ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「医薬品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「医薬品」に関する情報が集まったページです。

パッケージにもウルトラマン:
小林製薬、「アンメルツ」と同じ55周年の「ウルトラマン」とコラボした限定商品を発売 
小林製薬は、55周年を迎える「アンメルツ」と、同じく55周年で記念映画公開を控える「ウルトラマン」をコラボレーションした製品を発売する。(2021/6/16)

デジタル販促戦略の現在:
ココカラファインが仕掛けるデジタル販促戦略 オンラインとオフラインの連携で増やす顧客とのタッチポイント
コロナ禍の影響によって、SNSを活用したデジタル販促やECへの対応は多くの企業にとって主要な経営課題となっている。そんな中、オンラインとオフラインを融合した独自の取り組みで成果を上げているのが、ドラッグストア・調剤薬局大手のココカラファインだ。(2021/6/18)

製品動向:
日機装がドラッグストアで除菌装置「Aeropure」の販売を開始、近日中に携帯型も発売
日機装は、ウエルシア薬局とスギ薬局の店舗で空間除菌消臭装置「Aeropure」を発売する。Aeropureの実店舗での販売は日機装として初となる。(2021/6/14)

犬の肉球から心電図測定 AIがその場で心臓病を解析
AIシステムを開発するHACARUSと動物用医薬品を製造するDSファーマアニマルヘルスは6月10日、動物の肉球(足裏)から心電を測定し、AIで心臓の異常を解析するシステムを開発したと発表した。(2021/6/11)

第一三共はデータ活用とデータガバナンスをどう実装? 製薬固有の課題とクラウド活用
大手製薬会社の第一三共は主力事業の大転換をきっかけに、データ分析基盤構築を本格化した。将来的にはデータの民主化も想定する。治験データなど配慮が求められるデータを多く扱う製薬会社のクラウド活用はどうなっているか。(2021/6/11)

国産ゲノム編集ツールでヒト細胞のゲノム編集に成功 海外特許に依存しない創薬・医療応用に期待
徳島大学大学院などの研究グループは、国産ゲノム編集ツール「TiDシステム」を使ってヒト細胞でのゲノム編集に成功した。今回の成果により、海外特許に触れることなく、創薬や医療分野へのゲノム編集技術の応用が期待できるとしている。(2021/6/7)

アステラス製薬が早期退職実施 450人程度を想定
アステラス製薬は6月3日、「早期退職優遇制度」を導入すると発表した。同社と国内グループ会社2社が対象。450人程度の応募を見込んでいて、対象者の退職日は2021年12月末日としている。(2021/6/3)

3Dプリンタニュース:
純粋なシリコーン素材で造形できる高品質3Dプリントサービスを開始
DMM.comは、同社が展開するDMM.make 3Dプリント事業において、射出成形相当の精度を備える高品質シリコーンを用いた3Dプリントサービスの提供を開始した。シリコーンライク素材と比べて破断強度が高く、柔軟性、耐熱性、耐薬品性、耐候性において高品質な造形が可能だとする。(2021/5/27)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(61):
業種は違っても「人のふり見てわがふり直せ」
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、医薬品製造の世界で起こった事件からの学びについてお話しします。(2021/5/21)

医療技術ニュース:
新型コロナの肺障害治療薬、後期第II相医師主導治験へ
東北大学を中心とする研究グループは、新型コロナウイルス感染症に伴う肺障害に対するPAT-1阻害薬TM5614の前期第II相医師主導治験を2021年3月に終了し、同年6月から後期第II相医師主導治験を開始する。(2021/5/18)

窪田製薬の“近視矯正メガネ”、2021年中に台湾でまず販売へ 価格は50万円以下に
窪田製薬ホールディングスが近視を抑制・治療する眼鏡型のウェアラブルデバイス「クボタメガネ」について、医療機器として台湾当局から製造許可を取得したと発表した。(2021/5/17)

医療機器ニュース:
微量血液から多項目のアレルギーを同時測定できる検査用バイオチップを開発
東レは、微量血液から複数のアレルゲン特異的IgE抗体を同時かつ高精度に測定できるアレルギー検査用バイオチップを開発した。早期の体外診断用医薬品の認証申請を目指す。(2021/5/17)

忖度し過ぎ:
スギ薬局会長夫妻のワクチン優先、背景に何が
新型コロナのワクチン接種で、愛知県西尾市の近藤芳英副市長が担当部局に指示し、市民で薬局大手スギ薬局を経営する「スギホールディングス」の創業者、杉浦広一会長と妻の昭子相談役の予約を優先的に確保していたことが発覚した。(2021/5/14)

PayPay、花王商品の購入で最大30%還元 6月1日〜6月30日
PayPayとヤフーは、花王商品の購入金額から最大30%をPayPayボーナスで付与するキャンペーンを開催。対象店舗は全国のウエルシア、スギ薬局、サンドラッグ、ツルハドラッグ、マツモトキヨシなどで、期間は6月1日〜6月30日。(2021/5/10)

「Adobe Summit 2021」レポート:
ファイザーCEOが語る企業文化 コロナ禍から世界を救う製薬会社が重視する4つのコアバリュー
新型コロナウイルスワクチンの開発で一躍脚光を浴びることとなったファイザー。不可能を可能にした同社が掲げるパーパスとその実現に向けて重視する価値とはどのようなものか。「Adobe Summit 2021」でCEOが語った。(2021/5/5)

新型コロナ変異株は細胞に結びつく力が強い スパコン「富岳」が分析
理研が運用するスパコン「富岳」を使ったシミュレーションで、新型コロナウイルスの変異株が人の細胞と結合する力が、従来株よりも強くなっている仕組みが分かった。ワクチンや治療薬の研究に役立つと期待される。(2021/4/30)

オワコンの威力:
「ハンコ、押しただけだから」 責任を取らない組織の治療薬
意味不明な、加害者の子供の将来やら人権をタテに犯罪をもみ消そうとする学校や教育委員会。不祥事があっても責任を取らない日本の組織。公務員など組織が巨大になればなるほど、トラブルがあっても誰も責任を取らずに済むようで。(2021/4/25)

利便性向上:
ローソン、福岡県内の2店舗で「Uber Eats」によるOTC医薬品の取り扱い開始
ローソンは、福岡県内の2店舗で九州の「Uber Eats」では初めてとなるOTC医薬品の取り扱いを開始する。医薬品をすぐに欲しいというニーズに対応するのが目的。(2021/4/22)

医療技術ニュース:
二酸化塩素が新型コロナウイルスを不活化
大木製薬と東北大学は、二酸化塩素が新型コロナウイルスを30秒間で99.99%以上不活化させることを確認した。(2021/4/5)

RPA活用を身近に、自分ごとにするために
中外製薬が直面した「全社RPA活用の壁」を打ち破った方法とは
中外製薬はRPAによって累計7万7000時間もの削減に成功したが、取り組みに参加した部門や社員は限定的だった。これを全社的な取り組みにするにはどうすればよいのかと担当者は頭を抱えた。同社はこの苦難をある方法で乗り越えようと考えた。(2021/4/8)

カップヌードルの残ったスープを固めるパウダー!? 日清食品と小林製薬が共同開発、使い方を紹介するパロディー動画も公開
「なくてもええけど」を形にする、日清食品。(2021/3/29)

「カップヌードル」の残り汁を固めるパウダー、日清が小林製薬と共同開発
日清食品が「カップヌードル」の残ったスープの捨て場所に困った時に役立つ「残ったスープ固めるパウダー」を発表した。公式オンラインストアで1食ごとにパウダー1包をプレゼント。(2021/3/29)

ラッパのマーク:
最高益叩き出したクレベリン 正露丸超える大幸薬品の顔に
「ラッパのマークの正露丸」でおなじみの大幸薬品で、空間除菌剤「クレベリン」が新たな顔として急成長し、同社の業績を牽引している。クレベリンとは……。(2021/3/27)

攻撃者側のコストが跳ね上がる:
偽の文書を大量に自動生成して知財を保護するAIシステムを設計、ダートマス大
ダートマス大学の研究チームは、AIを用いて偽の文書を大量に自動生成し、医薬品設計や軍事技術のような知的財産を保護するシステム「WE-FORGE」を設計した。人手を借りることなく、本物と見分けることが難しい文書を大量生成することで、攻撃者にコストを強いることが目的だ。(2021/3/23)

