ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「暴力」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「暴力」に関する情報が集まったページです。

Twitter、危険なコンテンツへのリンクを禁止 対象はマルウェアや暴力助長など 違反者は凍結の場合も
7月30日(米国時間)から適用。ツイートやダイレクトメッセージ、プロフィールに、該当するリンクを添えられなくなります。(2020/7/30)

Twitter、問題リンクのツイートをブロックするポリシー強化 悪意ある行為と暴力へのリンクも対象に
Twitterが、問題のある外部コンテンツの拡散を防止する目的でリンクのツイートをブロックする対象に、リンク先が「悪意ある行為」と「暴力」に当たる場合も含めるようポリシーを変更する。(2020/7/29)

コロナ禍で“ストーキングアプリ”利用が約2.7倍に DV加害者が被害者を監視?
アバストが、ストーカーウェアの日本での使用数が3月以降、1、2月と比べて2.65倍に増えていると発表した。新型コロナの影響で家庭内暴力(DV)が増えていることが要因の一つとしている。(2020/7/10)

英バンド「カサビアン」、トム・ミーガン脱退に関する声明を発表 「いかなる暴力も許されない」
ボーカルがドメスティックバイオレンスで有罪に。(2020/7/8)

「ひたすら美の暴力」 BLACKPINKが1年2カ月ぶりに新曲MVを公開、一夜で6500万回再生突破の盛り上がり
あっと言う間の3分間……。(2020/6/27)

Snapchat、トランプ米大統領のアカウント宣伝停止を宣言 「平等のために努力して欲しい」
Snapchatが、人種間の暴力を扇動する人物の声は宣伝しないとして、トランプ大統領の公式アカウントのディスカバーでの表示を停止した。トランプ氏の選挙チームはこれを「不正で違法だ」と抗議した。(2020/6/4)

「口では女性にかなわないから、暴力しかない」結婚直後にまさかのDV宣言をした夫 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「豹変した」のではなく、その人は元から……。(2020/6/1)

FacebookのザッカーバーグCEO、トランプ氏の問題投稿を非表示にしない理由を説明
Twitterが「暴力を賛美する」として非表示(クリックすれば表示される)にしたトランプ米大統領の投稿と同じものをFacebookとInstagramは放置していることについて、ザッカーバーグCEOが長文で説明した。この投稿はFacebookのポリシーには違反していないとしている。(2020/6/1)

Twitter、トランプ大統領のツイートを初非表示に 「暴力の賛美についてのルール違反」で
Twitterが、トランプ米大統領のツイートに初ラベルを付けた数日後、今度は初めて非表示にした。非表示になったのは暴徒化したミネアポリスのデモについての、暴徒化すれば軍による射撃の用意があるというツイートで、「個人または集団に向けた暴力をほのめかす脅迫」に当たるとみなされたようだ。(2020/5/29)

集中連載 新型コロナで経済死しないための方法 :
借金を返せなくてもヤクザは来ない
資金繰りに行き詰まり、お金が払えなくなったらどうなるか? 「ナニワ金融道」張りの怪しい面々にあの手この手でハメられたり、暴力団がやってきて昼夜を問わずドアをたたかれたりするのではないかと想像する人がいるかもしれないが、それはもう過去の話である。「債権管理回収業に関する特別措置法」によって生まれた債権回収会社(サービサー)について紹介しよう。(2020/5/29)

定年退職した夫から受ける暴言&暴力。加藤諦三が示した選択肢は「母親代わりになるか別れるか」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
う、うーん……。(2020/5/25)

吉野家がついにカロリーの暴力をリリース 3つの肉を使用した史上最大のボリュームメニュー「スタミナ超特盛丼」4月30日発売
満足できないはずがない。(2020/4/27)

コロナ禍を機に考える「定年後の自分」(1):
コロナ禍を機に考える「定年後の自分」 62歳元部長が地域で悪態をつき孤立する現実
「朝、店頭に並べない現役世代を尻目にマスクを買いだめする老人」「本当は在庫を隠しているのだろうと店員に食い下がる高齢男性」「列に割り込み、注意した人に暴力を振るう70代男性」……。今回のコロナ禍では日本全体が緊張感につつまれるなか、一部の高齢者による地域社会でのモラルが皆無な行動に対し、「暴走老人」などといった批判が生まれ、新たな火種となりそうな状況です。医学博士が、50代のうちに「定年後の自分」に早く向き合う必要性を事例とともにお伝えします。今回は、定年後に地域や家庭で孤立を深めていった男性の事例です。(2020/4/18)

自宅待機が長引く欧米でDV被害増 離婚急増の可能性も 
 【ニューヨーク=上塚真由】新型コロナウイルスの感染防止策として自宅待機措置が長引く中、米国などでは家庭内暴力(DV)の相談件数が増加している。制限された生活でストレスが蓄積し、経済的不安も増幅していることが要因とみられ、国連も事態を重視し各国に対策を求めている。(2020/4/9)

DV被害者支援団体、新型コロナの影響で児童虐待やDVの悪化懸念 国に対策を求める
夫の在宅ワークで暴力やモラハラが発生したケースも。(2020/3/31)

ツッコミ(ビシッ)→テロップ「暴力を助長する意図は含まれておりません」 1コマ漫画「配慮の過剰なお笑い」にマジでこうなりそうの声
「安心してお楽しみください」(2020/2/25)

妻を殴って離婚を切り出された相談者「900万円の慰謝料は妥当?」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「その時にちょっと女房殴ったもんですから」相談内容は金&暴力!(2019/12/16)

子どもの目線で訴え:
「よっぱらったら、何してもいいの?」 鉄道事業者が共同で暴力行為防止ポスターを製作
鉄道事業者が暴力行為防止ポスターを製作。年末年始にかけて駅構内や列車内に掲出する。子ども目線で暴力にNOを訴える。(2019/12/3)

YouTube、ゲームの暴力シーンの扱いを映画やテレビと同等に
YouTubeが、ゲームの暴力シーンの規制を緩和し、映画やテレビ番組と同等に扱うようガイドラインを変更した。(2019/12/3)

相談者は妻を殴って勾留10日間のDV夫 アドバイスは意外にも「離婚しない」方向に……?「テレフォン人生相談」先週のハイライト
暴力は振るうけど、犬の世話も家事もやる「言うことない夫」だと。(2019/11/18)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
職場で見過ごされる“心の暴力” 教員暴行事件に見る、オトナ社会の異常さ
神戸市の小学校教師の問題が「いじめ事件」と報じられていることに違和感がある。これは暴行だ。このような大人の言動を見て子どもは育つ。子どものいじめ問題以前に、「パワハラ」という精神的暴力、“見て見ぬふり”の姿勢をどうにかしなければならない。(2019/10/25)

Apple、中国政府が抗議した香港デモ支援アプリをApp Storeから削除
Appleが、香港のデモ参加者が警官や道路封鎖の状況を把握するために使っていたiOSアプリ「HKmap.live」を、中国政府の機関紙である人民日報が「Appleは香港の暴徒の暴力を支援するのか?」という記事を公開した後、App Storeから削除した。(2019/10/11)

このラーメンは俺たちを殺しにかかっている……!? 背脂がこぼれ落ちそうな「ストロングラーメン」のビジュアルがもはや暴力
満腹感、パなさそう。(2019/9/4)

モバクソ畑でつかまえて:
作り手は「暴力表現」とどう向き合うべきか 「メギド72」プロデューサーのメッセージに「フィクションの作り手として誠実」と共感集まる
京アニの放火事件を受け、プロデューサーが公開したメッセージがユーザーの間で話題になりました。(2019/8/7)

「メディアの企業体質」に苦言:
暴力団取材の第一人者・溝口敦 「刺されてもペンを止めなかった男」が語る闇営業問題の本質
暴力団や新興宗教、同和利権、裏社会など、タブーに斬り込み続けてきたノンフィクション作家・溝口敦氏――。背中を刺されても決してペンを止めなかった溝口氏に、これまでの仕事哲学と、芸能人・反社会的勢力の「闇営業問題」に何を思うのか聞いた。(2019/7/26)

鉄道係員に対する暴力行為、2018年度は630件発生 「暴力行為は飲酒と相関関係が見られる」
鉄道業界が結束「絶対に許されないこと、毅然と対応することを今後も強く訴えていく」。(2019/7/22)

校内暴力があっても労災が使えない“学校の事なかれ主義” 現役教師が語る「ブラック職場としての学校」
生徒にケガをさせられても、校長のポケットマネーで“何も無かったことに”。(2019/8/8)

「“ストレス解消用”トランプ大統領像を日本企業が中国見本市に出展」報道、企業側は全否定(※追記あり)
暴力的な展示があったとして、ブースが閉鎖されたと報じられていました。(2019/6/14)

激しくも楽しい猛獣“ネコ”との毎日! バイオレンスな飼い猫との日常を描いたマンガが思わずクセになる味わい
バイオレンスなバロンくんと、決しておとなしくはないラムちゃんにてんてこ舞い。(2019/6/14)

カロリーの暴力じゃないか! かつや、まさかの「カレーうどんカツ丼」を6月21日から期間限定発売
衝撃の「炭水化物 on the 炭水化物」。(2019/6/6)

大手民鉄16社:
鉄道員に対しての暴力行為、件数・発生状況は?
日本民営鉄道協会は5月23日、平成30年度に発生した駅員や乗務員などに対する暴力行為の件数を発表した。大手民鉄16社の状況をみると……。(2019/5/24)

TwitterやFacebook、ニュージーランド主催のネット上の暴力コンテンツ阻止誓約「Christchurch Call」に賛同
3月にニュージーランドのクライストチャーチで発生した銃乱射事件のFacebookでの実況動画拡散を受け、ニュージーランド政府がネット上の暴力コンテンツ排除を目的とする誓約「Christchurch Call」を発表し、Facebook、Twitter、Google、Amazon、Microsoftらが賛同した。(2019/5/16)

「御朱印フリマ転売」「職員や巫女に暴言や暴力に近い行為」 浅草神社、三社祭特別御朱印の頒布見送りを発表
フリマアプリの転売なども要因のひとつに。(2019/5/12)

どこを見ても美男美女! 広瀬すず、三浦春馬、小池徹平の3ショットが「顔面偏差値高すぎ」「美の暴力」と大反響
広瀬さん「春馬さんの身体がゴツゴツだった」。(2019/5/11)

圧倒的サイズとカロリーの暴力を体感できる 「ペヤング超∞超大盛GIGAMAX365」お披露目会、5月5日に伊勢崎市で実施
参加無料、観覧自由、実食も無料。(2019/4/14)

テロ映像など暴力的コンテンツ削除しないSNS運営企業に罰金や実刑 豪で法案が可決
年間売上高の最大10%の罰金が科されます。(2019/4/4)

「顔が天才」「かわいすぎて泣いた」 橋本環奈、個性派ファッション“3変化”が誰も追いつけない美しさ
ビジュアルの暴力。(2019/2/28)

「目とけた」「美の暴力」 「ゆるめるモ!」あの、本田翼との2ショットが直視できないまばゆさ
本田さんのコミュ力おばけ説あると思います。(2019/2/22)

スピン経済の歩き方:
なぜ課長はアンケート用紙を渡したのか 「役所の常識」は非常識
小学4年生女児が父から日常的に暴力を受けて亡くなった事件で、役所の「対応」が厳しい批判にさらされている。父からの暴力を相談していた女児のアンケートを、加害者である父に手渡していたのだ。なぜ担当者はアンケート用紙を渡したのか。筆者の窪田氏はこのように見ていて……。(2019/2/5)

そんなつもりはなかったのに:
暴言市長、暴行教師にならないためのハラスメント対策
明石市泉市長による暴言、町田総合高校教諭による暴力。いずれもこれまでの感覚では暴言市長、暴力教師というレッテル貼りとは異なる背景があるようです。私たちがハラスメント「加害者」にならないためには……。(2019/1/30)

「闇鍋で集まった4人が全員肉を持って来た」 → 悲しい事故が生んだ地獄のモンスター鍋がもはや暴力
圧がすごい。(2019/1/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
やはり元貴乃花親方は、“同じ穴のムジナ”だったのか
元貴乃花親方が騒動に巻き込まれている。弟子だった元幕内・貴ノ岩が弟弟子に暴力をふるい、引退することに。この“事件”についてコメントを求められても、元親方は知らんぷり。こうした対応について、関係者からは非難の声が出ていて……。(2018/12/21)

続出する「退職トラブル」:
詐術、脅迫、暴力、洗脳 「辞めたくても辞めさせないブラック企業」急増の真相
「会社を辞めたいのに辞めさせてくれない」という人の相談が増えている。厚生労働省の調査では、会社に辞めたいと伝えても辞めさせてくれない「自己都合退職」の相談が2番目に多く、3万8945件(相談件数の12.8%)もあった。「退職トラブル」の実態とブラック企業への対策を探る。(2018/11/6)

「可愛さの暴力」「天使っていたんだね…」 橋本環奈&清野菜名が見せた“今日俺ダンス”がキュートでキレッキレ
ずっと見ていられる。(2018/11/4)

ユダヤ礼拝所銃撃容疑者が利用していたSNS「Gab」をPayPalやGoDaddyが締め出し
ピッツバーグのユダヤ礼拝所銃撃の容疑者が反ユダヤ発言を繰り返していたSNS「Gab」に対し、PayPalやStripe、Joyent、GoDaddyなどが取引停止を通告。Gabは発言を阻止された人は暴力に向かうと主張する。(2018/10/29)

「こんな青春送ってみたかった」「甘酸っぱい暴力」と身もだえする人続出 両思いを知らずにドキドキする2人にヤキモキな漫画
これがキラッキラな青春ってやつか!(2018/10/12)

Super! C CHANNEL 2018:
フォロワー100万人超えモデル・テリちゃんが明かした“スタイル維持の秘訣”
暴力的なまでのかわいさよ……。(2018/10/7)

「問題噴出」の構造的背景を聞く:
“会社なら当たり前のこと”をすればうまくいく――フェンシング太田雄貴が挑む「スポーツ業界の健全化」
暴力、パワハラ、助成金の不正流用――。スポーツの競技団体で噴出する問題は止まる気配を見せない。昨年、日本フェンシング協会会長に就任した太田雄貴氏に現状の課題を聞いた。(2018/10/5)

「可愛さの暴力!」「橋本環奈ちゃんかと」 福原遥、人生初の“バッサリカット”で激かわショートボブになる
また新たな魅力を発掘してしまった。(2018/10/2)

スピン経済の歩き方:
日本人が「ある程度の暴力は必要」と考える、根本的な原因
全国で「暴力指導」が次々と明るみとなっている。会社、学校、クラブ、家など、あらゆるところで暴力指導が日常的に行われているわけだが、なぜ日本人は「ある程度の暴力は必要」と考えるのか。その思想には根深い問題があって……。(2018/9/11)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。