ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「テスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「テスト」に関する情報が集まったページです。

Uber、安全のための録音を米国でテスト開始か
Uberが、ユーザーの安全を守る対策の一環として、乗車中の音声を録音するオプトイン機能を米国でテストすると、米メディアが報じた。録音はドライバーもライダーも聴けず、暗号化されてUberのサポートに送られる。(2019/11/21)

Twitterがツイート予約機能をテスト 時間を指定してツイートできる
「TweetDeckの最も便利な時間節約機能の1つをTwitterに持ち込む実験をします」と告知。(2019/11/21)

製造マネジメントニュース:
EV時代対応の車載電子機器および装置のテストラボを新設
沖エンジニアリングは、群馬県伊勢崎市に開設した「群馬カーエレクトロニクス テストラボ」の稼働を開始した。EV化で需要が急伸している車載電子機器や装置の長期信頼性試験の受託サービス体制を強化する。(2019/11/18)

テスト販売では10万台を出荷:
アイリスオーヤマがテレビ事業へ本格参入 目玉となる「なるほど機能」の正体とは?
アイリスオーヤマがテレビ事業に本格参入する。目玉は「音声認識機能」で、AIスピーカーとは違い、完全オフラインで制御するという。対応可能なワードは27種類。ディープラーニングなどの技術を駆使している。18年11月からのテスト販売では、既に10万台を出荷しているという。(2019/11/13)

テレダイン quantumdata M41h、quantumdata M41d:
HDMIおよびDisplayPort対応のテスト機器
テレダイン・ジャパンは、プロトコルの機能テストからコンプライアンステストまで対応するテスト機器「quantumdata M41h」「quantumdata M41d」を発表した。HDMIおよびDisplayPortに対応する。(2019/11/13)

4足ロボット「Mini Cheetah」が9体でぞろぞろ…… MITがかわいいようで不気味なテスト動画を公開
全員でのバク転を披露しています。(2019/11/11)

ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト:
“空の道”の整備進む、ドローン37台を運行管理システムに相互接続
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」を推進している。この計画では、インフラ点検などの分野で活用できる無人航空機やロボットの開発、社会実装するためのシステム構築および飛行試験などを実施。物流ドローンが都市部で安全に使える環境の整備を目指している。2019年10月23〜24日、福島県南相馬市の「福島ロボットテストフィールド」で行われた運行管理システムの相互接続試験では、一般事業者のドローンとつなげることを成し遂げ、ドローンを危険なく扱える土壌をさらに整えた。(2019/11/5)

Adobe MAX 2019:
「Adobe Illustrator」にiPad版登場 2020年リリース予定
Photoshopに続き、「Adobe Illustrator」にiPad版が登場する。「Adobe MAX 2019」に合わせてβ(ベータ)テストを開始し、2020年内に製品版をリリースする予定だ。(2019/11/4)

AirPods Proのイヤーチップ装着状態テストで流れる曲は?
「イヤーチップ装着状態テスト」で流れるあのいい曲は何? それが判明した。(2019/10/31)

自動化するにしても、人的リソースは必要
「Infrastructure as Code」の速さはもろ刃の剣、便利さの影にあるリスクとは
「Infrastructure as Code」によってデータセンターは大きく変わる可能性がある。だが運用上の混乱を避けるためには、徹底的にドキュメントを残しテスト環境を確保する必要がある。(2019/10/31)

iOS 13.2で暗い写真がきれいになる「Deep Fusion」実装 iPhone 11で速攻チェック Pixel 4とも比較
最新の「iOS 13.2」で新しい画像処理システム「Deep Fusion」が実装された。アップデート前後で写真の画質はどう変わるのか。簡易テストを行った。(2019/10/29)

「Facebook News」のテストが米国でスタート 一部メディアには料金支払い
Facebookが、ニュース専用タブ「Facebook News」のテストを米国で開始する。ガイドラインに沿うコンテンツをジャンル別に無料で閲覧できる。一部の大手メディアに対しては、複数年の契約で料金を支払う。(2019/10/28)

「Insert Data From Picture」(画像からのデータ)機能を解説
ExcelのiPhone、Android版に加わった「紙の表をAIでデータ化」する機能とは
iOS版やAndroid版の「Microsoft Excel」に、カメラで撮影した表を自動認識してデータ化する機能が加わった。IT担当者は、有効性のテストとユーザートレーニングができるように、この機能の仕組みを把握すべきだ。(2019/10/27)

「ポケモンGO」の有料イベントは「新たなテスト」 米Nianticの考えは?
一足先にきょだいポケモン「レジギガス」に会える権利、980円(税込)。米Nianticが開発・運営するスマートフォンゲーム「Pokemon GO」で、新しいパターンの有料イベントが11月2日に実施される。(2019/10/25)

NICTが開発している無線通信用のテスト環境とは:
IoT、ロボット、スマートデバイス、VR――どんどん複雑化するソフトウェアテスト、20年後はどうなる?
2019年8月29〜31日に開催された「builderscon tokyo 2019」のセッション「20年後のソフトウェアテストの話をしよう」で、情報通信研究機構の湯村翼氏がセンサーデータや物理的な情報を取り込むためのさまざまなテスト技術を説明した。(2019/10/29)

問題のあるペンテスターも
ペネトレーションテスターは信頼できるのか
システムを実際に攻撃して脆弱性がないかどうかを調べるペネトレーションテスト。セキュリティの強化に有効ではあるが、ペネトレーションテスターが公開する情報が攻撃者に悪用されているという。(2019/10/16)

米Niantic、新ツール「Niantic Wayfarer」のテストを「Ingress」で開始 年内に「ポケモンGO」にも
米Nianticは、「Ingress」のポータルや「Pokemon GO」(ポケモンGO)のポケストップとして申請された場所をレビューするツール「Niantic Wayfarer」を発表した。年内にはポケモンGOにも展開するとしている。(2019/10/11)

SpaceXのイーロン・マスクCEO、「半年以内に宇宙船での軌道飛行を実現する計画」
SpaceXのイーロン・マスクCEOが、宇宙船「Starship」のプロトタイプの前で、今後の飛行計画について語った。向こう1〜2カ月以内に軌道外テスト飛行を行い、うまくいけばその半年後に軌道飛行を実施する計画だ。(2019/9/30)

短期連載「Airと私」第5回:
「MacBook Air(Mid 2019)」でWindowsを使いたい? よろしい、Boot Campだ!(評価編)
7月11日に発売された「MacBook Air(Mid 2019)」。その店頭販売モデルの上位構成を集中レビューする。第5回は、Windows 10で使った場合の総合評価をベンチマークテストを交えつつ紹介する。(2019/9/27)

DT10活用セミナー 成功体験を共有する「Heartland Day 2019」:
PR:東芝テックとクラリオンの事例から探る、ソフトウェアの動きを“見える化”する動的テストツールの活用法
ハートランド・データの動的テストツール「DT10」のユーザーが、自らの改善例を紹介する事例紹介セミナーが今年(2019年)も開催された。本年から「Heartland Day 2019」と改称されたが、全てのDTユーザーに成功体験を共有する目的に変わりはない。当日は東芝テックやクラリオンのスペシャルセッションに聴講者の熱い視線が注がれた。(2019/9/27)

Togetterが結構ガチめの「ツイ偏差値テスト」を公開 Twitter知識で変わるマルチエンディング
「Twitterに生息するファルコンといえば、ファルコン…」(2019/9/26)

AMDプロセッサ初搭載、その実力は? 14型薄型ノートPC「ThinkPad T495s」を試す(後編)
レノボ・ジャパンの「ThinkPad T495s」は、ThinkPad Tシリーズの薄型モデルとしては初めてAMDプロセッサを搭載する意欲作だ。レビューの後編では、各種ベンチマークテストを通してその性能をチェックする。(2019/9/26)

PR:日本HPの多機能液晶ディスプレイ「E243d」は総務部の救世主だ!――テストで分かったお勧めの理由
日本HPの“ドッキングモニター”こと「HP EliteDisplay 23.8型ワイドドッキングモニター E243d」は、接続するPCを選ばない高い柔軟性と、最新の機能を備えた注目の1台だ。そのうたい文句は本当なのか、試してみた。(2019/9/24)

Twitter、嫌がらせ対策“リプライを非表示”のテストを日本でも開始
Twitterが、嫌がらせ対策の一環として7月にカナダで開始したリプライの非表示機能のテストを日本と米国で開始した。(2019/9/20)

クソリプを隠せる Twitterが「リプライ非表示機能」を日本でテスト
既にカナダでテストしている機能で、ポジティブなフィードバックがあったとしています。(2019/9/20)

ソフォス株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:ベンダー比較による「エンドポイントセキュリティ」評価ガイド
サイバー攻撃が複雑化する中、エンドポイント対策は必須だが、多くの製品群から、組織に最適なソリューションを選択することは難しい。今回紹介する、第三者機関テストによるベンダー別比較結果を、ぜひ判断の一助としてほしい。(2019/9/13)

山浦恒央の“くみこみ”な話(121):
バグ検出ドリル(21)「三角形判定」のテスト項目を設計できますか【解答編】
バグは至るところに、しかも堂々と潜んでおり、自信満々なプログラマーほど、目の前のバグに気付かないものです。「バグ検出ドリル」の第20回と第21回は、「三角形を判定」するプログラムのテスト項目設計がテーマです。前回の出題編から、今回は解答編になります。(2019/9/11)

Z会、英語スピーキングの採点をAIで自動化へ 公正な採点を低コストで実現する狙い
Z会とEdulabが、AIを活用して英語のスピーキングテストを自動採点する技術の共同研究を始めたと発表した。(2019/9/10)

40%も業務削減:
お客がスマホでメニューを注文 「SelfU」提供開始 店舗の省人化やインバウンド対応にも
お客がスマホでメニューを注文できるサービス「SelfU」の提供が開始。会員登録は不要で、店内のバーコードをスマホで読み取る。居酒屋や焼き肉店などと親和性が高いという。テスト導入した店舗では40%ほどの省人化に成功している。(2019/9/10)

EMC/RF計測器校正サービス:
東陽テクニカ、ISO/IEC 17025:2017認定拡張
東陽テクニカの「EMC/RF計測器校正サービス」は、米国A2LAより「ISO/IEC 17025:2017」認定範囲の拡張を認められた。この認定を受けEMIテストレシーバーについて、「CISPR16-1-1:2019年版」対応の校正サービスを始めた。(2019/9/10)

AI技術や精神生理学のアプローチで検証:
「表情から感情を正確に読み取れる」という仮定を実験で否定、南カリフォルニア大
「顔の表情には、人が何を考えているかが表れる」と仮定する通俗心理学やAI表情認識技術の考え方を覆すことを目指した研究の成果を、南カリフォルニア大学などの研究チームが発表した。感情を読み取るアルゴリズムはごく基本的なテストをパスできなかったものの、ある表情には他の表情にはない特徴があることが分かった。(2019/9/6)

みずほ「J-Coin Pay」試験システムに不正アクセス ビットコイン求める文言書き込まれ発覚
「J-Coin Pay」のテスト用システムが不正アクセスを受け、加盟店担当者の連絡先などの情報が漏えいした可能性。加盟店のデータが第三者によって削除され、ビットコインを要求する文言に書き替えられていたことで、不正アクセスが判明したという。(2019/9/5)

SNSバレは怖くない:
勝ち残ったのはどちら? ローソンのテスト販売、その舞台裏に迫る
コンビニのテスト販売はどのように行われているのか? ローソンは2種類の新型サンドイッチの売り上げを比較する実験を行った。どちらが勝ち残ったのか。(2019/9/5)

組み込み開発ニュース:
ラズパイとコンテナを使ったOTAが容易に、GitHubがCI/CD機能を提供
ギットハブ・ジャパンは、米国本社のGitHubが2019年8月8日にβ版を発表した新機能「GitHub Actions」について説明。最大の特徴は、CI/CD機能の搭載で、Linux、macOS、Windowsなど任意のプラットフォーム上での開発からテスト、デプロイまでのプロセスを容易に自動化できるとしている。(2019/9/5)

みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス 加盟店情報など漏えいの可能性
ユーザー情報に影響はないとのこと。(2019/9/4)

Windowsフロントライン:
3つのバージョンで同時並行に開発が進むWindows 10
Microsoftがテストユーザーに提供しているWindows 10の大型アップデートは、現在3つのバージョンがある。そこから分かることは何か。最近のMicrosoftの動向をまとめた。(2019/9/3)

