ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「APU」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Accelerated Processing Unit

若者向けモバイルPC「LAVIE N12」が登場 家庭向け「LAVIE N14」「LAVIE N15」も新モデルに Tiger Lake搭載
NECパーソナルコンピュータのスタンダードノートPC群に第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)を搭載するモデルが登場する。いずれも若年層を意識しており、シンプルなデザインが特徴となっている。(2021/1/19)

CES 2021:
AMDがモバイル向け「Ryzen 5000シリーズ」を発表 アンロック対応の「HXプロセッサ」も投入
AMDが、Zen 3アーキテクチャベースのものを含むモバイル向け新型APUを発表した。アンロック対応の「HXプロセッサ」を新たに投入し、競合よりも処理性能面で有意であることをアピールしている。(2021/1/13)

MediaTek、“次世代Chromebook”向けの高性能チップセット「MT8192」「MT8195」を発表 6/7nmプロセスを採用
メディアテックジャパンは、次世代Chromebook向けの高性能チップセット「MT8192」「MT8195」の発表を行った。(2020/12/16)

TrackPointを初搭載:
ThinkPadブランドのChromebookが日本上陸 AMDプロセッサを搭載して9万5000円(税別)から
海外では幾つか発売されていたThinkPadブランドのChromebookが、ついに日本でも発売される。Chrome OS搭載のThinkPadとしては初めて、ThinkPad独自のポインティングデバイス「TrackPoint」も搭載している。(2020/12/15)

Minisforum、Ryzen APUを搭載した超小型PC「EliteMini X400」の先行予約販売を実施中
BESSTAR TECHが、Minisforumブランド製ミニデスクトップPC「EliteMini X400」の先行予約販売を実施している。(2020/12/1)

第3世代「Ryzen 5」搭載で高コスパな2in1ノートPC 「HP ProBook x360 435 G7」を試す
日本HPが主にビジネスユーザー向けに販売している2in1ノートPC「HP ProBook x360 435 G7」は、価格の手頃さの割に機能や処理パフォーマンスが良い注目モデルだ。この記事では、その実像をレビューしていく。(2020/11/27)

税込み9万円切りの6コアAPU搭載パワフルノートPC「mouse B5-R5」を試す
さまざまなブランドのPCを展開するマウスコンピューターだが、最もスタンダードな「mouse」シリーズに高コスパのモデルが加わった。「mouse B5-R5」の実力を見ていこう。(2020/11/24)

マウス、Ryzen APUを採用した15.6型スタンダードノート 税別7万9800円
マウスコンピューターは、同社製15.6型スタンダードノートPC「mouse B5」にRyzen APU採用モデルを追加した。(2020/11/19)

PS5との日々:
ついにやってきたPlayStation 5発売日 しばらく使って分かったPS5の○と×
PS5実機をしばらく使ってみて分かったこと。(2020/11/12)

X300だけではない!:
第10世代Coreに対応しインタフェースも強化した最新小型ベアボーン「DeskMini H470」は何が変わったのか
ASRockの「DeskMini H470」は、第10世代Coreプロセッサを搭載可能な最新ベアボーンキットだ。AMD版の「DeskMini X300」に続き、実機をテストした。(2020/10/22)

「どう生きるか」でPCを選ぶ時代に向けて――富士通2020年個人向け冬PC 注目機種を紹介
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が2020年冬商戦向けの新モデルを発表した。あらゆるニーズに応えるべく非常に多岐に渡る新モデルの中から、筆者個人として注目する機種を紹介する。(2020/10/20)

インバースネット、Ryzen PRO 4000シリーズを搭載したスリムデスクトップPC
インバースネットは、Ryzen APUを標準搭載したスリム筐体採用デスクトップPC「BS」シリーズを発売した。(2020/10/13)

古田雄介のアキバPick UP!:
「DeskMini X300」がデビュー即大ヒット!
ASRockの小型ベアボーンキット「DeskMini X300」が発売早々ヒットを飛ばしている。一方、同時発売のIntel系「DeskMini H470」は一部で高く評価されていた。(2020/10/12)

DeskMini A300との比較も:
「DeskMini X300」に最新APUのRyzen 7 PRO 4750Gを突っ込んだ
ASRockの小型ベアボーンキット「DeskMini X300」が10月9日に販売される。生まれ変わった新モデルはどうなのか、Ryzen 7 PRO 4750GやAthlon 3000GなどのAPUを使ってテストした。(2020/10/8)

ついに8コア16スレッド対応!:
最新APUに対応した「DeskMini X300」はA300から何が変わったのか
ASRockの小型ベアボーンキット「DeskMini X300」が10月9日に販売される。生まれ変わった新モデルはどうなのか、従来のDeskMini A300と比較した。(2020/10/5)

ASRockがコンパクトベアボーンの新型「DeskMini」シリーズを10月9日に発売、税別1万9880円〜
ASRockが、小型ベアボーンキットの新型を10月9日から発売する。最新のRyzen APUに対応した「DeskMini X300」は1万9880円、LGA1200対応の「DeskMini H470」が2万880円(いずれも税別)だ。(2020/10/5)

製品分解で探るアジアの新トレンド(48):
同一チップを“できばえ”で別シリーズに、MediaTekの開発力
「5G普及」が2年目に突入し、5G端末向けのプラットフォームが出そろってきた。2020年には、モデムチップ大手のMediaTekとUnisocも本格的に参戦している。今回は、MediTekの「Dimensity」シリーズを紹介する。(2020/9/30)

ZOTAC、Ryzen 3を搭載した手のひら大サイズの小型PC「ZBOX MA621 nano」
ゾタック日本は、Ryzenプロセッサを搭載した超小型デスクトップPC「ZBOX MA621 nano」の販売を開始した。(2020/9/2)

第3世代Ryzen Mobileの実力は? 「ThinkPad X13 Gen 1」AMDモデルを試す
AMDのCPU「Ryzen(ライゼン)」が、ノートPCの世界でも存在感を増している。最新の第3世代Ryzen Mobileプロセッサの実力はいかほどのものか、レノボの「ThinkPad X13 Gen 1」を通してチェックしていく。(2020/8/28)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(46):
Intelを追うAMDの“賢明なるシリコン戦略”
AMDがプロセッサのシェアを伸ばしている。快進撃の裏には、AMDの“賢い”シリコン戦略があった。(2020/8/28)

サイコム、最新APU「Ryzen Pro 4000」を搭載した「Radiant」シリーズを発売
サイコムが、AMDの最新APU「Ryzen Pro 4000」シリーズを標準搭載したBTO対応デスクトップPCを発表、8月21日から発売を開始する。(2020/8/21)

ベンチマークは「リアルな使い方」で取るべき Intelが主張
Intelが、報道関係者向けに「ベンチマークテスト」に関する説明会を実施した。「ベンチマークテストは“実使用環境”に基づいて行うべき」だという。どういうことなのだろうか。(2020/8/20)

古田雄介のアキバPick UP!:
待望のRyzen PRO 4000シリーズがバルク品で登場!
AMDのCPUで開発コード名「Renoir」に属する初のデスクトップ版プロセッサ「Ryzen PRO 4000」が3モデル売り出された。発売前から「この夏一番のキラーパーツ」との呼び声が上がっていた。(2020/8/11)

ASRockがIntel第10世代Core対応のコンパクトベアボーン「DeskMini H470」を発表
ASRockが、最新のIntel第10世代Coreプロセッサに対応した小型ベアボーンキット「DeskMini H470」を発表した。発売時期は今秋の予定で、現時点での価格は未定だ。(2020/8/6)

これを待っていた!:
ASRock、最新APU「Ryzen 4000」シリーズを搭載可能なコンパクトベアボーン「DeskMini X300」を投入
ASRockが、最新のRyzen APUに対応した小型ベアボーンキット「DeskMini X300」を発表した。現時点での価格は未定で、発売時期は今秋の予定だ。(2020/8/6)

MSI、Ryzen 7 4800H+Radeon搭載の15.6型ゲーミングノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、AMD製CPUとAPUを搭載したハイスペック15.6型ゲーミングノートPC「Bravo-15-A4DDR-056JP」を発売する。(2020/8/6)

「Zen 2+Vega」の実力は? AMDの最新デスクトップ向けAPU「Ryzen PRO 4000シリーズ」を検証
AMDが8月8日、デスクトップ向け第3世代Ryzen APUの一部においてトレイ(バルク)販売を開始する。Zen 2アーキテクチャのCPUと、VegaアーキテクチャのGPUを統合した新APUの実力をチェックしていこう。(2020/7/30)

AIベンチマークは首位を記録:
MediaTekが5G SoC「Dimensity」を本格展開
MediaTekは2020年7月21日、日本の報道機関向けに同社の5G(第5世代移動通信)対応SoC(System on Chip)「Dimensity」の説明を行った。(2020/7/29)

サイコム、AMDプロセッサ搭載PCのBTOメニューを拡充 Ryzen Pro 4000/Ryzen 3000XTシリーズを選択可能に
サイコムは、同社製のAMDプロセッサ搭載BTOデスクトップPCのBTOオプションを拡充し、Ryzen Pro 4000/Ryzen 3000XTシリーズの搭載に対応した。(2020/7/27)

TSUKUMO、Ryzen 9採用のミドルタワーゲーミングPCを発売
Project Whiteは、Ryzen 9 3900XTを標準搭載したミドルタワー型ゲーミングPC「GA9A-Z201/XT」の販売を開始した。(2020/7/27)

ボックス販売なし:
AMDがデスクトップ向け新APUを発表 Zen 2+Vegaの「Ryzen 4000」など
AMDが、デスクトップ向け新型APUを発表した。先行するモバイル向けと同様に、7nmプロセスのZen 2 CPUとRadeon GPUを統合していることが特徴で、企業向け管理機能を強化したモデルも用意する。合わせて、Athlonブランドの廉価APUも登場する。(2020/7/22)

MediaTekの5Gプロセッサ「Dimensity」は省電力と低遅延が特徴、日本での展開は?
MediaTekは7月21日、最新の5Gソリューションの開発や取り組みについてオンライン説明会を開催。日本市場の最新状況とともに、5G プロセッサ「Dimensity 1000+」と「Dimensity 800シリーズ」について説明した。MediaTek 5Gモデムは、省電力性能や低遅延が優れているという。(2020/7/22)

詳細は後日発表:
AMDがデスクトップ向け第3世代Ryzen APUをバルク販売 8月8日11時から
AMDが、第3世代APU(GPU統合CPU)をバルク販売することを発表した。ただし、現時点では詳細なスペックは公開されていない。【訂正】(2020/7/21)

ノートPCでもシェアを伸ばす:
快進撃を続けるAMD、「25×20」電力効率目標を達成
AMDは2014年に、エネルギー効率の向上を目指すプログラムを始動させ、「2020年までにノートPC向けプロセッサの電力効率を25倍に高める」という困難な目標を掲げた。AMDはこれを「25×20」目標と呼ぶ。そして2020年現在、同社はこの目標を達成するにとどまらず、それを上回る成果を実現したと発表した。(2020/7/20)

PR:スリムな新世代デジタルツール「Yoga Slim 750」で、人とは違うライフスタイルを手に入れよう!
レノボ・ジャパンの「Yoga Slim 750」は、14型ディスプレイをスタイリッシュな薄型ボディに収めたモバイルPC。AMDの最新CPU「Ryzen 5 4500U」を搭載し、性能と価格のバランスが非常に高く取れていてお勧めだ。その魅力をじっくりと見ていこう。(提供:レノボ・ジャパン合同会社)(2020/9/2)

デル、個人向け14型スタンダードノート「Inspiron 14 5000」新モデルなど2製品 AMDモデルも用意
デルは、個人向け14型/15.6型スタンダードノートPC「Inspiron 14 5000」「Inspiron 15 5000」新モデルの販売を開始した。(2020/6/16)

フラグシップ用など3タイプ:
5G対応スマホ向けSoC、MediaTekが日本市場で販売
MediaTekは、5G(第5世代移動通信)対応スマートフォン向けSoC「Dimensity 5Gファミリー」について、日本市場での販売を始める。(2020/6/9)

“with コロナ”時代のNAS選び:
PR:これからはNASもSSD搭載が当たり前 一歩先行く「AXELBOX」シリーズをお勧めする理由
多くの企業にとって「テレワーク」の導入が重要な課題となっている。その要の1つである「ファイルサーバ」は、選び方を誤ると新たな問題を引き起こす温床となる。テレワークでの利用を見越したファイルサーバの選択ポイントを整理し、テックウインドのSMB(中小規模ビジネス)向けSSD NAS「AXELBOX(アクセルボックス)」の優位性について紹介する。(2020/6/1)

古田雄介のアキバPick UP!:
CeleronやPentium Gまで――第10世代Core iシリーズ14モデルが店頭に並ぶ
先行の上位モデルに続き、開発コード名「Comet Lake-S」こと第10世代Core iシリーズが続々とアキバに登場した。時を同じくして「H470」「B460」「H410」チップセットを搭載したマザーボードも売り出されている。(2020/6/2)

8コア16スレッドの新星:
Ryzen Mobile 4000シリーズ搭載PC「ROG Zephyrus G14」でゲームをやりこんで分かったこと
ASUS JAPANの14型ゲーミングノートPCに、AMDの新モバイルプロセッサ「AMD Ryzen 4000」シリーズを搭載した「ROG Zephyrus G14」が登場した。ユニークな機能を備えた本シリーズの最上位モデルをチェックする。(2020/5/27)

富士通、APU採用のリビング向け15.6型スタンダードノートなど2シリーズを発表
富士通クライアントコンピューティングは、リビング利用に向く15.6型スタンダードノート「LIFEBOOK AH」シリーズなど計2シリーズの発表を行った。(2020/5/20)

湯之上隆のナノフォーカス(25):
プロセッサ市場の下剋上なるか? Intelを追うAMDを躍進させた2人の立役者
プロセッサ市場では、ある異変が起きている。Intelが長年トップに君臨しているこの市場で、AMDがシェアを急速に拡大しているのだ。今回は、AMDの躍進の背景にいる2人の立役者に焦点を当てよう。(2020/5/15)

企業向け管理機能を拡充:
プレミアムビジネスノートPC向け「第3世代Ryzen PRO」のラインアップが判明 Lenovoが「ThinkPad」に採用
ノートPC向け第3世代Ryzenプロセッサに企業向け管理機能を追加したAPU「Ryzen PRO 4000シリーズ」のラインアップが発表された。Lenovo ThinkPadの2020年モデルの一部で、同シリーズを搭載する構成を選択できるようになる。(2020/5/7)

同じ「4コア8スレッド」でも中身が違う? AMDが説明する「第3世代Ryzen 3」の秘密
AMDが、5月23日(日本時間)に発売するメインストリームデスクトップPC向けRyzenプロセッサとそれに対応する新型チップセットに関する説明会を開催した。この記事では、その内容を簡単に説明する。(2020/5/7)

恐るべき「Ryzen 9 4900HS」のポテンシャル ASUS「ROG ZEPHYRUS G14(GA401I)」を試す
新型コロナウイルス(COVID-19)の影に隠れているが、3月中旬にAMDから発表された「Ryzen Mobile 4000シリーズ」は、ノートPCの勢力図を大きく変えるポテンシャルを持つ、注目すべき存在だ。この記事では、ASUSのゲーミングノートPC「ROG ZEPHYRUS G14(GA401I)」を通して「Ryzen 9 4900HS」の実力をチェックする。(2020/5/7)

Zen 2+Vega(7nmプロセス)=第3世代Ryzen Mobile
AMDが、第3世代Ryzenプロセッサの追加ラインアップの発表に合わせて、同プロセッサのアーキテクチャ(設計)の概略を公開した。(2020/3/17)

AMDが「Ryzen 9 4900H/HS」を発表 ゲーミングとクリエイティブ向けのフラグシップAPU
AMDが「第3世代Ryzen Mobileプロセッサ」の新製品として、ゲーミングやクリエイティブ用途向けの最上位APU(CPU+GPU)を投入する。薄型軽量モデル向けの省電力モデルも用意されている。(2020/3/17)

ISSCC 2020:
IC設計にもAIを、配置配線が機械学習で加速化する
Googleは、米国カリフォルニア州サンフランシスコで2020年2月16〜20日に開催された「ISSCC 2020」において、機械学習(ML)を使用してIC設計で配置配線を行う実験を行ったところ、優れた成果を得られたと発表した。(2020/3/4)

今、あらためてPS5の姿を想像してみる ストレージ、サウンド、コントローラ、光ディスクはどうなる編
ゲームテクノロジーを長年追っている西川善司さんによる、次期プレイステーション「PS5」の予想図。その後編をお届けする。(2020/2/4)

今、あらためてPS5の姿を想像してみる CPUとGPUはどうなる編
現在あるデータから、2020年に登場予定の次期ゲームコンソール、PS5を予想。(2020/1/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。