ニュース
» 2004年02月29日 06時08分 公開

指にケガ ボーダフォン「V301T」販売停止

「V301T」の十字キー周辺部のメッキ箇所がはがれ、ユーザーが指にケガ。ボーダフォンは28日から販売を停止した。

[斎藤健二,ITmedia]

 ボーダフォンは2月28日から東芝製の「V301T」の販売を停止した。一部部品のメッキ箇所がはがれるケースがあり、指を負傷するユーザーがいたため。販売済みの端末については修理で対応する。

 メッキがはがれる可能性があるのは、V301Tの十字キー周辺部。メッキ圧着の弱い部品が一部に使われたのが理由。申告ベースでの発生率は0.011%で、31名からメッキはがれの発生が申告済み。うち3名が指を負傷した。

 V301Tは、2003年10月から販売されている。強力な制限機能「リミットモード」や普及モデルながらQVGA液晶を搭載したなどの特徴がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう