ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「不気味の谷」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不気味の谷」に関する情報が集まったページです。

それは“愛の敗北”である 映画「キャッツ」を見たら酷評は“不幸な事故”によるものな気がしたので感想などをつづる
われわれ人類は、いまだ「映画化」の最適解を見つけられていない。(2020/2/4)

お久しぶりか、初めましてか――“AI美空ひばり”に見る「デジタル故人」との付き合い方
デジタル技術を使って故人の歌声や思考パターンを再現することが実現できる世の中となってきた。そうして復元された故人と、どう向きあえばいいのだろうか。デジタル遺品や、故人とデジタルの関係を10年以上追いかけているライターが考える。(2020/1/15)

等身大のAIキャラクターがご案内 「インフォロイド」正式サービス開始
等身大の立体的なキャラクターが会話を通じて施設を案内する。イージェーワークスの「インフォロイド」は「単なる情報端末ではなく、アトラクションにもなるプラットフォーム」という。(2019/8/5)

「すごくリアル」と話題――“アンドロイド演じるお姉さん”に聞く「似せる」ための苦労
企業のプロモーション動画やイベントなどで“アンドロイド役”を演じているモデルの高山沙織さん。昨年は3DCG女子高生「Saya」のコスプレ、今年4月には「不気味の谷」を再現した動画を公開し、ネット上で話題を呼んでいる。アンドロイド役を演じ続ける中で、どんな試行錯誤をしているのか。(2019/6/30)

ハノーバーメッセ2019:
“人の手”と“タコ足”をリアルに再現するロボットハンド、イカロボもあるよ
ドイツのFestoは、ハノーバーメッセ2019(2019年4月1〜5日、ドイツ・ハノーバーメッセ)において、生体の動作を模倣して新たなロボットの将来像を描く教育プロジェクト「The Bionic Learning Network」の成果を披露。“人の手”や“タコの腕”、“イカの泳ぎ”を再現した技術群を紹介した。(2019/4/2)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
CGにだまされ始めた、私の目
目までポンコツ。(2019/3/27)

「ゆっくりしていってね!!!」の声はどうやって生まれたのか 開発者が語る“起業エンジニアの生存戦略”
いわゆる「ゆっくりボイス」のエンジン開発者に取材しました。(2019/1/26)

IT用語解説系マンガ:食べ超(151):
不気味の谷がインターンを募集します
不気味の谷に咲く一輪の花、その愛らしい不気味さと不気味な香りを人は求めてやみません。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2018/11/21)

サイバーエージェント「AI Lab」に聞く(前編):
人が“生命”を感じ、信頼できる対話AI 実現のヒントは掃除ロボット「ルンバ」にある
どんなAIなら人は受け入れられるのか。AIが社会に普及していく際には、避けられない議論だ。サイバーエージェントのAI研究組織「AI Lab」では、大阪大学の石黒研と組み、実験を繰り返しながら、その答えを探しているという。(2018/11/8)

この夏屈指のホラー映画 細田守監督「未来のミライ」に見た不気味さの正体
ネタバレしてます。(2018/7/30)

「もはや何が現実かわからん」 “実写にしか見えない3DCG美少女「Saya」”にそっくりな美少女が話題に
頭が混乱してくる。(2018/7/14)

“まるで本物”の新aibo ペットのように「育て方で個性が出る」
1月11日、ソニーが犬型ロボット「aibo」を発売。渋谷にはaiboと触れ合える「aibo room」もオープンし行列ができた。新しいaiboの魅力を、aibo room担当者に聞いてみた。(2018/1/11)

明日から使えるITトリビア:
新「aibo」は気持ち悪い? キミは「不気味の谷」現象を知っているか
新型aiboのデザインはリアルすぎるのではないか──そんな声が、一部ネットから上がっている。(2017/11/2)

協働ロボット:
ロボットがたどる生物の進化の道、カギは視覚とコミュニケーション
2020年に開催される日本発のロボットチャレンジ「World Robot Summit」に向け、記念シンポジウムが都内で開催された。WRSの実行委員会諮問会議 委員であるトヨタリサーチインスティテュート 最高経営責任者(CEO)のギル・プラット氏が登壇し「ロボティクスの未来」をテーマに、ロボットと人との関係性の変化などについて講演した。(2017/10/16)

ワシントン大学、機械学習で“口パク映像”を生成するシステム発表 音声から口の動きをリアルに再現して合成映像に
偉人がしゃべるVR映像の制作などに応用できるとのこと。(2017/7/18)

Mogura VR出張所:
【体験レポ】表情の完全同期も夢じゃない? 筋肉の動きを使った表情認識デバイス「MASK」
VRはここまで進化した? 筋肉の動きを使った表情認識デバイス「MASK」の体験レポートを紹介。(2017/6/12)

現場に出よう:
デジタル変革は会議室ではできない
人手不足や高齢化を背景として、さまざまな分野でデジタルトランスフォーメーション(DX)が議論されている。ビジネスのデジタル変革に必要な姿勢と人材とは……。キーワードは「現場」だ。(2017/6/6)

魂が入ったアニメーション――押井守が語った実写「攻殻機動隊」の不思議な感覚と素子に残る“引っ掛かり”
実際のところ、押井守は何か新しいテーマや表現を持って再び「攻殻機動隊」を手掛けたいと思っているのだろうか?(2017/4/18)

不気味の谷現象って人間以外でも起こるんだ! 動物のような見た目で鳥獣被害を防ぐ「ロボットかかし」が開発中
「しろやぎ」というロボットで、本物のヤギがびっくりした経験から着手。(2017/4/1)

完全に実写だこれ リアル過ぎる3DCG女子高生「Saya」の動く姿が8K画質で初披露!
「CEATEC JAPAN 2016」のシャープブースに足を運び、実際に見てきました。(2016/10/4)

実写にしか見えない3DCG美少女「Saya」が進化 「不気味の谷」を完全に打ち破る
どこかで見たことある気がする、非実在美少女。(2016/9/9)

オリエント工業×日本美術 ラブドールの新たな魅力に挑んだ「人造乙女美術館」 銀座ヴァニラ画廊で開催中
絵の中の嫁が出てこないと思った?(2016/5/14)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
ロボットは機能より「愛されたい」
モノの代替ならばモノの進化で。機能より親近感がこれからのロボットに求められる要件なのかもしれません。(2015/8/25)

人の心理を利用して妄想を具現化 “リアル”なバーチャルアイドルとの温泉旅行「ゆかり温泉」の仕掛け人に聞いた
「AR(拡張現実)やVR(仮想現実)には頼らずに、バーチャルアイドルを召喚」――その仕掛けについて聞きました。(2015/8/15)

おばあさんがおねえさんに変身する衝撃の動画 もはやどっちが修正後なのかわからないレベル
もうなにも信じられない……。(2015/7/25)

Build 2015:
スクウェア・エニックス、DirectX 12で超高精細なリアルタイム3DCGを披露
不気味の谷を越えられるか。(2015/5/1)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ロボット君がかわいそうじゃないか!
人間そっくりになってしまったら、愛着が湧きすぎてしまいそうなのですが。(2015/3/5)

美しい? コレジャナイ? スクエニ野村氏とコラボした初音ミクの映像、公開……!
レイヤーさんです、か……?(2014/11/5)

3DCGの達人がサイコムを試す:
壇蜜の3Dモデルを生んだIKEDA氏が語る――「3倍速い」クリエイター向けミドルタワーの魅力
3DCGや映像などの制作現場に向けて、サイコムが発売しているミドルタワー「Lepton WS2300Z87-M」。その実機をクリエイターが使ったらどう感じるのか。タレントの壇蜜さんを3Dモデル化して話題になったIKEDA氏にチェックしてもらった。(2014/2/27)

