ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コンテスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コンテスト」に関する情報が集まったページです。

209作品から選出:
ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」の家デザインが決定、9月完成予定
オープンハウスグループは、東京ヤクルトスワローズ、明治神宮外苑と実施している「つば九郎のお家プロジェクト」において、「外観デザインコンテスト」の受賞作品が決定したと発表した。(2022/6/24)

まだ間に合う「目指せ起業家世界一」 スタートアップW杯
米ベンチャーキャピタル(VC)大手のペガサス・テック・ベンチャーズ(カリフォルニア州)は8日、起業家を対象とした世界最大規模のビジネスプランコンテスト「スタートアップワールドカップ」の日本予選を7月21日に東京で、世界決勝戦を9月30日に米サンフランシスコで開催すると発表した。(2022/6/9)

子どもが考えた「静岡県算数セット」とは? 「文房具アイデアコンテスト」の受賞作がすてきな作品ばかりで楽しい
製品化してほしいすてきなアイデアが勢ぞろい。(2022/6/3)

日本各地から110台が集結 痛車イベント「ARC Championship 2022」滋賀・奥伊吹で5月29日開催
展示された痛車に投票する「ドレスアップコンテスト」も。(2022/5/28)

「第19回秩父鉄道写真コンテスト」6月1日スタート 「SL部門」「観光部門」など4部門で鉄道や沿線の魅力伝える作品を募集
Instagram公式アカウント限定の「PALETTE写真部部門」も。(2022/5/21)

評価額10億円! 高専生が考えたディープラーニング活用事業の完成度
企業の間で活用が広がっているディープラーニングは、学生の研究対象としても大きな盛り上がりを見せている。「第3回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2022(DCON2022)」では、高専生の考えた事例に評価額10億円も。(2022/5/20)

Appleが「iPhoneで撮影したマクロ写真コンテスト」の入賞作品発表 世界中から集まった神秘的な写真をご照覧あれ
いずれもiPhone 13 Pro(およびPro Max)で撮影されました。(2022/4/17)

AIの問題解決能力の飛躍的向上を実証:
DeepMindのAIシステム、競技プログラミングで人間と互角の成績
DeepMindがAIベースのコンピュータプログラム作成システム「AlphaCode」を開発し、競技プログラミングコンテストへの参加をシミュレートしたところ、同システムはコンテスト参加者の54%以内の順位に相当する成績を収めた。(2022/4/11)

「今日の八王子寒すぎ」「近所にパン屋できた」→そのSNS投稿、残して大丈夫? 個人情報リテラシーの啓発動画がゾッとする
東京都が実施したSNSトラブル防止動画コンテストの優秀賞受賞作。(2022/2/23)

3Dプリンタが生み出した悲しき「芸術作品」を募る「もじゃもじゃコンテスト」 第2回が作品を募集中 ユニークなオブジェが続々投稿
今回から現物を募ってのリアル展示も。(2022/2/22)

この世のものとは思えない冬の湖の光景 野生生物写真コンテスト、一般投票で選ばれた作品が圧巻
冬のイタリアの湖で撮影。(2022/2/19)

AIが競技プログラミングに挑戦、人間レベルのスコア達成 英DeepMindの「AlphaCode」
英DeepMindのプログラミングAI「AlphaCode」が、競技プログラミングコンテストで参加者の上位54%以内に食い込む成績を収めた。プログラミングAIがコンテストで人間と渡り合えるレベルに達したのは初という。(2022/2/3)

ジャンポケおたけ、フィジーク大会後に“体脂肪率7.5%増” 現在の肉体公開で減量スタート「大分肥えました…」
おたけさん「今年も出れるコンテストは出ていきたい」(2022/2/3)

沖縄を舞台に70年代と現代が交錯:
桐谷健太さん主演「ミラクルシティコザ」制作の舞台裏 プロデューサーが見いだした「地方に眠る商機」とは?
桐谷健太さん主演の映画「ミラクルシティコザ」が、2月4日に全国公開される。バックアップしたのは制作プロダクションのオフィスクレッシェンドだ。2017年から「未完成映画予告編大賞」という映像コンテストを実施して次代を担うクリエイターを発掘しようとしている。その真意を同社の神康幸副社長に聞いた。(2022/1/29)

「Ruby biz Grand prix 2021」表彰式レポート:
PR:新たなビッグビジネスを予感させる9サービスを表彰
まつもとゆきひろ氏によって開発されたプログラミング言語「Ruby」を活用し、新たなビジネス価値を創造するサービスや商品を展開している企業を表彰するビジネスコンテスト「Ruby biz Grand prix 2021」の表彰式が、2021年12月15日に開催された。(2022/1/18)

「Pwn2Own Austin 2021」レポート
ハッキング大会で攻撃がことごとく成功してしまった“不名誉”なIT製品とは?
ハッキング技術コンテスト「Pwn2Own Austin 2021」では、セキュリティ研究者が名声と賞金を懸け、NASやスマートフォン、ルーター、プリンタなどのデバイスの攻撃に挑戦した。どのような結果になったのか。(2021/12/25)

エッジコンピューティング:
AIエッジコンピューティングの社会実装拡大へ、OKIがコンテストを実施
OKIは2021年12月15日、AI(人工知能)エッジコンピュータの社会実装を広げることを目指したイベント「AIエッジ・カンファレンス&ソリューションコンテスト2021」を開催。AIエッジコンピュータの世界の広がりを訴えるカンファレンスを開催するとともに、同社のAIエッジコンピュータ「AE2100」を活用した新たなソリューションの成果を評価するコンテストを実施した。(2021/12/24)

【優勝者発表】“世界一おもしろいペット写真”コンテスト 総合優勝はお尻から何かが出ているようなワンコ
早とちりしてゴメン。(2021/12/9)

「デジタルならうまいわけですね」 絵のコンテストで主催から“アナログよりうまくて当然”扱いされた実録漫画がつらい
デジタルなら誰でもうまく描けると思っている人は多いようで……。(2021/12/9)

西川貴教、肉体美コンテストで2連覇達成 “51歳で全盛期”な美ボディーに称賛の声「彫刻じゃん!」
尊敬しかない。(2021/11/14)

神秘的な光景に圧倒される! 気象写真コンテスト入賞作の美しさにため息
自然の美が圧巻。(2021/11/13)

「第7回痴漢抑止バッジデザインコンテスト」最終審査がスタート 上位5作品のデザインを製品化へ
話題のグラフティシンボルや人気の動物がモチーフになった作品も。(2021/11/12)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
コロナ後に求められる鉄道の姿とは? 「レイアウトを変えられる列車」など英国の取り組みから考える
コロナ禍によって、移動手段に求められるものも大きく変わった。英国で開催された、未来の鉄道のアイデアを募集するコンテストの結果から、パンデミック後の移動手段を考える。(2021/10/4)

面白い! だけで終わらない魅力:
「ISUCONって、本当に楽しい!」――“新体制”のISUCON11運営チームに聞くその醍醐味
出題されるWebサービスを決められたレギュレーションの中でチューニングし「いい感じにスピードアップ」することを競うコンテスト、「ISUCON」。2021年9月18日に本選が開催される「ISUCON11」の運営チームに、出題の大変さやISUCONの楽しさ、醍醐味(だいごみ)を聞いた。(2021/9/17)

衛星画像の高解像度化コンテスト開催 日本MSも協力 衛星画像のビジネス実用化を目指す
衛星データの解析を手掛けるベンチャー企業のSolafuneと日本マイクロソフトは、衛星画像の解像度を上げる技術の開発コンテストを始めた。衛星画像を高解像度にする精度をスコア化して競う。(2021/9/14)

絵が描けなくても漫画ネームを作れるアプリをジャンプ+が発表 オリジナル素材やいらすとや素材数万点を自由に組み合わせ
アプリを使った漫画コンテストも開催。(2021/8/27)

時代を捉えたあるある川柳:
「テレワーク 増えた時間と 腹の肉」 第1回Job川柳の受賞7作品を発表
ライボは「第1回Job川柳コンテスト」の最優秀大賞含む受賞7作品を発表した。大賞作品? 「働き方川柳部門」「転職川柳部門」を受賞した作品は?(2021/8/19)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
子供と一緒に楽しめる! この夏オススメの3Dデザインコンテスト
家庭に3Dプリンタを導入するきっかけにもなるかなと。(2021/8/12)

TwitterのAIバイアス発見コンテスト、「若くてスリムな顔優先」発見に3500ドル
Twitterが初のAIバイアス発見コンテストの勝者を発表した。画像トリミングAIに「若くてスリムな顔を優先する」バイアスがあると指摘した大学院生が1位を獲得。賞金は3500ドルだ。(2021/8/10)

組み込み開発 インタビュー:
顔認証トップのパナソニックが動作予測AIコンテストに挑む、Facebookに肉薄
顔認証トップのパナソニックが、新たなAI技術分野に展開を図るべく、台所での動作認識や予測の精度を競うコンテスト「EPIC-KITCHENS-100」に参加。動作予測部門の23チームの中で、第1位のFAIR(Facebook AI Research)に次ぐ第2位の成績を収めた。(2021/8/4)

AI音声認識の「おもしろ誤認識」を募集、大賞は5万円 過去作は「OK google 赤ちゃんの名前は何がいい?」「あなたにはまだ早いです」など
文字起こし活用推進協議会が、スマートスピーカーやスマートフォンの音声アシスタントによるユニークな誤認識エピソードを募集するコンテストを開催。8月1日から9月30日まで専用サイトで受け付ける。(2021/7/30)

『刃牙』30周年記念ッッ! 絵、コスプレ、コラ画像なんでもありの「異種創作コンテスト」開催ッッ!! アニメ第3部は秋配信開始ィッッ!!!
刃牙ファンとして生まれたからには誰だって一度は地上最強を志すッ!(2021/7/8)

集英社がゲーム企画のコンテスト 賞金は100万円+開発資金、ジャンル問わず
集英社が、ゲームの開発企画を募るコンテストを開始。ゲームのジャンルやプレイに必要なデバイスは問わない。優勝者には賞金100万円と開発資金、製品化に向けた宣伝や技術支援を提供する。(2021/7/1)

CTF問題から学ぶセキュリティ基礎知識(4):
CTF問題「マルウェアの作成した自動起動設定を発見せよ」から学べる知識とは
情報セキュリティの技術を競うコンテスト「CTF」の問題から情報システムの仕組みやセキュリティを理解する連載。第4回は、「マルウェアの作成した自動起動設定を発見せよ」という問題について解説します。(2021/7/1)

「性暴力を容認しない」意思表明バッジ 学生団体がデザインコンテスト
被害の防止や軽減、被害者のケアなど積極的な介入する「アクティブバイスタンダー」の周知などが目的。(2021/6/12)

CTF問題から学ぶセキュリティ基礎知識(3):
「ROT13」など簡単な古典暗号の基礎知識が、現在のログ解析やトラブルシューティングに役立つ理由
情報セキュリティの技術を競うコンテスト「CTF」の問題から情報システムの仕組みやセキュリティを理解する連載。第3回は、「ROT13」など古典暗号について、問題を交えて解説します。(2021/6/3)

「明太子」テーマのプログラミングコンテスト ふくやと「Springin'」がコラボ
iOS専用のプログラミングアプリ「Springin'」が明太子メーカー・ふくやとコラボ。「明太子」をテーマにしたプログラムを募集するコンテストを始めた。(2021/5/25)

Google、TensorFlowとマイコンを使ったコンテスト開催 5人に2500ドルの賞金用意
米Googleは5月19日(現地時間)、同社のマイクロコントローラー向け機械学習ライブラリ「TensorFlow Lite for Microcontrollers」を題材にしたコンテストを始めると発表した。入賞者5人には賞金2500ドルを用意。(2021/5/21)

CTF問題から学ぶセキュリティ基礎知識(2):
CTF問題「C&Cサーバと社内PCのパケットキャプチャーから機密情報を見つけるには?」から学べる知識とは
情報セキュリティの技術を競うコンテスト「CTF」の問題から情報システムの仕組みやセキュリティを理解する連載。第2回は、「C&Cサーバに送信された機密情報を特定せよ」という問題について解説します。(2021/4/28)

イノベーションのレシピ:
パナソニックは社内ビジネスコンテストで「未来のカデン」を探し出す
パナソニック アプライアンス社は2021年4月22日、社内外で生まれた新しいビジネスアイデアを事業化まで導く社内アクセラレーションプロジェクト「ゲームチェンジャー・カタパルト」に関する説明会を開催した。顧客課題や社会課題解決に寄与する新たな事業アイデアを社内のビジネスコンテストで公募し、有望なアイデアの事業化を目指す。(2021/4/26)

PR:スターダストが未来のクリエイターを発掘! 「コラボ」で作る次世代マッチング型コンテスト開始
テーマは「20XX年」。優勝チームには総額100万円の賞金とMV制作など。(2021/4/15)

3Dプリンタの失敗作を募る「もじゃもじゃコンテスト」が盛況 何者にもなれなかった前衛的なオブジェが続々集まる
優勝賞品は3Dプリンタを見守るWi-Fiカメラ。(2021/4/9)

CTF問題から学ぶセキュリティ基礎知識(1):
CTF問題「攻撃者は機密情報ファイルのURLをどうやって特定した?」から学べる知識とは
情報セキュリティの技術を競うコンテスト「CTF」の問題から情報システムの仕組みやセキュリティを理解する連載。初回は、「攻撃者は機密情報ファイルのURLをどうやって特定したのか?」という問題について解説します。(2021/3/31)

FAニュース:
5軸加工研究会の新体制を構築、5軸加工を行える人材育成を強化
DMG森精機は、「5軸加工研究会」の新たな体制構築と活動について発表した。セミナーや5軸コンテストの実施、会報誌の発行など、デジタルとリアルでの交流を活用して会員企業のビジネスを拡大し、5軸加工のプロフェッショナル人材を育成する。(2021/3/11)

イーロン・マスク氏、賞金1億ドルの二酸化炭素回収技術コンテスト開催へ
世界一の富豪、イーロン・マスク氏が、「最高の二酸化炭素回収技術に1億ドル(約104億円)の賞金を提供する」とツイートした。詳細は来週発表するとしている。(2021/1/22)

オンライン「さっぽろ雪まつり」2月4日スタート 写真コンテストや雪像制作レポートなど
コロナ禍を受け、オンラインで開催される「さっぽろ雪まつり」の詳細が1月19日に公表された。市民によるフォトコンテストや、雪像づくりのレポート、過去の雪まつりをまとめた動画などを発信する。(2021/1/19)

「Ruby biz Grand prix 2020」表彰式レポート:
PR:「これからの日本と世界を変えるインパクト」を持った9サービスを表彰
まつもとゆきひろ氏によって開発された「Ruby言語」を活用し、新たなビジネス価値を創造するサービスや商品を展開している企業を表彰するビジネスコンテスト「Ruby biz Grand prix 2020」の表彰式が、2020年12月16日に開催された。23企業24事例の応募から、大賞2点、特別賞3点、そしてVertical Solution賞4点が選出された。(2021/1/15)

EIZO、“春”がテーマのイラストコンテストを開催 2月23日〆
EIZOは、「春」をテーマにしたイラストを募集するイラストコンテストの開催を発表した。(2021/1/14)

大食いアナ・谷あさこ、美ボディーコンテストで第3位に ビフォーアフターも公開「努力は人を裏切らない」
大食い女子の期待の星。(2020/12/18)

「目が逸れたら負け」「テレビ顔負けの演出」−−日興AMの“本気すぎる”リモート営業術
コロナ禍の中、活動に大きな影響が出ている職種の1つに営業がある。対面での活動が制限される中、Zoomなどを使ったオンラインでの営業活動が必須になってきているからだ。オンライン営業でいかに成果を出すか。そのために、オンラインミーティング専用ブースを設置した日興アセットマネジメント(AM)の、社内の営業コンテストを取材した。(2020/12/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。