Facebookのニュースフィードでも「いいね!」非表示テストを計画中
FacebookがInstagramに続き、ニュースフィード上で「いいね!」数を表示しないテストを実施する計画だ。未発表新機能ハンターのジェーン・マンチュン・ウォン氏が画像をツイートし、Facebookがメディアに計画があると認めた。(2019/9/3)

中国DiDi(滴滴)、上海でレベル4自動運転車によるロボタクシーのテストを開始へ
中国配車サービス大手のDiDi Chuxingが、上海当局の認可を得て上海嘉定区での完全自動運転車によるタクシーサービスのテストを開始すると発表した。30台の自動運転車を投入する。(2019/9/2)

そろそろ会議やめませんか:
“VRのご意見番”GOROman氏に聞く「まずはSlack、その先で生きるVR会議」
VRを活用することで、プレゼンや講演の非同期化をテストしているXVIの近藤「GOROman」義仁社長に話を聞いた。VR会議や登壇の今後を探る。(2019/9/2)

Twitter、スワイプ式のリスト新機能や“クソリプ”非表示機能をテスト導入 「いかにして健全性を高めるか?」中の人に聞いた
新機能よりも「会話の健全性」を強調。(2019/9/1)

キャッシュレス決済は現金より何秒早い? JCBが“決済速度”をテスト
ジェーシービーは、8月28日に決済速度に関する実証実験の結果を発表した。レジ会計でキャッシュレス決済は現金よりも16秒速く、非接触型は現金より20秒速く決済できることが分かった。(2019/8/28)

KFCの代替肉チキン「Beyond Fried Chicken」、数時間で完売
Kentucky Fried Chicken(KFC)がアトランタでテスト販売した代替肉チキン「Beyond Fried Chicken」は、発売数時間で完売した。(2019/8/28)

SpaceXの「Starhopper」、150m上空でのホバリングテスト成功(動画あり)
イーロン・マスク氏率いるSpaceXが、開発中の有人宇宙船「Starship」のプロトタイプ「Starhopper」の打ち上げテストを成功させた。150mの高さまで上がり、1分間ホバリングした後無事着陸した。(2019/8/28)

KFC、代替肉100%の「Beyond Fried Chicken」米国で限定発売
米KFCが、植物由来の代替肉メーカーBeyond Meatと提携し、100%代替肉のフライドチキンとナゲットを米国でテスト販売する。(2019/8/27)

ナビタイム、自動運転電動カート対応ルートを提供 KDDIらとテスト
ナビタイムジャパンは、永平寺町で行われている「ラストマイル自動走行の実証評価」へ自動運転電動カート対応ルートを提供。「auナビウォーク」「NAVITIME」で、自動運転電動カートと鉄道などの移動手段を組み合わせたドアtoドアのルートを提案する。(2019/8/26)

「骨喜=コーヒー」 じゃあ「淡婆姑」「打輪」は何? テストで間違いにされそうな“本当にあった漢字の読み方”
現代人がテストで書くと×になるやつ。(2019/9/17)

本業が忙しいから、お手伝いはできないよ:
ユーザーはなぜ、自社のシステム開発に協力しないのか
「受け入れテストのデータを作ってください」「ウチがやるの?」――IT“業界”解説シリーズ、第4弾はユーザー企業の「なぜ?」を解説します。(2019/8/26)

Adobe、Photoshop for iPadのベータテストを開始
Adobe MAX 2019での正式ローンチに向けて、iPad版Photoshopのベータテストが始まった。(2019/8/22)

製造マネジメントニュース:
「複数AIが交渉の利害調整をする検査環境」がIICのテストベッドに承認
NEC、フラウンホーファー、カブク、KETI、OKI、豊田通商は2019年8月21日、産総研と共同で提案していた「AI間自動交渉プラットフォーム」が、IICの標準検査環境(テストベッド)として承認されたと発表した。(2019/8/22)

キャリアニュース:
Linux管理者のスキルを評価する認定資格試験の配信を開始
CompTIA日本支局は、Linuxシステムを運用するITプロフェッショナルのスキルを証明する認定資格試験「CompTIA Linux+」の配信を開始した。パフォーマンスベーステストが導入されたLinux唯一の認定資格だ。(2019/8/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。