速報
» 2004年04月12日 12時27分 公開

普及モデルも200万画素対応に ルネサスの廉価版「SH-MobileL」

普及モデル向け携帯電話用アプリケーションプロセッサ「SH-MobileL」のサンプル出荷を5月から始める。機能を絞り込んで低価格化しながら、200万画素クラスのカメラ対応機能を盛り込んだ。

[ITmedia]

 ルネサステクノロジは4月12日、普及モデル向け携帯電話用アプリケーションプロセッサ「SH-MobileL」(SH7322)のサンプル出荷を5月から始めると発表した。機能を絞り込んで低価格化しながら、200万画素クラスのカメラ対応機能を盛り込んだ。

 CPUコアに従来のSH-Mobileシリーズと同じSH3-DSPを採用し、最大120MHzで動作。専用インタフェースによりPDCやGSM、IP電話などに対応できる。アプリケーション処理用とCPUキャッシュ用にそれぞれ32Kバイトのメモリを搭載し、MPEG-4などの再生も高速に実行可能としている。

 1600×1200ピクセルサイズのカメラを直接接続できるインタフェースを備え、電子ズームやオンスクリーンディスプレイ(OSD)機能などを備え、普及モデルのカメラ高画素化、高機能化に十分対応できるとしている。

 各種ソフトウェアは従来のSH-Mobileシリーズと同じものが使用可能だ。パッケージは281ピンCSP(9×11×1.4ミリ、0.5ミリピンピッチ)。

 価格は1万個ロット時で1575円(税込み)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう