ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「タワー型サーバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

抽選でQUOカードPayが当たる:
PR:「工場内のタワー型サーバの利用状況」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(5000円分)をプレゼント。(2024/2/22)

AI、エッジ向け、中小オフィス向けのラインアップも HPEの新サーバ
日本ヒューレット・パッカードはHPE ProLiant Gen11サーバー6機種の出荷を開始した。これらは第5世代インテルXeonスケーラブルプロセッサーを搭載し、パフォーマンス21%向上、メモリー速度とキャッシュ容量を大幅に強化している。(2024/2/14)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
3次元光学解析ソフト「Ansys Speos」を生かす、ワークステーションの実力を検証
自動車業界で広く採用される3次元光学解析ソフトウェア「Ansys Speos」だが、その計算速度はワークステーションの性能に左右される。そこで、あるタワー型ワークステーション上でベンチマークテストを実施した。その結果とは?(2023/3/19)

Windows Server 2012サポート終了への対応は万全?
「タワー型サーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/9/11)

Windows Server 2012サポート終了への対応は万全?
「タワー型サーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にPayPayギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/7/11)

Windows Server 2012サポート終了への対応は万全?
「タワー型サーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2023/5/16)

PowerEdgeユーザーのレビューからひもとく:
PR:タワーサーバ選びは既存利用者の“声”を決め手に。利用ユーザーが高評価するポイントとは?
2023年5月現在、「ITreview」に掲載されたPowerEdgeタワーサーバには、76件ものレビューが寄せられている。このレビュー件数は、他ブランドのタワー型サーバの2倍以上の件数。PowerEdgeタワーサーバのユーザーには、利用者としての感想を語りたい、魅力ポイントを伝えたいユーザーが多い。では、レビューが語るPowerEdgeタワーサーバの魅力ポイントとは? PowerEdgeタワーサーバを選定したポイントとは? 投稿された実際のレビューからひもといてみたい。(2023/3/30)

Windows Server 2012サポート終了への対応は万全?
「タワー型サーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2023/2/15)

転ばぬ先の「UPS」選び(第3回):
自分の環境にピッタリなUPSを選ぶ――重要なのは「供給電力」と「運転時間」 お勧めモデルも確認しよう!
PCやサーバ/NASを不意の停電から守ってくれる「UPS(無停電電源装置)」。過去2回の記事では、UPSを選ぶ上で必要な知識を解説してきたが、今回はその“まとめ”として、SOHO環境を想定して具体的にUPSを選んでいく。(2022/11/10)

PR:AIの動作環境、「サーバ」採用が約30% 調査で見えた、GPUサーバが役立つ訳 導入・更改時の懸念を払うには?
(2022/10/25)

PR:AIの動作環境、「サーバ」採用が約30% 調査で見えた、GPUサーバが役立つ訳 導入・更改時の懸念を払うには?
(2022/9/14)

半導体不足の市場環境の中でのニーズは?
「タワー型サーバの納期」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(1万円分)をプレゼント。(2022/5/2)

CAE解析にはサーバ? ワークステーション?
CAE解析用途のサーバ利用実態調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名にAmazonギフト券(10万円分)をプレゼント。(2022/4/1)

なぜ今タワー型サーバなのか:
PR:テレワーク全盛時代でも衰えないタワー型サーバの価値 その理由は?
テレワークが国内ビジネスに定着する現在でも、オフィスに設置するタワー型サーバの価値はいまだに衰えていないという。なぜ今タワー型サーバなのか。今回は、その理由を探るとともに、ユーザーの満足度が高いタワー型サーバはどの製品なのかを、IT製品・サービスのレビューサイト「ITreview」へ実際に寄せられたレビューからひもといてみたい。(2022/3/14)

半導体不足の市場環境の中でのニーズは?
「タワー型サーバの納期」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(1万円分)をプレゼント。(2022/2/18)

CAE解析にはサーバ? ワークステーション?
CAE解析用途のサーバ利用実態調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名にAmazonギフト券(10万円分)をプレゼント。(2022/2/14)

CAE解析にはサーバ? ワークステーション?
CAE解析用途のサーバ利用実態調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(1万円分)をプレゼント。(2022/2/1)

山市良のうぃんどうず日記(220):
こんにちは新サーバ、いろいろ詰め込み過ぎてゴメーン
前回は、筆者の古い古いテスト/評価用サーバ(Hyper-V用)の電源回りがとうとう、いかれてしまったという話をしました。そして、新しいサーバにリプレースするための準備まで行いました。新しいサーバが到着したので、早速セットアップし、ディスクやデータを移行しました。(2021/12/1)

テレワーク全盛時代になぜタワー型サーバ?
「今どきのタワー型サーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にNintendo Switch Lite(1台)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/10/1)

テレワーク全盛時代になぜタワー型サーバ?
「今どきのタワー型サーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にNintendo Switch Lite(1台)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/9/14)

テレワーク全盛時代になぜタワー型サーバ?
「今どきのタワー型サーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にNintendo Switch Lite(1台)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/9/14)

テレワーク全盛時代になぜタワー型サーバ?
「今どきのタワー型サーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にNintendo Switch Lite(1台)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/6/9)

ボンズ、IT基盤を刷新 アニメーション制作のデータ処理効率を30%アップ
ボンズは、アニメーション制作の現場を支えるワークステーションやサーバを刷新した。レンダリングなどのデータ処理業務の効率が20〜30%アップした他、サーバ、ストレージ環境の運用管理性も向上した。(2021/7/2)

テレワーク全盛時代になぜタワー型サーバ?
「今どきのタワー型サーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にNintendo Switch Lite(1台)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/6/9)

サーバの基本と選び方【後編】
「サーバの安定性」を求めるなら確認すべき、サーバ選びのポイントとは?
フォームファクターやハードウェアリソースに加えて、サーバ選定では運用に関する視点も欠かせない。安定運用のために評価すべきサーバの機能とは。(2021/6/2)

サーバの基本と選び方【中編】
サーバ選びで重要なCPU、メモリ、ストレージ、ネットワークの賢い見極め方
サーバ選定時は、CPUやメインメモリ、ストレージ、ネットワークなどのハードウェアリソースを適切に選択することが欠かせない。具体的に、どのようなポイントを評価すればいいのだろうか。(2021/5/26)

サーバの基本と選び方【前編】
「タワー型サーバ」「ラックマウント型サーバ」「ブレードサーバ」の違いは?
多様なサーバがある中で、必要とする製品を見極めるには何を確認すればいいのか。まず選定すべきポイントは、サーバのフォームファクターとして何を選ぶかだ。各フォームファクターは、それぞれ何が違うのか。(2021/5/17)

サーバ選びの“勘所”はここだ!:
PR:小さい、静か、遠隔操作可能――テレワーク時代のタワー型サーバ「PowerEdge T140」がお勧めの理由
サーバと聞くと、データセンターなどのラックマウントやブレードタイプを思い浮かべるかもしれないが、実は一般的な企業で数多く使われているのがタワー型サーバだ。ここでは、タワー型サーバ選びのポイントと、それらを網羅したデル・テクノロジーズの「PowerEdge T140」のお勧めポイントをまとめた。(2021/2/12)

用途に合わせ柔軟に対応:
PR:「わが社のWindowsサーバ」をどう選ぶ? 一人情シスの強い味方を探せ
数あるWindowsサーバをどのように選び、活用していくかは、スタートアップ企業や中小企業の「一人情報システム部門」にとって大きな課題だ。主にこのようなユーザーに対応している国際産業技術に、日頃どのようなサービスを展開しているのか聞いた。(2020/12/25)

業務用「ミニPC」とは【前編】
「ミニPC」は仕事用サーバに使えるのか? 超小型でも侮れない実力
幅10センチ余りの「ミニPC」は、特に設置スペースの狭い小規模拠点に適している。だが業務用サーバとして使えるのか。使えるとすれば、具体的にどのような用途に適するのか。(2020/12/14)

「タワー型サーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/9/10)

Xeonプロセッサ搭載:
エプソンダイレクト、SOHO/中小企業向けタワー型エントリーサーバの発売を予告
エプソンダイレクトは12月24日、SOHOおよび中小企業(30名クラス)向けのタワー型エントリーサーバを2020年2月に発売すると発表、同日に事前案内のWebページを公開した。販売価格は20万円(税抜き)の予定だ。(2019/12/24)

サーバを構成するハードウェア、基本の「き」
いまさら聞けない「マザーボード」「プロセッサ」「RAM」「HDD」とは?
どのような形態のサーバでも、共通して使われている部品がある。本稿では、サーバを構成する4つの部品の基礎知識を説明する。(2019/8/10)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
Windows Server 2019標準機能で実現、クラウドへの自動バックアップ設定ガイド
オンプレミスのファイルサーバに蓄積されたデータが肥大化するほど、バックアップ業務の負荷も高まるもの。この改善策として注目したいのが、最新サーバOSに標準搭載されているクラウドへの自動バックアップ機能だ。(2019/6/12)

【PR】Dell EMC×アイティメディア株式会社 共同アンケート
「タワー型サーバ」に関するアンケート
タワー型サーバについて、アンケートにご協力をお願いします。(2019/6/3)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
2019年も「タワー型サーバ」に脚光、クラウド時代でも選ばれ続ける3つの理由
2019年度は、Windows Server 2008をはじめ主要ソフトウェアのサポート終了も少なくない。改元や消費税率アップなど国内ならではのイベントもある。その影響をミニマムに押さえるため、サーバ移行を核とした綿密な計画を考えたい。(2019/4/16)

【PR】Dell EMC×アイティメディア株式会社 共同アンケート
「タワー型サーバ」に関するアンケート
タワー型サーバについて、アンケートにご協力をお願いします。(2019/4/8)

【PR】Dell EMC×アイティメディア株式会社 共同アンケート
「タワー型サーバ」に関するアンケート
タワー型サーバについて、アンケートにご協力をお願いします。全問ご回答いただいた方の中から、10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼントします。(※回答数が規定値に達し次第終了いたします。お早めにご回答ください。)(2019/2/20)

自社に適したハードウェアはどれか
サーバハードウェア比較 ラック、ブレード、メインフレーム、HCIの違いは?
本稿では、ラック、ブレード、メインフレーム、HCIといった各タイプのサーバの構造と、その長所と短所を解説する。どの種類のサーバが自社のデータセンターに適しているか、考えるヒントにしてほしい。(2019/1/21)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
モダンデータセンターの基盤、サーバ選びで重視すべき3つのポイントとは?
データセンターの基盤となるサーバの選択は、ビジネスのデジタルシフトの成功を左右する重要な要素となる。さまざまなワークロードに対応するための最新サーバを、その要件と価格帯別に紹介する。(2019/1/15)

Interop Tokyo 2018の歩き方(3):
Interop Tokyo 2018 、IoTやAIと、ネットワークの関係を考える
2018年6月13〜15日に千葉・幕張メッセで開催される、ネットワークとセキュリティを中心としたITの展示会、「Interop Tokyo 2018」の見どころを、Best of Show Awardノミネート製品を通じて紹介する本連載。第3回の今回は、AI、IoT、サーバ、ストレージなど、ノンジャンルで特徴的な製品を紹介する。(2018/6/14)

サードウェーブデジノス、Xeon搭載の法人向けエントリーサーバ
サードウェーブデジノスは、法人向けサーバの新シリーズ「THIRDWAVE SERVER」を発表、第一弾モデル2製品の販売を開始する。(2017/10/11)

モジュラー型やタワー型も用意:
Dell EMC、第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバに6つの新モデル
インテル Xeonスケーラブル・プロセッサーを搭載するDell EMCの第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバに6つの新モデルが追加された。ラックマウント型に加え、モジュラー型やタワー型も用意し、広い顧客ニーズをカバーするラインアップを用意した。(2017/9/29)

新世代データセンターに向けて、AIワークロード性能やVDI集約率なども向上:
新世代Xeon「インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー」登場 Dell EMC、富士通、レノボなどが新世代サーバをリリース
インテルが新世代Xeon「インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー」を正式に発表。Dell EMC、QCT、富士通、レノボなどのハードウェアベンダーも、新Xeonを採用した製品群をリリースする。(2017/7/13)

レノボ、最大8基のストレージを装着できる1Uラックマウントサーバ「Lenovo System x3250 M6」など2製品
レノボ・ジャパンは、同社製エントリーサーバのラインアップに最新CPUを搭載した新構成モデル「Lenovo System x3250 M6」「Lenovo ThinkServer TS150」の2製品を追加した。(2017/4/18)

レノボ、中小企業向けのXeon対応タワー型サーバ「ThinkServer TS」新モデルを発表
レノボ・ジャパンは、中小規模ビジネス向けとなるタワー型サーバ「Lenovo ThinkServer TS150」「Lenovo ThinkServer TS450」を発表した。(2016/2/23)

高性能で安全なITインフラを手に入れるチャンスはいま:
PR:マイナンバー対応に適したサーバーの要件とは――最新の「HP ProLiantサーバー Gen9」が対応を強力支援
2016年1月に施行される「マイナンバー制度」は、企業にとっては負担にはなるものの、システムの更新や改善のよい機会でもある。とはいえ、どこから手を付けてよいか悩んでいる企業も多いだろう。そこで、既存システムとは切り離したシステムを新たに構築し、そこでマイナンバーを管理するというアプローチを検討してはどうだろうか。(2015/12/10)

TSUKUMO、Xeon E3搭載のエントリー向けデスクトップサーバ
Project Whiteは、ASUS製ベアシステムを採用したエントリー向けデスクトップサーバ「ツクモビジネスサーバー」の販売を開始する。(2015/7/9)

発売20年、ハイブリッドクラウド基盤へ進化:
NEC、「Express5800」にクラウド利用権付き新商品 中堅中小企業のクラウド化を支援
NECが、発売20周年のIAサーバ「Express5800シリーズ」にクラウド基盤3年間利用権を付加したハイブリッドクラウド対応モデルを新規投入。中堅中小企業のクラウド化を後押しするパッケージに仕立て、Express5800ブランドで販売する。(2014/12/2)

デル、ワークロードに応じた構成が組める新サーバを発表
「ユーザー主導」というコンセプトで、様々なワークロードへ柔軟に構成が組める統合アーキテクチャを採用した「Dell PowerEdge FX」を発表した。(2014/11/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。