ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Tegra Note 7」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Tegra Note 7」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

週末アキバ特価リポート:
アキバ土産といえばメモリ、しかもハイパー上級者向け
遊び心で作られたBUY MORE秋葉原本店のDDR3-1066メモリキーホルダーと、一部で定番化しているパソコンショップ・アークのメモリ自作キット。夏休みのアキバ土産としてメモリに注目しよう。(2014/7/26)

2014年タブレット春モデル:
Tegra 4+高音質スピーカー+スタイラス搭載の7型Androidタブレット――「HP Slate7 Extreme」
日本HPは7型Androidタブレット「HP Slate7 Extreme」を1月下旬に発売する。Tegra 4、高音質スピーカー、高機能なカメラ、本体に収納できるスタイラスが特徴だ。(2014/1/10)

2014 International CES:
NVIDIA、“Kepler”コアを実装する「Tegra K1」の実力を誇示
NVIDIAが発表した最新のモバイルプロセッサの性能について、CEOのジェンスン・ファン氏は、Xbox 360やPlayStation 3、そして、A7との相対比較で力説する。(2014/1/7)

PC USER 週間ベスト10:
8型タブレットに超小型マシン、Windows PCの存在感が増してきた?(2013年12月2日〜12月8日)
今回のアクセスランキングは、8型Windowsタブレット、Haswell世代の超小型PC、Surface Pro 2、iPad Air/mini Retina、Tegra Note 7など、注目製品がトップ10をにぎわせました。(2013/12/9)

石野純也のMobile Eye(11月25日〜12月6日):
「BIGLOBE LTE・3G」「楽天でんわ」「Tegra Note 7」で活気づく“格安”トレンド
今回は“格安”に関連する発表が続いた。月1Gバイトまで、LTEをフルスピードで利用できる「BIGLOBE LTE・3G」の「エントリープラン」、番号そのまま、30秒10.5円で通話ができる「楽天でんわ」、そして2万5800円前後という安価で購入できる「ZOTAC Tegra Note 7」を取り上げよう。(2013/12/6)

“お絵描きタブレット”になる?:
動画で見る「Tegra Note 7」実機体験会
NVIDIAが7型Androidタブレット端末「Tegra Note 7」を正式発表。最新Tegra 4の性能に加え、繊細なタッチの描画を実現する「DirectStylus」テクノロジーが見どころだ。体験会の様子を動画でチェック。(2013/12/2)

NVIDIAのTegra 4搭載7型タブレット「Tegra Note 7」がZOTACから
NVIDIAは、Tegra 4を採用した7型ディスプレイ搭載タブレット「Tegra Note 7」を正式に発表した。日本市場ではZOTACが12月4日から販売を開始する。(2013/12/2)

TegraはSnapdragonを超えたのか?:
「Tegra Note 7」で“Tegra 4タブ”のリファレンス性能を確認する
Nexus 7で採用されたTegra 3。だが、Nexus 7 新モデルではSnapdragon 800シリーズにその座を奪われてしまう。Tegra 4の実力は7型タブでもライバルを超えるのだろうか?(2013/12/2)

NVIDIA、“Tegra 4”採用のタブレット端末プラットフォーム「Tegra Note」を発表
NVIDIAは、同社ブログにてタブレット端末プラットフォーム「Tegra Note」の発表を行なった。(2013/9/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。