ニュース
» 2004年05月25日 17時06分 公開

ムーバと同番号のSIM発行で海外ローミング

ドコモはムーバと同番号のSIM(UIM)カードを発行する「WORLD WALKER G-CARD」を提供する。海外でGSM端末に差し込めば、国内と同番号で携帯を利用できる。これに伴って、PDC/GSM、PDC/CDMAのデュアル端末の取り扱いを終了する。

[斎藤健二,ITmedia]

 ドコモが国際ローミングサービスを強化する。ムーバと同番号のUIMカード(SIM)を発行するほか、国際ローミングサービスの値下げなどを行う。

ムーバと同番号のUIMを、GSMに差して利用

 6月1日から開始する「WORLD WALKER G-CARD」は、ムーバと同番号のUIMカードを発行するサービス。ユーザーは渡航先でGSM端末にUIMカードを差すだけで、国内で使っているのと同じ番号で利用できる。

 海外に到着し、ローミング先のオペレータのネットワークにUIMのユーザー情報が登録されると、着信先が自動的に切り替わる仕組み。帰国後は、着信先をムーバに戻すために1540をダイヤルする必要がある。

 このUIMカードはGSM専用で、FOMAでは利用不可。

 料金は、カード利用料が1日105円(発着信があった日のみ課金)、発行手数料が2100円。通話料は、「WORLD WALKER-PLUS」と同様となる。

 併せて6月1日から海外向け端末レンタルサービス「WORLD WALKER-PLUS」の機能を向上。従来必要だった着信転送設定を不要とし、自動で回線を切り替える。また、端末のレンタル料および機器利用料を値下げする。

PDC/CDMA、PDC/GSMのデュアル端末が販売終了

 これらのサービス強化に伴って、PDC/CDMA、PDC/GSMのデュアル端末のレンタルおよび販売を5月31日をもって終了する。

 「長期間利用するユーザーにも、G-CARDを勧められるのと、WORLD WALKER-PLUSのエリアが広がった」(ドコモ)のが終了の理由。なお、GSMサービスが利用できない韓国については、SKテレコムがレンタルしているCDMA/GSMのデュアル端末にG-CARDを差して使うことを推奨している。

端末 N601wg P601wk
利用エリア ヨーロッパ・アジアなど 韓国
通信方式 PDC/GSM PDC/CDMA
本体価格 20万4855円 19万9815円
今回扱いが終了した、国内のPDCのほか、海外で主流のGSMおよびCDMAに対応した電話機


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう