ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「タイムインターメディア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タイムインターメディア」に関する情報が集まったページです。

クラウド最前線:
全業務システムをAzureで刷新――“フルクラウド”で改革に挑む国士舘大
国士舘大学は、全業務システムをWindows Azure Platformを使って刷新。また、クラウドを活用した学生向けサービスなども提供するという。プロジェクトを主導した同大学附属図書館の植田事務部長に、取り組みの背景と今後について聞く。(2012/1/27)

クレディスト、Kabayakiを用いた企業向けドキュメント共有ソリューションを発表
クレディストは、企業向けドキュメント共有ソリューション「メールdeシェア with Kabayaki」を発表した。(2009/7/7)

NEWS
タイムインターメディアのCMS「幕の内」、動画作成/配信ASPサービスと連携
メディア4uの「FLVメーカーカスタム」との連携により、Webサイトでのフラッシュ動画配信を手軽に実現(2007/10/3)

高性能「ナンプレ」自動生成プログラムがオープンソースに
「数独」で知られる人気パズル「ナンプレ」の良質な問題を高速に生成できるプログラムがオープンソースとして公開された。(2007/8/27)

「ナンプレ」パズルの良問を自動・大量生成する新システム
人気パズル「ナンプレ」の良問を自動的に大量生成できるシステムをタイムインターメディアが開発した。粗製濫造プログラムがはき出す悪問のはんらんに業を煮やしたパズル愛好家のプログラマーが「では自分で作る」と取り組んだ。(2006/9/6)

企業責任としてのフィッシング対策:
リニューアルの隙を突かれて不正侵入――タイムインターメディアの場合
不正アクセスを受け、自社Webサーバにフィッシングコンテンツを埋め込まれてしまったタイムインターメディア。同社常務取締役の藤原氏が一連の経緯を振り返る。(2006/3/28)

ビジネス視点から普及を図る「日本MySQLパートナー会」が設立
NECシステムテクノロジーなど5社は、日本市場でMySQLをはじめとするOSSの普及を目的に「日本MySQLパートナー会」を設立した。(2005/4/18)

MySQLを国内向け本格展開 タイムインターメディア
(2004/6/2)

Tomcatを使う「JSPプログラミング」(11):
データベースを活用したアプリケーション
(2001/11/9)

Tomcatを使う「JSPプログラミング」(10):
データベースと連携する
(2001/11/2)

Tomcatを使う「JSPプログラミング」(9):
JSPから別のファイルにアクセスする
(2001/10/13)

Tomcatを使う「JSPプログラミング」(8):
JSPプログラムでクッキーを扱う
(2001/9/19)

Tomcatを使う「JSPプログラミング」(7):
JSPでセッションを扱うための基礎知識
(2001/8/29)

Tomcatを使う「JSPプログラミング」(6):
クラスやBeanの作成とJSPとの連携
(2001/8/8)

Tomcatを使う「JSPプログラミング」(5):
インクルードによるコードの再利用で効率化をはかる
(2001/7/31)

Tomcatを使う「JSPプログラミング」(4):
Webプログラミングの前提知識をおさえる
(2001/7/10)

Tomcatを使う「JSPプログラミング」(3):
JSPプログラミングの基本を覚える
(2001/6/14)

Tomcatを使う「JSPプログラミング」(2):
JSPの実行環境を整える
(2001/5/30)

Tomcatを使う「JSPプログラミング」(1):
JSPの特徴を理解する
(2001/5/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。