ニュース
» 2004年11月24日 18時07分 公開

FOMAリモートアクセスで、通信料を企業側に課金可能に

ドコモは、企業向けリモートアクセスサービスの付加サービスとして、FOMAパケット料を着信した企業に課金できる「FOMAパケット・フリーサービス」を開始する。

[ITmedia]

 ドコモは12月1日から、企業向けリモートアクセスサービス「ビジネスmoperaアクセス」シリーズの付加サービスとして、FOMAパケット料を着信した企業に課金できる「FOMAパケット・フリーサービス」を提供開始する。月額料金は1050円/APN(アクセスポイントネーム:アクセス先識別番号)。

 外出先からFOMA端末を用いて社内LANにアクセスする場合の料金を、企業負担にできる。企業側からすれば、かかった費用を一括管理できるというメリットがある。「ビジネスmoperaアクセスプレミアムFOMAタイプ」と「ビジネスmoperaアクセスプロ」の2サービスで提供する。

 従来契約していたコースの月額料金に、プラス1050円で利用可能で、通信料は0.21円/パケット。別途、工事費が1工事につき2100円かかる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう