ニュース
» 2004年07月02日 18時20分 公開

NEC端末はここで作られる〜NEC埼玉工場

最新の「N506i」や「N900iS」が、みるみるうちにできあがる。最大月産100万台を誇る、NEC埼玉の携帯工場を見学した。

[斎藤健二,ITmedia]

 携帯電話はどうやって作られているのか。国内向けのNEC端末の製造を手がける工場、NEC埼玉が7月2日、マスコミ向けに公開された。

 NEC埼玉では、国内向けの携帯電話の生産が中心。現在は「N506i」と「N900iS」を中心に、基地局の製造も手がける。携帯電話ができるまで──を、順を追って見ていこう。

 まずはプリント基板に電子部品を載せていく。この作業は機械が行う。NECのスタッフが手に持っているのは「プリント基板に、鉛を含まないクリームハンダを付けていく」ときのパターン。部品の載せ方は「ピザのトッピングのようなイメージ」だという。

 工場には「N506i」と「N900iS」の基板も展示。2000年の頃は100万ポイントに対して10〜20ポイント(10〜20ppm:part per million)の不良が発生していたが、今は5ppm程度に減少したのが自慢だ。

 部品を実装された基板を、今度は組み立てる。組み立て工場というと、ベルトコンベアの流れ作業の印象が強いかもしれないが、NEC埼玉での基本はセル生産。以前ベルトコンベア方式を使っていたころはラインの長さが180メートルあったが、セル生産に移行した現在は6メートル。「長さが短くなった分、リードタイムを削減できた」という。

左の写真には「N900iS」の箱が見える。今日の集中生産カラーは“レッド”だった

 携帯の形に組み上げたあとは試験を行う。電波を通さないシールドボックスに入れて、1台1台テストだ。だいたい、6〜7分に1台の早さで製品ができあがってくるという。

 「月に100万台ちょっとなら、ムーバもFOMAも生産可能。増やすのも簡単だし減らすのも簡単」とNECの中村勉常務取締役。年間では1000万台を超える端末が、ここで製造されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう