ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Trinity」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Trinity」に関する情報が集まったページです。

古田雄介のアキバPickUp!:
ここから本気で次世代OSモード! Windows 8色に染まるアキバ
次世代OS「Windows 8」の予約販売が複数のショップで一斉に始まり、ラインアップや特典も明らかになった。アキバの空気も「もうじき出るんですよねぇ」から「もう出ますっ」に切り替わっている。(2012/10/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
「これは売れる」「微妙だろ……」 評価が激しく別れる「Trinity」
10月2日にデビューしたAMDの新APU「Trinity」は、アキバでも高評価と冷めた目が入り乱れる不思議な存在になっていた。このアンバランスを成立させるのもAMDの魅力……かも。(2012/10/9)

PC USER 週間ベスト10:
iPhone 5のLTEテザリング、気になる実力は?(2012年10月1日〜10月7日)
先週のアクセスランキングは、iPhone 5のLTEテザリング、VAIO Duo 11、ShuttleのNASキット、Windows 8対応マウス、Trinityなど、話題の新製品が上位をにぎわせました。(2012/10/8)

週末アキバ特価リポート:
赤と黒に染まるアキバ――複数のショップで「Trinity発売記念」のPOP
3連休中は、10月2日に発売されたAMDの新APU「Trinity」発売を記念したキャンペーンが各所で実施されている。「まぁ、かこつけただけです」という声もあるが気にしない!(2012/10/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
「AMDはコレが売れないとね」――Trinityお披露目の「秋のAMD祭り」リポート
日本AMDが約1年ぶりに単独のユーザーイベントを開催。主役は発売直前の新世代APU「Trinity」。イベント会場は来場者もメーカーも「期待」の言葉に包まれていた。(2012/10/2)

古田雄介の週末特価リポート:
1万円切りの8コアもあるよ――AMD製CPU&APUがにわかに熱い!
10月2日に新APUの投入を告知しているAMD。それにともない、いくつかのショップで既存のAMD製CPUとAPUの自主的な特価セールが行われている。「A8 3870」が7800円、「FX-8120」も9980円……だと!?(2012/9/29)

イマドキのイタモノ:
「Bulldozer“改”!」というPiledriverを導入した「Trinity」の実力を試す
AMDは、第2世代のFusion APU「Trinity」が発表した。ノートPCモデルから登場するPiledriver導入のAシリーズは、Sabine世代からどれだけ“腕”を上げたのか?(2012/5/15)

ビジネスニュース オピニオン:
28nm APUの発注中止は自然な流れ、 AMDはロードマップ変更を示唆
AMDの複数の情報筋によると、同社はロードマップに重大な変更を加える可能性があるという。(2011/12/1)

イマドキのイタモノ:
ようやく「Llano」登場──“Sabine”ノートで実力をチェック
メインストリーム向けFusion APU“Llano”と、ノートPC向けプラットフォーム「Sabine」が登場。クアッドコアAPUが発揮する性能を検証する。(2011/6/14)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
私はAPUを愛しています!──拡大する“Fusion”と変わる“VISION”
AMDは、6月1日に台湾の台北市で行った説明会で、これから登場する予定の自社製品とVISIONブランドのリニューアルについて概要を明らかにした。(2011/6/1)

元麻布春男のWatchTower:
2011年は28ナノ世代に注力、そして20ナノ世代へ――GLOBALFOUNDRIESの事業戦略
旧AMDの製造部門から分社したGLOBALFOUNDRIESは、台湾のTSMCやUMCに並ぶ、世界最大規模のファウンダリ企業。2011年以降、プロセスルールの微細化をどう進めるのか。(2011/1/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。