バーチャルシンガーであなたのカラオケが上手くなる――JOYSOUND「ボーカルアシスト」が目指す未来
音声合成によるバーチャルシンガーがカラオケのお手本として歌ってくれる「ボーカルアシスト」がJOYSOUNDに加わる。名工大の技術を活用し、男女の自然な歌声がカラオケ上手に導いてくれる。詳細を聞いてみた。(2013/10/28)

このクオリティは……日中合作アニメ「トレインヒーロー」がいろいろアレだと話題に
このCGは……この展開は……ヤバイ。(2013/4/3)

D89クリップ(60):
人とコンピュータの未来 インタラクション2013レポート
さまざまな分野の研究者が、人と人、人と機械との間のインタラクションを研究しあうために集まる学会「インタラクション」をレポートする。(2013/3/19)

リアルMMD? ドール型ロボットが「みっくみくにしてあげる♪」を踊ると……ファッ!
無表情だけどなめらかに動きます。(2012/11/27)

「人の手のぬくもり」も伝える、リアルすぎる「遠隔握手用ロボットハンド」
もしも遠隔地の人と、声や映像だけでなく「人のぬくもり」まで伝えることができたら――。このロボットハンドがあれば、遠隔地の人をもっと身近に感じられる?(2012/3/19)

あの不気味な4つ足ロボ「BigDog」、進化を振り返る最新動画が公開
犬のように走れる4足歩行ロボ「BigDog」の最新動画は、3世代にわたる進化を振り返っています。相変わらず動きがアレです。(2011/9/28)

ねっと知ったかぶりβ版(7/24〜7/29)アナログ放送、いままでありがとう!
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はアナログ停波や3DSの値下げが話題になりました。(2011/7/29)

日々是遊戯:
リアルすぎはNG!? カリフォルニア大学で「不気味の谷」現象の存在が証明される
あまりに人間そっくりなロボットやCGキャラクターを見ると、人間の脳は逆に「不気味さ」を感じてしまうという「不気味の谷」。どうやら本当に存在していたようです。(2011/7/26)

CEATEC JAPAN 2009:
ミク、めぐぽ、春香――3つの歌声を持つヒューマノイドに会ってきた
あの娘の声の主が分かった。セカイカメラ、ヒューマノイドロボット、謎の新VOCALOIDとネタが多すぎるヤマハブースの追加情報をお届けする。(2009/10/9)

さらにリアルな歌声を手に入れたVOCALOID――Netぼかりすの進化と本家ぼかりすの未来
「Netぼかりすは“音痴”」――そんな批判に作家たちは、独自の工夫で応えている。産総研の“本家”ぼかりすも進化中。実際に使ってみた様子をリポートする。(2009/8/5)

人とロボットの秘密:
第2章-3 アンドロイドが問う「人間らしさ」 石黒浩教授
人間らしさとは何か。石黒浩教授は人間そっくりのアンドロイドをつくることで、この問いに挑み続ける。(2009/5/22)

New Generation Chronicle:
上野康平――3次元空間を統べる若き天才プログラマー(完全版)
ソフトウェアとハードウェアの両方に精通し、世の中を変革しようと牙を研ぐバイナリアンたちを紹介していく「New Generation Chronicle:バイナリアンスレッド」。第1回の井上さんからバトンを引き継いだのは、史上最年少の18歳で天才プログラマー/スーパークリエータの称号をIPAから贈られた上野康平さんの完全版をお届けする。(2008/2/19)

Pre New Generation Chronicle:
上野康平――3次元空間を統べる若き天才プログラマー
バイナリアンたちを紹介していく「New Generation Chronicle:バイナリアンスレッド」。第1回の井上さんからバトンを引き継いだのは、史上最年少の18歳で天才プログラマー/スーパークリエータの称号をIPAから贈られた上野康平さんだ。(2008/2/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。