速報
» 2004年08月13日 08時55分 公開

企業連合「WWiSE」から次世代Wi-Fi規格案

[ITmedia]

 Texas Instruments(TI)、STMicroelectronics、Broadcomなどの半導体・電機メーカーが「WWiSE」というコンソシアムを結成、8月12日、IEEEの作業部会に次世代Wi-Fi規格の共同提案を行う意向を発表した。

 提案先はIEEE 802.11 Task Group N(TGn)。同部会では、既存の無線LAN標準を拡張した、データスループット100Mbpsを超える次世代規格802.11nの策定を進めている。

 WWiSEコンソシアムにはAirgo Networks、Bermai、Broadcom、Conexant Systems、STMicroelectronics、TIが参加している。WWiSEは「worldwide spectrum efficiency」の略で、その提案はグローバルな展開と下方互換性、日本を含む各国市場の規制要件を考慮したものだという。

 この技術の基盤はMIMO-OFDM。WWiSEの802.11n提案では、転送速度は最大540MHz(4×4 MIMO構造、40MHzチャンネル)だが、最小2×2構成のシングル20MHzチャンネルでは135Mbpsとなっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー