東芝のau端末から“3つボタン”が消える?

» 2004年05月20日 20時28分 公開
[後藤祥子,ITmedia]

 東芝製端末の特徴といえば、3つのソフトウェアキー。ディスプレイ下部には3つの操作アイコンが表示され、対応するソフトキーを押せば、それぞれの操作にアクセスできる独特のユーザーインタフェースだった。

 ところが5月17日に発表された東芝製端末「A5506T」(5月17日の記事参照)からは、伝統の3つのソフトキーが消えている。東芝端末に何が起こったのだろう。

 左が6月上旬に発売予定の「A5506T」。伝統の3つのソフトキーが消えている。右は3つのソフトキー付きのBluetoothケータイ「A5504T」(3月15日の記事参照

 東芝は「事業者のUI統一によるもの」と回答。端末を販売するKDDIは「ユーザビリティ調査に基づいたUI統一の一環」だという。「中央のソフトキーと決定キーの操作が分かりにくく、機種変更したユーザーがとまどってしまう」(KDDI広報)。

 例えばEZwebのトップメニューには、真ん中のソフトキーに [OK] が割り当てられている。この場合はソフトキー、決定キーのいずれを押しても「OK」として機能する。しかし、画像ビューワ画面で真ん中のソフトキーに割り当てられている画像選択は、決定キーを押しても機能せず、メニュー画面では決定キーを押さないと機能を選べない。

 慣れれば使い勝手は良好なのだが、残念ながらau端末としては消えゆく運命になってしまった。今後au端末として3つのソフトキーを備えた東芝端末はリリースされず、「A5504T」が“3つボタン端末”の最後になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. 「ポケモンGO」大幅アップデート より自分に近いスタイル変更、現実世界を反映したビジュアルなど (2024年04月16日)
  2. ソフトバンク版iPhone 15 Pro、Pixel 8 Proの一部容量が実質24円 1年で買い替える人向け「新トクするサポート(プレミアム)」の内訳とは (2024年04月17日)
  3. 縦折りスマートフォン6機種のスペックを比較する サイズ/カメラ/価格の違いは? (2024年04月17日)
  4. Back Marketの「リファービッシュ製品」が中古と違うワケ 売れ筋はiPhone 13、バッテリー“100%保証”の計画も (2024年04月17日)
  5. 「なめてんの?」前澤友作さん、Metaの“他責的声明”に激怒 著名人なりすまし広告問題で (2024年04月17日)
  6. HMDとハイネケン、透明で“退屈な”折りたたみ携帯を発表 (2024年04月17日)
  7. ソフトバンク、「新トクするサポート(プレミアム)」を4月18日に開始 対象機種は? 現行プログラムとの違いは? (2024年04月16日)
  8. ガストの「テーブル決済」をPayPayで試してみた 便利だけど思わぬワナも (2024年04月14日)
  9. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  10. スマホでブレの少ない写真を撮りたいなら持ってて損なし! 「CP+2024」で展示されていた便利アイテムをチェック (2024年04月16日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年