ニュース
» 2004年02月12日 15時33分 公開

ドコモ、使いすぎ防止策「リミットプラス」の上限額を拡大

ドコモは、あらかじめ携帯電話料金の上限額を設定しておくことで使いすぎを防止するプラン「リミットプラス」の上限額に1万円と1万5000円の2コースを追加する。

[ITmedia]

 NTTドコモは4月1日から、使いすぎ防止策として提供中のプラン「リミットプラス」(2002年11月の記事参照)に1万円と1万5000円の2コースを追加する。これまでの3000円、5000円、7000円とあわせて5種のコースから選択可能になる。また、上限額超過から発信停止までの時間も、これまでの6時間〜30時間後からおおむね3時間以内と短縮される。

 リミットプラスは、1カ月の利用料の上限をあらかじめ設定しておけるプラン。上限額を超えると通話とパケット通信が利用できなくなるなど、使いすぎの防止や企業向けの利用が想定されている。

 設定した上限額を超えた後にも使いたい場合は、1000円単位で9000円まで追加できる。今回のコース追加で「あらかじめまとまった額を使いたい場合、こまめな追加を行う必要がなくなる」(ドコモ)という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう