ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WX01S SOCIUS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「WX01S SOCIUS」に関する情報が集まったページです。

ウィルコム、「HONEY BEE 5」「SOCIUS」「ENERUS」のソフト更新を開始
ウィルコムのPHS端末「HONEY BEE 5 WX07K」「SOCIUS WX01S」「ENERUS WX03S」のソフトウェア更新が開始された。(2013/6/25)

学生または22歳未満が対象:
指定機種の購入で、月額基本料を最大3年間無料に――「ウィルコム学割」
指定機種の購入で、新ウィルコム定額プランSの基本料1450円を1〜3年間無料にする。もう1台無料キャンペーンとの併用も可能。(2013/4/1)

開発陣に聞く「ENERUS WX03S」:
スマホを充電、さらに子機にもなる Bluetooth+バッテリーで目指した究極の2台目PHS
SIIの「ENERUS WX03S」は、容量1700mAhのモバイルバッテリーにもなるPHS。さらにスマホとBluetooth接続することで、通話用の子機としても利用できる。ウィルコムとSIIにその開発経緯を聞いた。(2013/1/30)

石野純也のMobile Eye(10月20日〜11月2日):
市場拡大に期待の「iPad mini」/IGZOで勝負に出るシャープ/スマホに寄り添うウィルコム
冬モデルが発売され始めた中、7インチクラスのタブレットも続々と登場している。11月2日に発売されたばかりの「iPad mini」は、タブレット市場拡大の起爆剤になるか、注目を集めている。今回はほかに、シャープとウィルコムの冬商戦における戦略を取り上げる。(2012/11/2)

ウィルコムの累計契約数が500万を突破
ウィルコムの累計契約数が、9月23日に500万を突破した。(2012/9/26)

ウィルコム、「SOCIUS WX01S」と「GALAPAGOS 003SH」のセット販売を開始
ウィルコムのPHS端末「SOCIUS WX01S」と、ソフトバンクのAndroidスマートフォン「GALAPAGOS 003SH」が4月27日からセット販売される。(2012/4/27)

写真で解説する「PORTUS WX02S」
PHSと3G対応のモバイルWi-Fiルーターが一体化したウィルコムの「PORTUS WX02S」。見た目はシンプルなストレート型の音声端末だが、ワンタッチでオン/オフできる本格的なルーター機能を備えている。(2012/4/24)

ウィルコム、3GモバイルルーターにもなるPHS「PORTUS WX02S」を発表
ウィルコムは、PHSと3Gモバイルルーターが一体となったセイコーインスツル製の「PORTUS WX02S」を発表した。PHS同士の通話とメール、3Gデータ通信が定額利用できる月額3880円の専用プランも用意する。(2012/4/12)

PHS×Androidスマートフォン:
ウィルコム、「SOCIUS」と「GALAPAGOS」のセットを発売
ウィルコムは、SII製のBluetooth対応PHS「SOCIUS WX01S」とシャープ製の「GALAPAGOS 005SH」のセット商品を発売した。一括販売価格は3万9600円だが、2年間の継続利用時には実質負担額が4800円になる。(2012/2/24)

Mobile Weekly Top10:
CESで飛び出した「Xperia」の新ラインアップ(1月9日〜1月15日)
現地時間の1月10日から13日まで行われた、米国最大の家電イベント「2012 International CES」。そのCESで発表されたソニー・エリクソンの「Xperia acro HD」は、早くもドコモとauから販売されることが決定している。(2012/1/16)

だれとでも定額×キャリア定額で死角なし:
スマホ2台をBluetoothで使いこなすシンプルPHS「SOCIUS WX01S」
ウィルコムのSII製「SOCIUS WX01S」は、ストレートボディのシンプルなPHS端末。だが、SOCIUSはBluetoothのヘッドセット機能を持ち、スマホ2回線と自身のPHS回線の3回線をこれ1台で操れる優れものだ。(2011/12/27)

ITmediaスタッフが選ぶ、2011年の“注目ケータイ&トピック”(ライター坪山編):
ガラ+グロ、モバイルIP電話、公衆無線LAN――スマホ元年に見たアレ・コレ・ソレ
2011年こそ「スマホ元年」だと感じた1年だった。国内メーカーもスマートフォン市場に続々と参入し、機能、サイズ、デザインなどさまざまな面から選べるモデルが増えた。一方で、モバイルIP電話の増加や、トラフィック増に伴う問題も見られた。(2011/12/26)

BT接続でスマートフォンの“子機”になるPHS――「SOCIUS WX01S」
SIIの「SOCIUS(ソキウス) WX01S」は、スマートフォンのBluetoothハンドセットとして利用できるPHS端末。話やすく持ち歩きやすいストレートボディを採用し、スマートフォンと組み合わせて快適な通話が可能になる。(2011/9/21)

10機種29色で登場:
“2台目”ニーズをとことん追求、超小型や据え置き電話機型、スマホの着信を取れる個性派モデルも――ウィルコムの秋冬モデル
「だれとでも定額」が100万契約を突破するなど、2台目需要の喚起が大当たりしたウィルコム。秋冬モデルは、2台目、3台目のニーズを追求したモデルを軸に展開。フリスクサイズの超小型端末や、スマホとBluetooth接続すると“発着信できるハンドセット”として使える端末など、個性派端末も投入する。(2011/9/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。