツい思いが溢れていました。(2018/10/23)

“負け組”だからこその戦略:
ピンチをチャンスに変えてきた――旭酒造・桜井会長が振り返る「獺祭」と歩んだ日々
日本酒「獺祭」を製造する旭酒造の桜井博志会長が、東京工科大学(東京都八王子市)で行われた特別講義に登壇。「獺祭」を世界的なブランドに育てる上で味わった苦労や、酒づくりに対するこだわりなどを語った。(2018/9/13)

西日本豪雨で被災した日本酒「獺祭」 製造再開後から初の酒を9月13日に全国出荷
酒蔵が浸水と停電による被害を受け、7月末まで製造を一時中止していました。(2018/9/11)

常見陽平のサラリーマン研究所:
イメチェンのチャンスが来た 服を捨てよ、町に出よう!
もうすぐ4月。新しい期が始まる。イメチェンのチャンスだ。異動、昇進・昇格などにより、イメチェンがマストという人もいるだろう。そんな人たちにオススメしたい本がある。(2018/3/23)

「胸をはれ 頼りにしてるぞ」 荒みきった社畜の心を癒やす“掃除のおっさん漫画”がグッとくる
おっさんのまさかの正体にビックリ……!(2018/2/25)

講談社、『ヤングマガジン』など漫画6誌定期購読アプリの詳細を発表 書店員協力による「人力オススメ機能」も搭載
かなりユーザー視点。(2018/2/14)

「世界一高い」総額約811万円の講談社電子コミックセットが1人限定発売 購入者が漫画化されるなど特典も豪華
購入すると、漫画の登録が済んだiPad mini4が届きます。(2018/2/2)

「世界一高額な電子書籍セット」811万円で発売 購入者は「アフタヌーン」で漫画にしてもらえる
電子コミック配信サイト「漫画全巻ドットコム」が、「世界一高額」という811万円(税別)の電子書籍セットを発売。購入した人は、購入までのストーリーを漫画にして『月刊アフタヌーン』に掲載してもらえるという。(2018/2/1)

講談社「コミックDAYS」始動 ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニングの4誌融合によるマンガアプリ
「圧倒的プロジェクト」と豪語し、2018年上期始動予定。(2017/8/21)

講談社、誰でも電子書店を作れる「じぶん書店」公開 漫画家の公式書店も
今後は音楽・動画など、電子書籍以外のコンテンツも取り扱えるようにするという。(2017/5/15)

プロ作家が開く「公式書店」も:
電子書店がスマホで作れる「じぶん書店」、登録開始
講談社が、スマートフォンで自分の電子書店を開設できるプラットフォーム「じぶん書店」の事前登録を開始。本オープンは5月15日の予定。(2017/4/20)

誰でも電子書店を作れる「じぶん書店」事前登録スタート 講談社のWebサービス
講談社の電子書籍から好きなものを選んで売れる。売り上げの1割がユーザーに還元される。(2017/4/20)

「ハロー張りネズミ」が瑛太主演で実写ドラマ化 深田恭子「身を任せて撮影に」
大根仁さん脚本・演出で最高に楽しい探偵モノになりそう。(2017/3/23)

Dモーニングが連載作品の「神回」を無料公開中 「ただし無料なので登場人物全員が鉄仮面をかぶっています」 ← マジだった……
“神回”なのに内容がまったく頭に入ってこない……。(2016/12/20)

スピン経済の歩き方:
日本に「ハロウィン」を定着させた「仕掛け人」は誰か
今年も大盛況の中で「ハロウィン」が幕を閉じた。オジさんたちから「我々が若かったころは、こんなイベントなかったよなあ」といった声が聞こえてきそうだが、実は40年ほど前から行われていたのだ。仕掛け人は広告代理店でなく……。(2016/11/1)

第1話 左遷! 修羅の国・墓多(はかた)に飛ばされた男の社畜生活漫画「社畜! 修羅コーサク」にツッコミが追いつかない
「木にパイナップル(手榴弾)がなっている……」。(2016/9/25)

「都知事になってほしいキャラクター」1位は島耕作 女性スキャンダルに不安の声も
漫画や小説のキャラクターで都知事になってほしいのは? BookLive!調べ。(2016/6/27)

中川翔子、「アゲマン」2週連続登場でギザ嬉しいっす
「しょこたん用語」とでんぱ組.inc成瀬瑛美さんの「えいたそ用語」の徹底比較など。(2015/12/4)

「仕事ができるやつ」になる最短の道:
サラリーマンが出世するための、ただ1つの方法
サラリーマンとなったからには出世したい。それが普通だ。しかし、「どうすれば出世できるか」ということについて、多くは語られていない。(2015/9/18)

あなたはどっち派? 13作品500ページ超の無料マガジン『いぬやしき vs. 累』
『いぬやしき』(奥浩哉)、『累 -かさね-』(松浦だるま)の最新巻発売を記念してイブニングの人気作品を収録した無料マガジンが配信開始。(2015/7/23)

25年間名前を間違えられた男「今野輝常」を特集したマガジン、週刊Dモーニングで無料配信
「こんの・てるつね」ではなく、正しくは「こんの・きつね」だった模様。(2015/2/19)

島耕作シリーズの名悪役「今野輝常(きつね)」のルビが25年間「てるつね」と間違って掲載されていたことが判明
なんで誰も気付かなかったんだよ!(2015/2/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
学歴や能力以上に大切なモノがある。それは、「好かれる」こと
学歴もないし、能力だって大したことはない。容姿だって嵐やEXILEに比べたらゴミだ。でも放送作家として、ゴールデン番組に次々と参加。何が違うのか?(2015/1/29)

有料コンテンツ使い放題&充実サービスの「ジョルテ プレミアム」登場――月額300円
「ジョルテ-カレンダー&システム手帳」に、クラウドストレージや切り替え可能な4つのカレンダーなどを提供し、さまざまな有料コンテンツが使い放題となる「ジョルテ プレミアム」が登場。(2015/1/27)

ホワイトペーパー:
「島耕作」が語る、クラウドとBYODでオフィス通信機器を“持たずに使う”時代
クラウドとBYOD活用で、通信設備を“持たずに使う”ことによる業務効率化やコスト削減の秘訣を「島耕作」が紹介する。(2015/1/19)

セリフがキーワードに、駅すぱあと×週刊Dモーニングのコラボキャンペーン
キャンペーンに参加して、複製原画やマンガセットをゲット。(2014/12/12)

comicoで連載中の『少年 島耕作』、comico編集部員の“愛”により「特別枠」に昇格
一般の新人作家作品と同様にステップアップを目指していたはずが……。(2014/11/14)

まさかの新人枠――「comico」で『少年 島耕作』の公開がスタート
漫画家デビュー40周年目の挑戦が始まる。(2014/10/23)

新人? 弘兼憲史がcomicoにギャラなし一般新人作家でデビュー 「少年 島耕作」を公開
大型新人だな。(2014/10/22)

1000万ダウンロード突破を記念した課長島耕作×ジョルテキャンペーン――電子コミック&動画配信ほか
「ジョルテ-カレンダー&システム手帳」の国内ダウンロードが1000万を突破したことを記念し、講談社の人気コミック『課長島耕作』とのコラボレーションがスタートする。(2014/10/1)

限定版には「ほぼ日手帳」が付属 『学生 島耕作』第1巻が11月21日に発売
島耕作の青春時代を描いた『学生 島耕作』が11月21日に発売。限定版には、オリジナルカラーの「ほぼ日手帳 WEEKS 2015」が付いてくる。(2014/9/9)

オールウナギネタ 週刊Dモーニングのとじこみ別冊「モうニング」
今年の土用の丑の日は7月29日。(2014/7/24)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
FIFAワールドカップ、翠星のガルガンティア、Surface Pro 3、Xbox Oneも――日本マイクロソフト「独自の試み」に注目
Surface Pro 3にXbox Oneといった大型ハードウェアの発売が待たれる中、日本マイクロソフトはFIFAワールドカップの観戦支援アプリや、人気アニメとコラボしたブラウザゲームを投入し、Windowsワールドのさらなる活性化を図っている。(2014/6/23)

「島耕作」とコラボ:
インテル、Atom搭載タブレットを体験できるイベントを全国主要8駅で開催
島耕作との連動キャンペーンも展開。ビジネスで成功するためのインテルアーキテクチャ採用タブレットをアピールする。(2014/6/19)

『のだめ』『イニD』『島耕作』など:
eBookJapan、人気マンガのセットが最大50%OFFセール
eBookJapanは「石ノ森章太郎デジタル大全 第1期まとめ買いセット」をはじめ、人気マンガ家のまとめ読みセットが最大50%OFFになる期間限定セールを開催する。(2014/4/28)

「イブニング」電子版、紙と同時配信 バックナンバーも
「アフタヌーン」「少年マガジン」などに続き「イブニング」も電子版きたー!(2014/4/22)

『グラゼニ』『会長 島耕作』など:
「週刊Dモーニング」の無料配信、今週はどの作品?
「週刊Dモーニング」で『グラゼニ』や『会長 島耕作』『コウノドリ』など、本誌掲載の漫画7作品の最新話が無料で読めます。(2014/4/17)

鬼灯や島耕作はどんな回答を?:
Q&Aアプリ「アンサー」の公式アカウントに「週刊Dモーニング」が登場
気軽に相談できるiOSアプリ「アンサー」に「週刊Dモーニング」が公式アカウントを解説。「鬼灯の冷徹」ほか3作品の人気キャラクターが相談や回答に参加する。(2014/4/14)

プロフェッショナルサラリーマン――実践Q&A編:
日経よりも効果的! 経済オンチ改善法
新卒で働き始めたものの、経済などの情報にうとく、基本的な経済情報がまったく分からなくて不安――、こんな人は少なくない。昔は「日本経済新聞を読め」などと言われたものだが、基本的な経済情報は、具体的にはどのように学ぶのがいいのだろうか。(2014/1/8)

プロフェッショナルサラリーマン――実践Q&A編:
「ゆとり」部下をどうマネジメントするか
どこの部署でも使いものにならず、あちこちでたらい回しにされた揚げ句、自分の部署で引き取ることになった……。このような人物を更正させるには、どのように教育すればいいのだろうか。(2014/1/6)

プロフェッショナルサラリーマン――実践Q&A編:
無能な経営者はなぜ反省しないのか?
「上司や部下の考えていることが分からない」「サラリーマンって、なんて理不尽なんだ」――そんな悩みをもつ人も多いのでは。本連載は、サラリーマンの悩みに触れることで、会社の中で生き抜くヒントを紹介しています。(2014/1/3)

プロフェッショナルサラリーマン――実践Q&A編:
事務職は何をモチベーションにして仕事をしたらいいのでしょうか
「上司や部下の考えていることが分からない」「サラリーマンって、なんて理不尽なんだ」――そんな悩みをもつ人も多いのでは。本連載は、サラリーマンの悩みに触れることで、会社の中で生き抜くヒントを紹介しています。(2013/12/30)

公認会計士まーやんの「ロジカるつぼ」:
「来年は今までと違う自分にしたい」なら、いま考えよう!
多くのビジネスパーソンは、既に新しい手帳を買って、年明けのスケジュールが埋まり始めていることでしょう。次の年は、ある意味もう始まっているのです。「来年こそは今までと違う自分を作りたい!」そう思っているのであれば、まずはこの1年間を分析してみましょう。(2013/12/13)

「『課長島耕作』検定」公認ネットカフェキャンペーン、自遊空間で始まる
ランシステムは複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」で、『島耕作』シリーズ連載30周年を記念した「『課長島耕作』検定」の公認ネットカフェキャンペーンをスタート。オフライン検定試験も実施。(2013/12/4)

11月29日は「イーブックの日」――「運命を変えたマンガ」ランキング発表
イーブックイニシアティブジャパンが、11月29日を「イーブックの日」として、「運命を変えたマンガ」ランキングを発表した。(2013/11/27)

ボケて:
人気マンガのお題で自由にボケる「boke-1 GRAND PRIX『週刊Dモーニンググランプリ』」開催
講談社とエキサイト、ボケてコラボ委員会は、人気マンガ27タイトルから出されたお題に対して自由にボケる「boke-1 GRAND PRIX『週刊Dモーニンググランプリ』」を開催。(2013/11/20)

スティーブ・ジョブズの映画と島耕作がコラボ→ジョブズに対し島耕作「友だちにはなりたくない」
そうですか。(2013/10/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。