ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SO703i」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SO703i」に関する情報が集まったページです。

「S0903i」「S0703i」にPCからの音楽転送で不具合――ソフト更新で対応
NTTドコモは、ソニー・エリクソン製の「SO903i」「SO703i」にPCから音楽データを転送した際、画面に曲名が表示されない不具合があると発表した。ソフト更新で対応する。(2007/8/16)

写真で解説する「SO704i」
着せ替えパネルを変えることで、異なるイルミネーションを楽しめる「SO704i」。基本的な仕様は「SO703i」と変わりないものの、AF付きカメラを搭載するなど、使いやすさも向上した。(2007/7/4)

「SO703i」開発陣インタビュー:
ストレス社会で闘う大人を癒す──アロマケータイ「SO703i」が生まれるまで
着せ替えパネルとイルミの演出が好評のソニー・エリクソン製端末、「SO703i」で取り入れたのは、嗅覚に訴える“ほのかな癒しの香り”だ。“香り”という発想はどこから来たのか? そしてイルミの演出はどう変わったのか? 開発陣に聞いた。(2007/3/19)

「SO703i」の“ここ”が知りたい(3):
手持ちのCDの楽曲を転送して聴けるか──「SO703i」
ソニー・エリクソン・モバイル端末といえば気になるのが音楽機能。CDからPCに取り込んだ手持ちの楽曲を、端末に転送して聴くことはできるのか。(2007/3/9)

モバイルSuicaに、ドコモの「SH903iTV」「SO703i」、auの「W51S」が対応
JR東日本は、ドコモの「SH903iTV」「SO703i」と、auの「W51S」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/3/5)

“アロマケータイ”「SO703i」、新規価格は約2万円
アロマシート付き着せ替えパネルで香りを楽しめる――NTTドコモのソニエリ製スタンダードFOMA端末「SO703i」が発売された。都内量販店での新規契約価格は、1万9950円(ITmedia調べ、以下同)。(2007/2/23)

「SO703i」の“ここ”が知りたい(2):
アロマシートの香りの強さは?──「SO703i」
携帯からほんのり香るアロマが特徴の「SO703i」。香りの強さはどれくらいなのか。(2007/2/23)

「SO703i」のStyle-upパネルに、ブランドコラボバージョン
ソニー・エリクソン・モバイルの着せ替えアロマケータイ「SO703i」向けに、ブランドコラボパネル6種が登場。オリジナルストラップ付きのアルフレッド・バニスターバージョンも。(2007/2/22)

「SO703i」の“ここ”が知りたい(1):
内蔵メモリの容量は──「SO703i」
癒しのアロマが香る着せ替えケータイ「SO703i」。内蔵メモリの容量やもっさり感、文字入力システムの仕様などをチェックした。(2007/2/21)

+D Style News:
ティンカー・ベル姿の押切もえちゃん、SO703iに萌える
表参道ヒルズで、ケータイをモチーフとしたファッションショー「SO703i Beauty Renaissance Collection」が行われた。ティンカー・ベルの衣装を着た押切もえさんが、総額300万円の端末を持って華やかに登場!!(2007/2/19)

アロマで癒す携帯──「SO703i」、2月23日発売
ソニー・エリクソン・モバイル製の“アロマ”ケータイ「SO703i」が2月23日に発売される。(2007/2/16)

写真で解説する「SO703i」
2.7インチのワイドQVGA液晶を搭載したアロマケータイ「SO703i」。SO903iをベースモデルとしたこの端末は、機能面でSO903iや「BRAVIAケータイ SO903iTV」とどう違うのか。(2007/1/17)

携帯から癒しの香り──着せ替えアロマケータイ「SO703i」
ソニー・エリクソン・モバイル製の「SO703i」は、“いい匂いがする”アロマケータイ。背面パネルだけでなく、香りも着せ替えられるのが特徴だ。2.7インチ240×432ピクセルのワイド液晶も搭載する。(2007/1/16)

FOMA5機種・auのW5xシリーズなど、計9機種がJATE通過
ドコモの「FOMA D800iDS」や「FOMA UM01-F」、ソニエリ製の「SO703i」「W51S」、シャープ製「812SH/813SH」などがJATEを通過した。(2007/1/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。