ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「名言」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「名言」に関する情報が集まったページです。

後悔したくなかった――注目の俳優・恒松祐里 子役から朝ドラ、「全裸監督 シーズン2」への出演を決めた“役者としての覚悟”
「おかえりモネ」「全裸監督 シーズン2」で正反対な役柄を演じる恒松さん。(2021/6/24)

“全員ルール知らないドマ式麻雀”が迷言続出でほほえましい 「なまずの絵かわいいから集めるわ」「中赤いけどやばいんか?」
楽しければそれでいい。(2021/6/18)

田中麗奈、1歳娘との2ショットで41歳バースデーを報告 “生活感丸出し”の室内に「お許しを」
母としての顔が垣間見える1枚。(2021/5/27)

クイズDEドラマ:
ドラマ「ドラゴン桜」“原健太”細田佳央太の演技力に注目集まる 「見入ってしまう」「他の出演作も見てみたくなった!」
発達障害を抱えた難しい役どころを演じています。(2021/5/25)

仕事がなくなるんじゃないかと思ったーー小林星蘭、中学生で手術入院経験 16歳で芸歴10年超のリアル語る
ベテランだ。(2021/5/25)

アントニオ猪木、「元気ですか〜!?」の声に変化 ファンも「声に力が戻ってきている!」と喜びの反応
「元気ですか〜!?、元気があれば何でもできる」は猪木さんの名言。(2021/5/21)

クイズDEドラマ:
“着飾る恋”くるみと葉山元社長が再会し“三角関係フラグ”立つ 「このまま社長とくっついて」「逆襲スタート!?」
恋の行方が気になりすぎる。(2021/5/19)

【そんなことある?】ペットの話を始めた上司に、ペットボトルの話だと思って返答していたら、アンジャッシュのコントみたいになった
名言「なんで!? 冷蔵庫になんで入れるの!?」(2021/5/14)

クイズDEドラマ:
「ドラゴン桜」いよいよ受験勉強がスタート! 前作を思い出す“桜木節”に「胸が熱くなった」「グッサグッサくる」
「バカとブスこそ東大へ行け!」の名言も。(2021/5/10)

Huawei製品除外対応の一環:
Vodafone、Open RAN採用の円滑化に向けラボを開設
Vodafoneは2020年末に、「Open RAN(Radio Access Network)技術の展開の促進に向けて、欧州全土にTest and Integration Laboratories(テストおよび統合ラボ)を設立する」と発表していたが、この公約を実現した。(2021/5/7)

スヌーピーがジェラピケやスナイデルとコラボ! 再生素材などを使ったエコバッグが11ブランドから一挙に登場
「TAKE CARE WITH PEANUTS」プロジェクトのアイテムです。(2021/5/2)

【子どもの名言】クトゥルフ神話TRPGを「やばい神様のせいで心がグチャグチャになるゲーム」と説明したら「それって桃鉄?」と指摘された
そう言われればあいつもヤバい。(2021/4/23)

【子どもの名言】「薬剤師になりたい」という8歳児の夢 よくよく聞いてみればファンタジーRPGの世界に生きるそれだった
後衛で戦う薬剤師。(2021/4/22)

湯之上隆のナノフォーカス(37):
半導体不足は「ジャストインタイム」が生んだ弊害、TSMCが急所を握る自動運転車
深刻な半導体不足が続く中、自動車メーカーは苦境に陥っている。だが、この苦境は自動車メーカー自らが生み出したものではないか。特に筆者は、「ジャストインタイム」生産方式が諸悪の根源だと考えている。(2021/4/21)

【子どもの名言】子どもの前で「仕事行きたくなーい」と嘆いていたら作文に「嫌いなのに毎日行っていてえらい」と書かれてしまったエピソードにほっこり
子どもはちゃんと見てるんですよね……。(2021/4/18)

eggモデル伊藤桃々、整形を告白「隠したいわけじゃなかった」 ビフォーアフター公開で「誰?」と自虐
「ナメクジ」「アバター」など名言続々。(2021/4/15)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
総務省は通信業界を変えたのか? 14年間の政策を見直し、愚策は撤廃すべき
NTTと総務省による接待報道のおかげで、NTTグループを取り巻く動きが停滞している。接待報道で最も衝撃的だったのが、谷脇康彦総務審議官の辞職だ。谷脇氏が旗振り役として進めていた2007年の「モバイルビジネス研究会」から、通信業界の問題点は変わっていない。(2021/4/14)

【子どもの名言】「楽しい思い出は写真で記憶するけど、イヤな思い出は動画で残る」 思わずうなずいた子どもの言葉
なるべく再生したくないんだけどね。(2021/4/1)

スギちゃん「消えるのも仕方ないなって感じだぜぇ」 “自滅”救った石橋貴明の言葉に「とても心に響いた」と反響
自分に求められているものが何か気付けたスギちゃん。(2021/3/31)

映画「るろ剣」10年、やり遂げた佐藤健「剣心との出会いなしに今の僕はいなかった」 最終章公開に“寂しさ”
佐藤健さん「僕にとっては間違いなく代表作」。(2021/3/25)

【100の質問】井上咲楽、好きなタイプは「人生のやる気がない人」 失恋後の心境語り笑顔も
恋愛についても聞きました。(2021/3/20)

名言製造機なおしゃれマダムに一目ぼれした女の子の漫画 美しすぎる年の重ね方に「私も絶対惚れちゃう」「将来こうなりたい」の声
憧れずにはいられない関係。(2021/3/19)

NASAが火星探査機のパラシュートに込めたメッセージとは?
NASAは火星探査機「Perseverance」から送られてきた映像を解説する動画で、着陸に使ったパラシュートの柄に込めたメッセージを解くよう視聴者に呼び掛けた。6時間後には正解がツイートされた。「dare mighty things」というJPLのモットーだ。(2021/2/24)

「ゆるゆるウンチは結構強敵」「おしり拭きをリロード!」 子育てをゲーム実況してみた動画が共感と笑顔呼ぶ
基本クエストがランダムで高難度クエストに変わるタイプ。(2021/2/20)

「早10年になるんですね」 大浦龍宇一、2011年からシンパパとして育ててきた息子の大人びたイメチェンに感慨
どんどん大人になっていく。(2021/2/19)

モノづくり総合版 メールマガジン 編集後記:
大型買収が続くルネサスと過去の切ない記憶
松下幸之助氏は「企業は人なり」という名言を残していますね。(2021/2/19)

「ワンチャン結婚してない説ある」 結婚した松坂桃李、出禁解除された菅田将暉のANNで再び“遊戯王”愛が爆裂
松坂さん「俺の環境は変わってないけど『リンクスの環境』は変わってきているから」(2021/2/16)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
組織にはびこる“森喜朗”的価値観 女性は「よそ者」であり続けるのか
「女性がいる会議が長い」という発言は森喜朗氏に限らず、日本企業で度々耳にする。忖度で動く「タテ社会」の組織にとって、自由に発言する女性は“よそ者”。多数派が権力を行使するために排除する。この構造を変えるためには「数の力」が必要不可欠だ。(2021/2/12)

“メンタルが弱ったときは肉を食え” 母の教え「肉は正義」を描いた漫画に反響
今の私たちに必要なのは肉なのだ……!(2021/2/9)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「ヒープリは不遇だったと言わせるつもりはない」と語る悠木碧の思いに、僕たちができること
あらためて「ヒーリングっど プリキュア」は製作者に愛されている作品だと思いました。(2021/1/28)

GACKT、初対面のつるの剛士とコラボ動画でツーリング つるののサインに「この人は悪人です」とイタズラ書きも
GACKTさんのバイク姿は貴重。(2021/1/10)

「キアヌ投げ飛ばした」「火だるまは得意」などパワーワード連発のドキュメンタリー 女性スタントの活躍描く映画「スタントウーマン」レビュー
公開中のドキュメンタリー映画「スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち」はパワーワード連発だった。(2021/1/10)

『黒執事』15周年&電子化記念に1〜30巻を96時間限定で無料公開 Kindleストアなど35店舗で配信中
『黒執事』の最新巻まで一気に読める!(2021/1/8)

リモートの限界……コロナ禍の大学授業、対応で問われる真価
新型コロナウイルスの感染拡大で大学では4月以降、対面授業ができなくなった。コロナ禍が収束しても、全てが元に戻るわけではない。オンラインで学んだ学生の経験を集約し、活用できる大学が生き残るだろう。(2021/1/5)

名言で振り返る、2020年のモバイル業界 楽天モバイルから5G、料金値下げまで
2020年のモバイル業界は「激動」と呼ぶにふさわしい1年でした。5Gの商用サービスや楽天モバイルの本格サービスが始まり、NTTによるドコモの完全子会社化や政府の強い要請による携帯料金値下げもありました。2020年を振り返る特別企画として、主要なトピックでキーパーソンが発した言葉を振り返っていきます。(2021/1/3)

おいしそうなレシピだらけ! ニッカウヰスキー公式Twitterが人気 その裏側を聞いてみた
人気の料理や旬の食材を、ひと工夫でおいしく。(2021/1/3)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
「世界を肯定してあげてほしいんです」 講談社ラノベ文庫編集長・猪熊泰則<後編>
小説が求める“次の器”とは――。(2020/12/30)

パパ活、整形、ホス狂い―― “夜の街”が熱狂する漫画「明日カノ」作者×オタクホスト「阿散井恋次」対談
リアルすぎる描写で大人気の『明日、私は誰かのカノジョ』。作者の「をのひなお」さんと現役ホストの「阿散井恋次」さんが本音トークを繰り広げました。(2020/12/18)

「ちいかわ」はなぜ読者を狂わせるのか? 助けてください、僕らはふわふわの綿あめで首を絞められています
かわいいだけだと思ってませんか?(2020/12/19)

叶美香、熱いリクエストに応えて『呪術廻戦』冥冥の“アート・コスプレ”! プレシャスな一級呪術師になる
恭子さんの五条先生に続き。(2020/12/17)

ルフィ「それはゴムだな!!」 美川憲一手書きの「ONE PIECE」LINEスタンプが“ギリ言わなさそう”と話題
きれいなルフィになってる。(2020/12/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
『50歳からの幸せな独立戦略』で定年後は「ひとり社長」を目指せ
「やっぱり大企業にいたほうが安心―」。これはもはや幻想にすぎない。すでに多くの人が頭では理解しているように、終身雇用や年功序列を前提とした日本型雇用は崩壊しつつあり、会社はいつまでもあなたを守ってはくれない。(2020/12/17)

「STAND BY ME ドラえもん2」ネタバレレビュー 「大人のび太」は幼稚なダメ人間なのか? 解釈違いにドラ泣きMAX
「幼稚な大人のび太」が生まれたのには明確な理由があった。(2020/12/11)

『MOTHERのことばを全て集めた本』12月25日発売 14日から「MOTHERのことばとおみせ。展」開催
3作のあらゆるテキストを、3冊セット特製ボックス入りで。(2020/12/8)

「ないものは作ればいい」「親方と呼びたい」 本郷奏多、“黒リザードン”のカードが引けない→プラモ改造で生成してしまう
さすがなんだよなぁ。(2020/12/4)

長州力の「飛ぶぞ」が「egg流行語大賞2020」で6位に! まさかの入賞に本人「それがどうしたの?」
ギャルたちのチョイスが光ってる。(2020/11/20)

【これ英語でなんて言うの?】「あきらめたらそこで試合終了ですよ」
安西先生……!(2020/11/21)

湯之上隆のナノフォーカス(32):
Samsung会長逝去、浮かび上がった半導体業界“3偉人”の意外な共通点
Samsung Electronicsの李健熙(イ・ゴンヒ)会長が2020年10月25日に死去した。同氏の経歴をあらためて調べていた筆者は、半導体業界の“3人の偉人”に関する、意外な共通点を見つけた。その共通点を語りつつ、Samsungの現状と課題を解説したい。(2020/11/19)

「自分が自分を好きでいれることが大事」 「ミス・ワールド」日本代表の金谷鞠杏、18歳が伝えたい“美しさ”の価値観
負けず嫌いから日本代表へ。(2020/11/17)

体重が増えたのを気にする妻に「好きな人が増えた」とポジティブ発言 言動がイケメンなおじいさんの漫画にきゅんっとなる
おばあさんへの愛は海よりも深い。(2020/11/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。