ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「テイ・トウワ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

TOWA TEI

「温泉メリーゴーラウンド」、本当にやるのか……別府市の「湯〜園地」に3000万円以上の出資集まる
目標達成により、8つの企画が実現することに。(2017/4/10)

別府市「湯〜園地」開園へ 調達額が1000万円突破 「温泉スライダー」「架け橋かけ湯」など設営決定
大分県別府市が“遊べる温泉施設”「湯〜園地」の実現に向け、クラウドファンディングで集めていた資金が目標額1000万円を突破。(2017/3/2)

小山田圭吾ら参加のMETAFIVEアルバム収録曲「Luv U Tokio」MVが公開中 映像も音も超かっけー!
小山田圭吾さん、テイ・トウワさんなど凄まじく豪華な面々が集結。(2016/1/7)

「ジャケット」で決める:
「ミュージック・ジャケット大賞 2015」の第一次審査通過50作品決定――二次審査も開始
Music Jacket Promotion Committee主催の「ミュージック・ジャケット大賞 2015」第一次審査を通過した50作品が決定。それに伴い3月10日に、Webと特設会場で二次審査のための投票受付を開始した。(2015/3/10)

サンリオピューロランド初のオールナイトパーティー開催 ハロウィーン仮装、キティの誕生日カウントダウンも
サンリオピューロランドで夜通し楽しめちゃうハロウィーン音楽パーティー。ドレスコードはピンク限定!(2014/9/12)

レコード会社の代わりに楽曲を宣伝します――ユードー南雲氏に聞く「SPOT MUSIC」の狙い
ユードーが提供している「SPOT MUSIC」は、ミュージシャンが宣伝した楽曲をリスナーが聴いて“応援”をすることで、ポイントがもらえるという新しいタイプの音楽サービス。新しい音楽ビジネスの創出を狙う南雲氏に、開発の背景を聞いた。(2013/8/9)

コミュニティー運営の要諦:
音楽を介して出会いやビジネスが生まれてほしい、これこそがクラブカルチャー!
オフラインでSNSのような場を作りたい――Webマガジンやラジオ番組、DJイベントなどを主催するカネコヒデシさんは、楽しい“場”を演出するコミュニティーリーダーだ。(2012/2/28)

「Audi A1」発売記念イベント 「m-flo」VERBALさんがゲスト出演
アウディジャパンが新型コンパクトカー「Audi A1」の発売記念イベントをライブ配信する。走行体験会が開かれるほか、「m-flo」のVERBALさんとDJのTOWA TEIさんがゲスト出演する。配信は1月11日19時0分〜1月11日23時0分。(2011/1/11)

パンツの未来を明るく照らす?「パンパク2010」
「デザインタイドトーキョー 2010」。そのエクステンションの1つとして今年初参加の「GUNZE BODY WILD」が、原宿のフラッグシップショップを舞台に、国内外のアーティストたちとのコラボレーションを展開するパンツの万国博覧会を開催する。(2010/11/3)

from floor予告編:
渋谷発、Ustream経由、ご家庭行き――トーク&DJストリーミングライブ「DOMMUNE」を見よ
最近、何かと話題の「DOMMUNE」。よく知らない、まだ見たことがない、という人向けに、その魅力をご紹介します。(2010/10/4)

中田ヤスタカ氏の楽曲に“あなたの言葉”を――「iida calling 2」開始
iidaのユーザー参加型キャンペーン「iida calling 2」が9月18日から2010年1月31日まで実施される。中田ヤスタカ氏が手がける音源に、入力したテキストを組み合わせてオリジナル楽曲を作成できる。(2009/9/9)

ふぉーんなハナシ:
TOWA TEIの音楽はauの勝負曲?
auが大勝負に打って出るとき、CMにはなぜかTOWA TEIの曲が……。(2009/5/7)

TOWA TEI、feat.「あなた」――iida Calling、24日スタート
iidaブランドの特設サイトで展開するユーザー参加型キャンペーン「iida Calling」に、DJのTOWA TEI氏が登場する。(2009/4/23)

「N705i」ロードテスト第1回:
ハイスペックな“amadanaケータイ”「N705i」の実力をチェック
NTTドコモの春商戦向けモデルの中でも特に高い注目を集めている「N705i」。本コーナーでは短期集中のロードテストとして、N705iの機能をレビューしていく。(2008/2/15)

“amadanaケータイ”「N705i」発売──バリュー一括4万2630円/分割は月1645円から
リアル・フリートのデザイン家電ブランド“amadana”とコラボレートしたNEC端末「N705i」の販売が始まった。量販店で新規契約した場合の店頭価格は、バリューコースで支払総額4万2630円となっている。(2008/2/1)

「N705i amadana便」就航パーティー、表参道のカフェ「MONTOAK」で開催
NECとリアル・フリートは、“amadanaケータイ”「N705i」の発売と、スタイフライヤーとのタイアップキャンペーン開始を記念するパーティーを、東京・表参道のカフェ「MONTOAK」で開催した。(2008/1/31)

705i全13機種に触れられる無料パーティーも──ドコモが705i発売記念キャンペーン
NTTドコモとBALS TOKYO、mod's hariは2月1日から、705iシリーズの発売に合わせたプロモーションキャンペーンとして、店頭での展示や体感ブースを展開する。また1月31日にはTOWA TEI氏、TGB design.らが参加するオープニングパーティーを開催する。(2008/1/25)

ドコモの「P705i」「D705i」「D705iμ」「N705i」、1月25日から順次発売
ドコモの春モデル4機種が、1月25日から順次店頭に並ぶ。発売日は「P705i」が1月25日、「D705i」と「D705iμ」が1月30日、amadanaケータイ「N705i」が2月1日。(2008/1/22)

写真で解説する“amadanaケータイ”「N705i」(ソフトウェア編)
「amadana」が手がけたデザインが魅力の「N705i」。デザイン性もさることながら、ワンセグの搭載やフォントの改善、タブ表示可能なiモードブラウザとクィック検索機能の採用など、ソフト面もハイエンドモデル並みに進化している。(2008/1/12)

写真で見る“amadanaケータイ”「N705i」
「N705i」は、リアル・フリートが展開するデザイン家電ブランドとNECがコラボレーションした“amadanaケータイ”。うち1色は、限定モデルとして5000台をシリアルナンバー入りで販売する。(2007/11/2)

“amadana”コラボのスタイリッシュハイスピード端末――「N705i」
「N705i」は、リアル・フリートが展開するデザイン家電ブランドとコラボレーションした“amadanaケータイ”。amadanaのサイトのみで購入できるオリジナルカラーバージョンも限定で販売する。(2007/11/1)

「おやすみなさい、柏崎刈羽原発」 坂本龍一さんら、廃炉求めネット署名運動
坂本龍一さんの任意団体「Artists'Power」が、柏崎刈羽原発の廃炉を求めるネット署名運動を始めた。(2007/9/7)

恋のダウンロードならぬ“アップロード”!?──KDDIが着うたフルプレゼント
auのLISMOキャンペーンソングとしてヒットしている「恋のダウンロード」。このタイトルに引っかけたかのようなナンバー、「恋のアップロード」が登場、auが着うたフルをプレゼントしている。(2006/4/24)

長期ロードテスト「D901iS」 No.2:
“キュイ〜ン”音はどうなった?
ロードテスト開始初日、読者のみなさんから予想を超える数の質問が寄せられました。その中のいくつかについて、調べてみました。(2005/6/14)

長期ロードテスト「D901iS」 No.1:
「D901iS」、購入初日にちょっとアレな曲を着うたに
今日から私、後藤が「D901iS」と過ごす毎日をレポートします。購入初日に、ちょっとアレな着うたを設定してみました。(2005/6/13)

オリンパスイメージング、m:robe購入者限定キャンペーン開催
オリンパスイメージングは、HDDプレーヤー「m:robe」購入者を対象としたキャンペーンを発表した。期間は2月1日から3月21日まで。(2005/1/25)

オリンパス、大型液晶とデジカメも備えたHDDプレーヤー
オリンパスイメージングは、HDD搭載ミュージックプレーヤー「m:robe」シリーズ2製品を発表した。上位機種のMR-500iは“音楽と写真を自由に融合させて楽しむ”ことを提案する製品だ。(2004/10/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。