ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「暴力」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「暴力」に関する情報が集まったページです。

元ハロプロアイドル、成人男性からの被害に「歩くと痛みあるしアザできそう」 “普通に暴力レベル”と告白
ふくらはぎを踏まれることなんてあるのか……。(2024/2/20)

「BreakingDown」“叛逆の悪童”が対戦者のホストへ「場外暴力」 背後から蹴り&不意打ちも相手は一蹴「弱すぎて笑っちゃった」
舌戦には完敗。(2024/2/19)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
映画「首」は魅力いっぱいの上質なコント作品! なのに見てきた漫画家が頭を抱えた理由
北野武監督の最新映画「首」が11月23日より公開されました。登場人物の狂いっぷりや切れ味鋭いバイオレンス描写などが話題になっているようですが、個人的には狂気というより、生々しい“人間臭さ”を感じました。(2023/12/3)

英老舗ギャラリー、パレスチナ・ハマス紛争に言及した中国人アーティストの展覧会を直前中止 決定は「ソフトな暴力」と批判
アイ・ウェイウェイ「自己検閲はアーティストから重要な機会を奪い、多様な声を求める時代にとって痛恨の矛盾となる」(2023/11/17)

旧帝大卒アイドル「学歴の暴力」が読み解く、アイドル×高学歴の方程式 恥じらい・プライド・不安定、なぜ高学歴女子とアイドルは相いれないのか
日本一平均偏差値の高いアイドルに聞きました。(2023/11/15)

「日本のPSYになれそう」「いい曲で笑った」 とにかく明るい安村、初リリースの楽曲「PANTS」が普通にカッコいい
反暴力、パンツ着用などを歌っています。(2023/10/30)

才賀元パートナー、YouTube初動画で別居理由を赤裸々吐露「息子にまで暴力を振るうのでは」 結婚避けたのは「いつかは離れるだろうと想定」
才賀さんの元妻・あびる優さんも子どもの引き渡しを巡って激怒コメント。(2023/10/25)

Marketers Dive:
「ニュース記事」に並ぶ広告が消費者に与えるネガティブな印象、ブランドの死角になっていないか?
マーケターは自社の広告が暴力的または憎悪的なコンテンツと一緒に表示されることを心配する。だが、消費者の反応を見ると、ブランドセーフティー対策はそれだけでは十分ではないのかもしれない。(2023/10/19)

X(Twitter)で画像や動画を非表示にするには? センシティブなコンテンツを避ける方法
イスラエル情勢に関連して、暴力的な映像が出回っているとの指摘が寄せられています。(2023/10/9)

「ライブとして成立しない」 地下ドルが遠征先の相手と“トラブル” 運営が暴力主張「出てけと会場外へ出されました」「二度と出演致しません」
PAと現場でもめごとがあったとされています。(2023/9/26)

「許されない記事が出ました」 滝沢秀明、週刊誌報道に苦言 内容を否定し「大人として恥ずかしいと思います」
「事実と異なる内容の掲載は暴力と同じだと思います」と訴える滝沢さん。(2023/9/23)

青森ねぶた祭での暴力動画拡散 青森市長「あのような行為は決して許されない」と批判
青森青年会議所は2024年度の青森ねぶた祭への参加を自粛。(2023/8/23)

青森ねぶた祭での暴力動画が拡散 団体「来年度の参加自粛」を発表 「注意や指導しづらい雰囲気」原因か
「当会議所の運行を見直す時間に当てたい」としています。(2023/8/19)

青森ねぶた祭でスタッフを殴る暴力動画が拡散 青森市長「非常に残念でならない」と遺憾の意を表明
再発防止および健全な祭の運営に努めるとしています。(2023/8/12)

映画「マッド・ハイジ」レビュー “君たちはどう生きるか”と問われて狂気と暴力で答えたような快作
納得の18禁。(2023/7/14)

仏俳優アラン・ドロン“伴侶”の日本人女性、「モラハラ」「暴力」などで告訴 息子のTV出演で謎深まる「恋愛関係にない」
2019年に脳卒中で倒れてから側にいたとのこと。(2023/7/7)

米歌手、ステージへ乱入した男に顔を平手打ちされる コンサート中の女性アーティストへの暴力続き「何が起こってるんだ?」と怒りの声
会場にいたファンによる動画も拡散されています。(2023/6/22)

従業員が牛に暴力 SNSで動画広まった牧場が謝罪 「深くおわび」 法的措置も
乳牛に殴る蹴るといった暴力を加える映像がSNSで広まっている件を巡り、牧場施設・大田原牧場が謝罪。従業員が動画を撮影・投稿したと認めた。(2023/6/14)

