ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サン電子」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サン電子」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

組み込み開発ニュース:
まずは“置く”から始めよう、サン電子がIoTソリューションを発売
サン電子は2018年11月27日、“置くだけ”で遠隔監視などを可能とする「おくだけセンサーソリューション」の販売を開始した。(2018/11/27)

FAニュース:
ARスマートグラスで産業用機械メーカーのアフターサービスを支援
サン電子は、ARを用いたソリューションをベースとした、産業用機械メーカーのアフターサービスを支援するプラットフォームの開発に着手した。ARスマートグラスを活用し、技術の遠隔指導やアフターサービスの向上、時間短縮に役立てる。(2017/4/14)

サン電子 AceReal:
産業機械のアフターサービス支援をARで、サン電子が安川電機と協力
ARを用いた業務効率化システム「AceReal」を手掛けるサン電子が安川電機と協力し、産業用機械メーカー向けのアフターサービス支援プラットフォームを提供する。(2017/4/13)

iPhoneロック解除ツールをFBIに提供したのはサン電子子会社ではなかったらしい
FBIがサンベルナルディーノの乱射事件の捜査のために使ったiPhoneのロック解除ツールは、うわさされているサン電子傘下のイスラエルCellebriteのものではなく、プロのハッカー集団から購入したものだとWashington Postが報じた。(2016/4/14)

FBI、アーカンソーの事件でもサン電子子会社のiPhoneアンロック技術利用?
サンバーナーディーノのテロで使われたiPhoneのアンロック成功で、州警察の「FBI詣で」が始まったようだ。(2016/3/31)

サン電子がストップ高 iPhoneロック解除に子会社が協力?
サン電子がストップ高。iPhoneロック解除に子会社が協力している可能性が伝わったため。(2016/3/29)

テロリストのiPhoneをアンロックしたかもしれないイスラエルの技術とは(動画あり)
「Appleの助けはいらなかった」とFBIが宣言。協力したと思われるイスラエル企業(サン電子が9年前に買収)Cellebriteの技術を動画で見てみよう。(2016/3/29)

IoT/M2M展:
M2Mをパッケージで安価に提供、サン電子が“菜園”でアピール
サン電子が「第4回 IoT/M2M展」に出展、産業用モバイルルータとM2Mプラットフォームを1社提供することで、安価&小規模からの導入が可能な遠隔制御&監視ソリューションを紹介した。(2015/5/15)

ESEC2015 開催直前情報:
安全なクラウド接続と離れた現場の見える化を支援、サン電子
IoTやM2Mなどで“つながる”ことが前提となりつつある今、サン電子は産業用モバイルルータによるネットワーク構築と現場情報を監視するM2Mプラットフォームで、安全な接続と離れた現場の見える化を支援する。(2015/4/21)

FAニュース:
産業機械の稼働監視や遠隔制御を実現するM2Mプラットフォームを提供
サン電子はFA市場向けに各種装置の稼働監視や遠隔制御を可能とするクラウド型のワイヤレスM2Mプラットフォームの提供を開始する。同社は従来ワイヤレスM2Mルータなどハードウェア製品を中心に展開していたが、プラットフォームを組み合わせたソリューションとして提供するのは初めてとなる。(2015/1/15)

サン電子のゲーム「アトランチスの謎」もなぜかラノベ化
「いっき」だけじゃなかった。(2013/7/1)

「Myst」の続編「Riven:The Sequel to Myst(日本語版)」配信開始
サン電子がiPhone/iPod touch/iPad向けゲームアプリ 「Riven: The Sequel to Myst (日本語版)」がリリース。脱出ゲーム「Myst」の続編だ。(2013/2/4)

サン電子、組み込みに適した低価格のM2M通信アダプタ「Rooster-P100」を開発
サン電子が無人運用を想定した組み込み向けの低価格のM2M通信アダプタ「Rooster-P100」を発表した。6月から検証機の貸し出しを開始する予定だ。(2012/5/7)

App Town 教育:
サン電子、旺文社とのコラボアプリ第2弾「学コレ 〜学びのコレクション〜 歴史編」
iPhone/iPod touch向けアプリ「学コレ 〜学びのコレクション〜」シリーズに、覚えておきたい日本の歴史のポイントを学習できる「歴史編」が登場。(2012/2/9)

サン電子と旺文社がコラボした学習アプリ「学コレ 〜学びのコレクション〜 漢字編」
ゲーム感覚で気軽に楽しみながら常識問題を学習できるiPhone/iPod touch向けアプリ「学コレ 〜学びのコレクション〜」シリーズが登場。第1弾は覚えておきたい紛らわしい漢字を学習・復習する「漢字編」。(2011/12/16)

そろそろ“いっき”をしようじゃないか――「いっき みんなで米騒動の巻」モバゲータウンで配信決定
スパイシーソフトとサン電子がアライアンスを締結。「いっき」のソーシャルゲームを共同で企画開発。モバゲータウンで配信する。(2011/3/7)

iPhone/iPad向けパズルゲーム「上海アミーゴ」に無料体験版が登場
サン電子は、Bluetooth対戦に対応したパズルゲーム「上海アミーゴ」の無料体験版の配信を開始した。iPhone向けの「上海アミーゴ 体験版」とiPad向けの「上海アミーゴ HD体験版」が用意されている。(2011/2/14)

マルチエンディング対応のiPhone/iPad向けホラーアドベンチャーゲーム「一夜怪談」
サン電子が、人気のケータイアプリを移植したiPhone/iPad向けホラーアドベンチャーゲーム「一夜怪談」の配信を開始した。(2011/1/6)

サン電子、データ通信サービス対応のモバイルルータ「Rooster-H700」
サン電子は、イー・モバイルのデータ通信サービスに対応したモバイルルータ「Rooster-H700」を発売する。(2010/12/14)

日々是遊戯:
鈴木裕、完全復活! 「シェンムー街」にはガチャガチャ要素もアリ
サン電子およびセガ、YS NET、DeNAの4社は11月15日、「モバゲータウン」用ソーシャルゲーム「シェンムー街」の制作発表会を開催。鈴木裕氏や藤岡弘、氏もゲストに駆けつけ、熱いトークが繰り広げられました。(2010/11/15)

サン電子、FOMA対応のM2M市場向け通信モデム「Rooster-A100」
サン電子は、FOMAユビキタスモジュール「FOMA UM01-HW」とRC-232Cコネクタを搭載したM2M市場向けパケット通信専用3Gモデム「Rooster-A100」を11月中旬に発売する。(2010/10/22)

サン電子、iPad向け「上海HD」に無料版
サン電子が8月4日から、iPad向けパズルゲーム「上海HD」の無料版、「上海HD Free version」の配信を開始した。(2010/8/5)

サン電子、「いっき おんらいん」の先行体験ができるフォーカスグループメンバー募集中
(2010/4/14)

あの「いっき」が装いも新たにPS3に帰ってくる――「いっき おんらいん」発売決定
サン電子は、最大12人でオンライン対戦が可能な「いっき おんらいん」をPlayStation Storeで発売すると発表した。(2010/4/8)

「ヴァリス」などテレネット版権をサン電子が取得
「ヴァリス」「アークス」など日本テレネットが販売していたゲームタイトルの権利をSUNSOFTが取得。自社コンテンツに活用していく。(2009/12/10)

App Town ゲーム:
サン電子、iPhone/iPod touch向け「Myst」の日本語版を配信
美しい3Dグラフィックで描かれた世界を冒険できる「Myst」の日本語版がサン電子から配信された。価格は700円。(2009/9/17)

App Town ゲーム:
上海で戦いながら中国を統一──「上海 三国牌闘儀」
サン電子から、携帯電話向けにも配信されているストーリー仕立ての上海ゲーム「上海 三国牌闘儀」が、iPhoneおよびiPod touch向けに登場した。(2009/9/8)

サン電子、車載用ウォークマンFMトランスミッター2機種
サン電子が車載に適したウォークマン用FMトランスミッター「FMWM-002/BH」「FMWM-003/B」を発売する。前者は車載用ホルダー、後者はエンジンスターター風の車載リモコンが付属する。(2009/7/17)

サン電子、Wiiウェア配信用コミック第2弾は松本零士の新作描き下ろし
(2009/3/12)

エンジンスタートボタン風のiPodリモコン、サン電子が発売
サン電子は、iPod専用のカーリモコン「RMIP-608」およびリモコンとFMトランスミッターのセット商品「FMIP-308」を3月中旬に発売する。リモコンは車のエンジンスタートボタン風デザイン。(2009/3/6)

