ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「市場規模」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

コロナショックで需要が急減速:
2020年の世界FPD市場予測を下方修正、DSCC
DSCC(Display Supply Chain Consultants)は2020年4月2日、2020年の世界フラットパネルディスプレイ(FPD)市場規模は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響によって面積が前年比6%減の2億900万m△△2△△、金額が同8%減の1011億米ドルになる、とする試算結果を発表した。いずれも同年1月時点の予測から下方修正する形になった。(2020/4/3)

ドローン:
2020年度の国内ドローンビジネス市場、前年比37%増の1932億円へ
インプレス総合研究所による「ドローンビジネス調査報告書2020」が2020年3月26日に発売された。同書は、2019年度のドローンビジネス市場規模について前年度比51%増の1409億円だったとし、2020年度もさらなる成長が見込まれ、前年度比37%増の1932億円に拡大すると予想している。(2020/4/2)

福田昭のデバイス通信(236) 2019年度版実装技術ロードマップ(46):
MEMSセンサーをスマートフォンと自動車が数多く搭載
今回からMEMSセンサーを解説する。MEMSセンサーの市場規模と主なアプリケーションについて説明したい。(2020/3/31)

富士キメラ総研が調査:
コグニティブ関連技術市場、2025年に1080億円へ
富士キメラ総研は、画像認識や音声・感情・音認識といったコグニティブ関連技術に関する市場調査を行った。2025年の国内市場規模は、2018年に比べ画像認識関連技術が3.1倍に、音声・感情・音認識関連技術が2.5倍に拡大すると予測した。(2020/3/26)

2019年は対前年比22.9%増の8778億円:
国内パブリッククラウドサービス市場は堅調に成長し2020年は1兆円超、IDCが予測
IDC Japanは、国内パブリッククラウドサービス市場の予測を発表した。2019年の同市場規模は、対前年比22.9%増の8778億円。2024年の市場規模は、2019年の2.4倍に当たる2兆644億円になると予測する。(2020/3/23)

ドローン:
2020年のドローン世界市場は1.6兆円、2025年まで年平均8.3%で成長
矢野経済研究所が、世界のドローン市場の調査結果を発表した。2018年のドローン世界市場規模は軍用と民生の両需要を合計すると約1.6兆円で、2020〜2025年の年平均成長率を8.3%と予測している。(2020/3/19)

モビリティサービス:
2020年から市販化する超小型モビリティ、免許制度や軽との差別化が課題に
矢野経済研究所は2020年3月12日、超小型モビリティや電動ミニカーなど「次世代モビリティ」の市場調査を発表した。超小型モビリティの規格が創設される2020年から普及が進み、2025年に日本国内の販売台数が8300台に拡大すると見込む。2030年には1万1200台に市場規模が拡大するとしている。(2020/3/19)

モビリティサービス:
日本のMaaS市場は2030年に2兆8600億円に、2018年比3.5倍
富士経済は2020年3月10日、日本国内のMaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)市場の調査結果を発表した。所有からシェアへの移行やライフスタイルの変化から、2030年のMaaS市場は2018年比3.5倍の2兆8658億円に拡大すると見込む。MaaSの中でもカーシェアの市場規模は大きく成長し、同11.9倍の4555億円となる見通しだ。(2020/3/18)

太陽光:
期待の次世代太陽電池市場、2030年に4500億円規模にまで成長か
調査会社の富士経済がペロブスカイト(PSC)、色素増感(DSC)、有機薄膜(OPV)、ヒ化ガリウム(GsAs)といった新型・次世代太陽電池の世界市場に関する調査結果を発表。2019年の新型・次世代太陽電池の世界市場規模は6億円だが、2030年には4563億円にまで拡大すると予測している。(2020/3/12)

中古スマホの利用率は2.4%、2019年度は過去最高の163万台に
MM総研は、3月11日に中古スマートフォン市場規模の推移・予測を発表した。主端末としての利用率は2.4%で、購入金額は2万3895円(加重平均)。2019年度は過去最高の163万台となり、2025年度には265万台に拡大すると予測している。(2020/3/11)

産業動向:
矢野経済研究所がホテル国内市場調査、7年連続のプラス成長へ
矢野経済研究所は2018年度のホテルの国内市場を調査し、部門別の市場規模、参入企業動向、将来展望を明らかにした。訪日外国人旅行者の急増などを追い風に、7年連続のプラス成長で過去最高の水準となった。(2020/3/6)

今日のリサーチ:
国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で3133億円になる見込みです。(2020/2/18)

製造マネジメントニュース:
第3のプラットフォーム市場は2023年に21兆円規模に、DXへの期待が後押し
IDC Japanは、第3のプラットフォーム市場の調査結果および予測を発表した。2019年の市場規模は前年比6.5%増の16兆3307億円の見込みで、2023年には21兆7515億円に達すると予測している。(2020/2/18)

日本eスポーツ市場規模、2019年は60億円を突破 2022年には倍増との予想
5G開始による通信環境の進歩で、モバイル上での競技や観戦が活発になると予測。(2020/2/14)

婚活アプリの国内市場規模、5年後は1000億円超に 「社会的な理解が進んでいる」
サイバーエージェント子会社のマッチングエージェントが婚活・恋活マッチングサービス(婚活アプリ)の国内市場規模の予測を発表。2020年の市場規模は620億円に伸びる見通しで、25年には1060億円に達するという。(2020/1/27)

VRニュース:
国内のxR、360度動画市場の将来展望を発表
矢野経済研究所が、国内のxR、360度動画市場の将来展望について発表した。2019年の同市場規模を事業者売上高ベースで3951億円と見込んでおり、2025年には1兆1952億円になると予測している。(2020/1/23)

ロボット開発ニュース:
国内パワーアシストスーツ市場規模、2018年度は前年度比13.6%増の14億3700万円
矢野経済研究所は、国内パワーアシストスーツ市場の調査結果を発表した。2018年度の国内PAS市場は14億3700万円で、対前年度比13.6%増だった。2022年度の国内PAS市場を2018年度比で約5倍の71億8000万円と予測する。(2020/1/21)

ブロックチェーン市場は年率66%成長 5年後には1000億円市場に ミック経済研究所
2018年度に53億円だったブロックチェーン市場規模は、19年には95億円へと増加。同市場は24年まで、年平均成長率66.4%で成長し、24年には1130億円に達すると予測している。(2020/1/17)

国内IT市場は大都市圏と地方で2極化が進む――IDC Japanが2023年までの予測を発表
IDC Japanは、国内IT市場の2020〜2023年の地域別市場規模予測を発表した。2020年は前年の反動からマイナス成長になるものの、2021年以降は国内IT市場全体では緩やかに回復する。ただし、地方はマイナス成長が続く見込み。(2020/1/16)

国内AI市場規模、2023年度には640億円に到達へ 画像認識や言語解析が成長
調査会社のアイ・ティ・アールが、国内のAI市場規模と今後の予測を発表。今後も市場は拡大し、23年度には640億円に達する見込み。(2020/1/14)

法人向けのネットワークセキュリティ市場は継続的に拡大、富士キメラ総研が調査結果発表
富士キメラ総研が、法人向けのネットワークセキュリティ製品およびサービスの国内市場の調査結果を発表した。2018年度の市場規模は5016億円。継続的な拡大が予想され、2023年度の市場規模は6617億円に成長する見込み。(2019/12/27)

AI市場、主要6分野の中で最も成長したのは? ITRが今後の予測とともに発表
ITRは、AI市場について市場規模の推移と予測を発表した。2018年度の売上金額は対前年度比53.5%増の199億5000万円。用途の多様化などによって今後も継続的な伸びが見込まれ、2023年度の売上金額は640億円に達すると予測する。(2019/12/20)

矢野経済研究所が調査:
LiB主要4部材市場、2019年は226億6166万米ドルへ
2019年のLiB主要4部材市場規模は、前年比15.2%増の226億6166万2000米ドルとなる――矢野経済研究所が市場調査し発表した。(2019/12/4)

システム統合やアプリ開発への活用広がる:
2020年の世界AR/VR市場は78.5ポイント増の188億ドルに IDCが予測
IDCが2023年までの「世界のAR/VR市場」の予測を発表した。同社によると、2019年の市場規模は105億ドル、2020年には78.5ポイント成長し、188億ドルに達する見通しだという。(2019/12/3)

5G通信を活用したICTサービス、NRIが2025年度までの市場動向と規模を予測
野村総合研究所は、第5世代移動通信システムを活用したICT関連市場について、2025年度までの動向分析と市場規模の予測を発表した。日本での5G対応端末の販売台数と5G契約回線数については、比較的ゆっくりとした市場の立ち上がりを想定している。(2019/11/28)

太陽光:
注目の卒FIT太陽光ビジネス、市場規模は2030年度までに10倍以上に拡大か
富士経済は自家消費型の太陽光発電関連市場に関する調査結果を発表。昨今注目の卒FIT関連のサービス市場は、2030年度までに現状の約10倍の規模に相当する409億円まで拡大すると予測している。(2019/10/31)

富士経済が調査:
全固体電池市場、2035年に約2兆6700億円へ
全固体型リチウム二次電池の市場規模は、2035年に約2兆6700億円へ――。富士経済が予測した。(2019/10/30)

経費精算ソフトの成長が著しい:
2023年度には1兆7550億円に拡大 富士キメラ総研が国内ソフトウェア市場調査
富士キメラ総研は、国内ソフトウェア市場の調査結果をまとめた。2019年度の市場規模は1兆3961億円の見込みで、2023年度には1兆7550億円に拡大すると予測する。中でも経費精算ソフトの成長が著しく、2023年度の市場規模は、2018年度比3倍に拡大する見込みだ。(2019/10/28)

国内プライベートクラウド市場規模、18年時点で5700億円 23年には2兆7000億円に
IDC Japanが、国内のプライベートクラウド市場規模の予測を発表。2018年の時点で5764億円で、23年には2兆7194億円(約4.7倍)に拡大するという。技術の発展に伴い、デジタル変革の手段として関心を持つ企業が増えているという。(2019/10/25)

電気自動車:
2025年の車載用リチウムイオン電池の市場規模、1TWhか、362GWhか
矢野経済研究所は2019年10月21日、車載用リチウムイオン電池の市場調査の結果を発表した。(2019/10/23)

ヤフーはスパコン導入:
Amazonが偽造品対策のプログラム開始 楽天やヤフー、メルカリの取り組みは?
右肩上がりで成長を続けるEC業界。B2CのECは直近2018年におよそ18兆円の市場規模を誇る。前年比で8.96%の成長だ。物販分野に限ってみると9兆2992億円で、前年から7.45%の成長をしている。また、フリマアプリなどを含むC2CのECでは、6392億円で前年比32.2%と急成長。そんな中で、偽造品対策を各社はどう行っているのか(2019/10/18)

シェアトップは2017年に引き続きNTTデータ:
2018年国内RPAソフトウェア市場は対前年比113.5%増の155億600万円 IDCが発表
IDC Japanが発表した国内RPAソフトウェア市場の動向によると、2018年の市場規模は対前年比113.5%増の155億600万円。シェアトップは、2017年に引き続きNTTデータ。(2019/10/9)

2018年の国内RPAソフトウェア市場動向、市場規模は前年比成長率113.5%
IDC Japanが発表した国内RPAソフトウェア市場の動向によると、2018年の市場規模は、前年比成長率113.5%の155億600万円。(2019/10/8)

大山聡の業界スコープ(22):
ようやく回復期に入った半導体市場 ―― 問われる次への戦略
2019年9月末に発表されたWSTS(世界半導体市場統計)によれば、2019年8月の世界半導体市場規模は前年同期比15.7%減の354億米ドル。このうちメモリ市場規模は同39.6%減の93億米ドルであった。この低迷ぶりは2019年7月の実績とほぼ同レベルで、数字の上ではまだまだ厳しい状況が続いているわけだ。しかし、筆者としては「ようやく回復期に入ったのではないか」と今後の見通しを予想している。必ずしも皆さんに賛同していただけるわけではないと思うので、今回はいくつかの着眼点について整理してみたい。(2019/10/8)

特集:サブスクリプション×DX:
「サブスクリプション」モデルでDXが加速する――国内市場規模は5年で1.5倍に拡大
なぜサブスクリプションビジネスはここまで盛り上がったのか、レンタルやリースとの違い、サブスクリプションサービスを支えるプラットフォームビジネスなどから、成功するサブスクリプションの姿や、今後のビジネス変革のヒントを探る。(2019/10/1)

年々狭くなる自宅の収納スペース、宅配トランクルームで最安目指すsharekuraの新サービス
新しいマンションの収納スペースが年々小さくなっていることをご存知だろうか? 減っている収納スペースを補う形で、年々市場規模が拡大しているのが、荷物を預るトランクルームサービスだ。新築マンションの販売とセットでサービスを提供したり、ゴルフバックなどを倉庫から直接ゴルフ場に配送したりと、ニーズに応えたサービス展開が始まっている。(2019/9/27)

パチンコ店、減少が加速か 「新規則機」導入が縮小市場に追い打ち 矢野経済研究所が予測
市場規模の減少も加速すると予測。(2019/9/17)

年間平均成長率5.1%で2023年度は121億円に:
「Windows 7の延長サポート終了」が国内PC資産管理市場をけん引――ITR予測
ITRが発表した国内PC資産管理市場規模の予測によると、2018年度の市場規模は、対前年度比6.8%増の94億円。2018〜2023年度の年間平均成長率は5.1%で、2023年度の市場規模は121億円の見込みだ。(2019/9/13)

今日のリサーチ:
メディア別市場規模で「ネットワーク」が初めて「放送」を超える――『デジタルコンテンツ白書2019』
コンテンツを消費するメディアはパッケージからネットワークへの置き換えが進み、2018年には「ネットワーク」市場が調査開始以来初めて「放送」市場を超え、「パッケージ」市場にも迫る規模までに拡大成長したことが分かりました。(2019/9/3)

製造マネジメントニュース:
国内の水素燃料関連市場、2030年度に4085億円規模
富士経済は国内水素燃料関連市場の調査結果を発表した。2030年には市場規模は4085億円まで成長すると予測する。分野別では、水素燃料が1863億円、商用水素ステーションが385億円、小型ステーションが116億円まで成長すると見ている。(2019/8/28)

蓄電・発電機器:
日本の水素燃料関連の市場規模、2030年度に50倍以上に成長か
調査会社の富士経済が水素燃料関連の国内市場の調査結果を発表。2030年度の水素燃料関連市場は、2018年度比で56.0倍の4085億円に拡大すると予測している。(2019/8/27)

約半数の企業が「自動化」を志向
SDN市場はCiscoを抑えてVMwareが首位 市場規模は70億ドル規模に
2018年にSDN(ソフトウェア定義ネットワーク)の市場規模は世界で約70億ドル規模まで拡大した。ベンダーの市場シェア争いでは、VMwareが2018年下半期にCisco Systemsを抑えて首位に立った。(2019/8/16)

今日のリサーチ:
eギフト市場は1167億円――矢野経済研究所調査
商品券・ギフト券の市場規模は2018年度で約8628億円。(2019/7/31)

矢野経済研究所が予測:
大容量キャパシター市場、2022年度約128億円へ
2022年度の国内大容量キャパシター市場規模は、128億5000万円規模に達するとの予測を矢野経済研究所がまとめた。(2019/7/31)

国内ゲーム市場規模は家庭用・スマホ用ともに縮小 『2019CESAゲーム白書』発刊
海外の家庭用ゲーム市場規模は3兆363億円で、前年から約1割増加。(2019/7/22)

材料技術:
2018年のエンプラ世界販売量は1006万トン
矢野経済研究所は、2018年のエンジニアリングプラスチック世界市場の調査結果を発表した。2018年のエンプラ世界市場規模は、前年比103.7%の1006万トンだった。(2019/7/16)

製造ITニュース:
国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場、2023年に5兆円超
IDC Japanは、国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測を発表した。2018年の市場規模は1兆4647億円、2018〜2023年の年間平均成長率は28.4%で、2023年には5兆1025億円に到達する見込みだ。(2019/7/11)

産業動向:
2030年度の新設住宅着工戸数は減少、リフォーム市場は横ばいが続く
野村総研が、2019〜2030年度の新設住宅着工戸数とリフォーム市場規模の予測を発表。新設住宅着工戸数は63万戸に減少、リフォーム市場は6兆〜7兆円台で横ばいが続く。(2019/7/11)

キャッシュレス決済市場は5年後、規模1.5倍に 矢野経済研究所
矢野経済研究所の予測によると、2018年度の国内キャッシュレス決済市場規模は約82兆円に達し、19年度は約89兆円を超え、5年後には126兆円に。また18年度のQRコード決済は1500億円規模だが、23年には約2兆円に拡大すると予測している。(2019/7/4)

利用ユーザー数は772万人に増加:
2023年の国内クライアント仮想化関連市場は8858億円、IDCが予測
IDC Japanが発表した国内クライアント仮想化関連市場の予測によると、2018〜2023年の年間平均成長率は4.2%、2023年の市場規模は8858億円の見込み。クライアント仮想化の利用ユーザー数は、2023年に772万人に増加する。(2019/6/19)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。