ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「高橋直大」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「高橋直大」に関する情報が集まったページです。

組み込み開発ニュース:
ソフト人材を求める製造業、競技プログラミングに熱視線
ソフトウェア人材の獲得競争が激化している。特に新卒人材の獲得は企業の将来競争力に直結することもあり、各社は工夫をこらした取り組みを進める。その中でも、競技プログラミングに活路を見出す製造業企業が増えている。(2019/1/22)

別サービスも休止?:
炎上の「Osushi」が返金処理 個人情報も削除
ウォンタが、“炎上”状態だった「Osushi」ユーザーへの返金処理と個人情報の削除が完了したと発表した。ただ、同社が運営していたQ&Aサービス「Wanta」も利用できない状況になっている。(2018/2/2)

超難問を72時間で解く――過酷なプログラミング大会「ICFP-PC」、その魅力は 優勝チームに聞く
チーム人数や計算環境に制限なし、ただし超難問を72時間で解く――そんな過酷なプログラミングの大会「ICFP-PC」。昨年を含む3度の優勝経験がある日本のチーム「Unagi」に、優勝の秘訣や大会の魅力を聞いた。(2017/1/27)

Meet Recruit:
ド素人だからこそ実現できる! エンジニアが本気で楽しめる場作りへの挑戦
リクルートが2014年11月に開催した『CODE FESTIVAL2014』では、競技プログラミング+フェスティバルという形態を用いて、エンジニアに場と機会を提供。大盛況のうちに終了した。今回はその仕掛け人の1人であるサブプロジェクトリーダーの秋田毅氏に狙いを聞いた。(2015/6/12)

求めているのは、楽しさと環境:
イマドキの“学生プログラマー”は何を考えているの?
東京・秋葉原で世界初という競技プログラミングの祭典「CODE FESTIVAL 2014」が開催された。今の「学生プログラマー」はどんなきっかけでプログラミングの世界に入り、何を目指しているのか。参加者の大学生たちに話を聞いてみた。(2014/11/26)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/10/21)

IT技術書・注目の新刊(2012年10月):
IT技術書新刊・近刊まとめ〜ぶくにゅ:一書知秋〜
自分研編集部が独断と偏見でまとめた、「IT技術書の新刊・近刊情報」をお伝えします。(2012/10/5)

日本発の「Topcoderトレーニング講座」は最強最速アルゴリズマーへの最短経路
アプリケーションプラネットは2月5日から、日本発となる「Topcoderトレーニング講座」を開設する。講師は「最強最速アルゴリズマー養成講座」の著者としても知られる高橋直大氏。これにより、優秀なアルゴリズマーたちが活躍できる場が日本でも生まれるかもしれない。(2011/1/22)

コーダーの聖地「TopCoder Open」で日本人が2部門制覇
特に優れた者だけが参加を許されるコーダーの聖地「TopCoder Open」のMarathon部門Algorithm部門を日本人が制した。(2010/10/19)

最強最速アルゴリズマー養成講座:
そのアルゴリズム、貪欲につき――貪欲法のススメ
アルゴリズムの世界において、欲張りであることはときに有利に働くことがあります。今回は、貪欲法と呼ばれるアルゴリズムを紹介しながら、ハードな問題に挑戦してみましょう。このアルゴリズムが使えるかどうかの見極めができるようになれば、あなたの論理的思考力はかなりのレベルなのです。(2010/9/4)

最強最速アルゴリズマー養成講座:
病みつきになる「動的計画法」、その深淵に迫る
数回にわたって動的計画法・メモ化再帰について解説してきましたが、今回は実践編として、ナップサック問題への挑戦を足がかりに、その長所と短所の紹介、理解度チェックシートなどを用意しました。特に、動的計画法について深く掘り下げ、皆さんを動的計画法マスターの道にご案内します。(2010/5/15)

ライバルに学べ! 学生スターエンジニアに聞く(6):
塚田朗弘「第一志望はいくらでもある」「勉強会に行け」
高い技術力を持って活躍する「学生スターエンジニア」たち。彼らはどのように生まれ育ち、どんなことを考えているのか。同年代のスターへのインタビューから、自分の就職活動のヒントを得よう。(2010/3/31)

Imagine Cup 2010 Report:
筑駒パ研、いよいよ世界に――センスが光るソフトウェアデザインを披露
7月にポーランドで開催されるImagine Cup 2010。Microsoftが主催する学生向けのグローバルITコンペティションとして知られる同大会のソフトウェアデザイン部門日本代表が決定した。若き才能が集うことで知られる「筑駒パ研」のチームは、予想を超えるハイレベルなソリューションを手に世界に挑む。(2010/3/11)

最強最速アルゴリズマー養成講座:
アルゴリズマーの登竜門、「動的計画法・メモ化再帰」はこんなに簡単だった
動的計画法・メモ化再帰というと難しいアルゴリズムであるかのように聞こえますが、実際には小学生でも分かるほど簡単なアルゴリズムです。使用できるメモリと実行時間を意識しながら、同じ計算をする無駄を省くことができれば、かなりの実力者となれます。(2010/3/6)

最強最速アルゴリズマー養成講座:
トップクラスだけが知る「このアルゴリズムがすごい」――「探索」基礎最速マスター
プログラミングにおける重要な概念である「探索」を最速でマスターするために、今回は少し応用となる探索手法などを紹介しながら、その実践力を育成します。問題をグラフとして表現し、効率よく探索する方法をぜひ日常に生かしてみましょう。(2010/2/6)

最強最速アルゴリズマー養成講座:
知れば天国、知らねば地獄――「探索」虎の巻
いよいよ今回から、具体的なアルゴリズムの紹介に入っていきます。今回は、プログラミングにおける重要な概念である「探索」について考えます。グラフに変換し、探索する、という流れを知るとともに、そのグラフを効率よく探索する方法について紹介します。(2010/1/16)

ライバルに学べ! 学生スターエンジニアに聞く(5):
「データベースで生計を」――未踏ユース 郷原浩之
高い技術力を持って活躍する「学生スターエンジニア」たち。彼らはどのように生まれ育ち、どんなことを考えているのか。同年代のスターへのインタビューから、自分の就職活動のヒントを得よう。(2009/12/25)

最強最速アルゴリズマー養成講座:
細かすぎて伝わりにくいTopCoderのコーディングスキル向上マジック
競技プログラミングはレベルの高い人たちの集まり――そんな考えを持っている初心者の方、TopCoderはあなたのコーディングスキルを爆発的に高める魔法のような場です。今回は、初心者にこそお勧めしたいTopCoderの魅力について考えます。(2009/12/5)

ライバルに学べ! 学生スターエンジニアに聞く(4):
競技大好き、世界3位のアルゴリズマー「高橋直大」
高い技術力を持って活躍する「学生スターエンジニア」たち。彼らはどのように生まれ育ち、どんなことを考えているのか。同年代のスターへのインタビューから、自分の就職活動のヒントを得よう。(2009/11/17)

高専プロコンリポート:
「最強最速」を見せつけた浪速の高専生
高専生にとっての大イベント、「高専プロコン」の季節がまたやってきた。競技部門では、大人をもうならせる良問に、優れたアルゴリズムを携えてしのぎを削る学生たちの姿があった。(2009/10/20)

最強最速アルゴリズマー養成講座:
「1000のアルゴリズムを持つ男」vs.「やわらか頭脳」
典型的なアルゴリズムをたくさん知っている人間が最強か――? いいえ、典型的なアルゴリズムを知らなくても、違ったアプローチで答えに迫る方法はいくらでも存在します。短い実行時間で正確な答えを導き出せるかを考える習慣をつけましょう。(2009/10/10)

最強最速アルゴリズマー養成講座:
オーダーを極める思考法
プログラムの実行に掛かる時間を把握しておくのは、プログラミングを行う上で基本的な注意点です。今回は、計算量のオーダーについて学びながら、TopCoderのMedium問題を考えてみましょう。(2009/8/22)

最強最速アルゴリズマー養成講座:
あなたの論理的思考とコーディング力は3倍高められる
全世界で20万人を超える凄腕のコーダーが集うプログラミングコンテスト「TopCoder」。本稿では、アルゴリズム部門のSRMで取り上げられる問題を考えながら、論理的思考力およびコーディングのテクニックを養っていきます。(2009/8/1)

アルゴリズムと戯れる元野球少年が手に入れた宝物
Imagine Cup 2008のアルゴリズム部門で世界第3位となった高橋直大氏。彼の軌跡を眺めてみると、わたしたちが忘れてしまったことにすら気づかない何かを思い出させてくれるような気持ちになる。(2008/8/2)

Imagine Cup 2008 Report:
はるかなる夢、あるいは未来への勝利
Imagine Cup 2008は盛況のうちにその幕を下ろした。日本から参加した学生たちの胸に去来するものは、夢を見続ける楽しさだった。ここでは、Imagine Cup 2008、および日本代表の人物像に迫ってみたい。(2008/7/14)

Imagine Cup 2008 Report:
高橋直大、Imagine Cupアルゴリズム部門で世界の三強に
Imagine Cupアルゴリズム部門のファイナリストとして24時間を戦い抜いた高橋直大氏が先ほど世界第3位に入賞したことが明らかになった。フランスの地でアルゴリズムの未来を本当に切り開いてしまった。(2008/7/8)

Imagine Cup 2008 Report:
フランスの地でアルゴリズムの未来を切り開く男 高橋直大
Microsoftが主催する学生向けの技術コンテスト「Imagine Cup」。そのアルゴリズム部門で世界の頂点に挑むのは、プログラミング歴が2年にも満たない一人の数学好きだった。(2008/7/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。