ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビジュアルブックマーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビジュアルブックマーク」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Web版とモバイル版を横断して利用可能に:
アドビ、Adobe Firefly機能搭載の「Adobe Express」モバイル版アプリを一般提供
アドビは、生成AI「Adobe Firefly」の機能を利用できる「Adobe Express」モバイル版アプリの一般提供を開始した。(2024/4/25)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年4月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。(2024/4/23)

Social Media Today:
主要SNSが生成AIツールを続々搭載のニュースに不安しかない件
一般ユーザーにとって、生成AIは本当にソーシャルアプリの体験を向上させるものなのだろうか。(2024/3/11)

新しいターゲットにアプローチするためには新しい攻め方が必要:
サントリーが「フレシネ」の訴求にPinterest広告の「プレミアスポットライト」を使った理由
メディア接触行動が多様化する若年層に向けたキャンペーンはプランニングに工夫が必要だ。パーティーシーズンにPinterestの新しい広告商品「プレミア スポットライト」を活用したサントリーのスパークリングワイン「フレシネ イタリアン ロゼ」の事例を紹介する。【訂正あり】(2024/3/7)

「うるう秒」はまだ終わっていない 焦点は“新たな協定世界時”の導入時期
実質的な廃止が決まった「うるう秒」。過去には情報通信システムのトラブルを引き起こす要因にもなってきたが、今後IT業界はうるう秒に悩まされることはないのだろうか? 情報通信研究機構(NICT)に見通しを聞いた。(2024/2/29)

SNSの栄枯盛衰を振り返る【第3回】
テキストだけの“SNS老人”にならないために知っておきたい「映像・音声SNS」5選
かつてインターネットでの交流はテキストが主体だったが、近年は映像や音声を使ったコミュニケーションへと人気が移りつつある。映像や音声のやりとりを爆発的に普及させた主要SNSとは。(2024/2/29)

欧州委員会、TikTokをDSA(デジタルサービス法)違反の可能性で調査開始
EUの欧州委員会は、TikTokがDSA(デジタルサービス法)に違反している疑いがあるとして、正式な調査を開始した。「ウサギの穴効果」の可能性や未成年保護方法などを調べる。(2024/2/20)

選定に影響を及ぼす4つの要素とは:
「Elixir」と「Clojure」はどう使い分ける? 両言語の歴史から選定のポイントまで解説
TechTargetは、「ElixirとClojureの違い」に関する記事を公開した。JavaScriptやPythonほどではないが、大規模関数型プログラミングの世界ではよく知られているElixirとClojureの特徴を紹介する。(2024/1/10)

Social MediaToday:
2024年、成功したいデジタルマーケターがやるべきこと5選
2024年のマーケティングプランニングにおいて注目すべき5つの主要なトレンドについて、ポイントを絞って解説する。(2024/1/4)

Social Media Today:
AppleやMetaにも負けないAR 有料サブスクはさらなる成長の期待も――2024年のSNS大予測(Snapchat編)
財務的には一時困難な状況もあったSnapだが、ARグラスや3Dアバター、メッセージングなど、再浮上の可能性は十分にある。(2023/12/23)

Social Media Today:
TikTok全面禁止は結局のところ、あり得る?――2024年のSNS大予測(TikTok編)
コマース領域への進出、AI機能の強化など、2024年もTikTokはますます進化することが予想される。しかし、米中関係次第では、そもそも全面的にアプリ利用が禁止される懸念もある。(2023/12/16)

Social Media Today:
MicrosoftはOpenAIの最強パートナー 生成AIへの強みをどう生かす?――2024年のSNS大予測(LinkedIn編)
プロフィール要約や投稿補助など、生成AIを活用した機能を続々と導入してきたLinkedIn。2024年はAIの使用をアプリ内の体験向上にシフトさせることが予想される。(2023/12/9)

Social Media Today:
ARで小売業との連携を強化、ショッピングにより強いSNSに――2024年のSNS大予測(Pinterest編)
2024年のPinterestのテーマはIRL(In Real Life:現実世界)との接続となるだろう。(2023/12/2)

Social Media Today:
イーロン・マスク氏の野望はいつ破綻する?――2024年のSNS大予測(X編)
スーパーアプリの構想を掲げるマスク氏が改革の大ナタを振るう度、Xユーザーや広告主は心をざわつかせている。Xはこの調子でやっていけるのだろうか。(2023/11/25)

Social Media Today:
生成AIでビジュアル編集強化、そしてThreadsは出オチで終わらない――2024年のSNS大予測(Instagram編)
AIでレコメンドされる動画、AR、それからX(旧Twitter)キラーの最有力候補であるThreads。Metaの屋台骨を支えるInstagramは2024年、どう進化するのか。(2023/11/18)

Social Media Today:
Facebookの“ソーシャル離れ” フォローよりAI重視が加速――2024年のSNS大予測(Facebook編)
世界最大のSNSであるFacebookさえ、フォローする人よりAIがレコメンドするコンテンツの方がエンゲージメントが高いと考えるようになっている。2024年はどうなる?(2023/11/11)

調べものをする際に使うサービス 2位「YouTube」、1位は?
人々は何かを調べたり探したりするときに、どのようなサービスを利用しているのか。LINEリサーチが、インターネットでの調べものに関する調査を実施した。(2023/11/11)

Social Media Today:
やっぱりX(旧Twitter)のユーザーは減少中? 10万ユーザーの追跡データが示す公式発表との乖離
Xのユーザー指標については多くの疑問が投げかけられている。特に、イーロン・マスク氏がオーナーとなって以来、同プラットフォームの利用者がさまざまな「過去最高」を記録しているという主張の正確性については疑問が投げかけられている。(2023/11/7)

Social Media Today:
2024年のSNS大予測
2024年まで、残すところあと数週間。次の12カ月でデジタルマーケティングへのアプローチをどのように変えていくか、計画立案のために知っておきたいことがある。(2023/11/4)

Z世代が「もっと流行りそう」と考えるSNS 3位「X」、2位「TikTok」、1位は?
Z世代が「今以上に流行しそう」と考えるSNSは何か、LINEヤフーが運営するLINEリサーチが、調査結果を発表した。(2023/10/28)

Marketing Dive:
ホンダが初の全電動SUV「Prologue」で展開する最先端の広告キャンペーンの中身
「Keep Dreaming」の60秒のスポットCMでは、2024年に北米で発売する新型SUVと共に、排出ガス、ハイブリッド車、電気自動車(EV)、航空・宇宙への取り組みに関するHondaの革新の歴史と2050年までのグローバルカーボンニュートラルへのコミットメントを紹介している。(2023/10/20)

Marketing Dive:
トヨタの新型SUV発売で実践された“常識外れ”のキャンペーン手法とは?
トヨタが北米で新たに発売する中型SUV「Grand Highlander」(日本での発売は未定)。家族団らんという統一テーマを掲げつつ複数の代理店と連携して実現したキャンペーンの中身はどのようなものか。(2023/10/4)

今日のリサーチ:
データフィード活用企業に人気の媒体 ECでは「Pinterest」、人材では「求人ボックス」が伸長
フィードフォースによる「データフィード利用状況調査2023上期」の結果です。(2023/8/27)

Google、EUのデジタルサービス法の発効に向けて広告に関する透明性向上を約束
Googleは、EUのデジタルサービス法(DSA)発効の前日、ターゲティング広告などに関する透明性向上について発表した。EUに超大規模プラットフォームと指定されたプラットフォームは、DSAに違反すると罰金を科される可能性がある。(2023/8/25)

【新連載】note活用で企業の「想い」を広げる:
企業のオウンドメディア戦略に「note」活用を強く薦めたい理由
今、多くの企業がオウンドメディア運用に活用している「note」。当連載では、SNSマーケティングの総合代理店であるコムニコのエバンジェリストが、複数社の好事例の紹介も交えながら、企業が有効にnoteを活用する方法を解説します。(2023/8/23)

プレイバック注目コンテンツ:
「Pinterest」が愛される理由
Twitterが迷走する一方でMetaの「Threads」が台頭するなど、SNSの勢力図が動き始めています。そうした中、着々と成長するPinterestに注目してみます。(2023/7/16)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
1億人突破の「Threads」が第一候補? ChatGPTが考えるTwitterからの移行先
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「Twitterからの移行先」です。(2023/7/15)

Social Media Today:
「Twitter」の名が消えて「X」が表に出る日はいつ?
イーロン・マスク氏は買収したTwitterを自身が所有するX Holdings傘下のXという名の企業に統合しており、現時点で社名としてのTwitterは存在しない。ではブランドあるいはアプリ名としてのTwitterは、どうなるのか。(2023/6/9)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
一人マーケターを救うサービスが続々登場、クラウド型広告エージェンシーって?
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、クラウド型広告エージェンシーサービスなどに注目。(2023/4/28)

Social Media Today:
「Pinterest」ユーザー数4億5000万人超え 知らぬ間に急成長の謎
「Pinterest」が着実にMAUを伸ばしている。特にZ世代のユーザーが伸びているというが、どういった施策が功を奏したのだろうか。(2023/4/10)

プロイラストレーターが最近のAI「どうすんだこれ感」について思ったこと
IT業界に限らず、AI関連の話題がホットだ。プロイラストレーターのrefeiaさんに、昨今の事情を踏まえて思いの丈をまとめてもらった。(2023/3/29)

あなたはいくつ知ってますか?:
Z世代が選ぶ、次に”くる”SNS 1位は大学生が趣味でつくったあのアプリ
バイドゥが、「トレンド寸前!次世代SNS TOP10」を発表した。3位は「Pinterest」、2位は「GRAVITY」がランクイン。気になる1位は?(2023/1/20)

Z世代が選ぶ「次世代SNS TOP10」、まさかの「mixi」ランクイン
10〜24歳の“Z世代”に聞いた「トレンド寸前! 次世代SNS TOP10」の5位に、19年目を迎えるSNS「mixi」が入った。(2023/1/19)

CMS、サーバサイドプログラミング言語、JavaScriptライブラリなど:
2022年に躍進したWeb技術とは? Q-Successが17分野を調査
Q-Successは17種類のWeb技術について、2023年1月1日と2022年1月1日の使用Webサイト数を比較し、最も増加数が大きかった上位3つの技術を「Web Technologies of the Year 2022」として発表した。(2023/1/12)

Social Media Today:
他のSNSに機能をパクられまくってもニッチな存在感 再成長の鍵は?――2023年のSNS大予測(Snapchat編)
2023年のソーシャルメディアマーケティングに関する32の予測をお届けする。今回は「Snapchat」について。(2022/12/31)

Social Media Today:
「リスキリング」強化でますます使えるビジネスSNSに――2023年のSNS大予測(LinkedIn編)
2023年のソーシャルメディアマーケティングに関する32の予測をお届けする。今回は「LinkedIn」について。(2022/12/30)

Social Media Today:
Google出身の新CEOに託された「Eコマース」と「探索」の強化――2023年のSNS大予測(Pinterest編)
2023年のソーシャルメディアマーケティングに関する32の予測をお届けする。今回は「Pinterest」について。(2022/12/29)

Social Media Today:
中国共産党と本当に無関係? “悪魔の証明”を求める声はなお強く――2023年のSNS大予測(TikTok編)
2023年のソーシャルメディアマーケティングに関する32の予測をお届けする。今回は「TikTok」について。(2022/12/28)

Social Media Today:
イーロン・マスク氏は結局妥協を強いられる?――2023年のSNS大予測(Twitter編)
2023年のソーシャルメディアマーケティングに関する32の予測をお届けする。今回は「Twitter」について。(2022/12/27)

もしTwitterが有料化・終了したらどこに移行する 1位は? Twitter以外使わないと断言する人も
MMD研究所はスマホ利用者調査の中で、Twitterが有料化・終了した場合の移行先はどこにするかとの問いに、約40%はInstagramと答えたと発表した。約8%は「Twitter以外使わない」と答えた。(2022/12/26)

Social Media Today:
マーク・ザッカーバーグ氏が誓ったリベンジ、本当に実現できる?――2023年のSNS大予測(Facebook編)
2023年のソーシャルメディアマーケティングに関する予測をメディア別にお届けする。今回は「Facebook」について。(2022/12/23)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
TikTokの新戦略と、抗戦するアマゾン 奪い合う「動画を見て衝動買い」の市場
米TikTokが、ブランドやインフルエンサーの動画からすぐに商品を購入できるソーシャルコマースに参入した。米国内で物流や倉庫関連の求人を拡大し、本格的にこの事業に取り組む姿勢が見える。これに対抗するのがアマゾンだ。アプリ内でTikTokのように短編動画や写真をフィードできる機能を開発し、導入を進めている。両社がシェア拡大を狙うソーシャルコマース市場の魅力と展望とは?(2022/12/20)

Social Media Today:
TikTok完コピもメタバース時代への布石?――2023年のSNS大予測(Instagram編)
2023年のソーシャルメディアマーケティングに関する32の予測をお届けする。今回は「Instagram」について。(2022/12/26)

「われわれはNovelAIと関係ない」──海外のイラストサイト「Danbooru」が日本語で声明
海外のイラストサイト「Danbooru」は、画像生成AI「NovelAI Diffusion」(NovelAI)と無関係であると主張する声明を発表した。“NovelAIのことでお悩みになっている絵師様へ”とし、メッセージを公開している。(2022/10/5)

Payments Dive:
Instagramでチャット機能を使った決済が可能に
Instagramのチャット機能で決済ができるようになったとMetaが発表した。ユーザーや企業にとってプラスとなるか。(2022/8/18)

Marketing Dive:
TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。(2022/8/17)

Marketing Dive:
Googleはメタバースより現実世界を重視 明日のデジタル広告はどうなる?
Googleはマーケター向けの年次イベントにおいて、検索結果にARショッピング広告を表示するなど、デジタル広告をよりインタラクティブな機能へと誘導したい意向を示した。(2022/7/27)

小売業者を支援:
「Pinterest ショッピング API」でできること
ビジュアル探索ツール「Pinterest」に小売業者を支援する新機能が追加された。(2022/7/20)

Googleさん:
Googleアプリ群の混乱に終止符を打った片づけ魔法使いの旅立ち
Googleのコミュニケーションツールの混沌を整理してきたハビエル・ソルテロさんが7月に退社します。DuoとMeetの統合、ハングアウトの完全終了の目処がたったタイミングです。(2022/7/4)

「アイデアピン」を広告に:
Pinterestが提供する広告主とクリエイターの協業の仕組み「アイデアアド」とは?
没入型全画面で複数の動画や画像を1つのアイデアとして表示した「アイデアピン」をブランドにタグ付け。そのまま広告として配信することも可能に。(2022/6/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。