工場ニュース:
バイオ医薬品の大規模製造拠点を新設、富士フイルムが米国ノースカロライナ州に
富士フイルムは2021年3月19日、米国に新設するバイオ医薬品の大型製造拠点をノースカロライナ州のホーリースプリングス市に建設することを決定したと発表した。2000億円を超える大規模投資を行って新設し、バイオ医薬品の開発および製造受託事業の戦略拠点とする。(2021/3/22)

タフネス5Gスマートフォン「TORQUE 5G」がauから登場 Colemanとの限定コラボモデルも
KDDIが、3月26日にタフネス5Gスマートフォン「TORQUE 5G」を発売する。米国国防省の耐久試験(MIL-STD-810H)21項目と、京セラ独自の落下試験や耐薬品の試験を含む、シリーズ最多の28項目の試験をクリアしている。アウトドアブランド「Coleman」との限定コラボレーションモデル「TORQUE 5G Coleman LIMITED」も発売する。(2021/3/16)

デジタル変革の旗手たち:
デジタルでヘルスケアのトップイノベーターを目指す――中外製薬 執行役員 デジタル・IT統轄部門長 志済聡子氏
関東大震災を目の当たりにした上野十藏が、「世の中の役に立つくすりをつくる」という使命感から1925年に創業した中外新薬商会。世界が未知の感染症に対する医薬品を希求した2020年、中外製薬はさらなる創薬力の強化に向けたDX戦略を発表した。ITmedia エグゼクティブ エグゼクティブプロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2021/3/16)

PR:「サ活ととのう難民」って、なんでだよ!  ロート製薬さんがサウナに関する調査を全力で実施
3月7日は「サウナの日」らしいですが……。(2021/3/10)

イノベーションのレシピ:
ワクチン定温輸送に最適、一体成形の真空断熱筐体とIoTを融合した保冷ボックス
パナソニック アプライアンス社は2021年3月2日、IoTセンサーを通じて箱内の様子をモニタリング可能な一体成形保冷ボックス「VIXELL」のレンタルサービスを同年4月1日から開始すると発表。COVID-19のワクチンなど、医薬品の定温輸送向けサービスとして展開する予定。(2021/3/5)

子どもに目薬をさしたい親 VS さされたくない子ども 仁義なき戦いを描いた漫画に共感集まる
小さい子に目薬1日4回のムチャ振り……。(2021/3/4)

花粉症を「完全」に治す薬を作ったはずが…… 優秀すぎた製薬会社社員の末路を描いた創作漫画に鼻水が止まらない
そんなばかな。(2021/3/4)

パナソニックの保冷ボックス、4月からレンタル 保冷剤で低温を最大18日間保持 ワクチン輸送に活用
パナソニックが、保冷剤で低温環境を最大18日間保持できる医薬品向けの真空断熱保冷ボックス「VIXELL」のレンタルを4月1日に始める。まずは医薬品卸売大手「スズケン」と提携し、新型コロナウイルスワクチンの輸送に活用する。(2021/3/3)

医療技術ニュース:
不安定なIgM抗体の機能を維持したまま精製する簡便な手法を確立
産業技術総合研究所は、多孔質セラミックス粒子を用いて、構造的に不安定なIgM抗体の機能を損なうことなく精製する手法を確立した。IgMを活用した抗体医薬品や感染症の診断薬などの開発が期待される。(2021/3/2)

廃PETリサイクルの高耐久アスファルト改質剤をウエルシアが初採用
花王が開発したアスファルト改質剤「ニュートラック 5000」を、ウエルシア薬局が新店舗の駐車場舗装に採用した。同製品は、耐久性を高めるだけでなく、マイクロプラスチックの発生を抑え、美観も向上するという。(2021/3/1)

キヤノンMJ、医療機関窓口向けの“オンライン資格確認”に対応した顔認証付きカードリーダー
キヤノンマーケティングジャパンは、医療機関や薬局の窓口業務への導入に向く顔認証付きカードリーダー「Hi-CARA」を発売する。(2021/2/24)

目薬のキャップに猫耳! ロート製薬が「猫耳目薬」商品化プロジェクトを始動
これは楽しみ。(2021/2/23)

工場ニュース:
COVID-19ワクチン候補原薬の量産強化、富士フイルム子会社が米国2拠点で
富士フイルムは2020年2月15日、バイオ医薬品の開発および製造受託会社(CDMO)であるFUJIFILM Diosynth Biotechnologies(以下、FDB)の米国テキサス拠点で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン候補の原薬製造を開始したことを発表した。FDBによるCOVID-19ワクチン候補原薬の製造はノースカロライナ拠点に続き2拠点目で、原薬量産を加速させる方針だ。(2021/2/17)

Hyundai、四足歩行もできる自動運転四輪駆動小型車「TIGER」発表
Hyundai Motor Groupが、四足歩行もできる四輪駆動小型車「TIGER(Transforming Intelligent Ground Excursion Robot)」を発表した。宇宙探索や災害時の医薬品配送などを想定している。(2021/2/10)

工場ニュース:
アステラス製薬が無菌製剤製造ラインを新設、モダリティ製剤にも対応可能
アステラス製薬は、焼津技術センター内に新設する無菌製剤製造ラインの着工を発表した。今後の新しいモダリティ製剤にも対応可能な新施設により製造能力を向上し、製品を安定供給できる体制を確立する。(2021/2/10)

専門家のイロメガネ:
コロナワクチン、有効率90%超えの真の意味
コロナ禍が続く状況で期待されているワクチンだが、不安と期待が入り混じった状態で正確な情報を得られず困っている人も多いだろう。医薬品の開発業界で長く働く薬剤師の立場から、有効率90%のワクチンが本当に救世主になるのか、改めて考えてみたい。(2021/2/9)

バイオ医薬品を対象:
竹中、−40度以下での製品保管向け「自立式超低温倉庫システム」開発
竹中工務店は、マイナス40度以下の超低温域での保管を目的とした「自立式超低温倉庫システム」を日軽パネルシステム、日立グローバルライフソリューションズ協力のもと開発した。バイオ医薬品を対象とし、施工期間を短縮した。(2021/2/8)

モチベーションが下がる:
花粉症の影響「仕事で困る」が6割 具体的に困っていることは?
スイスの製薬大手ノバルティスの日本法人であるノバルティスファーマ(東京都港区)は、全国のフルタイムワーカー8万9937人を対象に、花粉症が仕事に及ぼす影響についてアンケートを実施。その結果を発表した。(2021/2/7)

セルフケア薬局 nonowa西国分寺店:
「処方箋がなくても買える薬局」がエキナカに出店 オンライン問診で密回避の実証実験
処方箋がなくても病院の薬が買える「セルフケア薬局」を展開するSDCは、商業施設「nonowa西国分寺」に「セルフケア薬局 nonowa 西国分寺店」を出店すると発表した。(2021/2/5)

ローソン、UberEatsで医薬品を配送 都内3店舗で
UberEatsでの医薬品の取り扱いは日本では初。(2021/2/2)

東京都内3店舗から:
ローソン、Uber Eatsで医薬品のデリバリー開始 国内初
ローソンは2月4日から、「Uber Eats」で医薬品を届けるサービスを開始する。国内のUber Eatsで医薬品を取り扱うのは初めて。東京都内の3店舗から開始。49種類の医薬品を取り扱う。(2021/2/2)

ローソン、Uber Eatsで医薬品を配送 国内初
ローソンが、Uber Eatsを使った配送サービスの取り扱い商品に第2・3類医薬品を追加する。Uber Eatsが医薬品を取り扱うのは国内初という。(2021/2/2)

オタクが真面目に「健康」について話したら具体的な薬品名が飛び交う地獄になりました
オタクは体が資本です。(2021/2/5)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
水虫薬への睡眠薬成分混入はなぜ起きたのか、組立製造業も再び襟を正せ
医薬品業界のことだから関係ない、ではなく、日本のモノづくり全般の問題と捉えるべきです。(2021/1/26)

医療機器ニュース:
ワクチンや血液を効率的に輸送できる、医薬品向け定温輸送容器セット発売
シャープは、スギヤマゲンと共同開発した、医薬品向け「定温輸送容器セット」を発売した。ワクチンや細胞、血液などを適切な温度で管理できるセットで、スギヤマゲンが販売する。(2021/1/21)

清水建設、クリーンルームの3D設計支援ツール「GMP Visualizer」開発
清水建設は、医薬品GMPの適合チェックを自動化し、クリーンルームの配置計画を効率的に立案できる3Dモデリングツール「GMP Visualizer」を開発した。従来と同程度の作業時間で複数案を作成でき、計画案の修正も簡易にできる。(2021/1/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。