ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サンスター文具」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サンスター文具」に関する情報が集まったページです。

傷が増えるほど個性的になるカッティングマットがナイスアイデア サンスター文具「文房具アイデアコンテスト」結果発表
全部ほしい。(2019/5/28)

ペコちゃんの文具シリーズが新たに登場。ポコちゃんやラブリーキャティもいるよ
いちご柄もかわいいけど、パラソルチョコ柄はかなり好き。(2019/1/10)

「ヒプマイ」のロングスティックキーホルダー&アクセントマーカーが登場 さりげなくor全力で推し活できるスタイル
アクセントマーカーは描き起こしデザイン!(2018/12/10)

サンスター文具「文房具アイデアコンテスト」の受賞作品がナイスアイデア 本から飛び出ない付せん、チューブの反対側から出るのりなど
どれも使ってみたい作品ばかりです。(2018/6/3)

圧倒的じゃないか……全高27センチのシャア専用ザク型テープカッター
「プレミアムバンダイ」がシャア専用ザクの胸像をテープカッターにした「機動戦士ガンダム シャア専用ザクヘッド テープカッター」の予約受付を開始した。「デスクの上で圧倒的な存在感を放つ」という。(2018/5/25)

絶対売れちゃう → 全く売れません?! バンダイの“ゾンビ型消しゴム”担当者が語る「驚異の話題にならなさ」
2018年1月20日に発売された男児向け商品「ぶっさしーず」。担当者が自信満々で送り出すも苦戦中。(2018/3/10)

スマホスタンドにもなるペンケース「SmaPop」
サンスター文具は、スマートフォン用簡易スタンドとしても利用可能なペンケース「SmaPop」を発売する。(2017/11/30)

「ハンコはここへ」が一目で分かる 輪っかがついた「マルするふせん」が便利そう
手帳やカレンダーに使っても。(2017/10/29)

「スター・ウォーズ」のAT-ATがペン立てになったぞ〜! 全高27センチでデスクに襲来
スノースピーダーもついてくるよ。(2016/9/1)

宇宙世紀の始まりと終わりを告げる「ラプラスの箱」が商品化! オリジナル版ラプラス憲章が読めるうえにペン立てにもなっちゃう
ペン立ての始まりと終わりを告げる。(2015/8/23)

2016年も私を導いてくれ:
3倍速く予定が埋まるかも? プレミアムバンダイ、シャア専用&ザビ家御用達手帳の予約販売を開始
プレミアムバンダイが7月31日、シャア専用手帳とザビ家御用達手帳の予約販売を開始した。価格は各2970円(税込)。(2015/7/31)

どういう場面で使えばいいんだ 「餃子の王将」デコテープでギョーザ愛をアピールしまくろう
お腹すいたアピールも可能?(2015/3/9)

3倍のスピードでハンコが押せるかも?:
ネーム印スタンド「MS-06S シャア専用ザク」登場
サンビーは、「機動戦士ガンダム ネーム印スタンド」シリーズに「シャア専用ザク」を追加する。サンスター文具から1月21日に発売される予定だ。価格は1350円(税別)。(2015/1/19)

赤い表紙にザクII 「シャア専用手帳2015」発売
シャアの活躍シーンも盛り込んでいる。(2014/9/12)

「デスクで一年戦争勃発」 ガンダム&ザク型はんこスタンド登場
ガンダムとザクをモチーフにしたネーム印スタンドが登場。首の部分にネーム印を差し込んで使う。(2014/3/19)

赤いシャアペンとセイラ万年筆の再会セット 機動戦士ガンダム35周年、セーラー万年筆が製造
シャーペンと万年筆に魂を宿し、ここに再会!(2014/3/17)

本や雑誌も電子化すれば死蔵しない!:
したい、でもどうしたらいいか分からない――「はじめての“自炊”」、おすすめ裁断機とスキャナ
手元にある本や資料をデジタル化して持ち歩けるようにしたい、でも、どこから手をつけていいか分からない……。そんな自炊初心者が、何を用意すればいいかをご紹介しよう。(2013/10/18)

3分LifeHacking:
持ち運んで使える「携帯用はさみ」3製品を試す
胸ポケットに入れたり、ペンケースに入れたりして持ち運べるコンパクトなはさみ3製品を紹介しよう。(2011/2/22)

手帳2010:
“全部入り”文具王手帳にないもの、あるもの
文具王手帳は“全部入り”だと言ってはみたものの、実は入っていない要素もある。この有名人手帳には珍しい手帳を再度検証してみたい。(2010/7/22)

Biz.ID Weekly Top10:
「血液型占いは信じない」人に送る“できそこない時計”
タカラトミーの「クロックマン」は、針も文字盤もない置時計。A/B/O/AB型の4タイプを用意している。血液型別占いなんか信じない筆者も、コレはなかなか気に入った。(2009/9/15)

ギフト・ショー秋2009:
芯の太さは鉛筆――なのにシャープペンシルな「シャーピッツ」
「シャープペンの使いやすさと鉛筆の書き味がひとつになった」という触れ込みのペン「SharPits」(シャーピッツ)。鉛筆と同じく軸径が8ミリ、太さ2ミリの芯を使用しており、シャープペンと同じくノックして芯を繰り出す仕組みだ。(2009/9/8)

ギフト・ショー秋2009:
リングを回して“手にフィット” グリップの柔らかさを調節できるボールペン
サンスター文具の「TeniFit」は、グリップの柔らかさを自分で調節できるボールペンとシャープペン。「ふつう」「やわらか」「超やわらか」「モリモリ」の4段階から、好みの柔らかさを選んで使用できる。(2009/9/8)

ギフト・ショー秋2009:
挟んで使うか、カッター付きか――サンスター文具のアイデアハサミ2種
ギフト・ショー2009秋の会場で、不思議な形のハサミを見かけた。サンスター文具の「はさむハサミ」と「カッター付ハサミ」だ。(2009/9/8)

Biz.ID Weekly Top10:
「草枯れちゃん」が大好きだ
そのまんまなネーミング、特に事象に「くん」や「ちゃん」を付けたネーミングというのは、どんなにシリアスなことを言っていても、なんとなく人に親近感を覚えさせる力がある。(2009/8/18)

ISOT 2009:
日本文具大賞グランプリは「ニーモシネ」「キットパス」、ポメラおよばず
第18回 日本文具大賞のグランプリが発表。機能部門は日本理化学工業の固形マーカー「キットパスきっず12色」、デザイン部門はマルマンの「ニーモシネ ノートパッド ホルダー付A5」が受賞した。(2009/7/8)

3分LifeHacking:
本体全体がクリップのボールペンを使う
ノートや手帳に挟んで持ち歩ける、クリップの形をした新発想のボールペンを紹介しよう。(2009/6/29)

文具王の「B-Hacks!」:
出張ツールは“ユニット化”(後編)
出張の内容に合わせて持ち物をユニット化する方法の後編。これまで音響、映像、実演、スーツ、着替え、身支度――と各種ユニットを説明したが、最後に展示会や倉庫での作業に便利な3つのユニットを紹介する。(2009/5/21)

仕事耕具:
“芯がドバっと入る”「シンドバット」多機能ペンにスリムタイプ
サンスター文具は、ボールペンとシャープペンがセットになった多機能ペン「3WAYシンドバットエフェクト」を発売した。軸径10.2ミリのスリムタイプながら、8本の替え芯を入れられる。(2009/3/13)

バンダイナムコ、サンスター文具と資本・業務提携 「ぬりえ」のセイカは解散
バンダイナムコがサンスター文具との資本・業務提携を発表。バンダイ子会社で「セイカのぬりえ」で知られるセイカは、サンスター文具に統合する形で解散する。(2009/1/16)

仕事耕具:
裁断した情報が散らばらない あのシュレッダーハサミにクズ入れ付き
手軽に機密情報や個人情報を処理できるシュレッダーとして人気のハサミ型シュレッダーにクズ入れが付いたモデルが登場した。サンスター文具の「クズケース付シュレッダーはさみ」だ。(2008/10/15)

ギフト・ショー春2008:
“回す”文房具に注目してみる
「押してダメなら引いてみな」とはよくいうが、「引いてもダメ」ならどうしよう。発想を変えるには「回してみる」のもいいかもしれない――。ギフト・ショー春2008で見かけた、“回す”文房具をご紹介しよう。(2008/2/6)

文具王の「B-Hacks!」:
年賀状に使える“彫らない”消しゴムハンコ
年賀状もそろそろ最盛期。すでに出されている人も多いとは思うが、まだ作っていないという人にあえて筆者のネタをご紹介しよう。(2007/12/20)

Biz.ID Weekly Top10:
ライオンとサンスターと三菱と
「ライオン」「サンスター」「三菱」――。文具業界を眺めてみると、紛らわしい名前がいくつか出てくる。どうして紛らわしい名前がついたのか、ギョーカイの人に聞いてみた。(2007/12/7)

文具王の「B-Hacks!」:
充電池の「これ充電済みだっけ?」を解決する
モバイラーにとって電池は最大の悩みの1つ。常に電池残量の不安にさいなまれているものだ。筆者は、モバイル機器などのバッテリーは、フル充電してマスキングテープを貼っておく。(2007/10/25)