牛に殴る蹴るの暴力振るう動画拡散 牧場「虐待行為は到底許されない」従業員は懲戒解雇も視野に処分検討
島根県警察らも動物愛護法違反の疑いで捜査中です。(2023/6/14)

内閣府、性暴力被害予防のポスター取り下げ イラストレーターの作品に類似と指摘
(2023/4/19)

「尾木ママ」の偽アカウントに批判 「子供の教育には暴力が大事」など不謹慎投稿で凍結
該当アカウントはすでに凍結されています。(2023/4/6)

Google、検索結果の不適切な画像を初期設定でぼかすように
Googleは、画像検索の結果に暴力的な画像やポルノ画像がある場合、初期設定でぼかすようになる。向こう数カ月中に有効になる見込み。ぼかした画像も表示でき、ぼかさないように設定を変更することも可能だ。(2023/2/8)

ポプテピ×龍が如くの“暴力”コラボ決定 記念動画では真島役の宇垣さんが“収録呼ばれてない問題”でキレ散らかす
キレてから全面降伏。(2023/2/1)

新垣結衣、WOWOW「連続ドラマW フェンス」に精神科医・城間薫役で出演 脚本・野木亜紀子のクライムサスペンス
新垣さんの出身地でもある沖縄で、米兵による性暴力犯罪の真相に迫る様を描いたドラマ。(2023/1/25)

インパクトすっごいな! 米お騒がせセレブ、リアルすぎる“ライオンの頭”付きドレスでパリコレに登場 「暴力を増長させる」との批判も
「トロフィーハンティングの宣伝」と批判も。(2023/1/24)

悪魔のささやきが聞こえる バンズの代わりにカマンベールチーズでサンドした「スーパーチーズバーガー」がやばすぎる 「J.S. BURGERS CAFE」で限定販売
暴力的なカロリー!(2023/1/17)

カラオケ まねきねこ従業員が路上で暴行する動画拡散 「何しとんじゃ、コラ」など暴言も 運営元「暴力は事実」と認め謝罪
「オラ、やるのかコラ」「何しとんじゃ、コラ」などと暴言を吐き、男性を殴ったり蹴ったりする様子が写されていました。(2023/1/17)

〈24時間営業再開か〉すかいらーくジョナサン店舗で店長に骨折させられる“壮絶なパワハラ”と大きな闇
「人件費をできるだけ抑え、未払いで長時間労働をさせる。そのために、暴力や恐怖で支配していたのではないか」。(2023/1/6)

人工知能ニュース:
複数人の動きの相関を判定し、危険行動を高精度に自動検出する技術を開発
三菱電機は、自社AI技術を使った作業分析技術「骨紋」を応用し、複数人物の行動に相関があるかを判定することで、暴力行為などの危険行動を高精度に自動検知する技術を開発した。(2022/12/23)

カスハラ、多いのは「暴言」「説教」 中には「暴力」や「ストーカー行為」も…… 日本労働組合総連合会の実態調査
コロナ禍に伴い件数が増加しているといった声も。(2022/12/20)

市長「出禁じゃ!オラァ!」 広島県福山市のPR映画「福山市長に1日密着してみた」がぶっ飛んだバイオレンス展開で話題に
「安心して下さい! 私は市長です!(発砲)」(2022/12/11)

Twitter、イェ(カニエ・ウェスト)のアカウントを再凍結
Twitterは11月半ばに凍結解除したイェ(元カニエ・ウェスト)のアカウントを再凍結した。マスクCEOは「最善を尽くしたが、彼は再度暴力の扇動に関するTwitterルールに違反した。アカウントは停止だ」とツイートした。(2022/12/3)

社会学者の宮台真司さん襲撃事件 東京都立大の学長「暴力的な行為に強い憤りを覚える」
「安全確保に全力を尽くして参ります」と述べています。(2022/12/1)

“性的行為”で物議のビル・マーレイ、セス・グリーンが9歳で受けた暴力訴え 逆さのままゴミ箱へ落とされ「泣きじゃくった」
新作映画が撮影中断に。(2022/10/19)

「公権力による“暴力” そのものでは」 鳥取県の有害図書指定でAmazonが販売停止、出版元が抗議
出版元の三才ブックス「鳥取県で本を販売することが、もはやリスクといえる事態」(2022/8/27)

すかいらーく、客からのパワハラ告発にも対応せず ジョナサンで店員が殴られ骨折させられた“壮絶なパワハラ” 社長は謝罪を拒否
「人件費をできるだけ抑え、未払いで長時間労働をさせる。そのために、暴力や恐怖で支配していたのではないか」。(2022/7/22)

「LE SSERAFIM」キム・ガラム、事務所が専属契約の解除発表 中学時の“暴力加害疑惑”きっかけに活動休止中
何が起きたんだ・・・。(2022/7/20)

カッとしても暴力はダメニャ!:
駅員への暴力増加…「ネコパンチ」に見立て防止呼びかけ 鉄道各社、カスハラ対策に苦慮
JRや私鉄など全国90の鉄道事業者は、増加する駅係員への暴力行為を防ぐため、2匹のネコを使ったPRポスターを共同で作成し、駅構内や列車内で掲載を始めた。暴力行為を「ネコパンチ」に見立て、コミカルな表現に仕立てたのはなぜなのか。(2022/7/13)

専門家による注意喚起も:
安倍元首相への銃撃に「ショック」「暴力に屈しない」などの声 経済界の反応まとめ
7月8日、安倍晋三元首相が奈良市で演説中に銃撃された。この報道を受け、経営者や経済分野の著名人などからも容体を心配するコメントが多数上がっている。(2022/7/8)

リッキー・マーティン、家庭内暴力法による接近禁止命令は「完全な虚偽」 “原告は夫ではない”不倫疑惑も「潔白が証明されると確信」
燃えてるんだろうか。(2022/7/4)

対策を間違えると逆効果も:
この「印籠」が目に入らぬか 悪質クレーマー防止に効く意外な“切り札”とは?
客が悪質なクレームを店側に突き付ける「カスタマーハラスメント」。従業員を下の立場と見なして無理な要求や暴言、暴力行為などをはたらく悪質な実態が報告されており、国会でも法制化に向け議論が始まっている。カスハラ防止に向け、独自に対策を取る店もあるが、一歩間違えると、悪質クレーマーの怒りに油を注ぎかねない危険性もはらむ。(2022/6/2)

ジョニー・デップ裁判で“元カノ”ケイト・モスが証言 元妻アンバーが暴力の根拠とした主張を真っ向から否定
ジョニー・デップの最も有名な元カノ。(2022/5/26)

この頃、セキュリティ界隈で:
言論の自由かコンテンツ規制か――銃撃映像ネットで拡散、模倣犯後を絶たず
大手SNSサービスでは暴力的なコンテンツを締め出す一方で、匿名掲示板の4chanなどのWebサイトは、大手から締め出されたユーザーが過激な内容を共有できる場として存続。そこで見たコンテンツから刺激を受け、犯罪に手を染めるユーザーが後を絶たない。(2022/5/25)

我慢の限界に達する現場:
正座で軟禁・盗撮しSNSに投稿…「カスハラ」の深刻な実態と従業員の「怒りの声」
客が悪質なクレームを店側に突き付ける「カスタマーハラスメント」(カスハラ)が深刻度を増している。暴力行為、土下座の強要、無断撮影しSNSに投稿――。度が過ぎた行為に、現場は苦悩を募らせる。体調不良や離職にもつながりかねないカスハラ被害に、有効な手立てはあるのか。鉄道や航空、輸送などの現場で働く人が集い、カスハラの実態と対策について話し合った。(2022/5/25)

「LE SSERAFIM」キム・ガラム、事務所が中学時の“暴力加害疑惑”を否定「虚偽の事実に苦しめられてきました」
「LE SSERAFIM」はしばらく5人体制で活動するとのこと。(2022/5/20)

飼い主の歌にあわせてノリノリダンスするシロハラインコが楽しそう! ダンサーのようなリズム感に「可愛いの暴力」と絶賛の声
楽しそうで一緒に踊りたくなっちゃう。(2022/3/21)

AWS、ロシアでの新規契約を停止
AWSが、ロシアとベラルーシにおけるクラウドサービスの新規契約を停止。AWSのクラウドサービスを暴力やテロに使ったり、扇動したりすることを認めていないと説明した。(2022/3/9)

IBMもロシアでの製品販売を停止 軍事組織と取引しない方針も表明
IBMが、3月3日までにロシアでの製品やサービスの販売を停止した。「暴力および侵略行為を容認しないと同時に、ロシアによるウクライナでの戦争を非難する」(同社)という。(2022/3/7)

【そんなことある?】「やり口が呪霊」「バイオレンスかわいい」 “人間に握手を求め続けるオウム”がホラー映画みたいだけど手を伸ばしたくなる
知らないとちょっと怖い鳥あるある?(2022/2/2)

クマが“数の暴力”より“知恵”で統治する 奇妙なフランス・イタリア合作のアニメ映画「シチリアを征服したクマ王国の物語」レビュー
クマさん版ベルセルクだった。(2022/1/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。