ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「タイメックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タイメックス」に関する情報が集まったページです。

“ゼロハリ”竹村教授のつれづれスマートウォッチ(後編):
Apple Watchアプリは「読ませたら負け」
膨大なデジタルガジェットを衝動買いしてきたゼロハリ教授は、Apple Watchをはじめとする現代のスマートウォッチには余計な目的と期待が多すぎるという。(2015/7/10)

“ゼロハリ”竹村教授のつれづれスマートウォッチ(前編):
Apple Watchにできることは31年前の腕コンと変わらない
膨大なデジタルガジェットを衝動買いしてきたゼロハリ教授が考える、Apple Watchをはじめとする現代のスマートウォッチに“必要なもの”とは。(2015/7/9)

オピニオン:
「Apple Watch」は好調でも、“キラーアプリ”不在のスマートウオッチ
スマートフォンという新しい製品カテゴリを生み出したApple。「Apple Watch」でも、同様にスマートウオッチというカテゴリを定義できるのだろうか。スマートウオッチならではの“キラーアプリ”を作り出せるかどうかが、鍵になるだろう。(2015/6/11)

1940年代の腕時計のテイストを持つ「TXクラシックコレクション」
DKSHジャパンは、クラシックフォルムを持つTXの腕時計3種11モデルを発売した。価格は5万2500円〜7万1400円。(2010/11/11)

ブルーとブラウン、モノクロームなクロノグラフ
DKSHジャパンは、腕時計「TX600 パイロットフライバッククロノグラフ モノクロマティック」を10月に発売する。価格は6万1950円。(2010/10/18)

菅野たけしのウォッチWatch:
百花繚乱の時計サイズ、日本人の腕に似合うのは?
時計を選ぶとき、サイズで悩んでいる人も多いはず。トレンドではビッグサイズが主流だが、日本人の体格では40ミリ前後が収まりがいいと思う。(2010/9/30)

新「アイアンマン」は文字盤を叩いて操作する――TIMEX
DKSHジャパンは、TIMEXの腕時計「アイアンマン スリーク 150ラップ タップスクリーン」を7月下旬に発売する。価格は1万5750円。(2010/7/13)

初代アイアンマンのデザインを受け継ぐ「ショックレジスタント 30ラップ」――TIMEX
DKSHジャパンは、TIMEXの腕時計「アイアンマン ショックレジスタント 30ラップ」を7月に発売する。価格は1万3650円。(2010/7/7)

菅野たけしのウォッチWatch:
白金時計で勝負!〜ホワイト&ゴールドで夏を制す〜
今年の夏休みは、高原の避暑地、国内のビーチ、それとも海外のリゾート? どこに誰と行くかを決めたら、どんなスタイルで過ごすかをじっくり考えたいもの。夏のリゾートにふさわしいオシャレなウオッチをウオッチング。(2010/6/25)

菅野たけしのウォッチWatch:
彼女のタイプ別に見た、クリスマスに贈りたい時計
クリスマスシーズンが近づいてきたが、「まだ彼女へのプレゼントを購入していない」という人も多いのでは。そこで今年のクリスマスは、同じ時間を共有できる時計はいかがだろう。彼女のタイプ別に、オススメの時計を紹介する。(2009/12/16)

TIMEXから、日本上陸40周年を記念した限定スペシャルモデル
2009年、日本に上陸して40周年を迎えるTIMEX。これを記念して日本限定のスペシャルモデルを発売する。第1弾は、くっきりストライプのストラップが印象的なカジュアルモデルだ。(2009/6/18)

菅野たけしのウォッチWatch:
あの人と同じ時計を使ってみたい!――オバマ大統領 & チェ・ゲバラ編
時計好きの習性の1つが、他人の腕時計チェックだ。見知らぬ隣人でも気になるのだから、有名人がどんな腕時計をしているかはさらに気になる。今回大物政治家の腕時計をチェックしてみたところ、その結果は意外に……。(2009/6/9)

アスリート向け高機能腕時計、TIMEX「アイアンマン」シリーズに次世代モデル
TIMEXから「アイアンマン トライアスロン デジタル ハートレートモニター 50ラップ」が登場。アスリートやスポーツを楽しむユーザーにお勧めの高機能時計だ。(2009/5/28)

「タイメックス Tシリーズ シティスポーツ」にキャンバスストラップモデル
タイメックスのクロノグラフ「タイメックス Tシリーズ シティスポーツ」に、カラフルなキャンバスストラップを採用したモデルが登場する。(2009/4/13)

+D Style News:
天候予想もできる本格アウトドア腕時計「エクスペディション WS4」
タイメックスからアウトドアウォッチ「エクスペディション WS4」が登場。高度、気圧、温度、方位の計測に加え、天候予想機能も付いた本格派だ。(2009/3/6)

+D Style News:
初代「ミッキーマウス ウォッチ」が復刻
タイメックスとビームスのコラボレーションにより、1933年に登場した“ミッキーマウス ウォッチ”の復刻モデル「ミッキーマウス ウォッチ BEAMS×TIMEX」が誕生。(2009/2/10)

突如現れたピンクの集団――美脚ランナー、銀座を走る
TIMEXランニングクラブ「美脚ランナーコース」の特別授業が開催され、銀座周辺をピンクのウエアを身につけた集団が駆け抜けた。(2008/11/7)

+D Style News:
タイメックス、赤がアクセントの新作クロノグラフ
タイメックスから、プッシュボタンなどにレッドがアクセントとして配された、スポーティーな腕時計「SLシリーズ クロノグラフ」がラインアップ。(2008/10/29)

+D Style News:
時間を直線で示すウォッチ――「TX800 リニアクロノグラフ」発表会
タイメックス「TX」ブランドから、針が垂直運動するという珍しい機構を備えた新作ウォッチ「TX800 リニアクロノグラフ」が登場する。(2008/10/25)

+D Style News:
針がリニアに垂直移動――新感覚ウォッチ「TX800 リニアクロノグラフ」
クロノグラフ針が垂直に移動する“リニア時間表示”を採用した腕時計「TX800 リニアクロノグラフ」が、タイメックス「TX」ブランドから登場。(2008/9/19)

ホノルルマラソンへの道:
初めての皇居ラン――“タイメックス”ランニングクラブに潜入
時計メーカー「タイメックス」がランニングクラブを発足した。ランニング初心者が、上級者の集うタイムアタックチャレンジコースに参加することに!? その模様を動画でお伝えします。(2008/7/4)

+D Style News:
タイメックス「TX」に、ディープ&ラグジュアリーな新カラー
“テクノラグジュアリー”がキーワードの腕時計ブランド「TX」に、新カラーバリエーションが8モデル登場する。(2008/6/20)

+D Style News:
タイメックス、日本限定販売の新作ウォッチ
タイメックスから日本限定販売の腕時計が登場。クールな“黒”をテーマにしたウォッチシリーズに加え、ファイテンとコラボしたスポーツウォッチも販売される。(2008/6/11)

+D Style News:
TIMEX、200メートル防水のスポーティーなダイバーズウォッチ
TIMEXからダイバーズウォッチ「エクスペディション ダイブ スタイル」が登場した。200メートル防水機能を備え、スポーティーなデザインを採用。文字盤のカラーも多彩に用意した。(2008/5/2)

+D Style News:
TIMEX、モダンテイストなクロノグラフ「Tシリーズ シティスポーツ」
イタリア人デザイナーのジョルジオ・ガリ氏が手がけたTIMEXのクロノグラフ「Tシリーズ シティスポーツ」は、1950年代のパイロットウォッチの雰囲気を取り入れた、シンプルでモダンなデザインが魅力。(2008/2/26)

+D Style News:
TIMEX×クラブシーン×ストカジのクールウォッチ登場
TIMEXと音楽配信サイト「ANTENNASOUNDS.COM」のコラボで誕生した「ブラックコレクション」の第2弾が登場。若者から人気を集めるブランド「PLAYFORD」がデザインを担当したトリプルネームモデル。(2008/2/25)

+D Style News:
TIMEXの多機能ウォッチ「TX300」にホワイト&ゴールドの限定モデル
レトログラード機構やワールドタイム機能を備えるTIMEXの腕時計「TX300」にホワイト&ゴールドのコンビカラーモデルが登場。(2007/12/21)

+D Style News:
タイメックス「TX500 ワールドタイム」に“重厚”ブラックモデル
2007年3月に上陸したタイメックス「TX」ブランドの新製品「TX500 ワールドタイム ブラックモデル」が登場。12月上旬から店舗限定の先行販売が始まる。(2007/11/30)

iPodをワイヤレス操作できるタイメックス、上陸
iPodをワイヤレスで操作できるスポーツタイプの腕時計「Timex Ironman iControl」が日本上陸。(2007/8/21)

+D Style News:
“テクノラグジュアリー”な腕時計――TIMEX新ブランド「TX」が日本上陸
世界最大の腕時計の祭典「バーセル・ワールド2006」で発表された、タイメックスの新ブランド「TX(ティーエックス)」。いよいよ日本でも3月より発売開始となる。3月15日東京・六本木ヒルズで行われた発売記念パーティで、TXが初披露された。(2007/3/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。