速報
» 2004年10月13日 17時48分 公開

携帯とETC車載器を連動、駐車場の料金精算実験

[ITmedia]

 パーク24は10月13日、携帯電話とETC車載器を連動した時間貸駐車場の料金精算実験を開始すると発表した。

 同社は駐車料金の精算手段として、現金、クレジットカード、電子マネーを採用してきた。今回ドコモの協力を受けて、「F900iT」と実験向けに開発したBluetooth搭載ETC車載器を利用した実験を行う。11月中旬より、「タイムズステーション川崎」にて実施する予定。

 ユーザーは事前に携帯番号などを登録。F900iTとETC車載器がBluetooth接続された状態で入庫すると、設置されたアンテナがETC車載器を通じてF900iTの電話番号を読み取る。これを事前登録された番号と照会した後、ゲートを開けるとともに、該当メールアドレスに入庫時間を知らせるメールを送信するという流れ。

 出庫も同様の手続きで、駐車料金はメールにより案内され、登録されたクレジットカードから引き落とされる。携帯とETC車載器を連動させた料金精算の実験は、今回が初めて。

 なお実験の概要は、10月19日から24日まで「ポートメッセなごや」で開催される第11回「ITS世界会議愛知・名古屋大会2004」の、NTTグループブースに出展される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう