ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「デスノート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デスノート」に関する情報が集まったページです。

てんちむ、鋼のメンタル支える「心のデスノート」の存在明かす 「効果絶大ですわ」
唐突な縁切りスプレーへの風評被害。(2024/6/21)

「キンキーブーツ」、一新したキャストの“共通点”にネット注目 「ヒール履いたらさらに」「脚の長さがえぐいことだけはわかる」
チャーリー役とローラ役のキャストが高身長。(2024/6/21)

Go AbekawaのGo Global!〜韓さんFrom韓国(前):
学校帰りは「PCバンでオンラインゲーム」が、韓国の子どもの日常
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はアイディスでゲーム開発に携わる韓相恩(ハン・サンウン)さんにお話を伺う。大学では機械工学科を専攻したハンさんは、何のきっかけでゲーム業界を目指したのか。(2024/6/13)

「キッズ・ウォー」終了から21年、当時出演キャストの現在 表舞台から姿を消した俳優や朝ドラ出演中の俳優も
人気シリーズの完結編。【訂正】(2024/5/7)

研ナオコ、『ドラゴンボール』キャラに扮するも即バレ 3時間かけたメイクを透過する個性発揮も「何でだろう?」
同番組では以前もほぼ即バレでした。(2024/2/16)

にこやかな女性がメイクで別人級に大変身 430万再生の驚愕テクニックに「すごすぎ! 天才?」「素晴らしい才能」
メイクテクがすごい。(2024/2/9)

美女が『進撃の巨人』リヴァイに大変身……! 高すぎる再現度に「こんな自然で美しい兵長コス初めて」「本物リヴァイ様や」と反響
メイク前からきれいすぎる……。(2024/1/18)

コスプレに沸いた池袋! 10周年の「池ハロ2023」を盛り上げたコスプレイヤーさん写真まとめ 小林幸子も“ラスボス”姿で登場
小林幸子さんの「鬼滅の刃」の鬼舞辻無惨コスは強すぎる。(2023/10/31)

プロの漫画アシスタントが背景画を描いたら…… 『DEATH NOTE』や『NARUTO -ナルト』風の描き分けに「勉強になる」「すごい」と驚きの声
作品の世界にマッチした背景を用意する匠(たくみ)の技。(2023/10/17)

研ナオコ、2時間半かけた特殊メイクで激変も一発バレ “あるパーツ”が「そのまんまですもん」「すぐわかりました」
特殊メイクの意味が……。(2023/9/22)

新進気鋭クリエイターの鼎談:
『SPY×FAMILY』『チェンソーマン』編集者が明かす 「現場を知らない上司」に企画を通す方法
日本の最前線を行くヒットメーカーたちにも、一会社員として上司との付き合いに悩める日々もあるようだ。ヒット作の生み出し方から上司の説得の仕方まで、一流の仕事人の方法論に迫る。(2023/9/16)

鈴木福さん、謎の“大増殖”を果たした写真を投稿しフォロワーにカオスをもたらす 「クソコラかと思ったら本人」「インフルのときに見る夢」
怖い。(2023/9/14)

「リコリコ」「推しの子」、さらにVTuberも! “台湾版コミケ”「FF41」でコスプレイヤーたちを激写してきた
テンション上がるー!(2023/8/25)

連載開始20周年の『DEATH NOTE』が原画展、東京と大阪で開催
人間って面白!!(2023/7/28)

パリの日本大好き祭り「Japan Expo」で熱狂を感じてきた 会場&コスプレレポート
「Japan Expo」はコミックマーケットというよりはニコニコ超会議のような感じでした。(2023/7/21)

「推しの子」「水星の魔女」からVTuberまで! 北米最大のアニメイベント「Anime Expo」を沸かせたコスプレイヤーを激写してきた
アニメへの計り知れない愛を見た。(2023/7/11)

必要なのは“広い視野”! 難問の迷路クイズが「なるほどいい問題」とネットで人気
これはなかなか気付けないかも……。(2023/6/24)

映画「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」レビュー 高橋一生の存在感と「怪奇テイスト」の成功
ワトソンっぽい飯豊まりえとの掛け合いも楽しい。(2023/5/28)

1100人に聞いた:
「歴代朝ドラヒロイン」ランキング 3位「永野芽郁」、2位「有村架純」、1位は?
マーケティングリサーチなどを手掛けるアーキテクト(東京都港区)は、運営する調査サイト「タレントパワーランキング」で、朝ドラの歴代ヒロインランキングを発表した。朝ドラヒロインの若手ランキング1位は、「広瀬すず」さん(パワースコア31.3ポイント)だった。(2023/5/20)

「ガチで中見たくないノート出てきた」 掃除で掘り当ててしまった「DESU NOOT」が開ける前から黒歴史
見ているだけで冷や汗が出てきそう。(2023/4/28)

“消しゴムマジックでなんでも消すフワちゃん”が突然の話題 本人「なにが起こってるんですか!?!?」
だいたいのものは消しゴムマジックで消せそう。(2023/4/7)

歩くだけでも楽しかったAnimeJapan、会場を彩ったコスプレイヤーさんたちの写真総まとめ
見てるだけでも楽しい。現地に行けなかった方もどうぞ。(2023/3/26)

萩原舞、元アニメプロダクション社長の祖父が逝去 「私のおじいちゃんがいーちゃんで本当に幸せでした」
「タマ・プロダクション」の代表取締役でした。(2023/2/22)

神田うの「こーゆーの大好き」 本気の「DEATH NOTE」リュークコスが似合いすぎ「異常なほどスタイル良い」
小顔と長い手足が死神コスにぴったり。(2023/1/27)

「デスノートはどこにありますか?」 エンディングノートを買いに来たおじいさんのとんでもない言い間違いに「新世界の神になるのかな」
確かにどちらも終わりなのですが……。(2022/11/4)

「本気のハロウィン」がすごすきた! コスプレイヤーでにぎわう「池ハロ2022」ベストショットまとめ
池ハロ! 最高! 池ハロ! 最高!(2022/10/30)

集英社のマンガで英語を学べるアプリ登場 「鬼滅の刃」「SPY×FAMILY」「ONE PIECE」など30作品以上
マンガ特化のAI翻訳技術を手掛けるMantraは、マンガ作品で英語の多読学習ができるアプリ「Langaku」を公開した。漫画作品には集英社が協力しており、30作品をラインアップする。(2022/6/22)

「早く対処しなければ『漫画村』のような問題に」──東映、KADOKAWAなど13社が「ファスト映画」制作者に損害賠償請求 損害額は20億円と算定
東映、KADOKAWAなど13社が、「ファスト映画」の制作者3人に損害賠償請求を求めて提訴した。損害額は20億円と算定。最低限の損害回復として、このうち5億円の支払いを求めている。(2022/5/19)

志尊淳×りりあ。が語るアニメ「バブル」 「生きるエネルギーをいただけた」の真意とは?
2人の視点で見た「バブル」についてインタビュー!(2022/5/13)

香取慎吾、3年ぶり主演映画は当て書き脚本 “旦那デスノート”の存在に「恐怖の連続でした!」
香取さん「コメディだけど、泣けるんです。いい意味で。。」(2022/4/12)

漫画・アニメの「実写映画」人気ランキング 3位『キングダム』、2位『銀魂』、1位は?
アンケートサイト「ボイスノート」を運営するNEXERは、「漫画・アニメの実写映画人気ランキング」調査を実施した。その結果、1位は『るろうに剣心』(49票)に。(2022/4/6)

髪形はミサミサ風 ビリー・アイリッシュ、夢の大舞台にまさかのオタT「リューク!!!」「Tシャツヤバい」
死神とはまた渋い。(2022/2/21)

米津玄師がオレンジ髪&黒羽根の魔法少女になっちゃった プレステ新CMの変身シーンが大反響
“ミサミサとリュークが混ざったみたい”と話題。(2022/1/24)

【お仕事楽しい】「私が本気出したら人1人消すなんて簡単なことよ……」意味深なことを言いながらフォトショを触る同僚
人1人増やすことも簡単そうですね。(2021/11/9)

猫「計画通り……(ニヤリ)」 ニヒルな笑みを浮かべる猫ちゃんに強キャラ感があふれ出ている
強キャラ感。(2021/10/22)

PR:スマホを使わず、己の“顔”だけで購入できる自動販売機「KAO-NE(カオーネ)」で未来を体験してきた
ライターのみくのしんが、ダイドードリンコの最新自動販売機を体験してきました。(2021/6/11)

別人じゃん!? 安藤美姫、特殊メイクで『デスノート』リュークに変身 死神っぷりにメドベージェワも「Omg」
氷上でポーズを決めるリュークとか初めて見た。(2021/4/27)

山口勝平「ルフィ役めちゃくちゃやりたかった」 名ぜりふに挑戦も「どうしてもイメージが田中真弓に」と白旗
作品一覧が強い。(2021/3/24)

「ゾクッときた」「もはや呪具」 家から出てきた「高1のときのノート」が“えぐい”とTwitterで話題に
意外なノートの正体とは。(2021/3/7)

89カ国から4000点以上の応募:
小畑健や津森千里が審査 コピックアワードを開催した製造会社が提示する「アートの可能性」
漫画家やイラストレーターに長年愛用されている彩色用画材・コピック。そのコピックの製造会社が、「コピックアワード」と題する作品コンテストを2017年から開いている。(2020/11/19)

IT基礎英語:
氾濫する悪徳ウェア 身代金要求のransomwareからスパイ、迷惑広告まで
ランサムウェアという言葉が身近になってきた。被害は大きく、死者も出ている。(2020/11/2)

アートの力で課題解決を:
アナログ回帰のコピック 製造会社社長が描くグローバル戦略と「アワード開催の真の狙い」
漫画家やイラストレーターに長年にわたって愛用され続けている画材・コピック。製造会社のトゥーマーカープロダクツは「コピックアワード」と題する作品コンテストを2017年から開いている。その狙いと、その先に描くグローバル戦略を聞いた。(2020/10/22)

デスストサントラ参加で話題 18歳の歌姫Au/Ra、ジブリから鬼滅まで人格や音楽性に影響与えたアニメ作品を語る
セカオワNakajinさんとのコラボも話題に。(2020/10/9)

あなたの今週の運勢は? ねとらぼ12星座占い【9月14日〜9月20日】
(2020/9/14)

「可愛いにもほどがある」「フォント作って」 ベビースターラーメンで作ったひらがな「麺文字」がかわいすぎる
今すぐベビースターが食べたい。(2020/7/27)

『DEATH NOTE』コラボの腕時計登場 裏ぶたが引き出せてノートの切れ端も仕込める
『DEATH NOTE』とコラボしたトートバッグと財布も発売。(2020/7/25)

デジタルツールだけじゃない:
コロナ禍こそのアナログ回帰!? 「デジタルネイティブ世代獲得」に挑む画材・コピック製造会社の「希少性」戦略
コピックは1987年にトゥーマーカープロダクツが開発し、現在358色にも及ぶ色数が展開されている画材だ。同社開催の「コピックアワード」は2019年はコシノジュンコ氏や20年は漫画家の小畑健氏などが審査員を務めている。アワード開催の意図やデジタルとの融合戦略などを聞いた。(2020/6/25)

「海外でドラマ化キター」 「約束のネバーランド」英語版実写TVドラマが制作決定
オスカー監督×マシ・オカ×約ネバ。(2020/6/11)

「自家発電でテンションを上げるのは正直大変!(笑)」  古坂大魔王・作曲家「バグベア」がオンライン対談で「2020年注目の音楽」「リモートワークの本音」を語る
「PPAP」に隠された秘密も明らかに。(2020/6/6)

ジャンプにあらわれた次代の怪物 SCP×ラブコメ×能力バトル『アンデッドアンラック』作者は人生2周目なのではないか説
ジャンプの新連載がめちゃくちゃ面白いので紹介します。(2020/5/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。