ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「暴力」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「暴力」に関する情報が集まったページです。

Apple、中国政府が抗議した香港デモ支援アプリをApp Storeから削除
Appleが、香港のデモ参加者が警官や道路封鎖の状況を把握するために使っていたiOSアプリ「HKmap.live」を、中国政府の機関紙である人民日報が「Appleは香港の暴徒の暴力を支援するのか?」という記事を公開した後、App Storeから削除した。(2019/10/11)

抗議や電凸、「権利」と「犯罪」の線引きは? 過度な行為は立件も
ある意見が自分の意見とは異なることを主張したり、デモを行ったり−。特定の事象をめぐり、人々が「抗議」すること自体は、憲法21条(集会、結社及び言論、表現の自由)で保障された権利だ。だが暴力や脅迫をにじませるなど、事が一線を越えれば話は別になる。正当な「抗議」とは何なのだろうか。(2019/10/4)

このラーメンは俺たちを殺しにかかっている……!? 背脂がこぼれ落ちそうな「ストロングラーメン」のビジュアルがもはや暴力
満腹感、パなさそう。(2019/9/4)

モバクソ畑でつかまえて:
作り手は「暴力表現」とどう向き合うべきか 「メギド72」プロデューサーのメッセージに「フィクションの作り手として誠実」と共感集まる
京アニの放火事件を受け、プロデューサーが公開したメッセージがユーザーの間で話題になりました。(2019/8/7)

「メディアの企業体質」に苦言:
暴力団取材の第一人者・溝口敦 「刺されてもペンを止めなかった男」が語る闇営業問題の本質
暴力団や新興宗教、同和利権、裏社会など、タブーに斬り込み続けてきたノンフィクション作家・溝口敦氏――。背中を刺されても決してペンを止めなかった溝口氏に、これまでの仕事哲学と、芸能人・反社会的勢力の「闇営業問題」に何を思うのか聞いた。(2019/7/26)

鉄道係員に対する暴力行為、2018年度は630件発生 「暴力行為は飲酒と相関関係が見られる」
鉄道業界が結束「絶対に許されないこと、毅然と対応することを今後も強く訴えていく」。(2019/7/22)

校内暴力があっても労災が使えない“学校の事なかれ主義” 現役教師が語る「ブラック職場としての学校」
生徒にケガをさせられても、校長のポケットマネーで“何も無かったことに”。(2019/8/8)

「“ストレス解消用”トランプ大統領像を日本企業が中国見本市に出展」報道、企業側は全否定(※追記あり)
暴力的な展示があったとして、ブースが閉鎖されたと報じられていました。(2019/6/14)

激しくも楽しい猛獣“ネコ”との毎日! バイオレンスな飼い猫との日常を描いたマンガが思わずクセになる味わい
バイオレンスなバロンくんと、決しておとなしくはないラムちゃんにてんてこ舞い。(2019/6/14)

トイレ革命が世界で進行中 支えるのは日本の技術
自動でふたが開閉し、温水洗浄の温度や強さが選べ、脱臭も…。日本ではそう珍しくなくなった高機能トイレだが、世界に目を向けると、“トイレ革命”途上の国々もある。世界で屋外での排泄(はいせつ)を強いられる人は9億人とされ、トイレは感染症のほか、性暴力の温床にもなっている。そんな国々のトイレ環境改善を日本の技術やノウハウが支えている。(2019/6/7)

カロリーの暴力じゃないか! かつや、まさかの「カレーうどんカツ丼」を6月21日から期間限定発売
衝撃の「炭水化物 on the 炭水化物」。(2019/6/6)

大手民鉄16社:
鉄道員に対しての暴力行為、件数・発生状況は?
日本民営鉄道協会は5月23日、平成30年度に発生した駅員や乗務員などに対する暴力行為の件数を発表した。大手民鉄16社の状況をみると……。(2019/5/24)

TwitterやFacebook、ニュージーランド主催のネット上の暴力コンテンツ阻止誓約「Christchurch Call」に賛同
3月にニュージーランドのクライストチャーチで発生した銃乱射事件のFacebookでの実況動画拡散を受け、ニュージーランド政府がネット上の暴力コンテンツ排除を目的とする誓約「Christchurch Call」を発表し、Facebook、Twitter、Google、Amazon、Microsoftらが賛同した。(2019/5/16)

「御朱印フリマ転売」「職員や巫女に暴言や暴力に近い行為」 浅草神社、三社祭特別御朱印の頒布見送りを発表
フリマアプリの転売なども要因のひとつに。(2019/5/12)

どこを見ても美男美女! 広瀬すず、三浦春馬、小池徹平の3ショットが「顔面偏差値高すぎ」「美の暴力」と大反響
広瀬さん「春馬さんの身体がゴツゴツだった」。(2019/5/11)

スリランカ連続爆破事件 政府がFacebookなど遮断 誤情報の拡散防止
スリランカで21日に起きた連続爆破テロを受け、同国政府は誤情報の拡散を防ぐため、国内のフェイスブック(FB)などソーシャルメディアの利用を一時的に停止する措置を取った。テロ事件をめぐっては誤情報による暴力の連鎖や過激思想の拡散などソーシャルメディアの影響力が問題視される一方、国家によるネット規制に疑問の声も出ている。(2019/4/24)

圧倒的サイズとカロリーの暴力を体感できる 「ペヤング超∞超大盛GIGAMAX365」お披露目会、5月5日に伊勢崎市で実施
参加無料、観覧自由、実食も無料。(2019/4/14)

テロ映像など暴力的コンテンツ削除しないSNS運営企業に罰金や実刑 豪で法案が可決
年間売上高の最大10%の罰金が科されます。(2019/4/4)

「顔が天才」「かわいすぎて泣いた」 橋本環奈、個性派ファッション“3変化”が誰も追いつけない美しさ
ビジュアルの暴力。(2019/2/28)

「目とけた」「美の暴力」 「ゆるめるモ!」あの、本田翼との2ショットが直視できないまばゆさ
本田さんのコミュ力おばけ説あると思います。(2019/2/22)

スピン経済の歩き方:
なぜ課長はアンケート用紙を渡したのか 「役所の常識」は非常識
小学4年生女児が父から日常的に暴力を受けて亡くなった事件で、役所の「対応」が厳しい批判にさらされている。父からの暴力を相談していた女児のアンケートを、加害者である父に手渡していたのだ。なぜ担当者はアンケート用紙を渡したのか。筆者の窪田氏はこのように見ていて……。(2019/2/5)

そんなつもりはなかったのに:
暴言市長、暴行教師にならないためのハラスメント対策
明石市泉市長による暴言、町田総合高校教諭による暴力。いずれもこれまでの感覚では暴言市長、暴力教師というレッテル貼りとは異なる背景があるようです。私たちがハラスメント「加害者」にならないためには……。(2019/1/30)

「闇鍋で集まった4人が全員肉を持って来た」 → 悲しい事故が生んだ地獄のモンスター鍋がもはや暴力
圧がすごい。(2019/1/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
やはり元貴乃花親方は、“同じ穴のムジナ”だったのか
元貴乃花親方が騒動に巻き込まれている。弟子だった元幕内・貴ノ岩が弟弟子に暴力をふるい、引退することに。この“事件”についてコメントを求められても、元親方は知らんぷり。こうした対応について、関係者からは非難の声が出ていて……。(2018/12/21)

続出する「退職トラブル」:
詐術、脅迫、暴力、洗脳 「辞めたくても辞めさせないブラック企業」急増の真相
「会社を辞めたいのに辞めさせてくれない」という人の相談が増えている。厚生労働省の調査では、会社に辞めたいと伝えても辞めさせてくれない「自己都合退職」の相談が2番目に多く、3万8945件(相談件数の12.8%)もあった。「退職トラブル」の実態とブラック企業への対策を探る。(2018/11/6)

「可愛さの暴力」「天使っていたんだね…」 橋本環奈&清野菜名が見せた“今日俺ダンス”がキュートでキレッキレ
ずっと見ていられる。(2018/11/4)

ユダヤ礼拝所銃撃容疑者が利用していたSNS「Gab」をPayPalやGoDaddyが締め出し
ピッツバーグのユダヤ礼拝所銃撃の容疑者が反ユダヤ発言を繰り返していたSNS「Gab」に対し、PayPalやStripe、Joyent、GoDaddyなどが取引停止を通告。Gabは発言を阻止された人は暴力に向かうと主張する。(2018/10/29)

「こんな青春送ってみたかった」「甘酸っぱい暴力」と身もだえする人続出 両思いを知らずにドキドキする2人にヤキモキな漫画
これがキラッキラな青春ってやつか!(2018/10/12)

Super! C CHANNEL 2018:
フォロワー100万人超えモデル・テリちゃんが明かした“スタイル維持の秘訣”
暴力的なまでのかわいさよ……。(2018/10/7)

「問題噴出」の構造的背景を聞く:
“会社なら当たり前のこと”をすればうまくいく――フェンシング太田雄貴が挑む「スポーツ業界の健全化」
暴力、パワハラ、助成金の不正流用――。スポーツの競技団体で噴出する問題は止まる気配を見せない。昨年、日本フェンシング協会会長に就任した太田雄貴氏に現状の課題を聞いた。(2018/10/5)

「可愛さの暴力!」「橋本環奈ちゃんかと」 福原遥、人生初の“バッサリカット”で激かわショートボブになる
また新たな魅力を発掘してしまった。(2018/10/2)

スピン経済の歩き方:
日本人が「ある程度の暴力は必要」と考える、根本的な原因
全国で「暴力指導」が次々と明るみとなっている。会社、学校、クラブ、家など、あらゆるところで暴力指導が日常的に行われているわけだが、なぜ日本人は「ある程度の暴力は必要」と考えるのか。その思想には根深い問題があって……。(2018/9/11)

依然として金曜深夜などに多発:
ついカッとなる人、減少中? 「鉄道係員への暴力」17年度は過去10年で最少
2017年度に発生した鉄道係員に対する乗客の暴力行為は656件で、過去10年間で最も少なかった。警察官の巡回などが抑止に貢献した。今夏は新たなポスターを掲出し、さらなる抑止を図る。(2018/7/10)

ねとめし:
お菓子史上類をみない中毒性……! “マシュマロ+バター+コーンフレーク”の「マシュマロック」が悪魔のおいしさ
これぞカロリーの暴力……だがそれがいい。(2018/6/29)

Valve、Steamにおける“すべてのゲーム”を容認していく方針を明言 「荒らしと違法行為」以外はポルノや暴力コンテンツも制限せず
全て(一部例外)を容認という姿勢。(2018/6/7)

Spotify、ヘイトコンテンツ削除へ 新ポリシーで
音楽サービス大手のSpotifyが、性的暴力や差別などを含むいわゆるヘイトコンテンツをサービスから排除する新しいポリシーを発表した。アーティストによるヘイト行為もポリシーに抵触する。(2018/5/11)

大相撲協会、女人禁制問題に関する談話発表 舞鶴巡業のアナウンスは「日頃の指導が足りていなかった」
「暴力等の問題に続き、土俵の女人禁制をめぐる混乱を起こしまして、誠に申し訳ありません」(2018/4/30)

ニコラ編集部、「母親からの暴力」相談への回答について謝罪 無責任と批判受ける
母親からの暴力はしつけなのか、という読者からの相談に「怒られない生活を心がけてみたら」と回答していました。(2018/4/9)

ホワイトハウスがゲームの暴力性を訴える動画公開 → NPO団体が「ゲームの美しさ」を切り取った動画を公開し反論
ホワイトハウスの動画が物議を醸していました。(2018/3/16)

Twitter、暴力・嫌がらせ・ヘイトに関する新ルールの適用開始
Twitterが、サービス上の暴力や嫌がらせを減らす取り組みの一環として、永久凍結の対象拡大などの新ルールの適用を開始した。(2017/12/19)

Twitter、トランプ大統領の反イスラムRTを削除しない理由を変更
Twitterが、トランプ米大統領による反イスラムの扇動的動画RTを削除しないことについて批判される中、削除しない理由を当初の「公共の利益に値する」から「メディアポリシーに基づいて」に変更した。メディアポリシーには「一部の写実的な暴力描写や成人向けコンテンツを含むツイートが許可されることがあります」とある。(2017/12/2)

改訂版「Twitterルール」公開 自殺助長や暴力など「何がダメか」をより具体的に説明
Twitterが10月の予告通り、「Twitterルール」を大幅改定した。自殺助長など、どのような行為が違反として強制措置対象になるのかが従来より明確になった。また、強制措置の内容についても以前よりは具体的になった。(2017/11/5)

Twitter、ルールを更新 「自殺や自傷行為」部分など
「写実的な暴力描写および成年向けに該当するコンテンツ」についても。(2017/11/4)

「これってかわいいの暴力やん」 佐藤ノアの“ウインク動画”が無限ループ余裕すぎて時間泥棒
同じ人類とは思えないかわいさ。(2017/11/2)

にゃんこ型スポンジホルダーとにゃんこ型スポンジが運命の出会い ホールド風景がバイオレンスかわいい
かわいいキッチン用品による突然の凶行。(2017/10/21)

Twitter、嫌がらせ対策強化へ 凍結への異議申し立てにも変更
ルールを変更してセクハラや暴力への対策を強化。また凍結への異議申し立てには、何がルール違反なのかを詳しく説明するようになります。(2017/10/20)

「胸焼けする」「おいしそう」 2キロのラードでラードを揚げる“脂身だけのとんかつ”に意見真っ二つ
カロリーの暴力。(2017/10/17)

#WomenBoycottTwitterを受けて:
TwitterのドーシーCEO、「嫌がらせ対策をさらに強化する」とツイート
セクハラについてツイートする女優のアカウントが制限を受けたことをきっかけに拡散した#WomenBoycottTwitter運動に対し、TwitterのドーシーCEOが嫌がらせや暴力扇動ツイートに関するルールをさらに強化するとツイートした。(2017/10/14)

サカイ引越センター、従業員の暴力行為を謝罪
従業員が酔って他の従業員に暴行したことが報じられていました。(2017/9/29)

Facebook、新広告コンテンツ規定 たとえ報道でも暴力はダメ
Facebookが広告表示可能なコンテンツの規定を改定し、表示できないコンテンツの基準を明確にした。死体や残虐な画像などを含むと、たとえ災害報道などのニュースでも広告が表示されず、収益が得られない。(2017/9/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。