サン電子、高性能チューナー搭載のUSB外付けAM/FMラジオ「RDPC-101」
サン電子は、USB接続対応の外付けAM/FMラジオ「RDPC-101」を発表した。(2009/3/6)

サン電子、無料で運だめしができる「おみくじ」アプリを配信
(2009/1/6)

サン電子、iPod専用FMトランスミッターにiPodホルダー付属モデル
サン電子がiPod専用FMトランスミッター「FMIP-302」にiPodホルダー付属モデルを追加、販売を開始した。(2008/12/12)

App Town 電子書籍:
日米合作の“MANGA”――iPhone/iPod touch向け英語版コミック「プリンセス・アイ物語」
サン電子は、iPhone/iPod touch向けの英語版コミック「プリンセス・アイ物語」を12月10日から配信した。(2008/12/10)

サン電子、オーディオ出力装備のウォークマン用シガレットケーブル
サン電子は、ウォークマン用となるシガレットケーブル「CCWM-403」を発表。ライン出力も装備している。(2008/12/10)

サン電子、快適なドライブを楽しめるiPod専用FMトランスミッター
サン電子がiPodを車内で快適に楽しめるiPod専用FMトランスミッター「FMIP-302シリーズ」を発売した。(2008/12/1)

サン電子、ラインアウト端子を備えたiPod用カーチャージャー
サン電子がDockコネクターへ接続することで、シガーライターソケットからiPodが充電できるカーチャージャー「CCIP-402/A」を発売。ラインアウト端子も用意する。(2008/11/7)

サン電子、ウォークマン用充電器&USBケーブルセット
サン電子はウォークマン用充電器セット「ACP-120/WU」を発売する。(2008/10/24)

サン電子、iPhone/iPod touch用「上海」に無料版
サン電子がiPhone向けゲーム「上海」の無料版「上海 Free version」を提供開始。(2008/9/9)

データ通信カードを装着して使えるモバイルルータ──サン電子「Rooster-G8.0」
サン電子は8月19日、ドコモやau、イー・モバイルなどの3G網を定額で利用できるモバイルルータ「Rooster-G8.0」を発表した。有線回線の代替やバックアップ、監視装置などの通信回線、モバイルVPN回線などに活用できる。(2008/8/19)

サン電子、プラグ部と操作部を分離したiPod用FMトランスミッター
サン電子がプラグ部と操作部を分離したiPod専用FMトランスミッターを発売。操作しやすく、場所をとらないという。(2008/6/6)

サン電子、エンジンと連動するiPodカーチャージャー
サン電子が車のエンジンと連動してiPodを利用できるラインアウト付きiPodカーチャージャー「CCIP-402」を発売。(2008/4/4)

サン電子、充電用USBポート付きの車載シガーソケット増設アダプタ発売
(2007/7/27)

サン電子、iモード向けに「上海DX体験版」を無料配信
(2007/5/14)

サン電子、巻取式USB接続ケーブルを発売
(2006/11/14)

サン電子、FOMA・SoftBank3G用のUSB接続ケーブル「CS-13U」を発売
(2006/10/13)

サン電子、「トークマスターII」の台数限定ブラックモデル
サン電子は、携帯型AM/FMラジオ自動録音機「トークマスターII」のブラックモデル「RIR-500GB」を発売する。販売台数500台の限定モデル。(2006/9/13)

サン電子、大型ボタン備えた車載用iPodリモコン
発光する大型ボタンで操作性UP。エンジンの始動にiPodの再生/停止をシンクロさせる機能も搭載(2006/8/18)

サン電子、iPod nano/mini用の防水スピーカー
サン電子は、iPod nano/mini用防水スピーカー「AQIP-262」を8月4日に発売する。IPX5(旧JIS保護等級5、防噴流形)相当の防水性能を備え、水しぶきがかかる場所でも使用可能。お風呂場や屋外でもiPod内の音楽を楽しめる。(2006/6/20)

サン電子、「トークマスターII」の英語リスニング強化パック
 サン電子は携帯型AM/FMラジオ録音機「トークマスターII」に人気の英語リスニング学習書「英語耳」をバンドルした「RIR-500SE」を発売する。英語の学習用コンテンツがトークマスターIIにあらかじめ収録されている。(2006/3/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。