Biz.ID読者プレゼント:
創刊1周年記念! Firefox特大シールやGoogleルービックキューブをプレゼント
いつもご愛読いただいている読者の皆さまに感謝を込めて、Firefoxの特大シール(135×126センチ)やGoogleの各サービスが印刷されたルービックキューブなどのグッズをプレゼントします。はずれた方にもWチャンス。抽選で30名様にロディアの「Biz.IDオリジナルノート」が当たりますので、ふるってご応募ください。(2007/7/23)

仕事耕具:
コクヨ、スーツのポケットに収まるキャンパスダイアリー
コクヨS&Tは、手帳「キャンパスカバーダイアリー」シリーズに、スーツポケットに収まるサイズの製品を発売する。(2007/7/12)

ISOT 2007:
単色ボールペンだけじゃイヤ──ワガママかなえる多機能ペンいろいろ
1本でいろんな色や蛍光ペン、シャープペンが使えたら──という“ワガママ”をかなえるのが多機能ペンだ。もっといろいろな色を、ペン先を──そんな際限のないワガママを“かなえる”多機能ペンをISOT 2007で見つけた。(2007/7/6)

仕事耕具:
“とじる”をまとめた「マルチトジッパー」――サンスター文具
ステープラー、穴あけパンチ、クリップ――3つとも「とじる」ための道具なのだから「まとめちゃえ」という発想でできたのがサンスター文具の「マルチトジッパー」だ。(2007/6/27)

仕事耕具:
ギネス記録をスケジュール帳に――サンスター文具の2008年版手帳は中身がポイント
1週間に世界で最も多くテレビの生放送番組に出演したのは誰? 答えは、みのもんた――。サンスター文具の2008年版手帳は、ギネス記録のトリビアとスケジュール帳が“合体”するなど手帳の中身がポイントだ。(2007/6/26)

仕事耕具:
3WAYなのに15本芯が入る“世界初”――「3WAYシンドバット」
サンスター文具は、黒と赤のボールペンとシャープペンがセットになった「3WAYシンドバット」を発売。シャープペンの芯は15本入れておくことが可能で“世界初”の量だ。(2007/4/16)

週刊「仕事耕具」:
引越しや異動の荷物の梱包に――サンスター文具の“アイデアはさみ”
「ダンボールで手が擦れる」「書類の整理が進まない」――引越しや異動のシーズン、荷物の梱包や開封に困ったことはないだろうか。そんな時に便利に使えるサンスター文具のアイデア製品を紹介しよう。(2007/2/26)

ケータイだけじゃない――PANTONE文具で自分だけの“春色”文具を
ソフトバンクモバイルのPANTONEケータイで注目を集めた「PANTONE UNIVERSE」。実は、国内文具メーカーのサンスター文具でも多数製品を開発・製造しているのをご存知だろうか。(2007/2/22)

ギフト・ショー春2007:
シャープペンの「替え芯ケース」で字を書く!? 「シンドバット」シリーズ
シャープペンシルを持ち歩く場合、必須なのが替え芯のケースだ。それならば、替え芯ケースで字を書ければいいのではないか――こんな発想で生まれたシャープペンシルがある。(2007/2/13)

ギフト・ショー春2007:
「アイデア募集」から生まれた“十字型&ノック式”の消しゴム
十字型で細かい文字を消せる、ノック式の消しゴム――「CROSNO」は、サンスター文具のアイデア募集企画から生まれた。(2007/2/13)

3分LifeHacking:
書類の束に「背ラベル」を付ける
繰り返し使う資料の束は、いちいちファイリングするよりもクリップで挟んだだけのほうがとり回しがよい。そんな書類の束に手背ラベルを付けられれば、書類の山から見つけやすくできる。(2006/12/25)

週刊「仕事耕具」:
ダイソンのハンディクリーナーを使ってみた
ダイソンのハンディクリーナー「dyson 6 DC16」を使ってみた。充電時間が3時間以上必要だというわりに、連続使用時間が6分なのが気になるところ。ルートサイクロンテクノロジーによる吸引力にも注目だ。(2006/12/4)

週刊「仕事耕具」:
オフィス空間の安全と快適
コクヨに続き、岡村製作所でもICカードを使ったセキュアなオフィス空間の構築を進める。(2006/11/27)

PANTONE UNIVERSE 2007年版手帳が販売中
サンスター文具は、PANTONE UNIVERSEシリーズの2007年版手帳を全国の文具店で販売している。同シリーズは、米PANTONE社が開発した国際的に通用する色のリファレンスを使った文具。日本版の手帳はサンスター文具が生産している。(2006/10/6)

第62回東京インターナショナル・ギフト・ショー:
ビジネスパーソンの個人情報保護に――ハサミ型シュレッダー
個人情報保護が当然の今、シュレッダーの需要が高まっている。とはいえ、会社ではシュレッダーの置いてある場所が遠くて面倒だったり、いざ使おうと思ってもゴミが満杯だったりする――。(2006/9/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。