ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Oracle SuperCluster」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

SPARC SuperCluster

低温物流大手企業は災害に強いシステム基盤をいかに実現したか:
PR:“止まらない食品物流”の実現に向け、ニチレイロジグループがBCP強化でOracle SuperClusterを選んだ理由とは?
食品物流大手のニチレイロジグループは、大規模災害などの発生時にも速やかに物流基幹システムを復旧し、全国を網羅する食品物流網を安定運営していくためのBCP強化の柱として、東西データセンターに設置した2台の「Oracle SuperCluster」によるディザスタリカバリー環境を構築。内閣府が国土強靭化に向けて推進するレジリエンス認証も取得した。(2018/7/17)

Software in Siliconはv2にアップデート、Oracle Cloudにも対応:
Oracle、第8世代SPARCプラットフォーム、SuperClusterなどを発表
Oracleは、「SPARC M8」プロセッサ搭載の第8世代プラットフォームを発表した。基幹ワークロードの実行においてセキュリティ、パフォーマンス、可用性を向上しているとし、x86や前バージョンのSPARC M7と比べたパフォーマンスに関する数値データを公表している。(2017/9/20)

海外拠点との連携強化もにらみ、24H/365D環境の構築が急務に:
PR:日本ペイントホールディングスが「Zero Data Loss Recovery Appliance」を導入し、グループ統合データベース基盤のリアルタイムバックアップを実現
積極的な海外展開を続ける日本ペイントホールディングスは、グループ10数社が利用する各種データベースをOracle SuperCluster M7上に統合。そのデータベースバックアップ環境に「Zero Data Loss Recovery Appliance」を導入し、リアルタイムバックアップの環境を整えた。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/4/10)

検証で700倍というパフォーマンスの高さも実感:
PR:複数のデータベースサーバとアプリケーションサーバによるインフラ基盤を持つ日本ペイントHDがSuperClusterに集約した理由
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、Oracle SuperCluster M7とZero Data Loss Recovery Applianceをご採用いただいた日本ペイントホールディングスさまをご紹介します。日本ペイントHDさまでは、どのような課題があってこれらを採用し、どのようなメリットを得られているのでしょうか。(2017/3/31)

「SPARCやSolaris 12は開発中止なんですか?」:
PR:SPARC/SolarisのエンジニアドシステムであるSuperClusterとMiniClusterにはどんなメリットがあるの? SPARCクラウドって何?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、米国のオラクル本社からクラウドサービスとエンジニアドシステムのプロダクトマネジメントを担当するシニアディレクターのマイケル・パルメータさんが来日したので、SuperClusterやMiniClusterについて、あらためてお聞きし、SPARC/Solarisのプラットフォーム戦略と将来像についても聞いてきました。(2017/3/1)

日本ペイントホールディングス、Oracle SuperCluster M7で基幹業務をクラウドに集約
基幹業務システムの基盤をプライベートクラウド環境に集約し、リアルタイムのデータ保護も導入。運用コストの大幅削減とともに、事業拡大に伴う運用やメンテナンス面の業務負荷の低減を実現した。(2017/2/9)

ナビゲーター卒業、そして新世代へ:
PR:SPARC/SolarisやSuperClusterが、SAPに最適な理由とは何ですか?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、米国のオラクル本社からSAPアカウント担当 バイスプレジデントを務めるゲルハルト・カップラーが来日したので、SAPのお客さまに対して、オラクルはどのようなテクノロジーを提供し、お客さまはどのような価値を享受できるのかを聞いてきました。(2016/9/20)

オンプレミスとクラウドのシームレスな統合運用を実現:
PR:ハイブリッドクラウド環境の運用管理をさらに効率化する「Oracle Enterprise Manager 13c」の“3つの柱”
オンプレミスとパブリッククラウドをまたいだ“ハイブリッドクラウド”環境では、その運用管理をいかに効率化するかが大きな課題となる。オラクルは「Oracle Enterprise Manager」の機能強化により、この課題のスマートな解決に取り組んでいる。[パブリッククラウド][プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Cloud][Oracle Enterprise Manager](2016/5/24)

データマネジメントとITインフラの未来、技術の全て
Oracle Converged Infrastructure Summit
(2016/4/12)

「未来のITインフラが、今ここに」をアピール:
オラクルが注力する「コンバージドインフラ戦略」の意図
「いま出荷しているのは、未来のITインフラである」。オラクルが日本顧客向けイベントで、クラウドの基礎となるハードウエアの重要性をアピール。同社が注力するコンバージドインフラストラクチャの戦略を語った。(2015/12/18)

Database Expertイベントリポート:
クラウド時代の「Oracle Database」はどこへ向かうのか
オラクル考える、クラウド時代を見据えた次世代データ管理アーキテクチャとは。「Oracle CloudDays Tokyo 2015」の基調講演でデータベース製品担当キーパーソンのアンディ・メンデルソン氏が登壇し、戦略を語った。(2015/12/14)

Database Watch(2015年11月版):
SPARC M7に実装された「Software in Silicon」とは何か
データベースというソフトウエア技術を追いかける本連載で「SPARC」について言及する日が来るとは思いませんでした。今回はオラクルのデータベース性能を強化するためのチップに実装された技術「Software in Silicon」を深追いします。(2015/12/3)

Oracle OpenWorld 2015:
PR:オラクルが表明した「クラウド」のデザインゴールとハードウエアの関係
「Oracle OpenWorld 2015」は「クラウド」を軸に、そこで必要になるインフラをオラクルがどう提供していくのかが明確に見えたイベントでした。詳細をリポートします。(2015/11/10)

ハードウエアレベルでのメモリ保護や暗号化も:
米オラクルがSolaris 11.3をリリース。SPARC M7、12c R2の情報も発表
米オラクルは米国で開催中の年次イベント「Oracle OpenWorld 2015」で、セキュアでスケーラブル、クラウド運用に対応したデータベースプラットフォームとして、プロセッサー「SPARC M7」、OS「Solaris 11.3」、データベース管理ソフトウエア「Oracle Database 12c R2」の詳細を語った。(2015/10/29)

Oracle OpenWorld 2015 Report:
オラクル、セキュリティ対策機能を内蔵した新プロセッサ「SPARC M7」
オラクルが新プロセッサ「SPARC M7」を発表。高度な侵入防止と暗号化のための“Security in Silicon”とともに、SQL高速化を実現する。(2015/10/28)

Database Watch(2015年4月版):
これからのORACLE MASTERはPaaSのスキルが必須に
「クラウドナンバーワンカンパニー」を目指すオラクルが、日本国内にデータセンターを開設することが明らかになるなど、話題が多かった「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」をウオッチ。「ORACLE MASTER」の資格取得者にもPaaSスキルが問われる時代になったようです。(2015/5/1)

Oracle DBaaS & Big Data Summit基調講演レポート:
PR:オラクルがIn-Memory DatabaseとBig Data SQLで示す「データベースの未来」
日本オラクルは2014年7月、データベースクラウドとビッグデータをテーマにしたイベント「Oracle DBaaS & Big Data Summit」を都内で開催した。これまでにない新たなデータ活用を可能にする新製品「Oracle Database In-Memory」などの国内リリースを記念して開催された同イベントの基調講演の内容をダイジェストで紹介する。[プライベートクラウド/データベース統合][ビッグデータ][Oracle Database 12c][Big Data][Engineered System](2014/8/20)

Computer Weekly:
OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?
米OracleがSolaris 11.2のβ版をリリースし、ダウンロード可能になった。「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛する同社だが、SolarisとSPARCへの投資を継続するのだろうか?(2014/6/18)

ホワイトペーパー:
輝きを増す「Oracle Solaris」、今後の機能強化は?
長い歴史と抜群の実績を誇る「Oracle Solaris」が進化を続けている。ハードウェアとの連携をはじめ、Oracle Databaseなどソフトウェアとの連携も強化。さらにその先にはクラウドや仮想化対応、運用管理のさらなる効率化などを見込む。(2014/5/8)

オラクル、プロセス製造業のコスト管理向けインメモリアプリを提供
日本オラクルは、プロセス製造業のコスト管理を支援する分析用インメモリアプリケーション「Oracle In-Memory Cost Management for Process Industries」を提供する。(2014/2/20)

高信頼と高性能を実現する技術とは【第2回】
輝きを増す「Oracle Solaris」、今後の機能強化は?
長い歴史と抜群の実績を誇る「Oracle Solaris」が進化を続けている。ハードウェアとの連携をはじめ、Oracle Databaseなどソフトウェアとの連携も強化。さらにその先にはクラウドや仮想化対応、運用管理のさらなる効率化などを見込む。(2013/11/25)

Weekly Memo:
Oracleの新サーバをめぐる2つの疑問
日本オラクルが先週、新UNIXサーバを発表した。この動きには2つの疑問が浮かび上がる。その疑問とは。そして米国本社の製品戦略責任者が語った回答とは――。(2013/10/28)

メモリ最大32Tバイト:
オラクルがSPARC M6-32サーバ発売、次世代プロセッサはクエリ処理も実装
日本オラクルは「SPARC M6」プロセッサを32個搭載するサーバ機の販売を開始すると発表した。32Tバイトの広大なメモリによってデータベースの処理性能を高められるという。さらに次世代の「SPARC M7」プロセッサに投入する、データベースのクエリ処理など特定のアプリケーション処理を高速かつ安全にする「Software in Silicon」技術の詳細も明らかにした。(2013/10/24)

Oracle OpenWorld San Francisco 2013 Report:
異次元のEngineered Systemsがインメモリの恩恵をすべてのアプリに
Oracleが先鞭をつけた垂直統合型システム。今週発表されたハイエンドのSuperCluster M6-32は、Oracle Database 12cのインメモリ機能を最大限に引き出し、すべてのアプリケーションの処理速度を飛躍的に高めるという。(2013/9/25)

Oracle OpenWorld San Francisco 2013 Report:
インメモリDBに本腰 エリソンCEOが取り組み語る
富士通に続いてオープニングキーノートに登場したOracleのラリー・エリソンCEOは、新たなデータベースオプション機能を発表。「インメモリによって、既存ユーザーのDBにおけるクエリは超高速化する」と繰り返した。(2013/9/23)

日本オラクル、「Oracle Enterprise Manager」の最新版を発表
Oracle Enterprise Manager 12 c Release 3ではプライベートクラウド環境を迅速に構築したり、その運用負荷を軽減したりするための強化が図られている。(2013/8/26)

製品動向:
「Oracle Super Cluster T5-8」はExadataの高速処理ロジック、SPARCサーバの性能・拡張性を併せ持つ構成に
「Oracle Super Cluster T5-8」が発表された。Exadataの高速処理ロジック、SPARCサーバの性能・拡張性を併せ持つ構成で市場展開する。(2013/7/9)

日本オラクル、統合マシンの新モデル「SuperCluster T5-8」を発表
4月発表のSPARC T5サーバやExadataおよびZFSストレージ、管理ソフトウェアなどを1つに統合した新製品の出荷を開始した。(2013/7/8)

「書き込みが最大20倍高速化」、SPARCベースのエンジニアドシステム
SPARCの性能とSolarisの仮想化技術の合わせ技で、複数DBを統合しながら処理高速化も実現するエンジニアドシステムが登場した。(2013/1/8)

Oracle OpenWorld San Francisco 2012 Report:
すべての顧客にミッションクリティカルなクラウド基盤を
4日目を迎えた「Oracle OpenWorld San Francisco 2012」では、システム担当責任者のジョン・ファウラー氏がクラウド基盤戦略を語った。(2012/10/4)

Oracle OpenWorld San Francisco 2012 Report:
IaaS参入でクラウド戦略のピースを埋める エリソンCEO
今年もサンフランシスコで「Oracle OpenWorld」が開幕。初日の基調講演に登壇したラリー・エリソンCEOは、クラウドサービスのさらなる拡充を宣言した。(2012/10/1)

Exadataに最適化したバックアップストレージを発売 日本オラクル
汎用製品に比べてリカバリ時間が約4分の1という「Sun ZFS Backup Appliance」を発表した。(2012/6/14)

「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」注目リポート
ビッグデータ、クラウド戦略を加速させるシステム、その最前線は
企業が対応を迫られるビッグデータとクラウド環境。効率的、低コストに対応するためにはITプラットフォームの再検討が必要だ。「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」の注目セッションからそのヒントを探る。(2012/5/14)

レポート Oracle OpenWorld:
Oracle OpenWorldに見る“ビッグデータの潮流”
2012年4月4日〜6日、東京・六本木で開催された「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」から、クラウド、ビッグデータという2つのキーワードを取り巻く社会の潮流を俯瞰した。(2012/4/13)

Oracle OpenWorld Tokyo 2012 Report:
エリソンCEOが語ったスティーブ・ジョブズとの思い出
Oracle OpenWorld Tokyo2日目の基調講演、米Oracleのラリー・エリソンCEOは意外な場所から登場した。そして、故・スティーブ・ジョブズ氏との思い出に触れながら同社の戦略を語った。(2012/4/5)

Oracle、「Enterprise Manager Ops Center 12c」を発表
IaaS型のクラウドコンピューティング環境の構築や管理、サポートに必要な機能を搭載する。(2012/4/4)

Weekly Memo:
進化するコンピューティング環境の行方
コンピューティング環境の進化は今、「第4の波」を迎えているといわれる。果たしてその先はどうなるのか。(2012/1/30)

Oracle決算、ハードウェア新規販売が振るわず売上高が微増
Oracleの9〜11月期決算は、増収増益ではあったがハードウェア新規販売が14%減となり、アナリスト予測を下回った。(2011/12/21)

Oracle OpenWorld San Francisco 2011 Report:
瞬時にビジネス分析結果を導く「Exalystics」 エリソンCEOが発表
米Oracleの年次カンファレンス「Oracle OpenWorld San Francisco 2011」が開幕。初日夜に行われたオープニングセッションでは、同社の主力製品である「Exadata」「Exalogic」に続く、新たなシリーズ製品が発表された。(2011/10/3)

統合システム「SPARC SuperCluster T4-4」を発表 Oracle
米Oracleは、「SPARC T4-4」サーバを搭載した汎用エンジニアド・システム「SPARC SuperCluster T4-4」を発表した。(2011/9/30)

Oracle決算は増収増益 不調のハードウェアのハイエンドシフトを強調
マーク・ハード社長は、ハードウェア収入の2期連続減少はローエンドサーバの不調が原因とし、ハイエンド製品へのシフト中であることを強調した。(2011/9/21)

Weekly Memo:
ハードウェア事業に向けたオラクルの思惑
日本オラクルが先週、システム事業に関する戦略説明会を行った。旧サンとの統合から1年が経過した中で、あらためてオラクルのハードウェア事業への思惑を探ってみた。(2011/7/25)

Oracle決算、売上高が47%と好調 ハードウェアも成長
Oracleの9〜11月期決算は、売上高が86億ドルで前年同期比47%増、純利益は28%増の19億ドルと増収増益だった。引き続き新規ライセンス収入が好調だった。(2010/12/17)

「OracleがチータならHPは亀」――SPARC新製品発表会でエリソン氏がHPを攻撃
Oracleのラリー・エリソンCEOが一連のSun SPARC搭載製品の発表会で、(IBMではなく)HPを攻撃。これに対しHPは「Oracleが何と言おうと顧客はだまされない」とコメントした。(2010/12/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。