画質はどのくらいか?(モバイル放送編) 1セグ放送&モバイル放送・徹底比較(1/2 ページ)

» 2004年10月20日 03時10分 公開
[杉浦正武,ITmedia]

 “移動体向け放送サービス”を比較する特集「1セグ放送&モバイル放送・徹底比較」、昨日に引き続き画質面をチェックする。モバイル放送の画質はどうなのだろうか。

 まず、モバイル放送を技術面から説明しておこう。同サービスでは、日本を含むアジア・太平洋地域に「衛星デジタル音声放送サービス」として割り当てられた周波数帯である2.6GHz帯を利用。帯域幅としては、25MHz幅を利用する(2003年11月6日の記事参照)

 米国では、既に同様の衛星放送サービスが提供されているが、こちらは2社で12.5MHzずつを分け合っている。具体的には、SIRIUS Satellite Radioが2.320G〜2.3325GHzを、XM Satellite Radioが2.3325G〜2.345GHz帯を利用するかたち。それぞれ、音楽主体のサービスを展開している。

 当然ながら、帯域を潤沢に使えたほうが映像のクオリティが上がるわけで、1社で帯域を独占する日本のモバイル放送は恵まれた環境ともいえる。ちなみに、地上デジタル放送は13セグメントで6MHz幅を使用している。

 それでは、25MHz幅を利用するとどのぐらいのビットレートが稼げるのか。モバイル放送の事業推進統括部、統括部長代理の山口慶剛氏は「7.2Mbps」だと話す。

 もちろん、誤り訂正符合などの兼ね合いでこのすべてを利用できるわけではない(10月19日の記事参照)。それでも「7割ぐらいは使うことができる」(同氏)という。数字に直せば約5Mbpsとなる。

 モバイル放送では映像サービスと音声サービスがある。このため、総帯域を2種類のサービスで分け合うことになる。映像チャンネルは平日で6チャンネル用意されているため、単純に5Mbpsを2で割って、6チャンネルに分けると「400Kbps程度」(山口氏)ということになる。

 ちなみにモバイル放送では、具体的なビットレートを公表していない。「番組によっても使う帯域幅が異なる。たとえば動きの少ないものは低ビットレートになる」(同社広報部)ためだ。

 次ページ:変調方式は? コーデックは?
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月24日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. Xiaomiが「POCO F6 Pro」を発売 Snapdragon 8 Gen 2搭載で6万9980円から、ゲーミング要素は控えめに (2024年05月23日)
  3. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  4. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  5. データで振り返る“スマホシェア”の5年間、Google躍進で国内メーカーに衝撃 (2024年05月24日)
  6. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  7. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  8. USB Type-C接続のインイヤーオープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」発売 (2024年05月23日)
  9. ポケモンGOのAR撮影が“誰でも簡単に”楽しめるよう大幅進化 Nianticの狙い、遊んで感心したこと (2024年05月23日)
  10. POCOブランド初のタブレット「POCO Pad」、4万4800円で6月中旬以降に発売 (2024年05月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年